→超軽量簡易版はこちら

カテゴリ : 失われた幽霊文字を求めて

このカテゴリの登録数:463

2019/11/17

八潮市垳の垳ふれあい会館から300m、セブンイレブン八潮垳店に立ち寄りました

59470.jpg 59470-1.jpg

この大字名をゆいいつの根拠として78年制定のJIS第二水準に収録された幽霊文字「垳」、収録されたからこそ店名と住所として印字できるわけです!

第3回方言漢字サミットまでまだ間があるので、八潮駅から徒歩700mの垳ふれあい会館に来てみました

59469.jpg

全国ここでだけ大字名に使われており区画整理が完了すると住居表示の実施で使用例が消滅してしまうおそれのある幽霊文字「垳」。

2019/11/01

JR四国バスドリーム高松1号は東名道の混雑を避けて中央道経由に変更、休憩は境川PAになりました

59399.jpg 59399-1.jpg

まさにここ、今年1月に昼行高速バスから降りましたが、所在地が山梨県笛吹市境川町藤垈、全国のSAPAでゆいいつ住所に幽霊文字が含まれてるんです!\(^o^)/

2019/10/26

磐越西線上野尻駅から徒歩2.0kmの林道、こちら福島県西会津町群岡字西久祢甲(にしくねこう)

59366.jpg 59366-1.jpg 59366-2.jpg 59366-3.jpg

無住区でGoogle地図やマピオンにはこの道じたいが在りません。そしてこの字名、国土地理協会の「全国町字ファイル」では「西久袮甲」となっていて、まさに幽霊文字「袮」が「祢」の誤字になりがちだという傍証です。

2019/10/05

特攻観音入口バス停から徒歩4.2km、こちら鹿児島県南九州市知覧町東別府の通称地名枦場(はしば )にある、鹿児島交通とひまわりバスの枦場バス停

59269.jpg 59269-1.jpg 59269-2.jpg 59269-3.jpg

電柱も枦場ですね! 例によってハゼノキを表す漢字、櫨の略字が九州で地名人名に使われており、その結果JIS第二水準に収録されたものの当時の漢和辞典に出てない幽霊文字でした。というわけで土休日運休なので歩いてきまして、これで今回の旅の幽霊文字めぐり、コンプです\(^o^)/
※あ、実は「鹿児島県に多い」石敢當がここにあった!

2019/10/04

桜島口バス停から徒歩1.8km、こちら奥山産業溶岩採石場

59249.jpg

なんとここは鹿児島県鹿児島市黒神町枦ノ木ケ谷(はぜのきがだに)です。ハゼノキを表す九州の地域文字にして元幽霊文字「枦」ですが、国土行政区画総覧には、ここは地名には出てないのに、郵便局の集配地域の中で「枦ノ木ケ谷は除く」と唐突に現れるのでした。

新川西椨元から徒歩2.7km、こちら鹿児島県東串良町川東

59237.jpg 59237-1.png

旧字名は「南椨元」(みなみたぶもと)で、「椨」はタブノキを表す地域文字としてJIS第二水準に収録され当時の漢和辞典に出てない幽霊文字でした。なおこの文国土行政区画総覧では94年に「南柎元」に訂正されてますが、(以下同文

旧国鉄大隅線串良駅前のビジネス旅館から徒歩5.2km、こちら鹿児島県東串良町新川西

59236.jpg 59236-1.png 59236-2.jpg 59236-3.jpg

旧小字名は「椨元」(たぶもと)で、「椨」はタブノキを表す地域文字としてJIS第二水準に収録され当時の漢和辞典に出てない幽霊文字でした。なおこの文字収録のネタ元である国土行政区画総覧では94年に「柎元」に訂正されてますが、現在の役場によると「椨」でよいようです。

2019/10/03

档ヶ山橋から徒歩2.7km、こちら鹿児島県大崎町役場

59226.jpg

曽於郡に属する現存唯一の自治体です。昼の曽於市役所で書いたとおり、曽於郡は72年までは囎唹郡と書き、この「囎」がこの郡名のみからJIS第二水準に採録された元幽霊文字ということで、その名残りということで役場を訪問できました!

档ヶ山公民館から800m、持留川に架かる档ヶ山橋(まてがやまばし)

59225.jpg 59225-1.jpg 59225-2.jpg

全国でこの地名だけに使われる幽霊文字地名へとわたる橋です。3枚目が振り返った档ヶ山集落( ^_^)/~~~

ざざん! 荒佐バス停から徒歩9.2km、こちら鹿児島県大崎町永吉档ヶ山(まてがやま)の公民館

59224.jpg 59224-1.jpg 59224-2.jpg 59224-3.png

防災無線も档ヶ山局。この「档」、全国でこの地名のみに使われているということでJIS第二水準に収録されたものの、当時の漢和辞典にない幽霊文字でした。今は簡体字に同じ文字があります。さらに、能登では名産の能登ヒバのことを「アテ」といいまさにこの漢字「档」を当ててますがこれは偶然一致する衝突事例でしょう。そして公民館の看板、「当」の真ん中の横棒が突き抜けてまして、この地を記した国土行政区画総覧でも突き抜けなんですが、突き抜けの有無に関わらず同じ文字とみなす「包摂」の範囲内のようです。

末吉仲町バス停から200m、こちら鹿児島県曽於(そお)市役所

59219.jpg 59219-1.jpg 59219-2.jpg

平成の大合併で生まれた新しい市ですが、名前の由来は郡名「曽於郡」、そしてその郡名は72年までは「囎唹郡」で、この「囎」の字がこの地名以外に使われない、JIS第二水準制定時に漢和辞典に出てなかった幽霊文字でした! 今回、広域名の幽霊文字ですので、とりあえずその名を由来に持つ現市役所を訪問対象としましたよ!

どうやら曽於市思いやりタクシーの停留所名は国道から少し入ったこの地域の通称地名「畩ヶ山」から取られてるんですね

59214.jpg 59214-1.jpg 59214-2.png

少なくとも2軒現住のようですが、ご覧のとおり、窪地のような畩ヶ山谷というのがあるようです。失われた幽霊文字「畩」はこの通称地名ただひとつを根拠にJIS第二水準に収録されました。

財部(たからべ)入口バス停で下車

59213.jpg 59213-1.png 59213-2.jpg 59213-3.jpg

鹿児島交通バスのはこのバス停名ですが、曽於市思いやりタクシー(ルート時刻固定の有料なので狭義の公共交通機関扱い)の停留所名は畩ヶ山(けさがやま)。この「畩」は「袈裟」の別名「福田衣」(ふくでんね)から派生した田と衣の合字で幽霊文字でした。

2019/10/02

ざん! 延岡市立三椪小学校跡を出て国道まで歩くしかありませんが、小学校のある戌集落を出るとこになんと三椪橋!

59196.jpg 59196-1.png

しかも橋の字が妙!!
実は県道にあるのは資料ではわかってまさたが、ストビュー塗りつぶされててわからなかったのら。学校名以外の幽霊文字「椪」をみつけられて\(^o^)/

延岡市乗合タクシーふれあい号二股線を8分遅延の三椪小学校下停留所で下車

59195.jpg 59195-1.jpg 59195-2.jpg 59195-3.jpg 59195-4.jpg 59195-5.jpg 59195-6.jpg 59195-7.jpg

みはえ。この「椪」はポンカンのポンですが、それとはここは関係なく、林業の三集落のための小学校ということで、木工用語の「はえ」から取って「みはえ」となりまして、まさにこの元小学校(とさらに前に廃校の併設の中学校)だけで使われている漢字として、JIS第二水準に登録され、当時の辞書にはポンカンは漢字ではないために未掲載ということで、幽霊文字呼ばわりされたものです。しかし実際にはまさにここに実在していました!
ところが。本来の木工用語の「はえ」はなんと「掽」と書くのが正しいんですよ! つまりこの幽霊文字「椪」は、もともと小学校名を決めるときに誤字にしてしまったというかなりすごいケースで、それを忠実にJIS第二水準に収録したというわけです。
なおこちら、ご覧のセンダンが校庭に生えてて有名です。
8枚めはおそらく教員用官舎。

2019/10/01

なんと! 失われた幽霊文字「は」のネタ元地名のひとつ、福岡県朝倉市三奈木上枦畑の公民館、名前が「上櫨畑」で正字なんですけど!( ̄O ̄;)

59177.jpg 59177-1.jpg 59177-2.jpg

おまけに有料の乗合タクシーのバス停名もそう…住所は「枦」なのに…(^◇^;)

枦畑バス停から300m、三所大神社

59176.jpg 59176-1.png 59176-2.jpg

ここは現在は上枦畑ですが昔の資料だと住所が上枦畑ではなく枦畑になっており、JIS第二水準に幽霊文字呼ばわりの「枦」が収録されたネタ元としての「甘木市三奈木通称枦畑(はじはた)・上枦畑(かみはじはた)という2種の通称地名に対応しているものと思われます。電柱は枦畑ですね。

西鉄バスの枦畑(はぜはた)バス停で下車

59175.jpg 59175-1.jpg 59175-2.png

この「枦」はハゼノキ=櫨の略字で九州の地名や人名ではポピュラーで、JIS第二水準に収録されましたが、当時の漢和辞典には出ていない幽霊文字でした。住所は福岡県朝倉市三奈木上枦畑です。

2019/09/29

ざん! 宮里入口バス停から1.5km、こちら2016年までは沖縄県沖縄市古謝小字榕原(ようばる)

59125.jpg 59125-1.jpg 59125-2.jpg 59125-3.png

現住所は4枚めのとおりで、3枚めが榕原エリアです。が。この地名は国土行政区画総覧ではなぜか誤って「穃原」となっており、それを忠実に採録したためにJIS第二水準に幽霊文字「穃」が入ってしまいました!

2019/09/21

閏賀口バス停に戻ってきて動画を収録しまして、4分遅延のウエスト神姫バス70系統山崎行きに乗車

59044.jpg 59044-1.jpg

けっこう乗ってますぞ。

玉か王か壬か!

59043.jpg 59043-1.jpg 59043-2.jpg 59043-3.jpg 59043-4.jpg 59043-5.jpg

兵庫県宍粟市一宮町閏賀から揖保川の対岸に戻ってきましたが、ご覧のとおり、この地名を誤写した可能性がある幽霊文字「閠」、つまり門の内側が「玉」こそないものの、「王」か「壬」かという表記揺れはありますね!(OvO) あと国道29号線の標識の「王」はなんか細い(^◇^;)

閏賀公民館前バス停から500m、ウエスト神姫バス(実質コミュニティーバス)の閏賀北口(うるかきたぐち)バス停

59042.jpg 59042-1.jpg 59042-2.jpg

これで幽霊文字「閠」のネタ元の可能性がある地名入りのバス停3箇所を訪問できました\(^o^)/

閏賀口バス停から揖保川に架かる閏賀橋わたって兵庫県宍粟市一宮町閏賀集落、徒歩500mの実質コミュニティーバスの閏賀公民館前バス停

59041.jpg 59041-1.jpg 59041-2.jpg 59041-3.jpg 59041-4.jpg

といっても公民館は2枚目中央左の木の向こう、100mも離れててかなり遠い!

200円支払って3分遅着の閏賀口(うるかぐち)バス停で下車

59040.jpg 59040-1.jpg 59040-2.jpg

23分間も乗っててこのお代は宍粟(しそう)市の補助金ですな。そしてここは幽霊文字「閠」の誤記元の地名の可能性がある、3枚目揖保川の対岸、兵庫県一宮町閏賀(現宍粟市一宮町閏賀)の玄関バス停でございます。王と玉。ゴミか?^^;

2019/08/25

フェリーみしま大島待合所から700m、まさにこの真正面がさきほど訪問した嫦娥島、そしてこちらの大島との間が幽霊文字入りの「蟐蛾ノ瀬戸航路」となります!

58855.jpg 58855-1.jpg 58855-2.png

これで今回の旅での幽霊文字めぐり、完結です!( ^_^)/~

フェリーみしまの渡良浦-原島(はるしま)間で見えたぞさっき行ってた嫦娥島! そして左の大島との間が、幽霊文字入りの謎水域名、蟐蛾ノ瀬戸である!!

58853.jpg 58853-1.jpg

これを通過するには郷ノ浦から対馬までフェリーに乗る必要がありますが、そこまではやりません!(^◇^;)

先生! なんと嫦娥島に、国交省が設置した幽霊文字看板が!!( ̄O ̄;)

58850.jpg 58850-1.jpg 58850-2.jpg 58850-3.png 58850-4.png 58850-5.jpg

この看板のとおり、ここは国交省的には「蟐蛾島」なんだそうですが、「蟐」はまさに、JIS第二水準に「明治生命のリストから」として収録されたものの、原本がなくNTT電話帳にも出てこない、由来不明の幽霊文字でした。しかしその字を、本来女偏であるはずのここに、国交省が使っちまってまして、結果幽霊文字でなくなった、ってやつですがな「蟐」。そしてこの島をこの画像のところまで爆破して半分に削り、確保した航路(5枚目)が「蟐蛾ノ瀬戸」なんだそうです…
いやーしかし現地来てみるもんですな! 幽霊文字拝めましたがな!!

