→超軽量簡易版はこちら

カテゴリ : 失われた幽霊文字を求めて

このカテゴリの登録数:576

2020/08/22

立山黒部アルペンルートに立山黒部貫光立山ケーブルカーは終点立山駅に到着

61628.jpg 61628-1.jpg

ここももちろん富山県立山町芦峅寺なので(というか字が広過ぎだろ!( ̄O ̄;))、幽霊文字地名所在の駅ということになります。富山地鉄の駅はおととし暮れの岩峅寺めぐりの際に既訪なのでこれで失われた幽霊文字地名所在駅もコンプです\(^ω^)/

立山黒部アルペンルート立山黒部貫光立山高原バスは終点美女平に7分早着、そのまま行列して立山黒部貫光立山ケーブルカー立山行きにお乗り継ぎ

61626.jpg 61626-1.jpg 61626-2.jpg

もちろんここ美女平駅も幽霊文字地名富山県立山町芦峅寺の所在。さらにこのケーブルカーは先頭に無蓋貨車が連結されちょりますヽ(´▽`)/

立山黒部アルペンルート立山黒部貫光立山トンネルトロリーバスの終点室堂駅で下車

61622.jpg 61622-1.jpg 61622-2.jpg 61622-3.jpg

全国の鉄道駅で最高標高の2450m、そんな日本一駅の所在地がなんと幽霊文字地名ら富山県立山町芦峅寺であるというこのすばらしい事実\(^o^)/

幽霊文字地名富山県立山町芦峅寺地内にある大観峰駅から全国ゆいいつの無軌条電車路線、立山黒部アルペンルート立山黒部貫光立山トンネルトロリーバス室堂行きに乗車

61619.jpg 61619-1.jpg 61619-2.jpg 61619-3.jpg

最前左側確保\(^o^)/ こちらは今も鉄道路線でございます。というか関電バスの逆で、元はディーゼルバスの乗合路線でしたが今は鉄道になったっていうね。

立山黒部アルペンルートの立山黒部貫光黒部ケーブルカーは終点黒部平駅にとうちゃこ

61614.jpg 61614-1.jpg 61614-2.jpg 61614-3.jpg

乗り換えラッシュと無縁なウィズコロナ(苦笑)のためいったん駅舎の外に出られる余裕、4枚めこそはこれから乗る支柱ゼロの恐ろしいロープウェイのケーブルでありんす。

黒部湖駅から立山黒部貫光黒部ケーブルカーに乗り込みます

61612.jpg 61612-1.jpg 61612-2.jpg

まさにトンネル内のケーブルカー、そして両端の駅のみならず全区間が幽霊文字地名富山県立山町芦峅寺地内にあるであります!

レンズ虹な黒部ダム天端からトンネル入りまして立山黒部貫光黒部ケーブルカー黒部湖駅にとうちゃこ

61611.jpg 61611-1.jpg 61611-2.jpg 61611-3.jpg

実はここ、所在地が富山県立山町芦峅寺で、まさに富山の地域文字にして失われた幽霊文字「峅」入りの地名なのです。今日アルペンルート来たのは幽霊文字所在駅めぐりが目的のひとつ(^^)v

2020/07/24

満奇洞バス停から徒歩1.6km、標識ありませんが新見市営バス豊永赤馬線の終点、栩尾バス停の位置にある栩尾公会堂

61512.jpg 61512-1.jpg 61512-2.jpg 61512-3.jpg

「栩」はガチ幽霊文字「挧」の誤写元とされているため、全国のバス停を回ってきましたがこれでコンプ。「失われた幽霊文字を求めて」はこれでひっそりとコンプとなりました\(^o^)/ なお、NTT電柱は「栩」か「挧」かではなく、カタカナで逃げました(笑)。中国電力電柱は「アコウマ」で旧大字(現小字)名のカナ書き。

2020/07/23

そんな幽霊文字「寉」入りの土地、旧筑前国桑原村堂上寉、現福岡県大任町今任原下今任に立地するラーメン店、壱好でチャーシューめん750円を細麺カタで!

61489.jpg 61489-1.jpg 61489-2.jpg 61489-3.jpg 61489-4.jpg

骨髄のコクとわずかな後味の風味、そして臭みなし、塩味強めのスープは、細麺によく纏わり付きますし脂と赤身のバランスよく柔らかく薄塩のチャーシューともバランス(・∀・)イイ!! 6分完食完飲のごちそうさまでした!!( ^_^)/~

国鉄添田線今任駅から100mの今任中央交差点、ここは明治初期は筑前国桑原村堂上寉!

61488.jpg 61488-1.png 61488-2.jpg

現在はここは福岡県大任町今任原(いまとうばる)の、通称下今任と桑原の境界となります。が! 町役場税務課で字限図を調べていただいたところ、明治初期は自然村桑原村は私の立ち位置まであり、この位置の字名は堂上寉(どうかみつる)であったとわかりました。添田線ができるよりさらに前は、ここまでが桑原だったと。
というわけでまさにこちら、幽霊文字「寉」が使われている地名です。笹原宏之先生の96年の論文で「寉は佐賀県の池寉という地名に使われている」とありますが、その調査原本を国会図書館で調べましたが見つかりませんでした。代わりに笹原先生からこの堂上寉をご指摘いただき、「今後はこちらを例示します」とのことで、私の方でも、「寉」についてのみ、96年論文ではなくこちらへの訪問で事足りるということにいたしました。
というわけで幽霊文字「寉」、訪問できたこととなりまして、これで九州内の訪問対象の幽霊文字地名コンプ、全国でも残りは1ヶ所のみとなりました\(^ω^)/

幽霊文字バス停枦の木から西鉄バス筑豊23系統飯塚バスターミナル行きにSuicaタッチして乗車

61475.jpg 61475-1.jpg 61475-2.jpg

じもてぃ7人乗ってますよ(^○^)

さて枦の木バス停に戻りさらに階段かなり登りますと、県営櫨の木団地ですが

61474.jpg 61474-1.jpg 61474-2.jpg 61474-3.png

そして2枚めのポンプ場、「山田ハゼの木地区加圧ポンプ場」らしい…ついにカナ表記まで登場かよ!(^◇^;) いやー存外に楽しめました、幽霊文字バス停枦の木( ^_^)/~

「長野」のすぐ先にありました道路信号、しかし表記は「はぜの木」…

61471.jpg 61471-1.jpg

…すでにこの地の表記は「枦の木」「櫨ノ木」「はぜの木」と3種類見つかりました(笑)。

幽霊文字バス停枦の木の下りバス停のすぐ先、上りバス停のある位置の道路信号は「長野」ですが

61470.jpg 61470-1.jpg

この先でハゼ出てきますんで(^◇^;)。むしろ左の看板が櫨ぢゃねーかよと!(^◇^;) そして右のスーパーは廃かと思いきやものすごく時短でなんとかやってるようです。

3分遅延の枦の木バス停で下車

61469.jpg 61469-1.jpg 61469-2.jpg

私以外の方は手前で降りてここから無人。ハゼノキを表す漢字「櫨」の略字として九州の各地で使われる「枦」はJIS漢字制定当時の漢和辞典に未掲載だったため幽霊文字よばわりされたわけです。が。この地は表記バリエ凄し(笑)

2020/07/22

簗瀬バス停から予定より1本早い産交バス阿蘇駅前行きで折り返し

61440.jpg 61440-1.jpg

去年の夏と同じくバスへの忘れ物…orz

熊本県小国町大字下城字簗瀬にある簗瀬バス停の真ん前は2009年閉校の小国町立下城小学校

61439.jpg 61439-1.jpg 61439-2.jpg

敷地の反対側はまさにやな漁できる地形ですな(^○^)。
…なんて書いてますが! 実は先の投稿の直後に、リュックをバスに忘れたことが判明!( ̄◇ ̄;) 財布出てきたと思ったら今度は荷物かよorz ただし今回はそのバスは必ず折り返してくることが明らかでかつそれを待てるわけで(^◇^;)、至急産交バス阿蘇営業所に電話しましたが、営業所からバスに電話が行く前に運転手さんが回送バスなのに停まってくれましたm(__)m もちろん営業所にも電話でお礼をば。m(._.)m

1分遅着の産交バス簗瀬バス停で下車

61438.jpg 61438-1.jpg 61438-2.jpg

熊本県小国町大字下城字簗瀬。川魚を獲るやな漁の仕掛けを表す和製漢字「簗」はそれやってる全国各地の地名に使われており78年のJIS漢字に収録され、当時の漢和辞典になぜか出てなくて幽霊文字呼ばわりされたわけです。なぜか産交の鼈甲飴が「梁」、ですが運賃表は「簗」。小国町乗合タクシーはすべて正しく「簗」。

2020/07/21

その農協由来のバス停名、そして幽霊文字バス停の、枦宇土農協前から、1分遅延の産交バス本渡バスセンター行きに乗車

61410.jpg 61410-1.jpg 61410-2.jpg

また乗客私だけよ…

枦宇土地区コミュニティセンターから400m、元枦宇土農協

61409.jpg

これもたぶん平成大合併の天草市合併前からクローズなのかも…(続

枦宇土保育園&枦宇土地区コミュニティセンター

61408.jpg 61408-1.jpg 61408-2.jpg 61408-3.png

やはり以前は枦宇土公民館だったようですが…これ敷地的に元櫨宇土村役場だったんでわ?!?!
そして3枚めの看板、やはりこの地区はかつてハゼノキたくさんあり秋は山が赤く染まってたと、その復興プロジェクトやってますよ!(^○^) でよく見ると… 小字というか公民館出てた! やっぱりさっきの「大地」は小字だったんだ!\(^o^)/

元独立自治体だけありちゃんとバス停近くに万屋さんや道路信号もある熊本県天草市枦宇土町

61407.jpg 61407-1.jpg 61407-2.jpg

3枚め奥に枦宇土保育園と枦宇土地区コミュニティーセンターがあるので行ってみます。

枦宇土バス停の向かいに公民館あるんで寄ってみたら…なぜか「大地自治公民館」!

61406.jpg 61406-1.jpg

枦宇土じゃないの!?!?

枦宇土バス停から100m、12年閉校の天草市立枦宇土小学校跡

61405.jpg 61405-1.jpg 61405-2.jpg

枦宇土は昭和の大合併まで独立自治体、櫨宇土村で、本渡市合併時に枦宇土町という幽霊文字地名になったのでした(^○^)

2分遅着の立派な待合所のある枦宇土(はじうと)バス停で下車

61404.jpg 61404-1.jpg

途中の病院とイオンで他の乗客みな降りてここからは無人。
こちら言うまでもなく、ハゼノキを表す漢字「櫨」の略字にして78年制定のJIS第二水準に収録されたものの当時の漢和辞典に出てなかった幽霊文字バス停です。

2020/07/20

多比良駅前バス停から上り坂4.5km歩いてきて向こうに見えるは雲仙岳な島鉄バス枦山(はぜやま)バス停に到達

61385.jpg 61385-1.jpg 61385-2.png

ハゼノキを表す「櫨」の略字で九州各地の地名や人名になっていますがJIS漢字制定当時の漢和辞典に出てなかったため幽霊文字呼ばわりされたものです。
で! ここは幽霊文字よりさらに興味深い地名! 通称地名枦山ですが現在の住所は長崎県島原市有明町湯江丙。実はここには本来の大字は無く、代わりに長崎県独自の地域単位「名(みょう)」があり、元は「有明町釘崎名」でした。そこに「湯江」の3番めで「丙」をつけたものを字名としています。故に周囲は湯江甲、湯江乙、湯江丁、なのよ!(OvO)

箞木小学校前バス停から2分遅延の昭和バス佐賀駅バスセンター行きに乗車

61373.jpg 61373-1.jpg 61373-2.jpg

ていうか往路は漢字だった運賃表示がこちら復路では仮名なんですけど!( ̄O ̄;)

佐賀県唐津市厳木町箞木地区の県道に面した神社わきに公民館

61372.jpg 61372-1.jpg

立派な標札ですが「巻」が「ソ」。どちらかというと「民」に「ヽ」が付いてる方が気になりますかね。これは毛書の場合によくある、表記上の意味は無いものかもです(^^;;。でもそれが時を経て正当な漢字表記になることもある!(例:土にヽ)

佐賀県唐津市厳木町箞木地区の東端にある道路信号と踏切

61371.jpg 61371-1.jpg

やはりどちらも西端と同じで、道路は「巻」が「ソ」、踏切はかな表記。ていうかこっちは「うつぼぎうえ」で西が「うつぼぎしも」って、上下が釣り合って無くね?(^◇^;)

佐賀県唐津市厳木町箞木地区にあるNTT電柱のひどい表記揺れ(笑)

61370.jpg 61370-1.jpg 61370-2.jpg 61370-3.png

でも「ハ」無いのね。なお、「巻」ってのは、なんと国土地理院が配布してる電子データがそうなってることによる誤字汚染です!(怒)

佐賀県唐津市立箞木小学校に通学用の唐津線と県道を跨ぐ歩道橋

61369.jpg 61369-1.jpg 61369-2.jpg 61369-3.jpg 61369-4.jpg

市合併後に新調された学校標札、そして歩道橋も、しっかり「巻」の点々が「ハ」であります!\(^ω^)/

ではじっくり「幻の幽霊文字・箞」の現地表記を舐め回していきます、まず箞木小学校前バス停の周囲から

61368.jpg 61368-1.jpg 61368-2.jpg 61368-3.jpg

少なくともiPhoneでは下半分「巻」の点々が「ハ」ですが、バス停や信号機は「ソ」になってますね。さらに踏切名や郵便ポスト住所はかな表記になってます(^◇^;)

9分遅着の箞木小学校前バス停(うつぼぎ)で下車!