渡良浦バス停から1.8km、こちら今は壱岐本島と地続きですが、かつてはこの倍の大きさがあった「嫦娥島」(じょうがじま)という島でした

58849.jpg 58849-1.jpg 58849-2.jpg 58849-3.png

爆破して対馬とのフェリー航路を安定させたものです。そして対岸に離島がありそことのNTTケーブルのため、無住区でも電柱ありますがこちらは「城賀」との謎表記になってる!

なんと6分早着(^◇^;)の渡良浦バス停で下車

58847.jpg 58847-1.jpg 58847-2.jpg

ていうかかなり離れた位置にある鼈甲飴は「渡良」で「浦」がない! これ、名はともかく位置は、かつてはみしまフェリーのりばがここだったっていう歴史経緯はありそう。 なお、3枚目の看板はこのあとの伏線です!^^;

2019/08/17

鶴岡駅から徒歩1.8kmの鶴岡市役所

58768.jpg 58768-1.jpg

じつはこの市名、かつては略字体として「寉岡」と書かれていたことがあり、この「寉」がまさにJIS漢字制定当時の漢和辞典に未掲載の幽霊文字でした。ただしこれは国土行政区画総覧ではなく、情報処理学会が71年に定めた試案にあったものです。広域なので役所訪問のマイルール。
これで、今回の夏休み旅行での幽霊文字めぐり、到達できなかった粐蒔沢以外完遂です!\(^o^)/

2019/08/16

大簗バス停から4分遅延の羽後交通バス急行本荘営業所行きで折り返し

58753.jpg 58753-1.jpg

無人でやってきた、、これ横荘鉄道全通しててもまったく経営成り立たんかっだろうね、、、

大簗バス停の所在は秋田県由利本荘市大簗字猿木沢

58752.jpg 58752-1.jpg 58752-2.jpg 58752-3.jpg

つまり大簗は大字名です。まさにバス停の背後には公民館、そして地区を貫く石沢川の流れはまさに簗漁の雰囲気。

【悲報】7分遅着の羽後交通バス大簗バス停で下車するもバスの車内に衣類一式と自撮り棒と書籍と折り畳み傘の入ったスポーツバッグ置き忘れる

58751.jpg 58751-1.jpg 58751-2.png

毎度おなじみ、川に仕掛けて漁をする機構「やな」に当てられた和製漢字でなぜか78年当時の漢和辞典に出てなかった幽霊文字。全国各地に「簗」入りのバス停がありますが、ここは最北端となります。そして雨また降ってきましたが&傘一時的になくしてますが(涙)待合所あって助かった! 運の無駄遣い!!
なお忘れ物については、横手営業所に電話して、今日の最終便で本荘営業所にお戻しいただき、明日朝取りに伺う、という方向で打ち合わせ。単独長旅での荷物忘れは人生4度目。電源やPCは無事でセーフ。

下浜駅から徒歩4.1km、こちら秋田県秋田市下浜羽川雪車田(そりだ)

58746.jpg 58746-1.jpg 58746-2.png

ブルーベリー農園がある無住区です。ここはJIS第二水準の採録原典となった71年の国土行政区画総覧では「雪車田」ですが、なぜか76年版では「轌車田」と謎合字化し幽霊文字地名になりました。それが今は元どおり。76年版が誤記かな?

2019/08/15

またかよ!

58734.jpg 58734-1.jpg

羽越本線桂根駅から約2km、失われた幽霊文字「粐」ゆいいつの実用例である、秋田県秋田市下浜桂根粐蒔沢(ぬかまきざわ)に向かって農道歩いてましたが突然藪化! クロックスに半袖Tではこれは無理、、雪解け期に装備して再訪するしかない!( ; _ ; )/~~~ でも明日ぬかるみ歩いてこれよりはダメージ少ないかも^^;、と良いほうに考えます(^◇^;)
→訪問できた方のレポ

機織神明社から徒歩700mの秋田県能代市機織轌ノ目の機織地区会館

58730.jpg 58730-1.jpg

やはり神社名にもなってる機織のほうが強いのか、秋田県の地域文字にして失われた幽霊文字「轌」が出てこなくて残念。

東能代駅から400mの秋北バス機織神明社前バス停

58729.jpg

ここ、かつてはそのまんま秋田の地域文字にして失われた幽霊文字「轌」入りの、まんま大字名の、「機織轌ノ目」(はたおりそりのめ)だったんですよ! 残念。

東能代駅から駅前通りを少し南下しましたこちら、秋田県能代市機織轌ノ目であります

58728.jpg 58728-1.jpg 58728-2.png

まさに秋田県で「雪車」=そりを表す合字にして地域文字、この地名をひとつの根拠にJIS第二水準に収録されましたが当時の漢和辞典に未掲載で幽霊文字呼ばわりされてました!

沢目駅から徒歩4.8km、こちら秋北バス大久保岱線の終点の手前、栩木沢(とちのきさわ)バス停に到達

58725.jpg 58725-1.jpg 58725-2.png

ガチ幽霊文字「挧」の誤写元の漢字で、「幽霊文字の由来の漢字入りのバス停はすべてめぐる」ルールのためやってきました、と朝の紹介文をコピペ(^◇^;) 目の前は旧岩子小学校で今はさくら園という「障害福祉施設」のようです。

栩の木岱バス停から秋北バス大柄線能代バスステーション行きに乗車

58718.jpg

なんとここから私以外に2人乗車(^○^)、しかしここまでは無人、無人なのになぜ三分遅発なの!?(^◇^;) さらには整理券出ない( ̄O ̄;)、ここは整理券番号8とめもめも。

秋田県能代市常盤字栩木岱の集落を通る旧道とバイパスをぐるりと回りました

58717.jpg 58717-1.jpg 58717-2.jpg 58716-3.png

3枚目の標識は旧道が分岐する南端ですが字栩木岱ではなくて字中坪にありますよ。集落の家々は北側に多く建ってます。

秋北バス大柄線の栩の木岱(とちのきだい)バス停で640円支払って下車

58716.jpg 58716-1.jpg 58716-2.jpg 58716-3.png 58716-4.jpg 58716-5.jpg 58716-6.jpg

ただしこのバス停位置はギリ、秋田県能代市常盤栩木岱にはありませんが。この「栩」は幽霊文字「挧」の誤写元の漢字で、「幽霊文字の由来の漢字入りのバス停はすべてめぐる」ルールのためやってきました(^◇^;)
そしてバス停の真向かいには栩木岱公民館。そう、先のバス内の運賃表示器の表示もそうでしたが、ここ、字名は秋田県能代市常盤栩木岱で「の」がありません。

2019/08/14

なんと! 轌町バス停前で動画撮ってたら、定時より12分前にもう秋田市マイタウン・バス北部線下新城コースのデマンドジャンボタクシーが来ちまった!( ̄O ̄;)

58699.jpg 58699-1.jpg

運転手さんに事情説明して締めの動画を2分撮り、8分早発ということで乗りましたよ。キングタクシーの運転手さん、私の来訪話に驚かない(笑)

追分駅から徒歩5.8km、秋田市マイタウン・バス北部線下新城コースの轌町バス停にとうちゃこ

58698.jpg 58698-1.jpg 58698-2.png

115分かけてバテ防止できました! このバス停は字轌町ではなく字馬込ですが、3枚目正面の現在ゆいいつの轌町の住宅からの道がここに通じてて正しいバス停名と言えます。秋田県の地域文字にして「雪車」=そりの合字、失われた幽霊文字「轌」の地に到達!

追分駅から炎天下日陰ほぼ無し5.3km、こちら秋田県秋田市金足黒川轌町(そりまち)

58697.jpg 58697-1.png

黒川=油田ですが今日はスルー(泣)、この「轌」は「雪車」=そりが合体した秋田県の合字で、ここ他を根拠にJIS第二水準に収録されましたが当時の漢和辞典に出てなかった幽霊文字でした。画像正面が現在ゆいいつの住宅のようです。

田沢湖線生田駅から徒歩4.5km、こちら秋田県仙北市角館白岩新下掵と下掵(したはば)

58688.jpg 58688-1.jpg 58688-2.jpg 58688-3.jpg

秋田県の地域文字で失われた幽霊文字「掵」を含み、後者は実在証明の笹原論文に例示された字名です。で1枚目の新下掵の位置からのビューで「下掵に集落!」と思いきやそこは前郷という別の字でして、どちらも農地! 新下掵ってのは2枚目にある記念碑の土地改良の結果できた新字かもですね!

2019/08/13

残念!

58681.jpg

こちら羽後四ッ屋駅から500mの秋田県大仙市四ツ屋掵田(ばばだ)、秋田県の地域文字で失われた幽霊文字「掵」のJIS第二水準再録の根拠の地名のひとつですが、ここホントは「木命田」で、国土行政区画総覧の誤記だとされてます。で、「木命」である証拠がこの真正面のミラーの根元に付いてた看板なんですが、無い! そしてこちらのページに出てくる住所記載の自販機、掵田内の全車道をくまなく歩きましたが無し…涙

ざん! 沖掵神社から炎天下休み休み徒歩7.2km、こちら温泉施設ゆっぷる前の果樹園。ここの住所は秋田県横手市平鹿醍醐 鶕鵈櫓松(ときとうやぐらまつ)です!

58672.jpg 58672-1.jpg

難読漢字だらけですがこのうちの「鵈」がJIS第二水準に収録され当時の漢和辞典になかった幽霊文字。収録の根拠は福島県相馬市の字名でしたがなんとそこはホントは「鵃」で、国土行政区画総覧の記載ミスでした。が、全国でここ含めて3箇所に「鵈」が使われてると判明し、やっぱり幽霊でなかった、ってやつです(^^)v

ローソン横手平鹿町下鍋倉店から500m、秋田県横手市平鹿下鍋倉上掵にある沖掵神社

58671.jpg 58671-1.jpg 58671-2.jpg 58671-3.jpg

この一角だけ木々という典型的な平地の農村のスタイルです。なぜ「沖」なのかは不明ですが、これで秋田県横手市旧平鹿町の秋田県の地域文字にして失われた幽霊文字「掵」4連発を堪能しました!

ローソン横手平鹿町下鍋倉店から移動再開、すぐに秋田県横手市平鹿下鍋倉中掵を通ります

58670.jpg 58670-1.png

幽霊文字「掵」まみれ。

そしてすぐ先のローソン横手平鹿町下鍋倉店イートインで早くも休憩&補給

58669.jpg 58669-1.jpg

レシートにバッチリと秋田県の地域文字で失われた幽霊文字「掵」が印字されるというこのJIS第二水準漢字のすばらしさ(笑)

ざん。浅舞栄町バス停から900m、こちら横手市ふれあいバス掵(はば)バス停

58668.jpg 58668-1.jpg 58668-2.jpg 58668-3.jpg

所在は秋田県横手市平鹿下鍋倉下掵です。浅舞中心街のはずれから南に向かって下掵・中掵・上掵と秋田の地域文字にして失われた幽霊文字「掵」だらけである(((o(*゚▽゚*)o)))

2019/08/12

掵上農村公園から500m、こちら秋田県湯沢市二井田二ノ掵の中の掵上の飛地!

58657.jpg 58657-1.png

なんと幽霊文字地名の中に別の幽霊文字地名の飛び地があるという稀有な例! 個人宅ですので表札等消してます。

幡野バス停から徒歩2.8km、こちら秋田県湯沢市二井田掵上(はばうえ)にある湯沢市乗合タクシー掵上バス停と掵上農村公園

58656.jpg 58656-1.jpg 58656-2.jpg

秋田県の地域文字で失われた幽霊文字「掵」の、国土行政区画総覧の掲載例として笹原論文に登場している地名です。大きな神社が背後にありますが住吉神社で「掵」なし。

幡野バス停から700m、次の「掵」目指しての最短ルート上になんと偶然にも、失われた幽霊文字「籏」を含む、秋田県湯沢市大字金谷字白籏があった!(((o(*゚▽゚*)o)))

58655.jpg 58655-1.png

しかし字名表記はどこにもなし(^◇^;)

掵の上児童館前バス停に定時にやってきた(笑)羽後交通バス西馬音内線湯沢営業所前行きに乗車

58653.jpg 58653-1.jpg 58653-2.jpg

秋田県の地域文字にして失われた幽霊文字「掵」1箇所目をタンノーした! さっきのバスは7人乗ってたけどこちらは私だけ!^^;

掵ノ上飛地から400m、羽後交通バス西馬音内線の掵の上児童館前バス停と、ホントに真ん前にある掵ノ上児童館

58652.jpg 58652-1.jpg

ってかなとカナの違いがあります!(^◇^;) 児童館と鼈甲飴の間の建屋は神社ですが、そちらの名前は駒形神社で、秋田県の地域文字にして失われた幽霊文字「掵」は入ってません。

掵の上バス停から200m、このお宅はなぜか秋田県羽後町大字貝沢字拾三本塚の宅地の一角にある、ここだけが字はばのうえノ上の飛地であります!

58651.jpg 58651-1.png

幽霊文字飛地またもや攻略。

遅延9分に拡大しつつ羽後交通バス西馬音内(にしもない)線の掵の上(はばのうえ)バス停で下車

58650.jpg 58650-1.jpg

運賃280円。というか鼈甲飴からかなり離れた位置に停まったぞ(^◇^;)。「掵」は確実な由来がわからない、秋田県の地域文字で、1978年制定のJIS第二水準にここなどを根拠として収録されたものの当時の漢和辞典に出てなかった幽霊文字です。

2019/07/28

旗居バス停から小鹿野町営バス西武秩父駅線西武秩父駅行きに乗車

58564.jpg 58564-1.jpg

乗客私だけ。

結局残念ながら、埼玉県小鹿野町長留通称旗居、72年版の国土行政区画総覧では籏居、の道をくまなく歩きましたが…

58563.jpg

籏居どころか旗居表記すら、ここまでご紹介したバス停神社石碑集会場の3つ以外に皆無でした(T . T) まぁそんなこともあるさ。そしてバス停前にある酒屋さんにてうぇーい( ^ ^ )/□

そして! 旗居バス停から300mにある諏訪神社と旗居集会場、地名の由来が思いっきり石碑になっとるがな!(^◇^;)

58562.jpg 58562-1.jpg 58562-2.jpg 58562-3.jpg

もちろんこれは真新しく、国土行政区画総覧の幽霊文字地名「籏居」が誤記かどうかの証明にはまったくならないわけですが…謎は深まるばかり(^_^;)

小鹿野町営バス旗居バス停で下車

58561.jpg 58561-1.jpg

現在この地区は大字長留+番地という住所ですが、小字名は旗居です。ところが72年版の国土行政区画総覧によるとここは埼玉県小鹿野町長留通称籏居、とされており、幽霊文字「籏」の実在根拠のひとつなのです。しかしどこにも無いぞ「籏」…

天文台入口バス停から九十九折坂道1.3kmのぼってきてときがわ町デマンドバス横墹(よこまま)バス停

58550.jpg 58550-1.jpg

崖を表す古語「まま」に伊豆地方であてられた地域文字にして失われた幽霊文字「墹」がなぜ埼玉の山奥にある!?!? 役場に照会したところヒントをいただき、真向かいの住人の方が庭いじりされてましたのでインタビューした結果判明! まさにそのお宅の屋号が「横墹」だということでした! もしかしたらご先祖が太古の昔に伊豆から来られたのかもですね!(^○^) →バス停周囲動画

2019/07/21

簗場駅から登り坂700m、長野県大町市平簗場22216−19という幽霊文字住所にある、ライダー御用達店、レストランくんくんに来ました

58527.jpg 58527-1.jpg

老年ライダーで店内大混雑! とりあえずコクがうれしいハイネケン中生うぇーい( ^ ^ )/□

錦糸町から7時間、大糸線簗場(やなば)駅で下車

58526.jpg 58526-1.jpg 58526-2.jpg 58526-3.jpg 58526-4.jpg 58526-5.jpg

こちらまさに、なぜかJIS規格漢字制定時の漢和辞典に未掲載だったため幽霊文字とされてしまった「簗」を含む駅。JRグループの現役の駅で幽霊文字を含む駅名は、三江線石見簗瀬駅の廃止により全国ここただ1つだけであります。ただし、駅本屋の住所は、長野県大町市大字平字中綱でありまして、線路敷が大字平字簗場、のようであります。駅真ん前は廃商店?宿? ですが背後には現役の民宿たくさん。そして中綱湖もすぐだすよ。

2019/07/15

青森県東通村岩屋田畑通称袰部にある袰部バス停から徒歩1.3kmの袰部口バス停より1分早着!( ̄O ̄;)の下北交通バスむつバスターミナル行きに乗車

58506.jpg 58506-1.jpg 58506-2.jpg 58506-3.jpg

これで失われた幽霊文字「袰」の2バス停をコンプいたしました(^○^)。ていうか動画撮り終えた直後にやってきて焦りまくりでんがな、、

袰部川に架かる荷倉場(にくらば)橋

58505.jpg 58505-1.jpg 58505-2.jpg 58505-3.jpg

青森県東通村大字岩屋字荷倉場にあります。銘板、つぶれてますが意図としては「母」でも「毋」でもない、国土行政区画総覧に記載された字体=「貫」の上部、のような気がする!(^○^)

青森県東通村大字岩屋字田畑の通称袰部にある袰部八幡宮に袰部集会所

58503.jpg 58503-1.jpg 58503-2.jpg 58503-3.jpg

なんと! この袰部八幡宮の「袰」、上部が母でも毋でもなく、「貫」の上部だ! 実はこれ、幽霊文字の実在を証明した笹原宏之論文で引用された国土行政区画総覧ではまさにこの字なんだとあります\(^o^)/

2分遅延の下北交通バス尻労(しつかり)線の袰部(ほろべ)バス停で下車

58502.jpg 58502-1.jpg 58502-2.jpg 58502-3.jpg 58502-4.jpg

武具の「ほろ」の表記「母衣」が合字化したこの「袰」は北東北の地域文字でJIS第二水準に収録されたものの当時の漢和辞典に出ていなかった幽霊文字です。東北電力電柱は「尻労」ですがNTTは「袰部」と「ホロ部」。

下北交通バス佐井線下北駅前行きはむつバスターミナルに1分遅着、ここじたいのレポは夕方まわしにしましてソッコーで尻労線始発尻労行きにお乗り換え

58501.jpg 58501-1.jpg 58501-2.jpg 58501-3.jpg 58501-4.jpg

これ「しつかり」って読めないよね…といいつつ! 経由した待合室の料金所に幽霊文字が2文字並んでて壮観としか言いようがない!!(OvO)

その松ノ木橋をわたった対岸は青森県むつ市大畑町大字松ノ木字榀ノ木川原です

58498.jpg 58498-1.jpg 58498-2.jpg

地図から明らかに、大畑川の蛇行が直線化された結果、榀ノ木(しなのき)が流れで分断され、片側は大字無しになったと考えられます。対岸の榀ノ木には農地はありましたがこちらはホントに鬱蒼とした川原だけ。 なお、ここの「榀」を誤写し横棒を増やした結果JIS第二水準に入った幽霊文字「橸」は静岡県旧井川村の字名「石橸」(訪問済み)に使われていたとわかっていますが、和製でない漢字「櫑」が「たる」なので、逆にこちらは縦棒が無くなった結果なのでは、とも考えられます。

ざん。下北交通バス佐井線湯坂下バス停から徒歩1.6km、こちら青森県むつ市大畑町榀ノ木(しなのき)

58497.jpg 58497-1.jpg 58497-2.jpg 58497-3.jpg

そのまんまシナノキを表す、JIS第三水準にしてむつの地域文字ですが、国土行政区画総覧に出てるのになぜJIS第二水準に未収録なのか!? 実は幽霊文字「橸」は、ここの「榀」を誤写した結果第二水準に収録されてしまったんですよ!! なお4枚めの大間川に架かる橋ですが、これが榀ノ木橋であることを期待してたんですが、大字名でえる松ノ木橋になってました。。シナノキなのかマツなのかはっきりしてほしいぞ!(笑)

2019/07/06

椣原大橋をわたって急坂のぼって100m、施錠されてますが椣原自治会館

58439.jpg 58439-1.jpg 58439-2.png

この地区名のみをゆいいつの根拠としてJIS第二水準に収録され幽霊文字呼ばわりされた「椣」、これでコンプです!\(^o^)/

金勝寺から100m、細いけど深い竜田川に架かる椣原大橋とその真横の椣原大橋西詰交差点

58438.jpg 58438-1.jpg 58438-2.jpg 58438-3.jpg 58438-4.jpg

かなりコンパクトな「大橋」ですよ(^○^)

奈良県平群町椣原にある金勝寺境内の中に、椣(シデ)の木があった!(^○^)

58437.jpg 58437-1.jpg 58437-2.jpg 58437-3.jpg

全国ここでだけ使われている地域文字「椣」はまさにこのシデを表しています。そしてシデの木の名の由来は、この4枚目が去年の雄花の枯れ残りですけど、花がまさに四手=紙垂に似てるから、だそうですよ。

ヒ、ヒデハラ!?!?( ̄O ̄;)

58440.jpg

奈良県平群町椣原の関電電柱、「ヒデハラ」になってました!( ̄O ̄;) 「椣」はシデの木を表す奈良の地域文字にして失われた幽霊文字なのでここは「シデハラ」のはずなのですが、どうやら、関電の人がこの漢字を読めず、じもてぃに聞き取ったところ「ヒ」になった説が濃厚です(笑)。

元山上口駅で下車

58436.jpg 58436-1.jpg 58436-2.jpg 58436-3.jpg 58436-4.jpg 58436-5.jpg 58436-6.jpg

こちらの所在は奈良県平群町(へぐりちょう)椣原(しではら)。この大字名の「椣」はシデの木を表す和製漢字ですが、この地名をゆいいつの根拠としてJIS第二水準に収録され、当時の漢和辞典に掲載されていなかったため幽霊文字呼ばわりされたものです! そして初乗下車時にはあまり気に留めてませんでしたが、5枚目以降は明らかに昔、駅舎も出入口も別だった名残ですよね!?!?

東安堵東口バス停から800m、ガチ幽霊文字「墸」の誤写元のひとつとされる奈良県安堵町の「堵」入りバス停6箇所をめぐるゴールはここ、安堵中央公園バス停

58433.jpg 58433-1.jpg

1枚目のバックは安堵中学校、そして2枚目のバックが安堵中央公園となります。

西安堵南バス停から細い路地を900m、奈良県安堵町大字西安堵から安堵小学校を越えて大字東安堵に入って、東安堵東口バス停

58432.jpg 58432-1.png

またまた方角複数ついてるバス停名ですが、大字名絡みと考えればナットクです。もちろんこちらもガチ幽霊文字「墸」の誤写元の字入り。

西安堵バス停から細い路地を600m、急に田んぼと新興宅地のとこに出てきてここが安堵町コミュニティバス西安堵南バス停

58431.jpg 58431-1.jpg 58431-2.png

出たっ、方角複数ついてるバス停名\(^o^)/ しかもそれがガチ幽霊文字「墸」の誤写元の字、にですからねぇ(^_−)−☆

安堵町役場から西に600m、西安堵バス停

58430.jpg

ガチ幽霊文字「墸」の誤写元の可能性がある安堵町のバス停のひとつです。

その安堵町役場バス停から100mと離れてない、道路上の東安堵バス停

58429.jpg 58429-1.jpg

1枚目の消防署のすぐ向こうが役場です。これだけ短いからか安堵町コミュニティバスにはバス停なし。

りんごから700m、奈良県安堵町役場とその真正面の安堵町役場バス停、さらに真向かいの安堵郵便局

58428.jpg 58428-1.jpg 58428-2.jpg 58428-3.jpg

ふつうの漢字「堵」ですが、JIS第二水準に収録されながらそんな文字ホントに無いぞという幽霊文字「墸」は、この「堵」を資料まとめ中に誤写してしまって爆誕した可能性を指摘されています(笑)

2019/07/01

青森県南部町大字埖渡字見抜平にある南部バス埖渡バス停から西に200m、ここに1984年まで埖渡小学校がありました

58415.jpg 58415-1.jpg 58415-2.png

今は果樹園ですねー。そしてこの手前の道は青森県南部町大字埖渡字埖渡。ダブル幽霊文字地名である(((o(*゚▽゚*)o)))

埖渡(ごみわたり)バス停で下車

58414.jpg 58414-1.jpg 58414-2.jpg 58414-3.jpg 58414-4.jpg

運賃は200円のはずが、どうやら南部町多目的バスに合わせるべく100円(たぶん差額補助金)。目の前は埖渡研修館です。 この「埖」、例によってこの町村制施行前の自然村名→現大字名からJIS第二水準に収録されましたが当時の漢和辞典に出てなかった幽霊文字です。名前の由来はウィキペディアをご参照ください。東北電力電柱は別名でしたがNTT電柱はばっちり埖渡、そして町内会ももちろん埖渡。

2019/06/30

青森市ほろがけ福祉館から300m、袰懸児童遊園

58392.jpg 58392-1.jpg

なぜ袰懸団地の西の端に2つも児童遊園があるのか謎ですが、第二はあくまでも福祉館の敷地のおまけなのかもしれません。こちらも遊園名の表示はありませんが、防災倉庫が袰懸町会のものでありますよ(^○^)

袰懸団地バス停から250m、青森市ほろがけ福祉館と袰懸第二児童遊園

58391.jpg 58391-1.jpg 58391-2.jpg 58391-3.jpg

東北電力電柱もふくめてひらがな表記、さらに児童遊園には名前の掲示なし、と残念も、福祉館わきの古い看板は漢字でバッチリ幽霊文字入り、しかも上部が母でなく毋という本来の表記である(^○^)

3分遅延の袰懸団地(ほろがけだんち)バス停で下車

58390.jpg 58390-1.jpg

青森県青森市小柳六丁目の一部ですが住居表示実施前は大字小柳字袰懸。武具「ほろ」を表す「母衣」が北東北で合字となり、幽霊文字呼ばわりされた「袰」入りの現役バス停&戸建て団地名となります。

なんと!