61367.jpg 61367-1.jpg 61367-2.jpg

3枚め左側がまさに箞木小学校。この「箞」は後述する謎過程を経て「誤った字体で幽霊文字化される」事態が偶然回避されたものの正しい字体も78年制定のJIS第二水準に入らず、00年の第三水準に改めて収録されたという、いわば「幽霊文字になり損ねた」漢字です。

2020/07/19

神埼駅から徒歩1.7km、佐賀県神埼市神埼町本居牟田におる天満神社

61356.jpg 61356-1.jpg 61356-2.png 61356-3.jpg

こちら大正時代の資料では小字名が「一の鶴」とされていますが、明治初期の資料ではなんと! 謎漢字になっています。これは幽霊文字「寉」入りの小字名を国会図書館でしらみつぶし目視サーチしてるときに見つけたもの。「寉」に横棒1本増えたもので幽霊文字ですらありませんが参考資料的に訪問してみました。なおここは自然村本居牟田の靏田分という枝村的な地域であり、確かに鳥居に「鶴田」と見えます! がその上はもしかしたらこの謎漢字かもですが読み取れず…残念。

2020/07/08

田沢湖線普通大曲行きは岩手県滝沢市大釜大清水を通過

61074.jpg

ここは滝沢村大字大釜字埖溜(ごみだまり)という幽霊文字「埖」入りの地名でしたが、市への移行時に地主が農作物を産直で売るのにこの名前嫌ですと陳情した結果消滅したのでした…実は某8の字のお姉様が近隣にお住まいでいろいろ情報も伺ってます!

2020/06/28

そして旧道と歩いてきたバイパスの交点になぜか唐突に電柱広告があり、ここは大字簗沢、と、JIS規格の字体で出てました(^○^)

60818.jpg 60818-1.jpg

ま、包摂されたわけですからね。しかしNTT電柱はわざわざ「刀の右の点」なしを今も継承しているのがすごいな…\(^o^)/

山形県米沢市大字簗沢は大字だけあってバス停もたくさんあり幽霊文字「簗」入りのバス停もありませんし、また現地にも大字名表記が見当たりません。と思いきや!

60817.jpg

旧道の電柱にあった!…あいや!! これ「簗」の刀の右に点がない!!! そしてまさにそのことが笹原論文に出てるぞ!!!!

西米沢駅から徒歩5.4km、米沢市立三沢東部小学校

60816.jpg 60816-1.jpg

住所は山形県米沢市大字簗沢で、笹原宏之先生の96年論文で「ここに使われている」と示された幽霊文字「簗」の地名のひとつです。自然村簗沢村が町村制施行時に三沢村大字簗沢となり、昭和の大合併で米沢市大字簗沢に。ここも戦前は簗沢小学校でした。

2020/06/20

久世駅から徒歩6.9km(最短ルートより700m長いが高低差がはるかに少ない)で真庭市コミュニティバスまにわくん7系統の影簗バス停(岡山県真庭市大字樫東字影簗)に到達

60753.jpg 60753-1.jpg 60753-2.jpg

やな漁の設備を表す和製漢字「簗」は全国各地の地名になってますがなぜか78年当時の漢和辞典に出ていませんでしてJIS第二水準に収録されたことで幽霊文字呼ばわりされました。しかし! なぜかストビューの画像見ると「影穴」になってる…真庭市役所によると、2007年に中鉄美作バスのバス停名を引き継いだが、地元から「集落名と同じにしてほしい」と要望があり、2016年に現在の影簗となり、みごと?幽霊文字バス停になったようです^^;

久米カントリークラブ駐車場に到達

60749.jpg 60749-1.jpg 60749-2.jpg

ここがまさに、96年笹原論文で幽霊文字「糘」の実在例として挙げられた岡山県津山市久米町桑下通称糘山となります。決め手は我らがgoo地図! 他の遺跡資料などとの照合で、ここがまさに戸脇糘塚との境界でしょう。このCCの建設で糘山集落は南の麓に集団移転しています。

別の遊歩道から久米カントリークラブの車道に戻ってきました

60748.jpg

こんな立派な幽霊文字看板が!\(^o^)/

天下茶屋跡の「糘塚」との標識の先にリンバーグ岩標識

60747.jpg 60747-1.jpg

鉱石素人なのでパッと見まったくわからずスルーして(^◇^;)、こちら、たぶん岡山県津山市久米町大字戸脇通称糘塚と思われます!

天下茶屋跡からすぐ、藪じゃなく低木群を分け入ったすぐ先に幽霊文字三角点、糘山!\(^o^)/

60746.jpg 60746-1.jpg 60746-2.jpg 60746-3.jpg 60746-4.jpg

3枚めの先は津山市街地ですよ。

遊歩道入口から400mほど入ったところにこんな標識群!

60745.jpg 60745-1.jpg 60745-2.jpg 60745-3.jpg

中国地方で「もみがら」を表す古語「スクモ」に広島県で当てられた地域文字にして幽霊文字「糘」がなぜか岡山県にあるという!

2020/06/19

岡山県美作市上相・中尾通称鍛冶屋逧から徒歩600m、美作市杉逧(すぎせこ)

60724.jpg 60724-1.jpg 60724-2.jpg 60724-3.png

みごとな「せこ」=谷あい地形! ですがここもまた地名表記なし…2月と合わせて6カ所の「逧」入りの地を訪ねましたがこれまで一つも見てないよ現地での地域文字「逧」表記を!orz

岡山県勝央町豊久田勝負逧から徒歩4.6km、中国道勝央JCTのわき

60723.jpg 60723-1.jpg 60723-2.jpg 60723-3.jpg 60723-4.png

この一帯はまさにたたらに関係する鍛冶屋逧という通称地名です。美作市では小字は廃止されてますが、北側は上相町、南側中尾町で、この両側が鍛冶屋逧のようです。3枚目はまさに上相の鍛冶屋逧遺跡。しかし、国土行政区画総覧では中尾カジヤ逧となっていてしかも読みが「せこ」。謎が深まりますがどちらも鍛冶屋逧なのでしょう! 残念ながらここにも表記はなし。

岡山県勝央町大字豊久田通称小逧から500m、通称地名勝負逧(しょうぶざこ)

60721.jpg 60721-1.jpg

カッコ良すぎる地名ですが、岡山島根では「しょうぶ」はたたら製鉄と関係のある地名なのです(鉄分を含む土の地、ソブ)。それと西日本で谷あいを表す古語サコに美作で当てられた地域文字「逧」の合体。残念ながら地名看板はくまなく回りましたが見当たりませんでした(泣)。

美作インターから徒歩5.4km、こちら岡山県勝央町大字豊久田通称小逧(こざこ)

60720.jpg 60720-1.jpg 60720-2.jpg 60720-3.png

谷あいや中洲を表す西日本の古語「さこ」に主に美作地域で当てられた地域文字「逧」入りの地名で、78年制定のJIS第二水準に収録されたものの当時の漢和辞典に出てなかったため幽霊文字呼ばわりされたものです。まさに両側が丘になっているさこ地形! 残念ながら現場の地名表記は見当たりません。

2020/06/07

山形鉄道荒砥駅から3.1km、白鷹町津島台浄水場にある小四王原遺跡

60699.jpg 60699-1.jpg 60699-2.jpg 60699-3.png

遺跡には本来住所としては不要な小字名が史料に残されることが多く、ここは山形県白鷹町大字高岡字内圸(うちまま)。崖を表す東日本の古語「まま」に置賜地方で当てられた地域文字にして幽霊文字の圸です!

山形鉄道長井駅から500m、山形県長井市ままの上に所在の長井市役所

60697.jpg 60697-1.jpg 60697-2.jpg 60697-3.png 60697-4.jpg

84年にかなに変更されましたがそれまでは「圸の上」、この地名を唯一の根拠としてJIS第二水準に収録されたものの当時の漢和辞典に無く幽霊文字呼ばわりされたものです。電柱に漢字出てた!\(^o^)/

市町境越えて山形県飯豊町大字中字圸ノ上に来ました

60693.jpg 60693-1.jpg 60693-2.png

まさに長井市から撮った2枚目から見てママ=東日本の古語で高台・崩落地形を表す地名です。そして「圸」はそれを表す置賜地方の地域文字です。これで「失われた幽霊文字を求めて」で未訪問の幽霊文字がなくなりました!\(^o^)/

先生! 山形県長井市九野本屶柄の中に「甘酒」(あまさけ)っていう謎の集落名の看板!( ̄O ̄;)

60692.jpg 60692-1.png

ここは町村制実施前は自然村九野本村なので屶柄が小字のはず、…謎過ぎます(;゜0゜)

南長井駅から徒歩2.8km、山形県長井市九野本屶柄です!

60690.jpg 60690-1.jpg 60690-2.png 60690-3.jpg

鉈=山刀の合字で、ここと宮城県の二ヶ所の字名に使われていたことでJIS第二水準に収録されたものの当時の漢和辞典に未収録だったため幽霊文字呼ばわりされたものです。JISの収録元の国土行政区画総覧では84年に「なた柄」とされましたが、国土地理院地図には今も屶柄と出ています。そしてなんとここ、72年の国土行政区画総覧では「山力」になっててぜんぜん屶じゃないじゃん!(^◇^;) たぶん総覧が誤字だと判断されたのではないかな?

2020/05/30

簗沢バス停から山辺町コミュニティバス中作線山辺温泉行きに乗車

60639.jpg 60639-1.jpg

なんと運賃100円は先払いで軽く怒られました、サーセン(^◇^;)
乗客は私だけですよ。。

作谷沢支所から400mの幽霊文字バス停、簗沢に来ました

60638.jpg 60638-1.jpg 60638-2.png

支所の駐車場側にベンチがあり脚は休ませられましたが…いやはや気温8℃で睡魔に負けるとヤヴァそうだったので踏ん張りました…5時半くらいから日差しが直で当たるようになり30分ほどうとうとできましたよ。
そしてここ、大字簗沢のはずれなんですね。。。まぁフリー乗降区間なので無問題なんですが(^◇^;)、フリー乗降のわりには鼈甲雨が両側にありますな(^○^)

羽前山辺駅から徒歩13.0km、作谷沢支所兼公民館にとうちゃこ

60637.jpg 60637-1.jpg

…かなりちんたら歩いたつもりですが結局3時間15分で着いちゃった! 明るくなってきたとはいえめちゃくちゃ寒い中どうやって2時間半待つの…orz
そしてこの作谷沢支所、要は昭和の大合併まで作谷沢村だったということなんですが、そもそもその作谷沢という名前が、町村制実施時の自然村、北作・畑谷・簗沢から1文字ずつとった合成地名なんですよ!(OvO)
2枚目は作谷沢小中学校、戦後できた、ってことは戦前は簗沢小学校だった可能性もありえますね!(^○^) でもこちらもごたぶんに漏れず、今年度限りで統合だそうな…ヽ(;▽;)

今回の野良学術調査の目的地、幽霊文字地名「簗沢」に初遭遇

60634.jpg

ここまでこの画像も強力に照らせてるLEDライトつけつつiPhoneから初期YMOやKYLYNなどを掛けて熊除けのつもりでしたが、まったく不要でした。というのもかなり牛舎が多い! これはかえって牛さんたちに迷惑と音を切りました。実は山形県の熊出没マップでもこのあたりは空白地帯になってまして、事前調査時に「なんでだろう??」だったんですが、ナットク!(^○^)

2020/05/02

青森県今別町の、大字大泊・砂ヶ森・山崎(の飛地)に囲まれた、大字袰月の飛地に到達しました!

60616.jpg 60616-1.jpg 60616-2.png

昨年6月、宿泊した海峡の家ほろづきからまっすぐ来ようとしましたが完全藪化してて断念、今回は藪の少ない春先に林道から大回りすることで成功! 「袰」は武具「母衣」の合字で、北東北の地名に使われているためJIS第二水準に収録されたものの、当時の漢和辞典に未掲載の幽霊文字でした。幽霊文字地名の飛地の訪問もこれで全国コンプかな?

2020/04/26

京都府京都市左京区浄土寺広帖町(こうちょうちょう)についに到達!\(^o^)/

60594.jpg 60594-1.jpg 60594-2.jpg 60594-3.jpg

おおまさに、こちらのページの図にある分岐そのもの! そして国勢調査の字境界データをジオグラフィカに落とし込んで位置確認もできました!!

こちら上記スクショのとおりですが、国土行政区画総覧に「広岾町(ひろやまちょう)」と記載されていたことを唯一の根拠としてJIS第2水準に登録されたものの当時の漢和辞典に掲載されていなかった幽霊文字「岾」のまさに由来の地なのです。ただしこの町名は現在の広帖町(こうちょうちょう)に修正されてしまい宙に浮いてしまったと…しかし衝突用例として、埼玉県所沢市南永井大岾千葉県館山市洲宮白岾という関東の地名にしっかりと使われているのでありました。とはいえここがまさに元祖! JIS委員が試しに来てみたら遭難しかけたって土地ですが、インターネッツ時代だからこそ私でも楽にたどりつけたのでありますよ\(^o^)/

2020/03/28

ついに秋田県秋田市下浜桂根粐蒔沢(ぬかまきざわ )に到達しました!

60517.jpg 60517-1.jpg 60517-2.jpg 60517-3.jpg 60517-4.png

この2枚めの先にかつて桂根油田がありましたが、完全に小川がついてしまっててトレッキングシューズでは横断不能となりここまで。
「粐」はまさにJIS第二水準にこの地名を唯一の根拠として収録されたものの当時の漢和辞典に出てなかったため、幽霊文字呼ばわりされていました。そしてその根拠を国土行政区画総覧の全履歴の全文字調査を行って証明した96年の笹原宏之先生の論文! 「粐」はいいけど「薪」じゃなくて「蒔」ですから!!(^◇^;)(弘法も筆の誤り)
なお、今回ここに到達できたのは、 こちらのWebページがあったからこそ です! ありがとうございましたm(_ _)m

2020/03/16

高知県大月町大字柏島字鵈谷(みさごたに)への到達達成!

60357.jpg 60357-1.jpg 60357-2.png 60357-3.jpg 60357-4.jpg

これで幽霊文字「鵈」関連の土地、全国4カ所(福島、秋田、長野、高知)コンプです\(^o^)/
「鵈」は福島県相馬市の字名「鵈沢」を唯一の根拠にJIS第二水準に収録されましたが当時の漢和辞典には出ておらず幽霊文字呼ばわりされました。そしてその地名は「鵃沢」の誤りとわかり、本当の幽霊文字とも思われました。しかし全国でほかに3か所、「鵈」が入る地名があるとわかっており、そのうちの一か所がここ、高知県大月町大字柏島字鵈谷です。他についてはリンク先をどうぞ
ただですね…!! 角川の地名大図鑑見ると…なんと高知県大月町柏島のここの字名は「鵈」ではなく「目鳥」になってるんですよ!! これもしかして、同じ高知県内の「汢の川」の「汢」がホントは冫だったのに氵でJIS入りしたため地名も氵にしちゃった、のと同じかもですよ!!

2020/02/24

2分早着(^◇^;)の枦谷(かたらがい)バス停で下車

60224.jpg 60224-1.jpg 60224-2.jpg 60224-3.jpg 60224-4.jpg 60224-5.jpg 60224-6.jpg 60224-7.jpg 60224-8.jpg 60224-9.jpg 60224-10.jpg 60224-11.jpg 60224-12.jpg

ここから回送運転なので取り残されざるを得ないよねざわ。ここは1987年3月31日まで国鉄バス川本北線君谷線が走ってました。そう、国鉄分割民営化の日であり、国鉄最後の公示はまさにこの路線の廃止だったのです。
しかし! 国鉄バス君谷線廃止の公告にはなんと「石見多田-櫨谷」と区間が記載されているのです! まさに、ハゼノキを表す漢字「櫨」が略字化され、九州の地名人名に多い幽霊文字「枦」になったわけです。
しかしここで疑問となるのは、「櫨」はハゼノキであって「カタラ」とは読まんだろうという。実は島根ではカタラというのはサルトリイバラのことであり、これは西日本における柏餅のカシワの代わりに葉を使う植物です。おそらくはなぜか「櫨」をカタラに当てたという歴史があり、その時点でハゼノキとの衝突用例になってて、どちらも同じ略字となって幽霊文字化したと。
ではなぜ国鉄バス君谷線の停留所は書類上は「櫨」だったのかとなります。そこで美郷町役場に照会をしました。ここは町村制実施までは自然村「櫨谷村」でしたが、その時代から「枦」表記が文書に見られると。そして君谷村になってからは「枦」で統一したはずたと。
しかし現実には今もまだ! バス停わきの郵便ポストは「櫨」になっています。もちろん他はすべて「枦」です(電柱はカナ)。
ただ…まだ続くんですよ、騙されてはいけない! 「角川日本地名大辞典」も「島根県の地名」でも、現地名の旁は「戸」ではなく「馿−馬」になってます。そして美郷町役場の見解も「正しくは馿−馬」ですと。笹原宏之先生の幽霊文字実在証明論文にも出てますが、最新版の国土行政区画総覧では「木+馿−馬」に戻っているようです。
いや、ホント幽霊文字の探訪は面白い!\(^o^)/

定時着の簗瀬駅前バス停で480円支払って下車

60201.jpg 60201-1.jpg 60201-2.jpg

ここまでに私だけになってましたがここから入れ替わりで1人乗車してきました。 …なんと! 三江線石見簗瀬駅の木造駅舎が撤去されとるがな!!。゚(゚´ω`゚)゚。
ここは町村制施行前の自然村「瀬村」で、古文書にまさに「梁漁の梁があるから瀬」って書いてあります。ここ含めて全国にたくさんある地名なのに、なぜか漢和辞典に出てなかった幽霊文字「」を含むバス停&廃駅。

2020/02/23

上糘地バス停から300m、高宮バス停から3.9kmの、広島県安芸高田市甲田町大字糘地(すくもじ)の糘地集会所

60185.jpg 60185-1.jpg 60185-2.jpg 60185-3.png

小学校跡が疑われるグラウンドですが証拠はありません。籾殻を表す中国地方の地域文字にして幽霊文字呼ばわりされた「糘」、町村制実施前の自然村「糘地村」からですが江戸初期の記録では「すくもし村」とかな表記だったそうな。

糘地バス停から400m、広島県安芸高田市お太助バスの上糘地バス停

60184.jpg 60184-1.jpg 60184-2.jpg

時刻表剥がれてません。先の住居表示板からすぐでしたね。
これで、籾殻を表す中国地方の地域文字「糘」(すくも)入りの3バス停、コンプです\(^o^)/

広島県安芸高田市甲田町大字糘地を貫く県道4号線にある標識にもちろん地名として幽霊文字「糘」がばっちり掲示!

60183.jpg 60183-1.jpg 60183-2.png

そして神社の前に住居一覧があってぜんぶボカすしかない( ̄◇ ̄;)

下糘地バス停から800m、広島県安芸高田市甲田町大字糘地にある糘地バス停

60182.jpg 60182-1.jpg 60182-2.png

籾殻を表す中国地方の地域文字にして、ここ由来でJIS第二水準に収録されたものの当時の漢和辞典に出てなかった幽霊文字でした。お太助バスの時刻表、剥がれたんだかで無いぞ!

広島県安芸高田市甲田町大字糘地にある下糘地バス停から300m、下城集会所

60181.jpg 60181-1.jpg 60181-2.jpg

つまり大字糘地には下糘地という小字があるのではなく、小字は下城だとわかります。そしてNTT西電柱が「すくも」とひらがな! せっかく幽霊文字呼ばわりされつつもJIS第二水準に収録された漢字なのに! 変換してよ!!(^◇^;)

高宮バス停から徒歩2.4km、こちら広島県安芸高田市甲田町大字糘地(すくもじ)にあります安芸高田市お太助バスの下糘地バス停

60180.jpg 60180-1.jpg 60180-2.jpg

元備北交通バス仕様のポールバス停です。西日本で籾殻を表す古語「すくも」に中国地方であてられた地域文字「糘」、この地名を根拠にJIS第二水準に収録され、しかし当時の漢和辞典に出てなかったため幽霊文字呼ばわりされた漢字です。そしてNTT西電柱も糘地!(^○^)

2020/02/01

宮本武蔵駅から徒歩トータル21.4km、こちら兵庫県佐用町淀の通称地名亀ヶ逧(かめがさこ)

60009.jpg 60009-1.jpg 60009-2.jpg 60009-3.jpg

西日本で谷合の地形を表す「さこ」に岡山鳥取で当てられた地域文字で、よってJIS第二水準に収録され幽霊文字呼ばわりされた「逧」が、なぜかここだけ兵庫にはみ出しております。なお、最新版の国土行政区画総覧ではこの通称地名は削除されてまして、じっさい公民館も「淀倶楽部」になってますね。。

岡山県美作市大字梶原の、失われた幽霊文字・逧や難読文字・乢を含むと税務課からご案内いただいた集落をくまなく歩いた!

60005.jpg 60005-1.jpg 60005-2.jpg 60005-3.jpg 60005-4.jpg

ので制覇とさせてください(^◇^;)

宮本武蔵駅から徒歩8.8km、こちら岡山県美作市大字梶原字深逧

60004.jpg 60004-1.png 60004-2.png

「逧」は西日本で谷の地形を表す「さこ」に当てられた中国地方の地域文字で、多数の地名からJIS第二水準に収録されましたが当時の漢和辞典に出ておらず幽霊文字呼ばわりされました。で、現行の国土行政区画総覧でも、大字梶原には「逧」があると書かれてるんですが、旧土地台帳を持つ美作市税務課に照会したところ「逧という字はありません」。ということで代替として、災害警戒地図から拾ったこちら、深逧に寄ってみました。

公民館から100m、鳥取県鳥取市祢宜谷の祢宜谷神社

59994.jpg 59994-1.jpg 59994-2.jpg

国土行政区画総覧がなぜか一時期のみ幽霊文字「袮」(衣篇)で表記していた地名ですが、神社名は祢でも禰でもない新旧字体の合字になっとるがな!(笑) というわけで、当然のこととはいえ、現場では幽霊文字「袮」表記は見つかりませんでした!(^◇^;)

祢宜谷バス停から500m、鳥取県鳥取市祢宜谷(ねぎだに)の公民館、祢宜谷生活改善センター

59993.jpg 59993-1.jpg 59993-2.jpg

もちろん「祢」は示篇であって衣篇の幽霊文字「袮」ではありませんね。

日本交通バス若桜線を祢宜谷(ねぎだに)バス停で390円支払って下車

59992.jpg 59992-1.jpg 59992-2.jpg 59992-3.jpg

こちら、JIS漢字を決めた際の国土行政区画総覧ではこの字でしたが、のちになぜかわざわざ幽霊文字「袮」(衣篇)に書き換えられ、93年版でこの字(示篇)に戻された謎地名です。「袮」はゴミか汚れを誤認しただけ説(^◇^;)

2020/01/01

幽霊文字バス停、枦田(はした)から、霧島神宮渋滞により54分遅延!の鹿児島交通バス国分駅行きに乗車

59848.jpg 59848-1.jpg

帰りの飛行機の時刻的にこれは終点まで乗ってからタクシーしかありません…涙

鹿児島交通バス枦田(はした)バス停

59847.jpg 59847-1.jpg 59847-2.jpg 59847-3.jpg

幽霊文字入りのバス停はすべてめぐるということでやってきました。なんか待合所がやたら立派!

霧島温泉目の湯から徒歩10.0km、こちら鹿児島県霧島市霧島田口枦田(はした)にある枦田自治公民館

59846.jpg 59846-1.jpg 59846-2.jpg 59846-3.png

「枦」は櫨=ハゼノキの略字で九州の地名人名でしばしば使われ、よってJIS第二水準に収録されましたが、当時の漢和辞典に出ていない幽霊文字でした。

2019/12/31

国鉄宮之城線薩摩永野駅前にある、旧薩摩町全図。

59815.jpg

さきほど訪問した幽霊文字地名「簗平」のほかにも「搦」なんて小字名が!(OvO) 中部以西で見られる「搦」地名は「からみ」と読み、干拓地をあらわすんですが、こちら山の中、読みも「からげ」とのことでミステリーです!!

簗平バス停から500m、鹿児島県さつま町大字永野通称簗平にある簗平公民館

59813.jpg 59813-1.jpg 59813-2.png

幽霊文字地名です。地図の黄色い星が簗平バス停です。ゆるい起伏の大地にひろがる集落です。

永野バス停から徒歩1.9km、南国交通バス簗平バス停

59811.jpg 59811-1.jpg 59811-2.jpg 59811-3.jpg

空港バスがモロにこの道通過してますが停まらんので歩いてきました(^◇^;)。「簗」はやな漁の仕掛けを表す和製漢字で、秋田岩手から鹿児島まで全国に存在する地名に使われていますが、なぜかJIS第二水準制定当時の漢和辞典に出ていなかったため幽霊文字呼ばわりされていました。

2019/12/30

槝ノ浦バス停から400m、鹿児島県阿久根市脇本の幽霊文字バス停、槝ノ浦西バス停

59791.jpg 59791-1.jpg

位置関係がなんとも妙、西から 槝ノ浦西バス停ー400mー槝ノ浦西公民館=槝ノ浦バス停ー900mー槝ノ浦東公民館 という、バス停と公民館がひとつずれてるんでした。

そしてその槝ノ浦バス停のすぐ後ろにあるのは鹿児島県阿久根市脇本の槝ノ浦西公民館

59790.jpg 59790-1.jpg 59790-2.jpg 59790-3.jpg

まさにJIS第二水準収録の根拠である、国土行政区画総覧に記載の通称地名、槝ノ浦東と槝ノ浦西のセットのひとつです。老人クラブも幽霊文字入り(^○^)

この地の名前だけからJIS第二水準に収録された幽霊文字「槝」の元ネタの土地、槝ノ浦東公民館から900m、こちら南国交通バス槝ノ浦バス停

59789.jpg 59789-1.jpg

だいぶん離れてるぞ!( ̄O ̄;)

槝之浦東公民館から100m、ここは槝之浦東集落の中心部に見えますが、なぜか南国交通のバス停は「塘町」

59787.jpg 59787-1.jpg

なぜなんだ!