58387.jpg 58387-1.jpg

さっきの地下交差点通路の標識が青森県青森市大字後萢と反対側を指してると書きましたが、なんとその向きに東バイパスを進むとまさにここ、に後萢信号がありまして集落名看板もある!!(^○^)

ざん。こちら青森県青森市大字後萢(うしろやち)久堅からの撮影、後萢神社と後萢公民館です

58386.jpg 58386-1.jpg 58386-2.jpg 58386-3.jpg 58386-4.jpg 58386-5.jpg

建屋2つは大字後萢字前橋。津軽の地域文字&失われた幽霊文字「萢」を含む、県庁所在地の大字となります。公民館は草冠も包も新字体で、神社はどちらも旧字体!
そして神社に登ってみましたが、こちらは草冠が新字体で包が旧字体ですね(^○^)

3分遅延の青森市営バスを後萢通り(うしろやちどおり)バス停で下車

58385.jpg 58385-1.jpg 58385-2.jpg

東北地方で湿地を表す古語「やち」に津軽でだけ当てられた地域文字にして幽霊文字です。ただしこのバス停の所在は青森県青森市大字平新田字森越。そして交差点には地下道がありますが3枚目の「後萢方面」は逆だぞ!!

2019/06/29

青森県外ヶ浜町龍飛から徒歩1.9km、町境越えて青森県中泊町小泊袰内(ほろない)に到達

58362.jpg 58362-1.jpg 58362-2.jpg 58362-3.jpg

笹原宏之論文で、幽霊文字「袰」の実在証明のひとつとして採り上げられた小字です。ヨッキれんさんがレポしてますが、かつては龍飛からの道はここまでで、この集落の人は三厩村生活圏でした。たしかにNTTも東北電力も、電線ここまで!
→動画

海峡の家ほろづきをチェックアウト、定時の今別町巡回バス三厩駅前行きに乗車

58356.jpg

おはようございます。昨晩は日本酒じょっぱり純米酒四合瓶空けて動画撮ったところで睡魔に負けて編集せず寝てしまい、7時間半寝て5時半に起き、動画の編集し出た途中でタイムアップ。なんと管理人さんは13年間浅草にお住まいで、私の地元もご存知でしたよ! 高野崎のひみつの道を来年こそは伺ってスカシユリまみれになりたい!! つまり来年泊まりにきまして飛地もリベンジしたい〜( ^_^)/~~~

2019/06/28

青森県今別町袰月(幽霊文字)の海峡の家ほろづき、とにかくドコモ回線が細過ぎて、ようやく事後送信終えて人工温泉に入ってます

58354.jpg

いわゆる二股らぢうむの石を使った大仰な装置からはたしかに塩素に加えて石膏臭もある41℃。

海峡の家ほろづきに戻ってきました

58353.jpg 58353-1.jpg 58353-2.jpg 58353-3.jpg 58353-4.jpg

ここは旧袰月中学校。小学校は他地域に統合されましたが中学校はここに統合され、93年まで存続していました。73年の国土行政区画総覧にはこの大字名とともに中学校名としても記載され、それをひとつの根拠として78年制定のJIS第二水準に「袰」が収録されたわけです。すなわち、私は今、幽霊文字の実在を証明した笹原宏之論文に記載されたそのものズバリの建屋に泊まるわけであるヽ(´▽`)/
…しかしまぁなんとも、中学校そのものの宿泊施設である(^○^)

海峡の家ほろづきから500m、現今別町巡回バス高野崎バス停

58351.jpg 58351-1.jpg

しかし青森市営バス時代は幽霊文字入りの「袰月高野崎」だったという鼈甲飴。

NTTの袰月交換所

58350.jpg 58350-1.jpg

いったん海峡の家ほろづきに戻ったら管理人さんから「高野崎を見に行かない奴は人生損してる」(誇張し過ぎ)とのことで急遽東側に進みました。するとすぐにあったは電話交換所。まさに先週の鰺ヶ沢町芦萢と同じく、旧自然村に有人の電電公社交換所があったってことですね!

ここ袰月では高野崎と並んでの名所、袰月海雲洞

58349.jpg 58349-1.jpg 58349-2.jpg 58349-3.jpg

海辺の滝というのもすごい! ところですが今は水ちょろちょろで静か(^◇^;)。そして揺れる、幽霊文字「袰」の上部は「毋」なのか「母」なのか問題。

袰月郵便局から300mの、鼈甲飴なくて待合所はある、青森県今別町巡回バスの袰月漁港バス停

58348.jpg 58348-1.jpg 58348-2.jpg 58348-3.png

位置が青森市営バス時代と変わっているようです。そして現在は「母衣」の合字かつ北東北の地域文字かつ失われた幽霊文字である「袰」を含む今別町のバス停はこの2つのみであります。

袰月郵便局から100mのおそらく公民館、袰月会館

58347.jpg 58347-1.jpg 58347-2.jpg

なんか文学碑がありますよ。そしてもちろん反対側は海。

袰月橋の隣にある袰月郵便局、そして今別町巡回バス袰月郵便局バス停

58346.jpg 58346-1.jpg 58346-2.jpg 58346-3.jpg 58346-4.jpg

国道おにぎりの標識を含め、「母衣」の合字で北東北の地域文字かつ失われた幽霊文字「袰」の上部は「母」なのか「毋」なのか問題があるわけです。

海峡の家ほろづきから500m、袰月川に架かる袰月橋

58345.jpg 58345-1.jpg 58345-2.jpg 58345-3.jpg

ただし漢字銘板は撤去されてて橋名表示はひらがなのみでした。そしてNHKケーブルと東北電力には「袰月」。武具を表す「母衣」の合字にして北東北の地域文字で幽霊文字の「袰」が入る、青森県今別町の旧自然村名の大字であります。

天気が良いいまのうちに周囲をまわります

58344.jpg

まずは現在の今別町巡回バスの「海峡の家ほろづき」バス停がドア前まで乗り入れるのに対して道路上にあった青森市営バス時代の「海峡の家袰月」。って、ここも、隣の現「高野崎」も幽霊文字「袰」入りだったんぢゃん!!

青森県今別町袰月の、海峡の家ほろづき(旧袰月中学校)の裏山にある観音様、袰月漁蘢観音

58343.jpg 58343-1.jpg 58343-2.jpg

地図に出てない舗装路の先にあります。管理人さんが「海見えるよ!」とおっしゃってたとおり!

無理だろこれ(笑)

58341.jpg 58341-1.png 58341-2.png

もはやマピオンまでもが脱ゼンリンしたため、goo地図だけが頼りですが、ご覧のとおり、早々に非実在だと判明した道の先に、青森県今別町大字袰月の飛地があるわけです。大字砂ケ森に囲まれた大字袰月村下(ここ海峡の家ほろづきと同じ)の飛地ですが、とりあえず幽霊文字地名の飛地はすべて訪問する、というマイルールを課してきまして、それが今回「スキル的に道無し」で断念と。涙

さて、さっそく、青森県今別町海峡の家ほろづきから、軽登山装備になりまして、脇の道を登ります

58340.jpg 58340-1.png

国土地理院地図は信用できるのか!?!?(1時間以内に次の投稿がなければ遭難です)

今別町巡回バスは海峡の家ほろづきバス停に2分遅着

58339.jpg 58339-1.jpg 58339-2.jpg

なんとまさにここがバス停というね。そして今宵はこちらに宿泊、3500円でひとりさみしく4人部屋。なんか地名やら建屋の様子やら突っ込みどころ満載ですが後ほどゆっくり説明します(笑)

村立哘小学校跡にして現哘分館・哘地区集会所

58330.jpg 58330-1.jpg 58330-2.jpg 58330-3.jpg 58330-4.jpg 58330-5.jpg

というわけで、幽霊文字「哘」がJIS第二水準に収録された唯一の根拠、国土行政区画総覧に掲載された、青森県天間林村(現七戸町天間林)哘(さそう)の項目に併記されていた小学校、77年の閉校です。グラウンドは30年以上整地されていて今も地区運動会に使われてるとか。
なお校門跡向かいはたぶん哘地区ゆいいつの万屋さん跡と思われます。

哘北バス停から500m、青森県七戸町天間林哘のメイン十字路に燦然と輝く幽霊文字のみの字名「哘」(さそう)!!

58329.jpg 58329-1.jpg 58329-2.png 58329-3.jpg

この字は「行こうと声かける」の意味で「さそう」だそうですがほんまかいな(^◇^;) なお十字路は4字境ですが哘と哘平以外は普通の名です(倉越と堰根)。コミュニティバスの哘バス停は消えかかってる(/ _ ; )

七戸十和田駅から徒歩5.8km、七戸町コミュニティバス寺沢・底田・鳥谷部線哘北(さそうきた)バス停に到達

58328.jpg 58328-1.jpg 58328-2.png

ただしここは字哘ではなく字十枝内にあります。字哘の北、ということですね。

おー! 七戸十和田駅から徒歩5.6km、こちら青森県七戸町大字天間林字哘と字十枝内の間、市ノ渡川に架かる哘橋(さそうばし)

58327.jpg 58327-1.jpg 58327-2.jpg 58327-3.png

全国の中でこの地域でしか使われていない幽霊文字「哘」を含む橋である\(^o^)/

ついに青森県七戸町大字天間林字哘(さそう)の中心地に入りましたが少し迂回

58326.jpg 58326-1.png

してみたら墓地の名前に失われた幽霊文字「哘」がバッチリ出ております(^○^)

ざざん! 七戸十和田駅から徒歩4.2km、こちら青森県七戸町大字天間林の 字哘崎(さそざき)・字哘平(さそたい)・字哘(さそう)の3字境である(*≧∀≦*)

58325.jpg 58325-1.png

3字境のすべてに幽霊文字(「哘」)が含まれているというスーパーレアーな垂涎の地である!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ざん。七戸十和田駅から徒歩3.3km、こちら青森県七戸町大字天間林字哘崎(さそざき)

58324.jpg 58324-1.png

漢字「哘」は古くは鎌倉時代の文献にもありますが、近代ではまさにこの一帯の複数の字名にしか使われておらず、JIS第二水準に収録されましたが当時の漢和辞典に出ていない幽霊文字でした。

2019/06/23

萢中公民館前で動画撮り、300m歩いてふたたびの岩木川、そしてここでは土手から青森県弘前市萢中字中川原

58307.jpg 58307-1.png

画像の右側は今も萢中で左側はかつては萢中でしたが70年に浜の町一丁目になったっつーことです。

青森県弘前市萢中飛地から徒歩1.1km、こちら弘前市浜の町東5丁目1-6にあります萢中公民館

58306.jpg 58306-1.jpg 58306-2.jpg

実はここは70年までは萢中で、どうやら住居表示実施時に宅地だけ萢中から外したのではないかと! でもこうやって公民館や町会名に幽霊文字「萢」を含む萢中が残されてて(・∀・)イイ!! なお看板は両者でみごとに旧字体新字体です(笑)

先の岩木川河原から400m、こちら幽霊文字「萢」を含む青森県弘前市萢中字岩井の飛地となります

58305.jpg 58305-1.jpg 58305-2.png

なぜに飛地が突然あるのか不明ですが、とにかく田んぼです。

ざん。撫牛子駅から徒歩3.0km、岩木山に向かって岩木川をわたりすぐの土手下の河原にはいりまして、こちら、青森県弘前市萢中字岩井

58304.jpg 58304-1.jpg 58304-2.jpg 58304-3.png

津軽の地域文字にして失われた幽霊文字「萢」を含み、笹原論文で存在例のひとつとして挙げられた大字です。

津鉄五農校前駅から700mのこちら、青森県五所川原市一野坪麻ノ葉にある前萢集会所

58299.jpg 58299-1.jpg

津軽の地域文字にして失われた幽霊文字「萢」を含み、笹原論文で実在例として引用された通称地名ですが、なんと読み方は「まえやち」ではなく「まや」! それが正しいかどうか、近隣の方にもお話伺えず、読み方の謎は残りました…ただしちゃんと「萢」の「包」は旧字体ですね!

姥萢西口バス停から100m未満のローソン五所川原姥萢店

58294.jpg 58294-1.jpg 58294-2.jpg

もちろんレシートゲト☆しましたがやっぱり失われた幽霊文字「萢」の「包」は新字体(^◇^;)

姥萢バス停から徒歩500m、弘南バスの姥萢南口バス停

58293.jpg

失われた幽霊文字の実在を証明した笹原宏之論文での「萢」地名の実例のひとつとして示された青森県五所川原市姥萢です。

姥萢橋から100mのセブンイレブン五所川原姥萢船橋店でレシートゲト☆

58292.jpg 58292-1.jpg 58292-2.jpg

やはり幽霊文字「萢」の「包」は新字体なのね印字。

青森県五所川原市姥萢の金太郎温泉から徒歩1.8km、旧十川に架かる姥萢橋、そしてすぐ先に弘南バス姥萢バス停

58291.jpg 58291-1.jpg 58291-2.jpg 58291-3.jpg

着実に失われた幽霊文字にして津軽の地域文字「萢」を堪能しておりますが、ここは明治の町村制施行前の自然村、姥萢村が起源ですよ。

幽霊文字住所の温泉、金太郎温泉で家族風呂!