エーコープ三笠店で動画編集終わり、雨の中バッグ3つで傘さしつつMacBook Air手持ちでエンコ(笑)しつつ、1.0km歩きまして鹿児島県阿久根市脇本の槝之浦東公民館

59786.jpg 59786-1.jpg 59786-2.png 59786-3.png

「槝」は由来不明の、この地の地名とご出身の方の苗字にのみ使われていることでJIS第二水準に収録され、当時の漢和辞典に出ていなかったために幽霊文字呼ばわりされたものです。

2019/12/29

コインランドリーから1.1km、水俣市立水俣第二小学校正門

59769.jpg 59769-1.jpg 59769-2.jpg 59769-3.png

この一帯はまさに水俣学Webサイトにて「膤割」とされる地区(一部、西のチッソ工場含む)です。この「膤」、まさに水俣市のかなり昔の通称地名であるこの膤割を唯一の根拠として78年にJIS第二水準に収録された幽霊文字ですが、ではその実在を示すここはなんと読むのか。上記サイトでは「すねわり」ですが、96年笹原論文では「「ゆきわり」と現地の役所で確認」とあります。はてさてどちらが正しいのか!?!?

硴原農村公園

59763.jpg 59763-1.jpg 59763-2.png

幽霊文字「硴」入りの八代市硴原公園てのがあると検索で知り、3kmちかく流浪しましたが結局どの地図もおかしくて正しくは硴原公民館からたった200m! しかも公園名の表記いっさいない…

セブンイレブン八代鏡町両出店から1.5km、こちら熊本県八代市鏡町大字貝須通称硴原(かきわら)公民館

59762.jpg 59762-1.jpg 59762-2.jpg 59762-3.png

牡蠣を表す九州や山口の地域文字にして失われた幽霊文字入りの公民館です。JIS第二水準入りの根拠たる国土行政区画総覧ではここだけは「硴」の右下のヒのノが左に突き抜けているんですが、公民館看板もおざや (これで検索すると硴の字が出てきます!)記念札も、手書きなのに突き抜けてませんですよ。

宇城市境から徒歩100m、熊本県氷川町大字高塚通称硴原?

59759.jpg 59759-1.jpg 59759-2.jpg 59759-3.jpg 59759-4.jpg 59759-5.jpg

小字名は廃止されていますが、どうやら無住化している1・2枚め、道路と小川の間が、幽霊文字の実在を検証した96年の笹原論文で牡蠣を表す九州や山口の地域文字「硴」の例として示されている「通称地名硴原(かきはら)」ではないかと。1枚めの左外・地図の現在地青丸の真上にある通称赤迫の住人お2人にヒアリングした結果です。
そして小川挟んだ隣、大野にある竜北公園。文化財看板のとおり、ここは大森貝塚のモースが発見した大野貝塚です。明治なんで保存概念なく今は痕跡もありませんが、考古学の文献だとこの貝塚の住所が「大野硴原」になってるんですよ! しかし国土行政区画総覧ではここは大野太尾のはず。そして竜北公園の案内図を見ると上に謎の通路があってなんと小川をわたって高塚が敷地内ってことになってる! ここまさにこの小川を挟んだ谷地形で、やはりこの「鷹塚の公園敷地」部分が幽霊文字地名「硴原」と考えてよさそうです!
なお、表の赤迫A貝塚・赤迫B貝塚、これも痕跡ありませんがまさにこの間の道とおってヒアリングさせていただきましたm(__)m

2019/12/28

熊本市南区富合町の硴江(かきのえ)と莎崎(こうざき)の間の浜戸川に架かる硴江橋

59747.jpg 59747-1.jpg 59747-2.jpg 59747-3.jpg

往路は動画撮ってたのでこれは復路での撮影。牡蠣を表す九州や山口の地域文字にして失われた幽霊文字「硴」入りの橋です。ちなみに「莎」もかなりのレアー漢字ですが、カヤツリグサ(イネより単純な単子葉類)の意味があり、当時の漢和辞典に出てたので幽霊文字ではありません。

難読地名の熊本市南区富合町莎崎に、熊本市乗合タクシー南西号の終点停留所にして幽霊文字バス停、硴江新橋があります

59748.jpg 59748-1.jpg

なぜ川向こうの地名なのか? ですが、たぶんちかくの目立つ施設が硴江橋だから、ですかね。

富合駅から徒歩1.5km、こちら熊本県熊本市南区富合町硴江(かきのえ)の硴江区公民館

59746.jpg 59746-1.jpg 59746-2.jpg 59746-3.jpg 59746-4.jpg 59746-5.jpg 59746-6.jpg 59746-7.jpg

乗合タクシーバス停「硴江公民館前」もあります。牡蠣を表す九州や山口の海辺の地域文字「硴」は地名で多数使われておりJIS第二水準に収録されましたが当時の漢和辞典に未掲載の幽霊文字です。ひっそりと脇に建つ圃場整備碑にもしっかりと硴江と彫り。

2019/12/27

藤が丘駅から徒歩1.0km、5日前には工事のためピンポイントで黒ビニールで覆われて休止してた、愛知県長久手市櫨木(ろうぼく)にある長久手市N-バス藤が丘線枦木バス停

59698.jpg 59698-1.jpg 59698-2.jpg 59698-3.jpg

なぜかバス停名だけが字名の略字にして78年当時の漢和辞典に未掲載だった幽霊文字となっております。再訪成功\(^o^)/

2019/12/22

小渡バス停から県境越えて徒歩4.0km、岐阜県恵那市串原字大簗にある、なぜか愛知県豊田市の旭コッキーバスの大簗バス停

59672.jpg 59672-1.jpg 59672-2.jpg 59672-3.jpg

簗漁の仕掛けを表す漢字「簗」は全国至るところに存在する地名なのになぜか78年当時の漢和辞典に未掲載の幽霊文字でした。矢作第二ダム建設で立ち退きとなり、しかし3枚目のレストラン大やな(長期休業中)、4枚目のお寺、さらに現住の1戸のみが残ります。ので串原村のデマンドバスも停まってましたが廃止され、なぜか愛知県のバスだけが走っています。

尾張の地域文字にして失われた幽霊文字「杁」入りの杁ヶ池公園駅にiPhone Suicaで入場、八草行きに乗車

59666.jpg 59666-1.jpg 59666-2.jpg 59666-3.jpg 59666-4.jpg

あいかわらずなめらかな走り。って浮いて走ってんだからアタリマエか(^◇^;)

杁ヶ池公園西バス停から徒歩400m、長久手市N-バスの杁ヶ池公園駅南口バス停&杁ヶ池公園駅北口バス停

59665.jpg 59665-1.jpg 59665-2.jpg 59665-3.jpg 59665-4.jpg

中央循環線と西部循環線がそれぞれ回り向きで使い分けてます。南口だけ屋根付きですね。これで尾張の地域文字にして失われた幽霊文字「杁」入りのバス停はすべて訪問できました\(^o^)/

杁ヶ池公園北交差点から100m、こちら長久手市N-バスの杁ヶ池公園西バス停

59664.jpg 59664-1.jpg 59664-2.jpg

尾張の地域文字にして失われた幽霊文字「杁」入りのバス停です。昨年末にこの池とリニモの駅は訪問したのに、うっかりバス停をスルーしてしまってて、こうして改めて訪問しにきたわけです(^◇^;)

愛知県長久手市櫨木から名古屋市横断しつつ徒歩3.1km、こちら杁ヶ池公園わきの杁ヶ池公園北交差点

59663.jpg 59663-1.jpg

用水路から農地に水を引き入れる設備「いり」に主に尾張国で当てられた地域文字にして、JIS第二水準収録時の漢和辞典に出てなかった幽霊文字「杁」入りの地名です。ちなみに三河国では「圦」です。

愛知県長久手市櫨木からの徒歩移動中に名鉄バスの猪ノ湫バス停

59662.jpg 59662-1.png

「湫」は湿地を表す愛知の地域文字ですが、78年当時の漢和辞典に掲載されていたため、幽霊文字になりませんでした(^◇^;)

まんが喫茶から徒歩1.1km、こちら長久手市N-バス藤が丘線枦木(ろうぼく)バス停。…って! なんとピンポイント休止中、しかも鼈甲飴完全に黒塗り!( ̄O ̄;)

59661.jpg 59661-1.jpg 59661-2.png 59661-3.png 59661-4.jpg 59661-5.jpg

愛知県長久手市櫨木の所在ですが、地名は旧字でバス停名が幽霊文字「枦」になってるという、朝倉市上枦畑と逆パターンだったのに…また再訪します!
そして櫨木エリアほぼくまなくまわりましたが、電柱も西浦幹と下山幹、公民館も住所表示もなく、ゆいいつ、髪の脱色でお世話になってる(^^)ホーユーの長久手事業所(託児所ありますね)のWebページで確認ができました(^◇^;)

2019/12/01

先ほど報告したたぶんバス待合所跡で強い風を避けつつ事後報告投稿させていただき、最後に集落入口の「萢子」の村民の碑を眺めつつ、岩木山を拝みつつ、

59562.jpg 59562-1.jpg

青森県板柳町大字常海橋字稲葉通称萢子を去ります。これでよねざわ基準の「失われた幽霊文字を求めて」で訪問対象となっていた幽霊文字「萢」地名をすべて訪問達成!

青森県板柳町大字常海橋字稲葉通称萢子の集落に公民館ないのかなとほぼ集落をひとまわりしたところ

59561.jpg 59561-1.jpg 59561-2.jpg

防災放送が2基建ってるこれがそうかも、と思った! そしてなんとNTT電柱が「やち子」になっててますます国土行政区画総覧の面目がない…笑

青森県板柳町大字常海橋字稲葉通称萢子の集落をまわりまして、で田んぼの畦にある四等三角点萢子!

59560.jpg 59560-1.png

標高13.62mですが国土地理院地図では13.5mですね。ていうか国土地理院地図、「やち」になってるぢゃん!!( ̄O ̄;) 国土行政区画総覧の「やつ」がますます謎に…

青森県板柳町大字常海橋字稲葉通称萢子

59559.jpg 59559-1.png

1枚め右は明らかにバス待合所なんですが、ここにバス停があったという記録を調べきれませんでした。そしてすぐ南の大字館野越字下萢がほぼ区画整理された農地なのに対し、ここ萢子は畦道っぽい道路のまわりに家々たくさんあります!

青森県板柳町大字常海橋字稲葉、幽霊文字を含む通称地名「萢子」に来ました

59558.jpg 59558-1.jpg 59558-2.jpg 59558-3.jpg

東北電力もNTTも、電柱は同じ「萢子」です。そしねご覧のとおり国土行政区画総覧では「やつこ」となってますが、用水路に架かる橋の名は「やちこばし」! 国土行政区画総覧のウソ!!
実は本件、板柳町役場に問い合わせたところ、「やちこ」ですが、地元の方の発音は「やつこ」に聞こえるかも知れません」とのことでした(^○^)

あすなろ温泉をチェックアウトして徒歩6.2km、青森県板柳町大字館野越字下萢(しもやち)に入りました

59557.jpg 59557-1.png

湿地を表す津軽の地域文字にして失われた幽霊文字「萢」を含みますが、今回の訪問の本題ではありません。

2019/11/30

湿地を表す古語「やち」に津軽であてられた方言漢字であり幽霊文字「萢」を含む青森県青森市浪岡町の沖萢バス停から100mの公民館、沖萢会館

59544.jpg 59544-1.jpg 59544-2.jpg

立派な看板ですがこれだけ「泡」の中身が「己」。バス停も電柱もここの標識も「巳」なんですが、まさに表記揺れであります。

浪岡駅から徒歩1.9km、弘南バスの沖萢(おきやち)バス停

59543.jpg 59543-1.jpg 59543-2.jpg 59543-3.jpg

湿地を表す古語「やち」に津軽であてられた方言漢字であり幽霊文字です。現青森県青森市浪岡町大字女鹿沢字東早稲田、おそらく合併前は女鹿沢村大字東早稲田字沖萢かと。東北電力もNTTも電柱あります!

2019/11/17

はじまりました第3回方言漢字サミット

59472.jpg 59472-1.jpg

理事長さんあいさつに続いて笹原宏之先生の基調講演。この方の96年の論文に基づいてよねざわは全国の幽霊文字地名をまわっているんですよ!!

八潮駅前に戻ってきまして、駅前の「第3回方言漢字サミット」会場に入りました

59471.jpg 59471-1.jpg 59471-2.jpg

本日のお題の一つ「草加煎餅」ネタとして本物配布、これで入場無料はありがたすぎますので後ほどカンパしよっと。

八潮市垳の垳ふれあい会館から300m、セブンイレブン八潮垳店に立ち寄りました

59470.jpg 59470-1.jpg

この大字名をゆいいつの根拠として78年制定のJIS第二水準に収録された幽霊文字「垳」、収録されたからこそ店名と住所として印字できるわけです!

第3回方言漢字サミットまでまだ間があるので、八潮駅から徒歩700mの垳ふれあい会館に来てみました

59469.jpg

全国ここでだけ大字名に使われており区画整理が完了すると住居表示の実施で使用例が消滅してしまうおそれのある幽霊文字「垳」。

2019/11/01

JR四国バスドリーム高松1号は東名道の混雑を避けて中央道経由に変更、休憩は境川PAになりました

59399.jpg 59399-1.jpg

まさにここ、今年1月に昼行高速バスから降りましたが、所在地が山梨県笛吹市境川町藤垈、全国のSAPAでゆいいつ住所に幽霊文字が含まれてるんです!\(^o^)/

2019/10/26

磐越西線上野尻駅から徒歩2.0kmの林道、こちら福島県西会津町群岡字西久祢甲(にしくねこう)

59366.jpg 59366-1.jpg 59366-2.jpg 59366-3.jpg

無住区でGoogle地図やマピオンにはこの道じたいが在りません。そしてこの字名、国土地理協会の「全国町字ファイル」では「西久袮甲」となっていて、まさに幽霊文字「袮」が「祢」の誤字になりがちだという傍証です。

2019/10/05

特攻観音入口バス停から徒歩4.2km、こちら鹿児島県南九州市知覧町東別府の通称地名枦場(はしば )にある、鹿児島交通とひまわりバスの枦場バス停

59269.jpg 59269-1.jpg 59269-2.jpg 59269-3.jpg

電柱も枦場ですね! 例によってハゼノキを表す漢字、櫨の略字が九州で地名人名に使われており、その結果JIS第二水準に収録されたものの当時の漢和辞典に出てない幽霊文字でした。というわけで土休日運休なので歩いてきまして、これで今回の旅の幽霊文字めぐり、コンプです\(^o^)/
※あ、実は「鹿児島県に多い」石敢當がここにあった!

2019/10/04

桜島口バス停から徒歩1.8km、こちら奥山産業溶岩採石場

59249.jpg

なんとここは鹿児島県鹿児島市黒神町枦ノ木ケ谷(はぜのきがだに)です。ハゼノキを表す九州の地域文字にして元幽霊文字「枦」ですが、国土行政区画総覧には、ここは地名には出てないのに、郵便局の集配地域の中で「枦ノ木ケ谷は除く」と唐突に現れるのでした。

新川西椨元から徒歩2.7km、こちら鹿児島県東串良町川東

59237.jpg 59237-1.png

旧字名は「南椨元」(みなみたぶもと)で、「椨」はタブノキを表す地域文字としてJIS第二水準に収録され当時の漢和辞典に出てない幽霊文字でした。なおこの文国土行政区画総覧では94年に「南柎元」に訂正されてますが、(以下同文

旧国鉄大隅線串良駅前のビジネス旅館から徒歩5.2km、こちら鹿児島県東串良町新川西

59236.jpg 59236-1.png 59236-2.jpg 59236-3.jpg

旧小字名は「椨元」(たぶもと)で、「椨」はタブノキを表す地域文字としてJIS第二水準に収録され当時の漢和辞典に出てない幽霊文字でした。なおこの文字収録のネタ元である国土行政区画総覧では94年に「柎元」に訂正されてますが、現在の役場によると「椨」でよいようです。

2019/10/03

档ヶ山橋から徒歩2.7km、こちら鹿児島県大崎町役場

59226.jpg

曽於郡に属する現存唯一の自治体です。昼の曽於市役所で書いたとおり、曽於郡は72年までは囎唹郡と書き、この「囎」がこの郡名のみからJIS第二水準に採録された元幽霊文字ということで、その名残りということで役場を訪問できました!

档ヶ山公民館から800m、持留川に架かる档ヶ山橋(まてがやまばし)

59225.jpg 59225-1.jpg 59225-2.jpg

全国でこの地名だけに使われる幽霊文字地名へとわたる橋です。3枚目が振り返った档ヶ山集落( ^_^)/~~~

ざざん! 荒佐バス停から徒歩9.2km、こちら鹿児島県大崎町永吉档ヶ山(まてがやま)の公民館

59224.jpg 59224-1.jpg 59224-2.jpg 59224-3.png

防災無線も档ヶ山局。この「档」、全国でこの地名のみに使われているということでJIS第二水準に収録されたものの、当時の漢和辞典にない幽霊文字でした。今は簡体字に同じ文字があります。さらに、能登では名産の能登ヒバのことを「アテ」といいまさにこの漢字「档」を当ててますがこれは偶然一致する衝突事例でしょう。そして公民館の看板、「当」の真ん中の横棒が突き抜けてまして、この地を記した国土行政区画総覧でも突き抜けなんですが、突き抜けの有無に関わらず同じ文字とみなす「包摂」の範囲内のようです。

末吉仲町バス停から200m、こちら鹿児島県曽於(そお)市役所

59219.jpg 59219-1.jpg 59219-2.jpg

平成の大合併で生まれた新しい市ですが、名前の由来は郡名「曽於郡」、そしてその郡名は72年までは「囎唹郡」で、この「囎」の字がこの地名以外に使われない、JIS第二水準制定時に漢和辞典に出てなかった幽霊文字でした! 今回、広域名の幽霊文字ですので、とりあえずその名を由来に持つ現市役所を訪問対象としましたよ!

どうやら曽於市思いやりタクシーの停留所名は国道から少し入ったこの地域の通称地名「畩ヶ山」から取られてるんですね

59214.jpg 59214-1.jpg 59214-2.png

少なくとも2軒現住のようですが、ご覧のとおり、窪地のような畩ヶ山谷というのがあるようです。失われた幽霊文字「畩」はこの通称地名ただひとつを根拠にJIS第二水準に収録されました。

財部(たからべ)入口バス停で下車

59213.jpg 59213-1.png 59213-2.jpg 59213-3.jpg

鹿児島交通バスのはこのバス停名ですが、曽於市思いやりタクシー(ルート時刻固定の有料なので狭義の公共交通機関扱い)の停留所名は畩ヶ山(けさがやま)。この「畩」は「袈裟」の別名「福田衣」(ふくでんね)から派生した田と衣の合字で幽霊文字でした。

2019/10/02

ざん! 延岡市立三椪小学校跡を出て国道まで歩くしかありませんが、小学校のある戌集落を出るとこになんと三椪橋!

59196.jpg 59196-1.png

しかも橋の字が妙!!
実は県道にあるのは資料ではわかってまさたが、ストビュー塗りつぶされててわからなかったのら。学校名以外の幽霊文字「椪」をみつけられて\(^o^)/

延岡市乗合タクシーふれあい号二股線を8分遅延の三椪小学校下停留所で下車

59195.jpg 59195-1.jpg 59195-2.jpg 59195-3.jpg 59195-4.jpg 59195-5.jpg 59195-6.jpg 59195-7.jpg

みはえ。この「椪」はポンカンのポンですが、それとはここは関係なく、林業の三集落のための小学校ということで、木工用語の「はえ」から取って「みはえ」となりまして、まさにこの元小学校(とさらに前に廃校の併設の中学校)だけで使われている漢字として、JIS第二水準に登録され、当時の辞書にはポンカンは漢字ではないために未掲載ということで、幽霊文字呼ばわりされたものです。しかし実際にはまさにここに実在していました!
ところが。本来の木工用語の「はえ」はなんと「掽」と書くのが正しいんですよ! つまりこの幽霊文字「椪」は、もともと小学校名を決めるときに誤字にしてしまったというかなりすごいケースで、それを忠実にJIS第二水準に収録したというわけです。
なおこちら、ご覧のセンダンが校庭に生えてて有名です。
8枚めはおそらく教員用官舎。

2019/10/01

なんと! 失われた幽霊文字「は」のネタ元地名のひとつ、福岡県朝倉市三奈木上枦畑の公民館、名前が「上櫨畑」で正字なんですけど!( ̄O ̄;)

59177.jpg 59177-1.jpg 59177-2.jpg

おまけに有料の乗合タクシーのバス停名もそう…住所は「枦」なのに…(^◇^;)

枦畑バス停から300m、三所大神社

59176.jpg 59176-1.png 59176-2.jpg

ここは現在は上枦畑ですが昔の資料だと住所が上枦畑ではなく枦畑になっており、JIS第二水準に幽霊文字呼ばわりの「枦」が収録されたネタ元としての「甘木市三奈木通称枦畑(はじはた)・上枦畑(かみはじはた)という2種の通称地名に対応しているものと思われます。電柱は枦畑ですね。

西鉄バスの枦畑(はぜはた)バス停で下車

59175.jpg 59175-1.jpg 59175-2.png

この「枦」はハゼノキ=櫨の略字で九州の地名や人名ではポピュラーで、JIS第二水準に収録されましたが、当時の漢和辞典には出ていない幽霊文字でした。住所は福岡県朝倉市三奈木上枦畑です。

2019/09/29

ざん! 宮里入口バス停から1.5km、こちら2016年までは沖縄県沖縄市古謝小字榕原(ようばる)

59125.jpg 59125-1.jpg 59125-2.jpg 59125-3.png

現住所は4枚めのとおりで、3枚めが榕原エリアです。が。この地名は国土行政区画総覧ではなぜか誤って「穃原」となっており、それを忠実に採録したためにJIS第二水準に幽霊文字「穃」が入ってしまいました!

2019/09/21

閏賀口バス停に戻ってきて動画を収録しまして、4分遅延のウエスト神姫バス70系統山崎行きに乗車

59044.jpg 59044-1.jpg

けっこう乗ってますぞ。

玉か王か壬か!

59043.jpg 59043-1.jpg 59043-2.jpg 59043-3.jpg 59043-4.jpg 59043-5.jpg

兵庫県宍粟市一宮町閏賀から揖保川の対岸に戻ってきましたが、ご覧のとおり、この地名を誤写した可能性がある幽霊文字「閠」、つまり門の内側が「玉」こそないものの、「王」か「壬」かという表記揺れはありますね!(OvO) あと国道29号線の標識の「王」はなんか細い(^◇^;)

閏賀公民館前バス停から500m、ウエスト神姫バス(実質コミュニティーバス)の閏賀北口(うるかきたぐち)バス停

59042.jpg 59042-1.jpg 59042-2.jpg

これで幽霊文字「閠」のネタ元の可能性がある地名入りのバス停3箇所を訪問できました\(^o^)/

閏賀口バス停から揖保川に架かる閏賀橋わたって兵庫県宍粟市一宮町閏賀集落、徒歩500mの実質コミュニティーバスの閏賀公民館前バス停

59041.jpg 59041-1.jpg 59041-2.jpg 59041-3.jpg 59041-4.jpg

といっても公民館は2枚目中央左の木の向こう、100mも離れててかなり遠い!

200円支払って3分遅着の閏賀口(うるかぐち)バス停で下車

59040.jpg 59040-1.jpg 59040-2.jpg

23分間も乗っててこのお代は宍粟(しそう)市の補助金ですな。そしてここは幽霊文字「閠」の誤記元の地名の可能性がある、3枚目揖保川の対岸、兵庫県一宮町閏賀(現宍粟市一宮町閏賀)の玄関バス停でございます。王と玉。ゴミか?^^;

2019/08/25

フェリーみしま大島待合所から700m、まさにこの真正面がさきほど訪問した嫦娥島、そしてこちらの大島との間が幽霊文字入りの「蟐蛾ノ瀬戸航路」となります!

58855.jpg 58855-1.jpg 58855-2.png

これで今回の旅での幽霊文字めぐり、完結です!( ^_^)/~

フェリーみしまの渡良浦-原島(はるしま)間で見えたぞさっき行ってた嫦娥島! そして左の大島との間が、幽霊文字入りの謎水域名、蟐蛾ノ瀬戸である!!

58853.jpg 58853-1.jpg

これを通過するには郷ノ浦から対馬までフェリーに乗る必要がありますが、そこまではやりません!(^◇^;)

先生! なんと嫦娥島に、国交省が設置した幽霊文字看板が!!( ̄O ̄;)

58850.jpg 58850-1.jpg 58850-2.jpg 58850-3.png 58850-4.png 58850-5.jpg

この看板のとおり、ここは国交省的には「蟐蛾島」なんだそうですが、「蟐」はまさに、JIS第二水準に「明治生命のリストから」として収録されたものの、原本がなくNTT電話帳にも出てこない、由来不明の幽霊文字でした。しかしその字を、本来女偏であるはずのここに、国交省が使っちまってまして、結果幽霊文字でなくなった、ってやつですがな「蟐」。そしてこの島をこの画像のところまで爆破して半分に削り、確保した航路(5枚目)が「蟐蛾ノ瀬戸」なんだそうです…
いやーしかし現地来てみるもんですな! 幽霊文字拝めましたがな!!

渡良浦バス停から1.8km、こちら今は壱岐本島と地続きですが、かつてはこの倍の大きさがあった「嫦娥島」(じょうがじま)という島でした

58849.jpg 58849-1.jpg 58849-2.jpg 58849-3.png

爆破して対馬とのフェリー航路を安定させたものです。そして対岸に離島がありそことのNTTケーブルのため、無住区でも電柱ありますがこちらは「城賀」との謎表記になってる!