58290.jpg 58290-1.jpg 58290-2.jpg 58290-3.jpg 58290-4.jpg

山田温泉旅館を部屋付き温泉素泊まり4860円で10時にチェックアウト、ロビーにて場所とWi-Fiをお借りして昨日ぶんの動画を配信、してから3.9km歩いてきたこちら。13年ぶりですが、住所が青森県五所川原市姥萢(うばやち)桜木、ということでなんと幽霊文字「萢」の温泉なのです!(^○^) さっそく1300円で家族風呂、ざんざか掛け流しでまさに東鳴子温泉赤湯に似ているモール臭&木屑系アブラ臭に薄塩味の42℃強! そしてメタケイ酸由来のとろみ!! いやー山田温泉からひとひねりした感じで、ホント津軽のモール泉は楽しいなっと♪

2019/06/22

幽霊文字「萢」入りの富萢バス停から1分遅延の弘南バス五所川原営業所行きに乗車

58281.jpg 58281-1.jpg

最前左側に座らなかったのは、これから動画編集するから座面高い=揺れが大きいのを避けたからだー!(HARASHIMA風)

富萢南口バス停から400m、弘南バス富萢バス停に到達

58280.jpg 58280-1.jpg

北口と南口の間なので集落の中心と思えますがそうでもなく、北口の方がかつては店舗数多かった漢字です。でも待合所は広くてやはり旧自然村の代表停留所というべきか。これからバスまで40分あるので動画撮って時間つぶします(^◇^;)

失われた幽霊文字「萢」を含む、青森県つがる市立富萢小学校跡

58279.jpg 58279-1.jpg 58279-2.jpg 58279-3.jpg

富萢南口バス停のすぐ裏です。やはり町村制施行前の自然村には小学校はあるものです。かなり大きな校舎に体育館にグラウンド、廃校はわずか2年前ですが、67年までは中学校もあったそうですよ。

富萢北口バス停から富萢簡易体育館経由で徒歩1.7km、弘南バス富萢南口バス停

58278.jpg 58278-1.jpg

失われた幽霊文字「萢」入りなので訪問が義務です!(そろそろ疲労)

青森県つがる市富萢町の小高い丘にある簡易体育館とコミュニティセンター

58276.jpg 58276-1.jpg 58276-2.jpg 58276-3.jpg 58276-4.jpg

意外とりっぱだなーと思いきや防衛省のカネなんだそうだ(町内に基地あり)。失われた幽霊文字「萢」の「包」が新字体が旧字体かはやはりまちまちで、誰も気にしてない説が濃厚です(笑)。

青森県つがる市富萢町の大きな稲荷神社ですが、富萢開村記念碑があります

58275.jpg 58275-1.jpg

そして石彫りなので微妙ではありますが、失われた幽霊文字「萢」の「包」は旧字体が正であると言えそうです!

青森県つがる市富萢町のJA支店

58274.jpg 58274-1.jpg 58274-2.jpg 58274-3.jpg

の、失われた幽霊文字「萢」のレタリングはおおむね本来の地名である旧字体「勹巳」ですが、石油関係の許可証は新字体で惜しい(^◇^;)

先生!

58273.jpg 58273-1.jpg

青森県つがる市富萢町の失われた幽霊文字「萢」はJIS規格では「包」が新字体ですが、青森県の看板が本来の地名である旧字体の「勹巳」で正しくレタリングされてます! と思いきや鰺ケ沢の鰺が新字体になってるし、別の場所の看板では萢も新字体だし…デタラメです!!(^◇^;)

弘南バス中の島公園入口行きはかなりの荒運転( ̄O ̄;)で定時回復(笑)、富萢北口バス停で940円支払って下車

58272.jpg 58272-1.jpg 58272-2.jpg

こちら青森県つがる市富萢町で旧車力村大字富萢、町村制施行前の自然村由来で、湿地を表す東北の古語「やち」に津軽で当てられた地域文字、かつ失われた幽霊文字の「萢」を含みます。

越水駅から徒歩1.3km、青森県つがる市森田町大館広ケ平にある下萢バス停より1分遅延のマイクロな弘南バス五所川原営業所行きに乗車

58269.jpg 58269-1.jpg 58269-2.jpg 58269-3.jpg 58269-4.jpg

こちら津軽の地域文字にして失われた幽霊文字「萢」を含むバス停ということで訪問しました。しかしこの名はこの地点の住所にはなく、少し離れた2枚目が「下谷地」と別の字に! 電柱もそうですが防災放送はバス停と同じ字広ケ平でかつ「下萢」と謎過ぎ! バスは五能線より便数が多いからかじもてぃ利用ちゃんとありますよ。

芦萢小学校跡から600m戻りましての芦萢バス停から、あじバス中村地区松代線鰺ケ沢中学校行きに乗車

58265.jpg 58265-1.jpg 58265-2.jpg

もちろん乗客ゼロでしたが、このあとで同じ芦萢地区内からおひとり、その後も計おふたり乗車ありましたよ(^^)

校門から上り坂300mの旧青森県鰺ヶ沢町立芦萢小学校跡

58264.jpg 58264-1.jpg

02年の廃校で、体育館以外は2年前に雪害倒壊の上取り壊されました。なお中学校も、64年から70年まで併設されており(64年以前は現在私有地とのことで教委にご教示いただけず)、だから弘南バスの校門前のバス停は「小学校前」ではなく「学校前」だったと。 →360度動画

あじバス松代線の芦萢南口バス停から300mの芦萢バス停はスルーしてさらに400m先の旧芦萢小学校校門

58263.jpg 58263-1.jpg

なんとここから校舎まで上り坂300m!( ̄O ̄;) そして反対側には2年前に廃止された芦萢北口バス停と待合所ですが、ここ弘南バス時代は芦萢学校前バス停でしたよ。「小学校」でないのもポイント。(伏線

芦萢簡易局から300mのあじバス中村地区松代線の芦萢南口バス停

58261.jpg 58261-1.jpg 58261-2.jpg 58261-3.jpg 58261-4.jpg

おそらくかつて芦萢地区唯一の電気店兼よろず屋だった店舗跡の前にあります。そしてあじバス芦萢南口バス停のわきにはNTTの芦萢交換所! まさにかつてはこんな村(失礼)でも電話交換手さんが手動で電話交換してたんですよね。NTT電柱の表記はここから下流側が芦萢になるようです(ここより上流の電柱はあじバス起点の松代になってました)。

芦萢簡易局から200m、芦萢へき地保健福祉館

58260.jpg 58260-1.jpg

注目は看板で、「萢」の「包」が旧字体「勹巳」なんですよ。これは、ほかの「包」をつくりに持つマイナー漢字がみな旧字体で、「萢」の採録元の国土行政区画総覧もすべて旧字体なのに、JISには新字体で入ってしまったという、なんらかのミスです。

2分早着^^;のあじバス一本杉バス停で運転手さんに100円支払って下車

58259.jpg 58259-1.jpg 58259-2.jpg 58259-3.jpg

こちら青森県鰺ヶ沢町芦萢町。「萢」は東北で湿地を表す古語「やち」に津軽でだけ当てられた地域文字にして、JIS第二水準に地名由来で登録されたものの当時の漢和辞典に出ていない幽霊文字でした。そして右の建屋の1階半分は芦萢簡易郵便局。町村制施行前の自然村である芦萢、当然郵便局もあり、JIS第二水準の採録元である国土行政区画総覧にはこの郵便局も記載されてます。ただしこの立派な看板にはやや異を感じます。(次の投稿への伏線

2019/06/01

福島県下郷町立江川小学校高陦分校跡から戻ってきて福島県道347号線に入りましたがちゃんと標識があった!

58148.jpg

しかも県道の名前まで書かれてて1標識に2幽霊文字である\(^o^)/

湯野上温泉駅から徒歩4.5km、幽霊文字「陦」を含む史上唯一の学校、福島県下郷町立江川小学校高陦(たかしま)分校跡にやってきました

58147.jpg 58147-1.jpg 58147-2.jpg 58147-3.jpg 58147-4.png

2005年廃校ですが統合後の本校も生徒総数2桁だそうです。まさに町村制実施前の自然村であった高陦村のための分校でした。看板や記念碑などもなく、農業倉庫として余生を送ってます…

会津鉄道湯野上温泉駅の茅葺駅舎内で少し休んでから出発、1km歩いて阿賀川わたったところでいきなりキター(*≧∀≦*)

58146.jpg 58146-1.jpg 58146-2.png

こちら福島県下郷町大字高陦(たかしま)。この「陦」がここの大字名であることを唯一の理由としてJIS第二水準に収録されましたが、当時の漢和辞典にない「幽霊文字」でした。どうやらこれは「隯」の略字ということのようでなるほどと。そして「隯」の意味はまさにislandであります!

2019/05/18

ざざん。久田野駅から徒歩2.1km、福島県白河市本沼畔田。

58078.jpg 58078-1.jpg 58078-2.png 58078-3.jpg

ですがしかし、明治時代の地籍図トレースから、ここは字糯田とわかります(隣の小山前も畔田に吸収?)。そしてここは、72年の国土行政区画総覧では「粫田」と書き「うるちだ」になっていて、これを唯一の根拠にJIS第二水準に「粫」が登録され、幽霊文字とされました。しかし明治の地籍図でもここは「糯田」です。ところが読みは「うるちだ」だったと。「糯」はどう考えてもアミロースがないもち米などの「糯」なのであり、今の読みも「もちだ」です。もしかすると、江戸時代は「うるちだ」で、それを地籍図にする際に誤って「糯田」とし、それだと意味が逆だから「雨」を取って「粫」という漢字を作字してしまったとか!?!?(^◇^;)

ざん。白坂駅から徒歩4.5km、こちら福島県白河市白坂鷹飛!

58074.jpg 58074-1.jpg 58074-2.jpg 58074-3.png

現在の小字的には2戸居住がありますが、3枚目の明治時代の地籍図のトレースではそれらは字菖蒲沢で、当時の字鷹飛は今は無住区です。でなぜかここは、72年の国土行政区画総覧では「軅飛」とされてまして、この地名から「軅」がJIS第二水準に収録され、そんな文字は無いと幽霊文字呼ばわりされたものの、90年には国土行政区画総覧でも「鷹」に訂正されたというものですが、しかし明治の地籍図でも「鷹」だというミステリーなのです。ただ、この地図の左の三角点がなぜか「飛山」となってて、もしかしたら明治以降の三角点名こそがまさに「軅飛山」であって、文字の入力方法がわからずに「飛山」になってたりして!?!?

宇都宮の幽霊文字バス停九連荘その8&9、関東バスの簗瀬小入口バス停&簗瀬小学校バス停

58069.jpg 58069-1.jpg

まさに宇都宮市立簗瀬小学校の西と北にあるバス停なんですが、なんと簗瀬地区ではなくて南大通り地区に所在なんです(^◇^;) とまれこれで、幽霊文字バス停最密集地区をまわり切りました!

宇都宮の幽霊文字バス停九連荘その6&7、関東バスの簗瀬南バス停&簗瀬西バス停

58068.jpg 58068-1.jpg

ついに簗瀬地区のバス停です! って、仮眠したまんが喫茶はここからかなり遠いんですがそれでも簗瀬地区だというね(^◇^;)

宇都宮の幽霊文字バス停九連荘その5は関東バスの簗瀬金堀バス停

58067.jpg

ようやく城東地区は抜けましたが、まだ簗瀬ではなくて東簗瀬なんです(^◇^;)

宇都宮の幽霊文字バス停九連荘その4は関東バスの簗瀬東バス停

58066.jpg

ここもまだ城東一丁目です。

宇都宮の幽霊文字バス停九連荘その3は関東バスの簗瀬五丁目東バス停

58065.jpg

ここもまだ城東一丁目です。

宇都宮の幽霊文字入りまんが喫茶を出まして、怒涛の幽霊文字バス停九連荘!

58064.jpg 58064-1.jpg 58064-2.jpg

まずは住所は簗瀬ではなく城東ですが、スーパーたいらやの前にある東野バス&JRバスの簗瀬バス停、そして横にある東野バス&関東バスの簗瀬町十文字バス停。

宇都宮の幽霊文字入りの希少なまんが喫茶からおはようございます

大きめのフラットシートで5時間ですがかなりよく寝られました。というかこちらのアカウント名…幽霊文字を含むここの地名「簗瀬」の読みは「やなぜ」だと思うんですが…(^◇^;) @jiqoo_yanase

2019/05/17

仮眠寸前ですが今宵の移動で一滴も呑めなかったので、所在地も店名にも幽霊文字入り、自遊空間宇都宮簗瀬店で生セット648円

58062.jpg

うぇーい( ^ ^ )/□

今宵の仮眠は東武宇都宮駅から徒歩3kmのまんが喫茶

58061.jpg 58061-1.png 58061-2.jpg 58061-3.jpg

なんと! 住所も店舗名も、失われた幽霊文字「簗」入りなのです\(^o^)/

2019/05/12

香櫨園駅から海まで来て香枦園浜(失われた幽霊文字「枦」入りの根拠は西宮市設置の案内標識)

58038.jpg 58038-1.jpg

ハマヒルガオ、かなりデカいのが咲いてますぞ(^○^)

香櫨園駅から寄り道で1.2km、失われた幽霊文字入りの香枦園テニスクラブ

58037.jpg 58037-1.jpg 58037-2.jpg

まさにおハイソなテニスクラブですぞ(OvO) ただし3枚目のシール隠しのとおり、かつては倍の面積あったっぽい(^◇^;)

むかしの海岸線まで歩いてきました

58036.jpg 58036-1.jpg

いまは埋立地にマンションですが…なんと! 西宮市が建てた案内に失われた幽霊文字「枦」が!(OvO) 阪神の駅名変更での直し忘れか?(^◇^;)

香櫨園駅の周囲のマンション名は体感8割くらいはほんらいの表記ですが、2割弱、失われた幽霊文字の「枦」がありますね!

58033.jpg 58033-1.jpg

(^○^)

阪神の香櫨園駅から徒歩400m、西宮香枦園郵便局

58032.jpg 58032-1.jpg 58032-2.jpg 58032-3.jpg 58032-4.jpg 58032-5.jpg

なんと「櫨」ではなく旧駅名にして失われた幽霊文字の「枦」になっておる!\(^o^)/ 向かいのマンション名は「櫨」なのに!(^○^)

香櫨園(こうろえん)駅で下車

58031.jpg 58031-1.jpg 58031-2.jpg 58031-3.jpg 58031-4.jpg 58031-5.png

ここは01年に現駅名になりましたがそれまでは開業時から「香枦園駅」。地名ではなく、4枚目のとおりの由来でつけられた園名なんですが、まさにこの略字「枦」がJIS第二水準に収録されながら当時の漢和辞典に未掲載の幽霊文字でした!

2019/04/22

失われた幽霊文字大発見!(≧∀≦)

57789.jpg

先生! 岩手県花巻市高松旧字母衣輪の隣の字、平良木にバス停待合所跡があるので寄ってみて、ふと電柱見たら、合字かつ失われた幽霊文字を用いた「袰輪」表記があったよ!!!!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

岩手県花巻市高松第18地割、旧字名母衣輪(ほろわ)

57788.jpg 57788-1.jpg 57788-2.jpg 57788-3.jpg 57788-4.png

国土行政区画総覧ではここはまさに「母衣」(武士の七つ道具の一)が合体してできた合字の「袰輪」になってました。が、公民館もスクールバス停も「母衣輪」であって合字でなく、総覧の根拠やいかに?と。まして電柱はひらがなです(^◇^;)

岩手県交通バス札長根バス停から徒歩3.7km、こちら岩手県花巻市高松第18地割ですが旧字名母衣輪(ほろわ)

57794.jpg 57794-1.jpg 57794-2.jpg

2014年まではバスの終点で、待合所に名が残ります。そしてここ、72年の国土行政区画総覧には「袰輪」となってまして、これを根拠のひとつにしてJIS第二水準に「袰」が収録されて幽霊文字呼ばわりされました。

2019/04/21

宮守駅から未舗装路を3.6km歩いてこちら岩手県遠野市宮守町下鱒沢字埖渕(ごみふち)に到達

57778.jpg 57778-1.png

失われた幽霊文字「埖」を含む3地名のうちのひとつです。これまでゆいいつGoogle地図には表示されてましたが先日の改変で消滅、幽霊文字に到達したエビデンスがない(^◇^;) 1戸廃屋があるほかは現役の農地。4枚目の川が地名に関係しているのでしょうか。。

小岩井駅から1.1km、こちら岩手県滝沢市大釜大清水東

57772.jpg 57772-1.png 57772-2.png 57772-3.png 57772-4.jpg

農地のみの地名ですが、3枚目のとおり、ここ、滝沢村が市になる前は「埖溜」と書いて「ごみだまり」と読んでました。JIS第二水準に収録されながら当時の漢和辞典に未掲載の幽霊文字「埖」ですが、なんと「農作物のイメージ」を理由に地主さんからの要望で改名されたっていうね…(寂) まぁ今は産直や道の駅の時代ですから、ごみだまり産とか確かにイヤですわね(^◇^;)。とはいえ、伝統ある地名しかもレアーな漢字がなくなるのは残念です(涙)。なお、地名じたいはこの崖の下の川(クロックスで接近不能)に何か溜まるからではとのじもてぃ説があるそうです。

厨川駅から1.7km歩いて岩手県盛岡市箱清水一丁目の箱清水北児童公園

57767.jpg 57767-1.jpg 57767-2.png 57767-3.png

こちら、72年に住居表示が実施されてこの町名になりましたが、それまでは盛岡市上田字簗ノ上。これが、JIS第二水準に失われた幽霊文字「簗」が採録された根拠のひとつであります。北上川わたったとこからずっと簗ノ上で、まさに北上川に簗があったんじゃないかなー?
なお、箱清水もまた盛岡市上田の旧字名ではありますが、地図の薬王堂盛岡箱清水店や箱清水幼児公園や箱清水公民館はすべて字箱清水でも字簗ノ上でもなく、なんとこれまた珍地名の字摺鉢窯だそうです!(盛岡市役所のKさん、ご教示ありがとうございました)

簗川支所前バス停から5分遅延の岩手県北バス106急行バス盛岡駅前行きに乗車

57798.jpg 57798-1.jpg

もともと盛岡駅で11分しか乗り換え時間がない行程ですが、その後のリカバリーは効きますんで、間に合わなくてもいいやと2列空いてる後方座席(降りるのに時間かかる)に座りました。

失われた幽霊文字入りの盛岡市役所簗川支所

57763.jpg 57763-1.jpg 57763-2.jpg

動画upまるで終わらずこれは元線が細いのか(涙)。というわけでAndroidカメラで撮ってのレポです。こちら住所は岩手県盛岡市川目、なぜなら昭和の大合併で旧簗川村の村名はこの支所にのみ残り、大字名を住所に入れたのでした。さっきの郵便局は簗川村簗川、ここは簗川村川目と。

2分遅着の簗川支所前バス停で下車

57797.jpg

運賃490円。失われた幽霊文字「簗」が含まれるバス停なので降りましたが、岩手県交通バスにも同名バス停が別鼈甲飴で。ちなみにここは岩手県盛岡市川目であって簗川ではありません。なのになぜ簗川支所前かというと…(この後動画upのため中断

簗川郵便局から400mの簗川地区振興センター

57761.jpg 57761-1.jpg 57761-2.jpg 57761-3.jpg 57761-4.jpg

旧簗川小中学校であり、これらもJIS第二水準制定当時の国土行政区画総覧に記載されておりましたよ。小学校も廃校から40年近く経ち、中学校の建屋はなく。プールもかなり小さくて3コースぶんかな?

飛鳥口バス停から徒歩1.0km、岩手県盛岡市簗川にある簗川郵便局

57759.jpg 57759-1.jpg 57759-2.jpg

なんでこれが幽霊文字扱いされたのかと憤る(笑)「簗」を含みますが、ここが幽霊文字でない証明の笹原宏之論文で例のひとつとして挙げられてたので訪問しました。なお3枚目は6年前に路線短縮で廃止になった岩手県交通バスの簗川局前バス停跡の待合所です。

2019/04/13

福島県歴史資料館にて明治時代の地籍図を閲覧し、マピオン記載もなく市役所に問い合わせても分からなかった、白河市本沼糯田の場所が判明!

57696.jpg

写真資料の掲載は県の許可が必要なので、とりあえずマピオンのここら辺です!
※幽霊文字「粫」は国土行政区画総覧にここが「粫田」と出てたこと由来です
※ ここ福島県歴史資料館での他の成果としては、
・すべての表記は「糯」であって「粫」ではない
・丈量帳も見ましたが、所有者に「糯」や「粫」が名前に含まれる人もいない
・同様の白河市の幽霊文字地名「軅飛」も地籍図見たがやっぱり明治から現在と同じ「鷹飛」だった
・鷹飛の丈量帳はもともと非存在

2019/04/06

失われた幽霊文字「岼」のJIS第二水準収録元である京都府福知山市三和町下川合の岼地区にある岼バス停から福知山市バス綾部市立病院行きに乗車

57670.jpg

この病院への相対的近さから旧三和町が町営バスとして綾部市に乗り入れてたのを平成の大合併で福知山市が引き継いだわけですね。

京都府福知山市三和町下川合の岼地区のカントリーサイン!

57668.jpg 57668-1.jpg 57668-2.jpg

デカい! 幽霊文字大繁盛!! そして3枚目はそのわきにある、岼地区メイン神社、渋谷神社です。

京都府福知山市三和町下川合の岼地区の稲葉川に架かる岼橋

57667.jpg 57667-1.jpg 57667-2.jpg

失われた幽霊文字「岼」をたくさん拝められております\(^o^)/

京都府福知山市三和町下川合の岼地区にある岼出荷所に岼公民館

57666.jpg 57666-1.jpg 57666-2.jpg 57666-3.jpg 57666-4.jpg 57666-5.jpg 57666-6.jpg

イベント「岼茶屋」も開かれてるようです。失われた幽霊文字「岼」だらけである\(^o^)/元々の自然村岼村が町村制施行で川合村になり、昭和の大合併で三和町に、平成の大合併で福知山市になりました。
そして公民館の横には神社が。岼地区の神社は少し先の渋谷神社のはずですが、これは岼神社、だったりして?

1分遅着の福知山市バス岼バス停で下車

57665.jpg 57665-1.jpg 57665-2.jpg 57665-3.jpg

ゆり! 山の中で平らになっている地形を丹波地方の方言で「ゆり」と言い、それに当てられたそのまんまなカタチの地域文字「岼」が特にこの地名を根拠にJIS第二水準に収録されましたが、当時の漢和辞典に収録されてなかった幽霊文字です。 なお、平らな地形で「ゆり」と言えば宮城県の閖上(ゆりあげ)ですが、あちらは揺られて土砂が積み上がった結果できた土地のことだそうです(漢字の成り立ちはまた別のエピソード(各自調査))。 ところでこのバス停待合所の穴はストーブ跡?

2019/03/23

瀬戸大橋(・∀・)ビュー!! の扇の嵶南交差点から児島駅へと引き返しますが、新扇の嵶トンネルがある一方で古い扇の嵶トンネルも現役なのでそちらを通ります

57564.jpg 57564-1.jpg 57564-2.jpg

今は半分歩道にしてますね。あー岡山県の地域文字にして失われた幽霊文字たる「嵶」を大堪能できました!\(^o^)/

失われた幽霊文字トンネル「新扇の嵶トンネル」を抜けたらそこは瀬戸大橋だった!

57563.jpg 57563-1.jpg 57563-2.jpg 57563-3.jpg

まさにトンネルで峠を越えてきまして、交差点名は「扇の嵶南」。

扇の嵶入口バス停から峠道登り1.7km、新扇の嵶トンネル

57562.jpg 57562-1.jpg

峠道を表す中国地方の方言「たお・たわ」に当てられた岡山県の地域文字にして失われた幽霊文字「嵶」入りのトンネルであります\(^o^)/

ただいま扇の嵶口(おぎのたわぐち)からまさに嵶=たわ=峠道を登っておりますが

57561.jpg 57561-1.jpg 57561-2.jpg

NTT電柱が「扇タワ」である、惜しい!!

なんと、扇の嵶口交差点と扇の嵶入口バス停のちょうど間、これ下津井電鉄の廃線跡でして、私チャリで走破しとるんですわいな…

57560.jpg 57560-1.jpg

幽霊文字を知る前だったのでどちらも完全スルーしとったがな(^◇^;)

鼈甲飴のバス停名が消えかかってます(涙)が、下電バスを1分遅着の扇の嵶入口(おぎのたわいりぐち)バス停で下車

57558.jpg 57558-1.jpg

「嵶」は中国地方で山の上の凹み、転じて峠道を表す方言「たお・たわ」の岡山県の地域文字で、JIS第二水準にありつつ当時の漢和辞典にない幽霊文字でした。→バス車内の運賃表示器とアナウンス

2019/03/22

簗瀬コミュニティハウスから500m、セブンイレブン井原芳井町店にてお買い物

57543.jpg 57543-1.jpg

「岡山県井原市芳井町簗瀬」と失われた幽霊文字入りのレシートゲト☆

岡山県井原市芳井町簗瀬にある公民館、簗瀬コミュニティハウス。そして道路との間の川は簗瀬川。自治会は簗瀬自治連合会

57542.jpg 57542-1.jpg 57542-2.jpg 57542-3.jpg

失われた幽霊文字たくさん\(^o^)/

梶江バス停から400m、こちら北振バス簗瀬バス停

57541.jpg 57541-1.jpg 57541-2.jpg 57541-3.jpg

登校日の朝夕にしか便がなく、対岸のバス停から歩いてきました。JIS第二水準に収録されたのに当時の漢和辞典になぜか出てなかった「簗」を含むバス停であり、またここは岡山県井原市芳井町簗瀬でもあります。バス停前の造り酒屋の幟が鼈甲飴隠してる(^◇^;)

栩木バス停から北振バス井原バスセンター行きに乗車

57538.jpg 57538-1.jpg 57538-2.jpg

こちらも乗客私だけ(^◇^;) あ、バス停待合所にスクールバスの標識もありました! がひらがな(^_^;)

岡山県井原市美星町星田の栩木地区にある栩木集会所

57539.jpg 57539-1.jpg 57539-2.jpg

残念ながら看板などなく、ガチ幽霊文字「挧」のネタ元漢字「栩」が入ったものは見つけられませんでした。電柱は中国電力の方がカタカナ表記ですね。

定時回復した北振バス栩木(とちぎ)バス停で460円支払って下車

57537.jpg 57537-1.jpg 57537-2.jpg

「栩」はトチノキをあらわすマイナー和製漢字ですが、JIS第二水準にある非実在「挧」は、実在の字名「栩谷」(福井県敦賀市)の栩を誤写した結果と言われており、そのネタ元の文字なので、それが入ってるバス停(全国に散在)に来た次第であります。そこそこの集落ですがなぜかあえて坂の途中のカーブに設置、そして待合所内にはなぞの「栩木集配所」の看板が!