なんと6分早着(^◇^;)の渡良浦バス停で下車

58847.jpg 58847-1.jpg 58847-2.jpg

ていうかかなり離れた位置にある鼈甲飴は「渡良」で「浦」がない! これ、名はともかく位置は、かつてはみしまフェリーのりばがここだったっていう歴史経緯はありそう。 なお、3枚目の看板はこのあとの伏線です!^^;

2019/08/17

鶴岡駅から徒歩1.8kmの鶴岡市役所

58768.jpg 58768-1.jpg

じつはこの市名、かつては略字体として「寉岡」と書かれていたことがあり、この「寉」がまさにJIS漢字制定当時の漢和辞典に未掲載の幽霊文字でした。ただしこれは国土行政区画総覧ではなく、情報処理学会が71年に定めた試案にあったものです。広域なので役所訪問のマイルール。
これで、今回の夏休み旅行での幽霊文字めぐり、到達できなかった粐蒔沢以外完遂です!\(^o^)/

2019/08/16

大簗バス停から4分遅延の羽後交通バス急行本荘営業所行きで折り返し

58753.jpg 58753-1.jpg

無人でやってきた、、これ横荘鉄道全通しててもまったく経営成り立たんかっだろうね、、、

大簗バス停の所在は秋田県由利本荘市大簗字猿木沢

58752.jpg 58752-1.jpg 58752-2.jpg 58752-3.jpg

つまり大簗は大字名です。まさにバス停の背後には公民館、そして地区を貫く石沢川の流れはまさに簗漁の雰囲気。

【悲報】7分遅着の羽後交通バス大簗バス停で下車するもバスの車内に衣類一式と自撮り棒と書籍と折り畳み傘の入ったスポーツバッグ置き忘れる

58751.jpg 58751-1.jpg 58751-2.png

毎度おなじみ、川に仕掛けて漁をする機構「やな」に当てられた和製漢字でなぜか78年当時の漢和辞典に出てなかった幽霊文字。全国各地に「簗」入りのバス停がありますが、ここは最北端となります。そして雨また降ってきましたが&傘一時的になくしてますが(涙)待合所あって助かった! 運の無駄遣い!!
なお忘れ物については、横手営業所に電話して、今日の最終便で本荘営業所にお戻しいただき、明日朝取りに伺う、という方向で打ち合わせ。単独長旅での荷物忘れは人生4度目。電源やPCは無事でセーフ。

下浜駅から徒歩4.1km、こちら秋田県秋田市下浜羽川雪車田(そりだ)

58746.jpg 58746-1.jpg 58746-2.png

ブルーベリー農園がある無住区です。ここはJIS第二水準の採録原典となった71年の国土行政区画総覧では「雪車田」ですが、なぜか76年版では「轌車田」と謎合字化し幽霊文字地名になりました。それが今は元どおり。76年版が誤記かな?

2019/08/15

またかよ!

58734.jpg 58734-1.jpg

羽越本線桂根駅から約2km、失われた幽霊文字「粐」ゆいいつの実用例である、秋田県秋田市下浜桂根粐蒔沢(ぬかまきざわ)に向かって農道歩いてましたが突然藪化! クロックスに半袖Tではこれは無理、、雪解け期に装備して再訪するしかない!( ; _ ; )/~~~ でも明日ぬかるみ歩いてこれよりはダメージ少ないかも^^;、と良いほうに考えます(^◇^;)
→訪問できた方のレポ

機織神明社から徒歩700mの秋田県能代市機織轌ノ目の機織地区会館

58730.jpg 58730-1.jpg

やはり神社名にもなってる機織のほうが強いのか、秋田県の地域文字にして失われた幽霊文字「轌」が出てこなくて残念。

東能代駅から400mの秋北バス機織神明社前バス停

58729.jpg

ここ、かつてはそのまんま秋田の地域文字にして失われた幽霊文字「轌」入りの、まんま大字名の、「機織轌ノ目」(はたおりそりのめ)だったんですよ! 残念。

東能代駅から駅前通りを少し南下しましたこちら、秋田県能代市機織轌ノ目であります

58728.jpg 58728-1.jpg 58728-2.png

まさに秋田県で「雪車」=そりを表す合字にして地域文字、この地名をひとつの根拠にJIS第二水準に収録されましたが当時の漢和辞典に未掲載で幽霊文字呼ばわりされてました!

沢目駅から徒歩4.8km、こちら秋北バス大久保岱線の終点の手前、栩木沢(とちのきさわ)バス停に到達

58725.jpg 58725-1.jpg 58725-2.png

ガチ幽霊文字「挧」の誤写元の漢字で、「幽霊文字の由来の漢字入りのバス停はすべてめぐる」ルールのためやってきました、と朝の紹介文をコピペ(^◇^;) 目の前は旧岩子小学校で今はさくら園という「障害福祉施設」のようです。

栩の木岱バス停から秋北バス大柄線能代バスステーション行きに乗車

58718.jpg

なんとここから私以外に2人乗車(^○^)、しかしここまでは無人、無人なのになぜ三分遅発なの!?(^◇^;) さらには整理券出ない( ̄O ̄;)、ここは整理券番号8とめもめも。

秋田県能代市常盤字栩木岱の集落を通る旧道とバイパスをぐるりと回りました

58717.jpg 58717-1.jpg 58717-2.jpg 58716-3.png

3枚目の標識は旧道が分岐する南端ですが字栩木岱ではなくて字中坪にありますよ。集落の家々は北側に多く建ってます。

秋北バス大柄線の栩の木岱(とちのきだい)バス停で640円支払って下車

58716.jpg 58716-1.jpg 58716-2.jpg 58716-3.png 58716-4.jpg 58716-5.jpg 58716-6.jpg

ただしこのバス停位置はギリ、秋田県能代市常盤栩木岱にはありませんが。この「栩」は幽霊文字「挧」の誤写元の漢字で、「幽霊文字の由来の漢字入りのバス停はすべてめぐる」ルールのためやってきました(^◇^;)
そしてバス停の真向かいには栩木岱公民館。そう、先のバス内の運賃表示器の表示もそうでしたが、ここ、字名は秋田県能代市常盤栩木岱で「の」がありません。

2019/08/14

なんと! 轌町バス停前で動画撮ってたら、定時より12分前にもう秋田市マイタウン・バス北部線下新城コースのデマンドジャンボタクシーが来ちまった!( ̄O ̄;)

58699.jpg 58699-1.jpg

運転手さんに事情説明して締めの動画を2分撮り、8分早発ということで乗りましたよ。キングタクシーの運転手さん、私の来訪話に驚かない(笑)

追分駅から徒歩5.8km、秋田市マイタウン・バス北部線下新城コースの轌町バス停にとうちゃこ

58698.jpg 58698-1.jpg 58698-2.png

115分かけてバテ防止できました! このバス停は字轌町ではなく字馬込ですが、3枚目正面の現在ゆいいつの轌町の住宅からの道がここに通じてて正しいバス停名と言えます。秋田県の地域文字にして「雪車」=そりの合字、失われた幽霊文字「轌」の地に到達!

追分駅から炎天下日陰ほぼ無し5.3km、こちら秋田県秋田市金足黒川轌町(そりまち)

58697.jpg 58697-1.png

黒川=油田ですが今日はスルー(泣)、この「轌」は「雪車」=そりが合体した秋田県の合字で、ここ他を根拠にJIS第二水準に収録されましたが当時の漢和辞典に出てなかった幽霊文字でした。画像正面が現在ゆいいつの住宅のようです。

田沢湖線生田駅から徒歩4.5km、こちら秋田県仙北市角館白岩新下掵と下掵(したはば)

58688.jpg 58688-1.jpg 58688-2.jpg 58688-3.jpg

秋田県の地域文字で失われた幽霊文字「掵」を含み、後者は実在証明の笹原論文に例示された字名です。で1枚目の新下掵の位置からのビューで「下掵に集落!」と思いきやそこは前郷という別の字でして、どちらも農地! 新下掵ってのは2枚目にある記念碑の土地改良の結果できた新字かもですね!

2019/08/13

残念!

58681.jpg

こちら羽後四ッ屋駅から500mの秋田県大仙市四ツ屋掵田(ばばだ)、秋田県の地域文字で失われた幽霊文字「掵」のJIS第二水準再録の根拠の地名のひとつですが、ここホントは「木命田」で、国土行政区画総覧の誤記だとされてます。で、「木命」である証拠がこの真正面のミラーの根元に付いてた看板なんですが、無い! そしてこちらのページに出てくる住所記載の自販機、掵田内の全車道をくまなく歩きましたが無し…涙

ざん! 沖掵神社から炎天下休み休み徒歩7.2km、こちら温泉施設ゆっぷる前の果樹園。ここの住所は秋田県横手市平鹿醍醐 鶕鵈櫓松(ときとうやぐらまつ)です!

58672.jpg 58672-1.jpg

難読漢字だらけですがこのうちの「鵈」がJIS第二水準に収録され当時の漢和辞典になかった幽霊文字。収録の根拠は福島県相馬市の字名でしたがなんとそこはホントは「鵃」で、国土行政区画総覧の記載ミスでした。が、全国でここ含めて3箇所に「鵈」が使われてると判明し、やっぱり幽霊でなかった、ってやつです(^^)v

ローソン横手平鹿町下鍋倉店から500m、秋田県横手市平鹿下鍋倉上掵にある沖掵神社

58671.jpg 58671-1.jpg 58671-2.jpg 58671-3.jpg

この一角だけ木々という典型的な平地の農村のスタイルです。なぜ「沖」なのかは不明ですが、これで秋田県横手市旧平鹿町の秋田県の地域文字にして失われた幽霊文字「掵」4連発を堪能しました!

ローソン横手平鹿町下鍋倉店から移動再開、すぐに秋田県横手市平鹿下鍋倉中掵を通ります

58670.jpg 58670-1.png

幽霊文字「掵」まみれ。

そしてすぐ先のローソン横手平鹿町下鍋倉店イートインで早くも休憩&補給

58669.jpg 58669-1.jpg

レシートにバッチリと秋田県の地域文字で失われた幽霊文字「掵」が印字されるというこのJIS第二水準漢字のすばらしさ(笑)

ざん。浅舞栄町バス停から900m、こちら横手市ふれあいバス掵(はば)バス停

58668.jpg 58668-1.jpg 58668-2.jpg 58668-3.jpg

所在は秋田県横手市平鹿下鍋倉下掵です。浅舞中心街のはずれから南に向かって下掵・中掵・上掵と秋田の地域文字にして失われた幽霊文字「掵」だらけである(((o(*゚▽゚*)o)))

2019/08/12

掵上農村公園から500m、こちら秋田県湯沢市二井田二ノ掵の中の掵上の飛地!

58657.jpg 58657-1.png

なんと幽霊文字地名の中に別の幽霊文字地名の飛び地があるという稀有な例! 個人宅ですので表札等消してます。

幡野バス停から徒歩2.8km、こちら秋田県湯沢市二井田掵上(はばうえ)にある湯沢市乗合タクシー掵上バス停と掵上農村公園

58656.jpg 58656-1.jpg 58656-2.jpg

秋田県の地域文字で失われた幽霊文字「掵」の、国土行政区画総覧の掲載例として笹原論文に登場している地名です。大きな神社が背後にありますが住吉神社で「掵」なし。

幡野バス停から700m、次の「掵」目指しての最短ルート上になんと偶然にも、失われた幽霊文字「籏」を含む、秋田県湯沢市大字金谷字白籏があった!(((o(*゚▽゚*)o)))

58655.jpg 58655-1.png

しかし字名表記はどこにもなし(^◇^;)

掵の上児童館前バス停に定時にやってきた(笑)羽後交通バス西馬音内線湯沢営業所前行きに乗車

58653.jpg 58653-1.jpg 58653-2.jpg

秋田県の地域文字にして失われた幽霊文字「掵」1箇所目をタンノーした! さっきのバスは7人乗ってたけどこちらは私だけ!^^;

掵ノ上飛地から400m、羽後交通バス西馬音内線の掵の上児童館前バス停と、ホントに真ん前にある掵ノ上児童館

58652.jpg 58652-1.jpg

ってかなとカナの違いがあります!(^◇^;) 児童館と鼈甲飴の間の建屋は神社ですが、そちらの名前は駒形神社で、秋田県の地域文字にして失われた幽霊文字「掵」は入ってません。

掵の上バス停から200m、このお宅はなぜか秋田県羽後町大字貝沢字拾三本塚の宅地の一角にある、ここだけが字はばのうえノ上の飛地であります!