岡山県岡山市中区穝東町二丁目にある公民館、穝公会堂

57529.jpg 57529-1.jpg 57529-2.jpg 57529-3.jpg

を訪問して、国土行政区画総覧からの誤写の結果別の字がJIS第二水準に収録されてしまい昔のワープロでは入力できなくなってしまっていた逆幽霊文字、穝めぐりを終えました。公民館は穝、町内会は穝東町と、ふたつの街で分け合ってるワケですね。

穝バス停から300mの穝東町一丁目バス停

57528.jpg 57528-1.jpg

JIS第二水準制定時に国土行政区画総覧から誤写してしまった結果収録されなかった「逆幽霊文字」を含む、岡山県岡山市中区穝東町にあります。穝も穝東町も合わせて穝東町町内会のようです。そして電柱は穝でも樶でもひらがなでもなくてカタカナ。

なんと逆幽霊文字と言える岡山県岡山市中区穝にファミマが!

57527.jpg 57527-1.jpg

ビッグスパイシーチキン買ってみましたが、店名も住所も、JIS第三水準の穝は使わずにひらがな表記である…涙

ざん。山陽本線高島駅から徒歩1.1km、こちら岡山県岡山市中区穝(さい)にある穝バス停と穝交差点

57526.jpg 57526-1.jpg 57526-2.jpg 57526-3.jpg 57526-4.jpg 57526-5.jpg 57526-6.jpg

町村制実施前の自然村、穝村の名前が残りますが、これ、Google地図ではかな、マピオンは「樶」と別の字になってしまってます。これ、国土行政区画総覧には正しく穝で出てたのを、JIS規格制定時に誤写してしまったんですよ! マピオンは、そのJIS第二水準に誤写の結果収録されてしまった「樶」を、まさに誤写に忠実に(笑)使ってるということですね。のちに穝はJIS第三水準に入り、今はこうして入力できるようになりました。

2019/03/21

岡山県岡山市西片岡嵶の、まさに嵶を囲む低山になぜか立派な道が付いてます(地図)

57511.jpg 57511-1.jpg 57511-2.jpg 57511-3.png

これを歩いてみましたがなんと、これ集落以外を含めて、嵶と反対側の斜面はおびただしく墓地です! そして地図の赤三角は邑久郡八十八霊場ですがここは嵶でなくて大西なのねもう。

ざん。両備バス大西バス停からすぐ、こちら岡山県岡山市東区西片岡、かつては岡山市西大寺西片岡通称嵶(たお)

57510.jpg 57510-1.jpg 57510-2.png

「たお」「たわ」は山の上の方の凹んだ地形、転じて峠道の峠を表す岡山の方言で、それに岡山の地域文字「嵶」があてられており、JIS第二水準に収録されたものの当時の漢和辞典に出てない幽霊文字です。

2019/03/17

昭和バスの遅延は7分のまま、佐賀県唐津市浜玉町五反田通称簗場にある、簗場バス停で下車

57474.jpg 57474-1.jpg 57474-2.jpg 57474-3.jpg 57474-4.jpg 57474-5.jpg 57474-6.jpg

もちろん、こんなに全国にありすぎるのになぜか幽霊文字呼ばわりされた「簗」を含むバス停があるためやってきた次第です(^◇^;) すぐそばからかかってる人道橋は簗場橋。なんとなく、簗(川に簀つくって魚獲るやつ)があった感じにも見えますね(^○^)。集落としての簗場は過半数の家屋が無人のようです…

福岡県水巻町朳小学校

57495.jpg 57495-1.jpg 57495-2.jpg

避難看板はひらがな「えぶり」表記ですね。ホント、国土行政区画総覧がここを誤字「杁」(いり、尾張の地域文字)で記載してたために、JIS第二水準に入らなかったんですよ朳!!

鹿児島本線水巻駅から徒歩1.4km、福岡県水巻町朳の朳公民館

57461.jpg 57461-1.jpg 57461-2.jpg 57461-3.jpg

地図に出てませんがちゃんとありました! そして福祉バスのバス停も表記はひらがなですが本来は漢字。ただし福祉バスは誰でもは乗れないため狭義の公共交通機関にあたらず、訪問対象外であります。

ががが、こちら福岡県水巻町朳一丁目! しかし!

57460.jpg 57460-1.jpg

国土地理院地図やGoogleは「えぶり」、マピオンは「杁」となってます。実はまさに、ここが、JIS第二水準漢制定時の国土行政区画総覧に「杁」という誤字(杁(いり)は尾張の地域文字)で収録されており、逆にそれによって本来の「朳」が収録されなかったというね! (のちにJIS第三水準に収録)

ざん! サンデン交通福浦口バス停からすぐ、こちら山口県下関市福浦2丁目27の硴崎(かきざき)ハイツ

57449.jpg 57449-1.jpg 57449-2.jpg 57449-3.jpg

77年の住居表示実施前はここは下関市福浦町硴崎でした。硴は牡蠣を表す九州の地域文字でJIS第二水準に収録されたものの当時の漢和辞典に出てない幽霊文字です。そしてここ下関市彦島は本州ですけど、その地名に九州の地域文字が使われていたことが興味深く。ちなみに現在の福浦2丁目1-3,5-9,11.17-27が硴崎だそうです(彦島支所の方、ありがとうございました)。その中央の水路の底にまさに貝殻落ちてて、地名わかりやすいなと!(^○^)

2019/03/10

山梨県の地域文字にして失われた幽霊文字「垈」を大字名とする山梨県市川三郷町垈。ちゃんと垈集会所がある!(^○^)

57375.jpg 57375-1.jpg 57375-2.jpg 57375-3.jpg 57375-4.jpg

そして県の掲示からここは小字下垈であるとも判明! 地名に幽霊文字が2文字含まれてるってこった!\(^o^)/ ぬた=湿地ですが、まさに3枚目のような崖と芦川に挟まれた湿地のような土地なのです。

身延線芦川駅から徒歩5.3km、こちら、山梨県市川三郷町垈(ぬた)

57374.jpg 57374-1.jpg 57374-2.jpg 57374-3.jpg

JIS第二水準に収録されたものの当時の漢和辞典に出てなかった幽霊文字で、後に山梨県で湿地を表す地域文字だと判明しましたが、その反証論文に実例として挙げられているうちの一箇所がここであります。(論文では三珠町垈)町村制実施前は垈村という自然村、その後下九一色村から三珠町を経ての現市川三郷町の大字となります。大字とはいえ現在の集落は小さく、町民バスのバス停は朽ち果ててる…(/ _ ; )

2019/03/09

ざん! 井川駅から靜岡県道60号線を3.5km、こちら静岡県静岡市葵区井川字石橸(いしだる)!!

57361.jpg 57361-1.jpg 57361-2.jpg 57361-3.jpg 57361-4.jpg

林と崖しかない無住区ですが、この字名の「橸」、スーパーレアーな幽霊文字なんであります! JIS第二水準に収録されたものの典拠とされる国土行政区画総覧には出ておらず、しかしどうやらここでだけ使われてると!
後年の笹原宏之先生の調査によると、この「橸」は逆に国土に出てくるのにJIS第二水準に未収録の「榀」(第三水準)を誤認したのではないか、とのこと。一方でここの字名は中国にもあり訓読みが同じ「櫑」(第二水準)が簡略化されてできたのではないかと推察されています。つまり誤認で本当に幽霊文字入れちゃったと思ったら結果論で実在してましたっていうどんでん返しで。
なおこの字は、ネットではまさに、3枚目の地すべり対策工事の入札情報などでちゃんと使われていた、というのもまた有名です。ただし近年の入札では「石だる」「石ダル」となってて残念。
最後に、5枚目をご返送くださった、静岡市葵区役所井川支所のSさんに、厚く御礼を申し上げますm(_ _)m

! 井川駅から靜岡県道60号線を3.5km、あの涸れ沢こそが

57359.jpg

全国数十人の幽霊文字フィールドワーク者、そして全国数千人の難読地名マニア、垂涎の!! 小字名の境界!!! そしてこの沢の名前じたいも!!!!

2019/03/03

無念断念!

57329.jpg

茨城県大子町高柴通称椢内から椢木内入三角点を目指しましたが、図中の点線は林道で完全上書きされていて(赤)、分岐点と終点からそれぞれ藪漕ぎを試みましたがわたしのスキルでは難しく、雨ですし断念! かなり遠回りすれば楽に登れるのはわかってるので、リベンジを考えます!

JIS第二水準の幽霊文字の実在を論じた笹原宏之先生の論文によると、幽霊文字「椢」は、

57328.jpg 57328-1.jpg 57328-2.jpg

国土行政区画総覧にある「茨城県大子町高柴通称内・本」の「」が新体字されたうえで収録されたとした、その内が1枚目、本が2枚目です! 地図では赤矢印の右下が内・左上が本。位置は大子町役場に確認したものです!

茨城県大子町高柴通称椢内にあるスクールバスのりば

57327.jpg 57327-1.jpg

ですが、バス停が見当たらない大子町コミュニティバスの椢内バス停はここなんじゃないかな〜!

高瀬川に架かる茨城県大子町高柴通称椢内への入口、椢内橋

57326.jpg 57326-1.jpg 57326-2.jpg 57326-3.jpg

水郡線袋田駅から標高差200mを9.8km、小雨の中歩いてきまして、まだ目的地まであるはずなのに、いきなり(・∀・)キターーーーッ!!
こここそがまさにJIS第二水準に収録されるも当時の漢和辞典にない「椢」のネタ元なんです。しかし!! 実際の、JIS第二水準のネタ帳たる国土行政区画総覧では、ここは「内」とされていて、旧字体じゃん!と。つまりJIS第二水準は地名の漢字を勝手に略字体にして収録したってことなんですよね。。。ただし国土行政区画総覧に未収録の、徳島県鳴門市の小字椢原(くにぎはら)があると判明し、結果論としては幽霊文字ではありませんでしたが、実にひやひやものです。そしてはJIS第三水準に収録されましたが、第二水準の方が便利なのでもはやここの小字名も椢になっちゃったんですよね(^◇^;)

4分遅着の常陸大子駅で降りて徒歩1.4km、こちら茨城交通バス椢立目(くぬぎたつめ)バス停

57323.jpg 57323-1.jpg 57323-2.jpg 57323-3.jpg

失われた幽霊文字「椢」を含むバス停ですが、ここもやはり本来は「」(JIS第三水準)と書いていたようです。現在の住所では使われていない小字名ですがそれはここではなく3枚目の先の集落ですよ。

水郡線下小川駅から2.6kmの標高差110m (ただし90mは舗装路^^;)、椢平三角点(くぬぎだいら)

57321.jpg 57321-1.jpg 57321-2.jpg 57321-3.jpg

言うまでもなく「椢」はJIS第二水準に収録されながらも当時の漢和辞典に出てなかった幽霊文字。昨晩の配信動画で話しましたが、もともとこれらの漢字は「」(JIS第三水準)と表記されていまして茨城県の地域文字の可能性が高いと思われます。
→三角点からの360°動画

2019/03/02

幽霊文字を含むバス停「椢平」(くぬぎだいら)から日立電鉄交通サービスバス60系統日立駅中央口行きに乗車

57306.jpg 57306-1.jpg 57306-2.jpg 57306-3.jpg

日立電鉄交通名物のICカード整理券キターーーーッ(((o(*゚▽゚*)o))) そしてバス停は上下線で離れており、Google地図のバス停位置は下り用で、上りは椢平公民館の向かいにありますよ。

椢平公民館から少し戻った信号つき交差点のわきにある椢平三夜尊

57305.jpg 57305-1.jpg

このあたりによくあるタイプらしく、二十三夜尊の石塔と庚申塔が一緒にあります。陰暦二十三日の夜にお籠もりをして月の出を拝む「三夜待」「三夜講」と庚申の夜、申の形の神を祀り供物をして夜明かしをした「庚申待」の風習のなごりだそうです。( http://www.net1.jway.ne.jp/c-nakama/komisui/nakamatisyoukai/sanposyasinn/sanposyasinn1.htmlから引用)

ざざん。日立駅から徒歩2.6km、こちら日立市白銀町2-8にある椢平(くぬぎだいら)公民館

57304.jpg 57304-1.jpg 57304-2.jpg

旧日立村の字名は住居表示で消えましたが公民館名に残ります。そしてこの「椢」はJIS第二水準に収録されているものの当時の漢和辞典に出ておらず、幽霊文字扱いされてました。しかしこれは由来複雑につき明日詳解します! にしても…公民館備え付けヘルメットのテプラ…JIS第二水準にあるんだけどなぁ…(たぶん変換できなかったな…涙)

2019/02/18

失われた幽霊文字「枦」を含む枦山バス停から1分遅発の南国交通バス姶良循環線に乗車

57249.jpg 57249-1.jpg 57249-2.jpg 57249-3.jpg

先の枦山上バス停とは100mしか離れてませんが時刻表にも注記が。

失われた幽霊文字「枦」を含む地名、鹿児島県姶良市脇元の通称枦山上(はしやまかみ)

57247.jpg 57247-1.jpg 57247-2.jpg 57247-3.jpg 57247-4.jpg 57247-5.jpg

ほかにGoogle地図には枦山という地名もありますけど、なんとこの道路(枦山上バス停から1本南側の道)はさんで北側が枦山、南側が枦山上でした!!\(^o^)/ ただし自治会名はどちら側も枦山上のようです。

先生! いきなり、失われた幽霊文字「枦」を含む地名の、とりあえず現在の行政による読みの正解が出てしまいました!!

57246.jpg 57246-1.jpg 57246-2.jpg

Google地図で「枦山上」となっている位置の公園、ひらがなで「はしやまかみ」です!!!

南国交通バス枦山上バス停

57245.jpg 57245-1.jpg 57245-2.jpg

「枦」はハゼノキを表す和製漢字「櫨」の略字で、これを含む地名は鹿児島を中心に九州に多数ありますためにJIS第二水準に収録されましたが、当時の漢和辞典に未掲載のため幽霊文字呼ばわりされました。ただ、ここ、国土行政区画総覧では「はせやまかみ」ですが、国土地理院地図では「はしやま」でしかも下枦山といろいろ違うし、Google地図(3枚目、現在位置が枦山上バス停)でも枦山上とだいぶん位置ずれてるし、といろいろ謎なのです!

2019/02/17

椨川バス停から1分遅延の屋久島交通バス大川の滝行きに乗車

57222.jpg 57222-1.jpg

やはり最前左側特等席の幅が広くて荷物置けます(^○^)

失われた幽霊文字を含む鹿児島県屋久島町楠川椨川の椨川神社

57220.jpg 57220-1.jpg 57220-2.jpg 57220-3.jpg 57220-4.jpg 57220-5.jpg 57220-6.jpg

鳥居は国道沿いですが本体はだいぶん山にあります。資料ファイルが置かれてまして、JIS第二水準に収録されてるからこういうプリントも作れるのです!\(^o^)/

失われた幽霊文字の字名、鹿児島県屋久島町楠川椨川の公民館、椨川生活館

57219.jpg 57219-1.jpg 57219-2.jpg

看板は手書きですが、防災無線のボックスにJIS第二水準フォントを使った表記があります(^○^)

鹿児島県屋久島町楠川椨川にて、NTT電柱は別名ですが配電組合電柱は失われた幽霊文字入りの「椨川」であります!

57218.jpg 57218-1.jpg 57218-2.jpg

そしてなんと消防団の車庫のシャッター開いてて拝めましたぞ「椨川班」(^○^)
※屋久島は民生用電力の発送電を日本で唯一電力会社以外が行なっている特例地域です

椨川(たぶがわ)バス停で下車

57217.jpg 57217-1.jpg 57217-2.jpg

この場合はドットをどうにでも加工できるLEDよりもフォント使う液晶の方がありがたいんだなぁと思った!(^◇^;)
というわけでこちら、鹿児島県屋久島町大字楠川字椨川にあるバス停で降りました。「椨」はタブノキを表す和製漢字で、ここと、鹿児島県本土の計3カ所の地名として使われていたためにJIS第二水準に収録されましたが、当時の漢和辞典に出ておらず、幽霊文字扱いされていたというわけです。

2019/02/16

今宵のお宿は鹿児島県種子島、西之表市西之表のなんと! 失われた幽霊文字「塰」を含む塰泊地区に去年8月オープンのビジホです!

57202.jpg 57202-1.jpg 57202-2.jpg

ついに幽霊文字の地に泊まれる!!\(^ω^)/ 部屋は小さく、実は塰泊には国の合同庁舎もあるので、そのあたり狙いなのかな? なお1階のジョイフルは夕方休業です^^;

鹿児島県西之表市の塰泊漁港

57201.jpg 57201-1.jpg 57201-2.jpg

失われた幽霊文字「塰」を含む漁港です。
で、ここはトッピー(トビウオ)漁で栄えましたが、1950年代までは、このはるか向こうの馬毛島(まげしま)に2ヶ月間住み込んで獲ってたんですね。そしてその小屋のあった地区の小字がまさに「塰泊小屋」。これが地名であることは後述の経緯から正です。「塰」を含む地名が他にもあった! という衝撃情報を、先の鉄砲館で確認できたというわけです。
馬毛島は今、全島が国に買収されて軍事訓練場化されそうになっていますが、そんなことになる発端は乱開発。でそれに抵抗しようとしたここ塰泊の漁民が入会権の主張をした有名な裁判があります(その裁判の中で、地名として「塰泊小屋」が登場してます)ので、ぜひお調べください!

鹿児島県西之表市西之表の塰泊地区にある塰泊公民館

57200.jpg 57200-1.jpg 57200-2.jpg

全国ほぼゆいいつこの地名だけで使われる失われた幽霊文字にして「海士」の合字、「塰」が入ってる公民館であります!

鉄砲館から2.2km、鹿児島県西之表市西之表の塰泊(あまどまり)地区!

57199.jpg 57199-1.jpg 57199-2.jpg 57199-3.jpg 57199-4.jpg

「塰」は「海士」の合字で、全国でただここだけに使われていることによってJIS第二水準に収録されましたが、当時の漢和辞典には出ていない幽霊文字でした。ただし実際にはここ以外の地名にも使われてました!(伏線)

西之表港から1.1km、坂の上の榕城(ようじょう)小学校&2009年廃校の榕城中学校跡に来ました

57197.jpg 57197-1.jpg 57197-2.jpg 57197-3.jpg 57197-4.jpg 57197-5.jpg 57197-6.jpg 57197-7.jpg

「榕」はJIS第二水準に収録されており、日本ではこの学校名と沖縄の消滅小字名の2地区でのみ使われている漢字ですが、中国ではふつうの文字なので、幽霊文字ではありません。ただし沖縄の小字名が別の幽霊文字に関連してます。ので来てみましたよ。なんとNTT電柱が「榕城」になってる!(^○^)
※沖縄の旧字名は幽霊文字関連となるため、今夏に訪問しレポします

2019/02/11

広島県大崎上島町東野の鮴崎地区にある、旅客船ターミナル、交番、公民館

57170.jpg 57170-1.jpg 57170-2.jpg 57170-3.jpg 57170-4.jpg 57170-5.jpg

全国でこの地名でしか使われてない漢字、「鮴」が満ち満ちてます(≧∀≦)

ざん! 広島県大崎上島町東野の鮴崎港にある鮴崎郵便局!!

57169.jpg 57169-1.jpg 57169-2.jpg

失われた幽霊文字「鮴」は国土行政区画総覧に記載されたこの地名由来(当時は東浦町通称鮴崎)ですが、郵便局名としても記載されていて、むしろこれが幽霊文字のネタ元と言ってもよいかも!\(^o^)/

垂水港から1.8km、こちら広島県大崎上島町東野の鮴崎港、バス停名は鮴港

57168.jpg 57168-1.jpg 57168-2.jpg 57168-3.jpg 57168-4.jpg

「鮴」(めばる(ごり、という読みは偶然別のものを同じ漢字にしてしまった衝突用例))はまさにこの地名を唯一の使用例としてJIS第二水準に収録され、当時の漢和辞典に出てなかった幽霊文字でした。地名だけでなく社名にまで使われてる!(^○^)
そしてこの5枚目…これはもしや「鮴」が崩れた字体なのか!?!?!?( ̄◇ ̄;)

ざん! 垂水港から1.2km、広島県大崎上島町東野にあるバス停、鮴口(めばるぐち)

57167.jpg 57167-1.jpg 57167-2.jpg

この「鮴」は、まさにこの先の地区名のみからJIS第二水準に収録されましたが、数ある魚篇の漢字としてはこれは漢和辞典に収録されてなく、幽霊文字呼ばわりされたものです! なお、同じ字で「ゴリ」は衝突用例です。

山陽商船フェリーは広島県大崎上島町の垂水港に入港

57166.jpg 57166-1.jpg 57166-2.jpg 57166-3.jpg

→入港動画
そしてこの2km先に…ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

西原バス停から徒歩1.5km、広島県広島市安佐南区山本4-25、県営住宅のある一角に来ました

57156.jpg 57156-1.jpg 57156-2.jpg

住居表示実施前は広島県広島市祇園町西山本糘尻(すくもじり)であり、この「糘」は籾殻や藻屑や泥炭を表す古語「すくも」に中国地方で当てられた地域文字であり、JIS第二水準に収録の失われた幽霊文字です。 昨日同じ読みで別の幽霊文字な山口県周南市粭島に行きましたが、こちらの糘尻もやはり幽霊文字。街区くまなく歩きまわりましたが残念ながら現在はまったく使われてませんね^^;。ま、広島県の別の糘が現存してますので、たぶん6月くらいにそちらにも行きますよ!(^○^)

追記:http://www.cf.city.hiroshima.jp/gion-k/webstation/chiiki/furui-chimei/chimei-yurai.html によれば、ここには米穀調製所があったとか! すなわち、この場合の「すくも」はもみ殻ということになりそうですね。

しかし! この「殿賀地区案内マップ」はいただけない!!

57153.jpg 57153-1.jpg

失われた幽霊文字にして中国地方の地域文字「垰」が地名のはずなのに、「峠」になっておる!!!o(`ω´ )o

たがしかし! 広島県安芸太田町下殿河内垰地区の「垰」、なんとここを流れる川が「垰谷川」ということでその旨旧加計町の看板に出てた!!

57150.jpg 57150-1.jpg

しかもこれ、たぶん業者が「峠」って書いたのをシールで修正と思われ!!! 自然地名とはいえ、中国地方の地域文字にして失われた幽霊文字「垰」を現場で目視できました\(^o^)/

広電バス赤羽バス停から500m、こちら広島県安芸太田町下殿河内の垰地区

57149.jpg 57149-1.jpg 57149-2.jpg 57149-3.jpg

JIS第二水準に収録されながらそんな字は実在しないと当時幽霊文字呼ばわりされた、西日本で峠を表す古語「たお」に中国地方で当てられた地域文字で、ここは笹原論文で実在を挙げられたうちのひとつです。ただし「垰」表記は見つからず…(電柱表記も中国電力NTT西ともに垰でない)

2019/02/10

ざん! 峠市交差点から山陽道を600m、山口県周南市大河原に入りまして垰地区の垰(たお)交差点!

57134.jpg 57134-1.jpg 57134-2.jpg 57134-3.jpg 57134-4.jpg 57134-5.jpg

えらいぞ周南市!! 失われた幽霊文字にして中国地方の地域文字&方言読み「垰」(たお)が現存である\(^o^)/\(^o^)/ この字は峠の異体字説もあり、実際にこの名前を職権で「峠」に書き換えられてしまった人が家裁で元に戻されたという事例もあるらしいぞ!

山口県下松市来巻峠迫から2km、こちら下松市切山にある山陽道の峠市(たおいち)交差点に峠市バス停

57133.jpg 57133-1.jpg 57133-2.jpg 57133-3.jpg 57133-4.jpg

そしてここもまた、国土行政区画総覧では「垰市」として記載されており、そこからJIS第二水準に失われた幽霊文字「垰」が登録されたネタ元です。

周防久保駅から700m、こちら山口県下松市来巻の峠迫(たおさこ)地区

57132.jpg 57132-1.jpg 57132-2.jpg 57132-3.jpg 57132-4.jpg

電柱(一部「ケ」付きですが)から地図から看板まですべてが「峠」ですが、国土行政区画総覧には失われた幽霊文字「垰」で記載され、そこからJIS第二水準に収録されたという由来の地のひとつです。そして「さこ」は谷間の平地を表す西日本の古語、まさに「たお」の「さこ」な地形である!\(^o^)/

失われた幽霊文字を含むバス停、粭島から防長交通バス始発徳山駅行きに乗車

57127.jpg 57127-1.jpg

LEDでない幕式の行き先表示だからスマホカメラでも幽霊文字が写せたよかあさん!(^○^) そしてあえて最前左側に座らないのは動画編集のため(^◇^;)

2013年廃校の周南市立粭島小学校の、どや!! ここまで幽霊文字な校章があるであろうか!!!(((o(*゚▽゚*)o)))

57126.jpg 57126-1.jpg 57126-2.jpg 57126-3.jpg 57126-4.jpg 57126-5.jpg 57126-6.jpg 57126-7.jpg

失われた幽霊文字「粭」がJIS第二水準に収録された根拠はここ山口県周南市粭島、ですが、典拠元である国土行政区画総覧には、大字名以外にも小学校名が収録されてまして、まさにここ。正面は漁業ネットでふさがれてますがわきから自由に校庭には入れます。りっぱな校舎に急過ぎる階段にこの素晴らしすぎる校章、今日半日使って来てよかった…ヽ(;▽;)ノ
そしてなんと、校舎は閉鎖されてますが裏にあるトイレが開放されているというお助け情報。水も出て紙もあるようでありがたや〜m(_ _)m

全国ここの地名&島名でのみ使われている失われた幽霊文字「粭」を含む山口県周南市粭島の公民館、周南市粭島市民センター

57125.jpg 57125-1.jpg 57125-2.jpg 57125-3.jpg

JIS第二水準に収録されたからこそフォントが在るわけですな(^○^)

防長交通バスの終点、2分早着^^;の粭島(すくもじま)バス停で650円支払って下車