58651.jpg 58651-1.png

幽霊文字飛地またもや攻略。

遅延9分に拡大しつつ羽後交通バス西馬音内(にしもない)線の掵の上(はばのうえ)バス停で下車

58650.jpg 58650-1.jpg

運賃280円。というか鼈甲飴からかなり離れた位置に停まったぞ(^◇^;)。「掵」は確実な由来がわからない、秋田県の地域文字で、1978年制定のJIS第二水準にここなどを根拠として収録されたものの当時の漢和辞典に出てなかった幽霊文字です。

2019/07/28

旗居バス停から小鹿野町営バス西武秩父駅線西武秩父駅行きに乗車

58564.jpg 58564-1.jpg

乗客私だけ。

結局残念ながら、埼玉県小鹿野町長留通称旗居、72年版の国土行政区画総覧では籏居、の道をくまなく歩きましたが…

58563.jpg

籏居どころか旗居表記すら、ここまでご紹介したバス停神社石碑集会場の3つ以外に皆無でした(T . T) まぁそんなこともあるさ。そしてバス停前にある酒屋さんにてうぇーい( ^ ^ )/□

そして! 旗居バス停から300mにある諏訪神社と旗居集会場、地名の由来が思いっきり石碑になっとるがな!(^◇^;)

58562.jpg 58562-1.jpg 58562-2.jpg 58562-3.jpg

もちろんこれは真新しく、国土行政区画総覧の幽霊文字地名「籏居」が誤記かどうかの証明にはまったくならないわけですが…謎は深まるばかり(^_^;)

小鹿野町営バス旗居バス停で下車

58561.jpg 58561-1.jpg

現在この地区は大字長留+番地という住所ですが、小字名は旗居です。ところが72年版の国土行政区画総覧によるとここは埼玉県小鹿野町長留通称籏居、とされており、幽霊文字「籏」の実在根拠のひとつなのです。しかしどこにも無いぞ「籏」…

天文台入口バス停から九十九折坂道1.3kmのぼってきてときがわ町デマンドバス横墹(よこまま)バス停

58550.jpg 58550-1.jpg

崖を表す古語「まま」に伊豆地方であてられた地域文字にして失われた幽霊文字「墹」がなぜ埼玉の山奥にある!?!? 役場に照会したところヒントをいただき、真向かいの住人の方が庭いじりされてましたのでインタビューした結果判明! まさにそのお宅の屋号が「横墹」だということでした! もしかしたらご先祖が太古の昔に伊豆から来られたのかもですね!(^○^) →バス停周囲動画

2019/07/21

簗場駅から登り坂700m、長野県大町市平簗場22216−19という幽霊文字住所にある、ライダー御用達店、レストランくんくんに来ました

58527.jpg 58527-1.jpg

老年ライダーで店内大混雑! とりあえずコクがうれしいハイネケン中生うぇーい( ^ ^ )/□

錦糸町から7時間、大糸線簗場(やなば)駅で下車

58526.jpg 58526-1.jpg 58526-2.jpg 58526-3.jpg 58526-4.jpg 58526-5.jpg

こちらまさに、なぜかJIS規格漢字制定時の漢和辞典に未掲載だったため幽霊文字とされてしまった「簗」を含む駅。JRグループの現役の駅で幽霊文字を含む駅名は、三江線石見簗瀬駅の廃止により全国ここただ1つだけであります。ただし、駅本屋の住所は、長野県大町市大字平字中綱でありまして、線路敷が大字平字簗場、のようであります。駅真ん前は廃商店?宿? ですが背後には現役の民宿たくさん。そして中綱湖もすぐだすよ。

2019/07/15

青森県東通村岩屋田畑通称袰部にある袰部バス停から徒歩1.3kmの袰部口バス停より1分早着!( ̄O ̄;)の下北交通バスむつバスターミナル行きに乗車

58506.jpg 58506-1.jpg 58506-2.jpg 58506-3.jpg

これで失われた幽霊文字「袰」の2バス停をコンプいたしました(^○^)。ていうか動画撮り終えた直後にやってきて焦りまくりでんがな、、

袰部川に架かる荷倉場(にくらば)橋

58505.jpg 58505-1.jpg 58505-2.jpg 58505-3.jpg

青森県東通村大字岩屋字荷倉場にあります。銘板、つぶれてますが意図としては「母」でも「毋」でもない、国土行政区画総覧に記載された字体=「貫」の上部、のような気がする!(^○^)

青森県東通村大字岩屋字田畑の通称袰部にある袰部八幡宮に袰部集会所

58503.jpg 58503-1.jpg 58503-2.jpg 58503-3.jpg

なんと! この袰部八幡宮の「袰」、上部が母でも毋でもなく、「貫」の上部だ! 実はこれ、幽霊文字の実在を証明した笹原宏之論文で引用された国土行政区画総覧ではまさにこの字なんだとあります\(^o^)/

2分遅延の下北交通バス尻労(しつかり)線の袰部(ほろべ)バス停で下車

58502.jpg 58502-1.jpg 58502-2.jpg 58502-3.jpg 58502-4.jpg

武具の「ほろ」の表記「母衣」が合字化したこの「袰」は北東北の地域文字でJIS第二水準に収録されたものの当時の漢和辞典に出ていなかった幽霊文字です。東北電力電柱は「尻労」ですがNTTは「袰部」と「ホロ部」。

下北交通バス佐井線下北駅前行きはむつバスターミナルに1分遅着、ここじたいのレポは夕方まわしにしましてソッコーで尻労線始発尻労行きにお乗り換え

58501.jpg 58501-1.jpg 58501-2.jpg 58501-3.jpg 58501-4.jpg

これ「しつかり」って読めないよね…といいつつ! 経由した待合室の料金所に幽霊文字が2文字並んでて壮観としか言いようがない!!(OvO)

その松ノ木橋をわたった対岸は青森県むつ市大畑町大字松ノ木字榀ノ木川原です

58498.jpg 58498-1.jpg 58498-2.jpg

地図から明らかに、大畑川の蛇行が直線化された結果、榀ノ木(しなのき)が流れで分断され、片側は大字無しになったと考えられます。対岸の榀ノ木には農地はありましたがこちらはホントに鬱蒼とした川原だけ。 なお、ここの「榀」を誤写し横棒を増やした結果JIS第二水準に入った幽霊文字「橸」は静岡県旧井川村の字名「石橸」(訪問済み)に使われていたとわかっていますが、和製でない漢字「櫑」が「たる」なので、逆にこちらは縦棒が無くなった結果なのでは、とも考えられます。

ざん。下北交通バス佐井線湯坂下バス停から徒歩1.6km、こちら青森県むつ市大畑町榀ノ木(しなのき)

58497.jpg 58497-1.jpg 58497-2.jpg 58497-3.jpg

そのまんまシナノキを表す、JIS第三水準にしてむつの地域文字ですが、国土行政区画総覧に出てるのになぜJIS第二水準に未収録なのか!? 実は幽霊文字「橸」は、ここの「榀」を誤写した結果第二水準に収録されてしまったんですよ!! なお4枚めの大間川に架かる橋ですが、これが榀ノ木橋であることを期待してたんですが、大字名でえる松ノ木橋になってました。。シナノキなのかマツなのかはっきりしてほしいぞ!(笑)

2019/07/06

椣原大橋をわたって急坂のぼって100m、施錠されてますが椣原自治会館

58439.jpg 58439-1.jpg 58439-2.png

この地区名のみをゆいいつの根拠としてJIS第二水準に収録され幽霊文字呼ばわりされた「椣」、これでコンプです!\(^o^)/

金勝寺から100m、細いけど深い竜田川に架かる椣原大橋とその真横の椣原大橋西詰交差点

58438.jpg 58438-1.jpg 58438-2.jpg 58438-3.jpg 58438-4.jpg

かなりコンパクトな「大橋」ですよ(^○^)

奈良県平群町椣原にある金勝寺境内の中に、椣(シデ)の木があった!(^○^)

58437.jpg 58437-1.jpg 58437-2.jpg 58437-3.jpg

全国ここでだけ使われている地域文字「椣」はまさにこのシデを表しています。そしてシデの木の名の由来は、この4枚目が去年の雄花の枯れ残りですけど、花がまさに四手=紙垂に似てるから、だそうですよ。

ヒ、ヒデハラ!?!?( ̄O ̄;)

58440.jpg

奈良県平群町椣原の関電電柱、「ヒデハラ」になってました!( ̄O ̄;) 「椣」はシデの木を表す奈良の地域文字にして失われた幽霊文字なのでここは「シデハラ」のはずなのですが、どうやら、関電の人がこの漢字を読めず、じもてぃに聞き取ったところ「ヒ」になった説が濃厚です(笑)。

元山上口駅で下車

58436.jpg 58436-1.jpg 58436-2.jpg 58436-3.jpg 58436-4.jpg 58436-5.jpg 58436-6.jpg

こちらの所在は奈良県平群町(へぐりちょう)椣原(しではら)。この大字名の「椣」はシデの木を表す和製漢字ですが、この地名をゆいいつの根拠としてJIS第二水準に収録され、当時の漢和辞典に掲載されていなかったため幽霊文字呼ばわりされたものです! そして初乗下車時にはあまり気に留めてませんでしたが、5枚目以降は明らかに昔、駅舎も出入口も別だった名残ですよね!?!?

東安堵東口バス停から800m、ガチ幽霊文字「墸」の誤写元のひとつとされる奈良県安堵町の「堵」入りバス停6箇所をめぐるゴールはここ、安堵中央公園バス停

58433.jpg 58433-1.jpg

1枚目のバックは安堵中学校、そして2枚目のバックが安堵中央公園となります。

西安堵南バス停から細い路地を900m、奈良県安堵町大字西安堵から安堵小学校を越えて大字東安堵に入って、東安堵東口バス停

58432.jpg 58432-1.png

またまた方角複数ついてるバス停名ですが、大字名絡みと考えればナットクです。もちろんこちらもガチ幽霊文字「墸」の誤写元の字入り。

西安堵バス停から細い路地を600m、急に田んぼと新興宅地のとこに出てきてここが安堵町コミュニティバス西安堵南バス停

58431.jpg 58431-1.jpg 58431-2.png

出たっ、方角複数ついてるバス停名\(^o^)/ しかもそれがガチ幽霊文字「墸」の誤写元の字、にですからねぇ(^_−)−☆

安堵町役場から西に600m、西安堵バス停

58430.jpg

ガチ幽霊文字「墸」の誤写元の可能性がある安堵町のバス停のひとつです。

その安堵町役場バス停から100mと離れてない、道路上の東安堵バス停

58429.jpg 58429-1.jpg

1枚目の消防署のすぐ向こうが役場です。これだけ短いからか安堵町コミュニティバスにはバス停なし。

りんごから700m、奈良県安堵町役場とその真正面の安堵町役場バス停、さらに真向かいの安堵郵便局

58428.jpg 58428-1.jpg 58428-2.jpg 58428-3.jpg

ふつうの漢字「堵」ですが、JIS第二水準に収録されながらそんな文字ホントに無いぞという幽霊文字「墸」は、この「堵」を資料まとめ中に誤写してしまって爆誕した可能性を指摘されています(笑)

2019/07/01

青森県南部町大字埖渡字見抜平にある南部バス埖渡バス停から西に200m、ここに1984年まで埖渡小学校がありました

58415.jpg 58415-1.jpg 58415-2.png

今は果樹園ですねー。そしてこの手前の道は青森県南部町大字埖渡字埖渡。ダブル幽霊文字地名である(((o(*゚▽゚*)o)))

埖渡(ごみわたり)バス停で下車

58414.jpg 58414-1.jpg 58414-2.jpg 58414-3.jpg 58414-4.jpg

運賃は200円のはずが、どうやら南部町多目的バスに合わせるべく100円(たぶん差額補助金)。目の前は埖渡研修館です。 この「埖」、例によってこの町村制施行前の自然村名→現大字名からJIS第二水準に収録されましたが当時の漢和辞典に出てなかった幽霊文字です。名前の由来はウィキペディアをご参照ください。東北電力電柱は別名でしたがNTT電柱はばっちり埖渡、そして町内会ももちろん埖渡。

2019/06/30

青森市ほろがけ福祉館から300m、袰懸児童遊園

58392.jpg 58392-1.jpg

なぜ袰懸団地の西の端に2つも児童遊園があるのか謎ですが、第二はあくまでも福祉館の敷地のおまけなのかもしれません。こちらも遊園名の表示はありませんが、防災倉庫が袰懸町会のものでありますよ(^○^)

袰懸団地バス停から250m、青森市ほろがけ福祉館と袰懸第二児童遊園

58391.jpg 58391-1.jpg 58391-2.jpg 58391-3.jpg

東北電力電柱もふくめてひらがな表記、さらに児童遊園には名前の掲示なし、と残念も、福祉館わきの古い看板は漢字でバッチリ幽霊文字入り、しかも上部が母でなく毋という本来の表記である(^○^)

3分遅延の袰懸団地(ほろがけだんち)バス停で下車

58390.jpg 58390-1.jpg

青森県青森市小柳六丁目の一部ですが住居表示実施前は大字小柳字袰懸。武具「ほろ」を表す「母衣」が北東北で合字となり、幽霊文字呼ばわりされた「袰」入りの現役バス停&戸建て団地名となります。

なんと!

58387.jpg 58387-1.jpg

さっきの地下交差点通路の標識が青森県青森市大字後萢と反対側を指してると書きましたが、なんとその向きに東バイパスを進むとまさにここ、に後萢信号がありまして集落名看板もある!!(^○^)

ざん。こちら青森県青森市大字後萢(うしろやち)久堅からの撮影、後萢神社と後萢公民館です

58386.jpg 58386-1.jpg 58386-2.jpg 58386-3.jpg 58386-4.jpg 58386-5.jpg

建屋2つは大字後萢字前橋。津軽の地域文字&失われた幽霊文字「萢」を含む、県庁所在地の大字となります。公民館は草冠も包も新字体で、神社はどちらも旧字体!
そして神社に登ってみましたが、こちらは草冠が新字体で包が旧字体ですね(^○^)

3分遅延の青森市営バスを後萢通り(うしろやちどおり)バス停で下車

58385.jpg 58385-1.jpg 58385-2.jpg

東北地方で湿地を表す古語「やち」に津軽でだけ当てられた地域文字にして幽霊文字です。ただしこのバス停の所在は青森県青森市大字平新田字森越。そして交差点には地下道がありますが3枚目の「後萢方面」は逆だぞ!!

2019/06/29

青森県外ヶ浜町龍飛から徒歩1.9km、町境越えて青森県中泊町小泊袰内(ほろない)に到達

58362.jpg 58362-1.jpg 58362-2.jpg 58362-3.jpg

笹原宏之論文で、幽霊文字「袰」の実在証明のひとつとして採り上げられた小字です。ヨッキれんさんがレポしてますが、かつては龍飛からの道はここまでで、この集落の人は三厩村生活圏でした。たしかにNTTも東北電力も、電線ここまで!
→動画

海峡の家ほろづきをチェックアウト、定時の今別町巡回バス三厩駅前行きに乗車

58356.jpg

おはようございます。昨晩は日本酒じょっぱり純米酒四合瓶空けて動画撮ったところで睡魔に負けて編集せず寝てしまい、7時間半寝て5時半に起き、動画の編集し出た途中でタイムアップ。なんと管理人さんは13年間浅草にお住まいで、私の地元もご存知でしたよ! 高野崎のひみつの道を来年こそは伺ってスカシユリまみれになりたい!! つまり来年泊まりにきまして飛地もリベンジしたい〜( ^_^)/~~~

2019/06/28

青森県今別町袰月(幽霊文字)の海峡の家ほろづき、とにかくドコモ回線が細過ぎて、ようやく事後送信終えて人工温泉に入ってます

58354.jpg

いわゆる二股らぢうむの石を使った大仰な装置からはたしかに塩素に加えて石膏臭もある41℃。

海峡の家ほろづきに戻ってきました

58353.jpg 58353-1.jpg 58353-2.jpg 58353-3.jpg 58353-4.jpg

ここは旧袰月中学校。小学校は他地域に統合されましたが中学校はここに統合され、93年まで存続していました。73年の国土行政区画総覧にはこの大字名とともに中学校名としても記載され、それをひとつの根拠として78年制定のJIS第二水準に「袰」が収録されたわけです。すなわち、私は今、幽霊文字の実在を証明した笹原宏之論文に記載されたそのものズバリの建屋に泊まるわけであるヽ(´▽`)/
…しかしまぁなんとも、中学校そのものの宿泊施設である(^○^)

海峡の家ほろづきから500m、現今別町巡回バス高野崎バス停

58351.jpg 58351-1.jpg

しかし青森市営バス時代は幽霊文字入りの「袰月高野崎」だったという鼈甲飴。

NTTの袰月交換所

58350.jpg 58350-1.jpg

いったん海峡の家ほろづきに戻ったら管理人さんから「高野崎を見に行かない奴は人生損してる」(誇張し過ぎ)とのことで急遽東側に進みました。するとすぐにあったは電話交換所。まさに先週の鰺ヶ沢町芦萢と同じく、旧自然村に有人の電電公社交換所があったってことですね!

ここ袰月では高野崎と並んでの名所、袰月海雲洞

58349.jpg 58349-1.jpg 58349-2.jpg 58349-3.jpg

海辺の滝というのもすごい! ところですが今は水ちょろちょろで静か(^◇^;)。そして揺れる、幽霊文字「袰」の上部は「毋」なのか「母」なのか問題。

袰月郵便局から300mの、鼈甲飴なくて待合所はある、青森県今別町巡回バスの袰月漁港バス停

58348.jpg 58348-1.jpg 58348-2.jpg 58348-3.png

位置が青森市営バス時代と変わっているようです。そして現在は「母衣」の合字かつ北東北の地域文字かつ失われた幽霊文字である「袰」を含む今別町のバス停はこの2つのみであります。

袰月郵便局から100mのおそらく公民館、袰月会館

58347.jpg 58347-1.jpg 58347-2.jpg

なんか文学碑がありますよ。そしてもちろん反対側は海。

袰月橋の隣にある袰月郵便局、そして今別町巡回バス袰月郵便局バス停

58346.jpg 58346-1.jpg 58346-2.jpg 58346-3.jpg 58346-4.jpg

国道おにぎりの標識を含め、「母衣」の合字で北東北の地域文字かつ失われた幽霊文字「袰」の上部は「母」なのか「毋」なのか問題があるわけです。

海峡の家ほろづきから500m、袰月川に架かる袰月橋

58345.jpg 58345-1.jpg 58345-2.jpg 58345-3.jpg

ただし漢字銘板は撤去されてて橋名表示はひらがなのみでした。そしてNHKケーブルと東北電力には「袰月」。武具を表す「母衣」の合字にして北東北の地域文字で幽霊文字の「袰」が入る、青森県今別町の旧自然村名の大字であります。

天気が良いいまのうちに周囲をまわります

58344.jpg

まずは現在の今別町巡回バスの「海峡の家ほろづき」バス停がドア前まで乗り入れるのに対して道路上にあった青森市営バス時代の「海峡の家袰月」。って、ここも、隣の現「高野崎」も幽霊文字「袰」入りだったんぢゃん!!

青森県今別町袰月の、海峡の家ほろづき(旧袰月中学校)の裏山にある観音様、袰月漁蘢観音

58343.jpg 58343-1.jpg 58343-2.jpg

地図に出てない舗装路の先にあります。管理人さんが「海見えるよ!」とおっしゃってたとおり!

無理だろこれ(笑)

58341.jpg 58341-1.png 58341-2.png

もはやマピオンまでもが脱ゼンリンしたため、goo地図だけが頼りですが、ご覧のとおり、早々に非実在だと判明した道の先に、青森県今別町大字袰月の飛地があるわけです。大字砂ケ森に囲まれた大字袰月村下(ここ海峡の家ほろづきと同じ)の飛地ですが、とりあえず幽霊文字地名の飛地はすべて訪問する、というマイルールを課してきまして、それが今回「スキル的に道無し」で断念と。涙

さて、さっそく、青森県今別町海峡の家ほろづきから、軽登山装備になりまして、脇の道を登ります

58340.jpg 58340-1.png

国土地理院地図は信用できるのか!?!?(1時間以内に次の投稿がなければ遭難です)

今別町巡回バスは海峡の家ほろづきバス停に2分遅着

58339.jpg 58339-1.jpg 58339-2.jpg

なんとまさにここがバス停というね。そして今宵はこちらに宿泊、3500円でひとりさみしく4人部屋。なんか地名やら建屋の様子やら突っ込みどころ満載ですが後ほどゆっくり説明します(笑)

村立哘小学校跡にして現哘分館・哘地区集会所

58330.jpg 58330-1.jpg 58330-2.jpg 58330-3.jpg 58330-4.jpg 58330-5.jpg

というわけで、幽霊文字「哘」がJIS第二水準に収録された唯一の根拠、国土行政区画総覧に掲載された、青森県天間林村(現七戸町天間林)哘(さそう)の項目に併記されていた小学校、77年の閉校です。グラウンドは30年以上整地されていて今も地区運動会に使われてるとか。
なお校門跡向かいはたぶん哘地区ゆいいつの万屋さん跡と思われます。

哘北バス停から500m、青森県七戸町天間林哘のメイン十字路に燦然と輝く幽霊文字のみの字名「哘」(さそう)!!

58329.jpg 58329-1.jpg 58329-2.png 58329-3.jpg

この字は「行こうと声かける」の意味で「さそう」だそうですがほんまかいな(^◇^;) なお十字路は4字境ですが哘と哘平以外は普通の名です(倉越と堰根)。コミュニティバスの哘バス停は消えかかってる(/ _ ; )

七戸十和田駅から徒歩5.8km、七戸町コミュニティバス寺沢・底田・鳥谷部線哘北(さそうきた)バス停に到達

58328.jpg 58328-1.jpg 58328-2.png

ただしここは字哘ではなく字十枝内にあります。字哘の北、ということですね。

おー! 七戸十和田駅から徒歩5.6km、こちら青森県七戸町大字天間林字哘と字十枝内の間、市ノ渡川に架かる哘橋(さそうばし)

58327.jpg 58327-1.jpg 58327-2.jpg 58327-3.png

全国の中でこの地域でしか使われていない幽霊文字「哘」を含む橋である\(^o^)/

ついに青森県七戸町大字天間林字哘(さそう)の中心地に入りましたが少し迂回

58326.jpg 58326-1.png

してみたら墓地の名前に失われた幽霊文字「哘」がバッチリ出ております(^○^)

ざざん! 七戸十和田駅から徒歩4.2km、こちら青森県七戸町大字天間林の 字哘崎(さそざき)・字哘平(さそたい)・字哘(さそう)の3字境である(*≧∀≦*)

58325.jpg 58325-1.png

3字境のすべてに幽霊文字(「哘」)が含まれているというスーパーレアーな垂涎の地である!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ざん。七戸十和田駅から徒歩3.3km、こちら青森県七戸町大字天間林字哘崎(さそざき)

58324.jpg 58324-1.png

漢字「哘」は古くは鎌倉時代の文献にもありますが、近代ではまさにこの一帯の複数の字名にしか使われておらず、JIS第二水準に収録されましたが当時の漢和辞典に出ていない幽霊文字でした。

2019/06/23

萢中公民館前で動画撮り、300m歩いてふたたびの岩木川、そしてここでは土手から青森県弘前市萢中字中川原

58307.jpg 58307-1.png

画像の右側は今も萢中で左側はかつては萢中でしたが70年に浜の町一丁目になったっつーことです。

青森県弘前市萢中飛地から徒歩1.1km、こちら弘前市浜の町東5丁目1-6にあります萢中公民館

58306.jpg 58306-1.jpg 58306-2.jpg

実はここは70年までは萢中で、どうやら住居表示実施時に宅地だけ萢中から外したのではないかと! でもこうやって公民館や町会名に幽霊文字「萢」を含む萢中が残されてて(・∀・)イイ!! なお看板は両者でみごとに旧字体新字体です(笑)

先の岩木川河原から400m、こちら幽霊文字「萢」を含む青森県弘前市萢中字岩井の飛地となります

58305.jpg 58305-1.jpg 58305-2.png

なぜに飛地が突然あるのか不明ですが、とにかく田んぼです。

ざん。撫牛子駅から徒歩3.0km、岩木山に向かって岩木川をわたりすぐの土手下の河原にはいりまして、こちら、青森県弘前市萢中字岩井

58304.jpg 58304-1.jpg 58304-2.jpg 58304-3.png

津軽の地域文字にして失われた幽霊文字「萢」を含み、笹原論文で存在例のひとつとして挙げられた大字です。

津鉄五農校前駅から700mのこちら、青森県五所川原市一野坪麻ノ葉にある前萢集会所

58299.jpg 58299-1.jpg

津軽の地域文字にして失われた幽霊文字「萢」を含み、笹原論文で実在例として引用された通称地名ですが、なんと読み方は「まえやち」ではなく「まや」! それが正しいかどうか、近隣の方にもお話伺えず、読み方の謎は残りました…ただしちゃんと「萢」の「包」は旧字体ですね!

姥萢西口バス停から100m未満のローソン五所川原姥萢店

58294.jpg 58294-1.jpg 58294-2.jpg

もちろんレシートゲト☆しましたがやっぱり失われた幽霊文字「萢」の「包」は新字体(^◇^;)

姥萢バス停から徒歩500m、弘南バスの姥萢南口バス停

58293.jpg

失われた幽霊文字の実在を証明した笹原宏之論文での「萢」地名の実例のひとつとして示された青森県五所川原市姥萢です。

姥萢橋から100mのセブンイレブン五所川原姥萢船橋店でレシートゲト☆

58292.jpg 58292-1.jpg 58292-2.jpg

やはり幽霊文字「萢」の「包」は新字体なのね印字。

青森県五所川原市姥萢の金太郎温泉から徒歩1.8km、旧十川に架かる姥萢橋、そしてすぐ先に弘南バス姥萢バス停

58291.jpg 58291-1.jpg 58291-2.jpg 58291-3.jpg

着実に失われた幽霊文字にして津軽の地域文字「萢」を堪能しておりますが、ここは明治の町村制施行前の自然村、姥萢村が起源ですよ。

幽霊文字住所の温泉、金太郎温泉で家族風呂!

58290.jpg 58290-1.jpg 58290-2.jpg 58290-3.jpg 58290-4.jpg

山田温泉旅館を部屋付き温泉素泊まり4860円で10時にチェックアウト、ロビーにて場所とWi-Fiをお借りして昨日ぶんの動画を配信、してから3.9km歩いてきたこちら。13年ぶりですが、住所が青森県五所川原市姥萢(うばやち)桜木、ということでなんと幽霊文字「萢」の温泉なのです!(^○^) さっそく1300円で家族風呂、ざんざか掛け流しでまさに東鳴子温泉赤湯に似ているモール臭&木屑系アブラ臭に薄塩味の42℃強! そしてメタケイ酸由来のとろみ!! いやー山田温泉からひとひねりした感じで、ホント津軽のモール泉は楽しいなっと♪

2019/06/22

幽霊文字「萢」入りの富萢バス停から1分遅延の弘南バス五所川原営業所行きに乗車

58281.jpg 58281-1.jpg

最前左側に座らなかったのは、これから動画編集するから座面高い=揺れが大きいのを避けたからだー!(HARASHIMA風)

富萢南口バス停から400m、弘南バス富萢バス停に到達

58280.jpg 58280-1.jpg

北口と南口の間なので集落の中心と思えますがそうでもなく、北口の方がかつては店舗数多かった漢字です。でも待合所は広くてやはり旧自然村の代表停留所というべきか。これからバスまで40分あるので動画撮って時間つぶします(^◇^;)

失われた幽霊文字「萢」を含む、青森県つがる市立富萢小学校跡

58279.jpg 58279-1.jpg 58279-2.jpg 58279-3.jpg

富萢南口バス停のすぐ裏です。やはり町村制施行前の自然村には小学校はあるものです。かなり大きな校舎に体育館にグラウンド、廃校はわずか2年前ですが、67年までは中学校もあったそうですよ。

富萢北口バス停から富萢簡易体育館経由で徒歩1.7km、弘南バス富萢南口バス停

58278.jpg 58278-1.jpg

失われた幽霊文字「萢」入りなので訪問が義務です!(そろそろ疲労)

青森県つがる市富萢町の小高い丘にある簡易体育館とコミュニティセンター