→超軽量簡易版はこちら

カテゴリ : 新駅乗下車 - 2013年第2四半期

このカテゴリの登録数:208

2013/06/29

茂吉記念館前駅で下車して奥羽本線全駅乗下車&山形県内の鉄道駅121駅コンプ\(^o^)/

44077.jpg 44077-1.jpg 44077-2.jpg 44077-3.jpg 44077-4.jpg 44077-5.jpg

そしてJR東日本は全1634駅中1633駅に乗下車で残りは常磐線浜吉田駅のみとなりました。これは来月に行く予定。
でもって、こういう魅惑の出入口&駅前で、よくも山形「新幹線」とか名乗れるよなぁとは思いますよ…駅前道路は上下ホームともに未舗装ですが、下りホーム側には花壇と駐輪場も。踏切の注意看板は、先ほどの左沢線西寒河江駅のが非電化なのに電車イラストでしたか、こちらは実際に走ってるクルマではありますね(笑)。

蔵王駅で下車

44074.jpg 44074-1.jpg 44074-2.jpg 44074-3.jpg 44074-4.jpg 44074-5.jpg

本線と木造駅舎との間に貨物側線跡、てかこ狭軌なんでわ!?!? …ってアタリマエか(^^ゞ
業務委託駅で今日は閉店済。堂々たる構えで行き止まりの駅前通りの真正面にありますが、ほとんどの店が廃業…コンビニも遠くスーパーは20時閉店という有り様で、なのでさっき山形駅で仕込んどいたですよ。

西寒河江駅で下車して左沢線全駅乗下車達成\(^o^)/

44070.jpg 44070-1.jpg 44070-2.jpg 44070-3.jpg 44070-4.jpg 44070-5.jpg

これまた妙な屋根の待合室のみが建屋の棒線停留所。駅前は古風な団地ほか宅地になってまして駅前は未形成。とはいえ隣接する喫茶店ではかき氷食べ放題250円って(^_^;)。今日は休業日みたいなんで冷やかせませんでしたが、Twitter情報によると、「鉄道未成線を歩く」でお馴染みの森口さんがなんと3年前に食べたとか(^O^)

寒河江駅で下車して次の各停左沢行きで折り返し

44069.jpg 44069-1.jpg 44069-2.jpg 44069-3.jpg 44069-4.jpg 44069-5.jpg 44069-6.jpg 44069-7.jpg 44069-8.jpg 44069-9.jpg

11年前に橋上駅舎化されましてやったら巨大なんですがなぜか改札口はかなり狭く、またみどりの窓口のこの小ささはまるでJR西日本(^_^;)。自由通路とコンコースはドアで仕切られてます。
駅前はさすがに現役店舗複数で寒河江市の玄関駅の面目躍如。てかお金たくさん突っ込んでそう(爆)。自由通路からの車両基地含めて確かに地域の誇りかと思いますが、にしても隣接のバスターミナルがあまりにあんまりなコントラスト(・_・;)

柴橋駅から二重飛地&三山線遺構への寄り道込みで3.6km歩いてきて到達した羽前高松駅から各停山形行きに乗車

44068.jpg 44068-1.jpg 44068-2.jpg 44068-3.jpg 44068-4.jpg 44068-5.jpg 44068-6.jpg

2枚目の石碑の位置に山形交通三山線の独自駅舎があったらしいです。駅前には複数のお店が並んでますが現役は何軒なのか…独特の意匠の簡易駅舎はまだ綺麗です。
そして5枚目、ホームの右側に埋められた跡、まさに三山線が使ってたですよ…国鉄にも交換設備あったのが棒線化かつ中間駅化でローカル駅になってしまいました。

柴橋駅で下車

44054.jpg 44054-1.jpg 44054-2.jpg 44054-3.jpg 44054-4.jpg 44054-5.jpg

ドアカットは後ろ2両で助かりました(^^)。
崖際かつ木に挟まれて薄暗い構内。妙な屋根の待合室が唯一の建屋です。出入口の階段は急で長く、降りた県道沿いにも家はまばら。ただし左沢方には集落あるみたいです。

羽前長崎駅で下車

44051.jpg 44051-1.jpg 44051-2.jpg 44051-3.jpg 44051-4.jpg 44051-5.jpg 44051-6.jpg 44051-7.jpg 44051-8.jpg 44051-9.jpg

交換廃止してその跡に西口を開設、簡易委託窓口もホーム上に移りました。出札口にはホーム側からしか立ち入れず、はじめから集札をしない前提の構造です。そして西口はなーんもないとこに突然出来ましたみたいな大きなロータリーのみ。中央に駐車場&駐輪場があります。
中山町の玄関駅としてしっかりした駅前通りがある東口は、簡易委託窓口も移り、トイレ付き待合室のみの簡易駅舎になってしまいました。駅前商店街は壊滅か…ただし町の中心は元々少し離れてるみたいです。

南寒河江駅で下車

44048.jpg 44048-1.jpg 44048-2.jpg 44048-3.jpg 44048-4.jpg

あてらざわせんみなみさがええき。どっちも読みにくいなこれ。福塩線の府中駅近くの各駅みたいな、市街地の裏道の裏にぽつねんと在るみたいな棒線停留所です。周囲は完全に住宅と工場ばかり。

東金井駅で下車してすぐ次の各停寒河江行きで折り返し

44045.jpg 44045-1.jpg 44045-2.jpg 44045-3.jpg 44045-4.jpg

ホームの反対側には農地がひろがりますが駅前は普通に住宅地な棒線停留所。真正面には中学校があります。屋根は待合室のみでホームにも駐輪場にもありません。

羽前山辺駅で下車

44043.jpg 44043-1.jpg 44043-2.jpg 44043-3.jpg 44043-4.jpg 44043-5.jpg

駅名はうぜんやまべですが、所在地の山辺町はやまのべと読むという謎。手小荷物窓口台が残る駅舎は集札非実施の簡易委託窓口が営業中で途中下車印はありません(^^ゞ。駅前通りも町の玄関駅として堂々たる構え、6枚目右手前は元駅前旅館で今は一角だけ使ってたこ焼き屋さんとして現役のようです。

2013/06/27

天童駅で途中下車

43996.jpg 43996-1.jpg 43996-2.jpg 43996-3.jpg 43996-4.jpg 43996-5.jpg 43996-6.jpg 43996-7.jpg

途中下車印逆づきされますた(^_^;)。古風なフォントですがシヤチハタです。
橋上駅ですがコンコースは自由通路からシースルーにはなってません。駅前正面から見て自由通路の右側は観光協会の建屋で2階にはJRのちっこい待合室とは別に軽食堂もある広めの待合室、1階は将棋資料館&将棋交流館でさすが天童。対するに左にはチューブ様のレトロフューチャーな建屋、断面撮ろうと端まで来たらなんと端もハーフパイプになってたよ\(◎o◎)/!
駅前通りはさすが幹線の主要駅の貫禄、その先に天童温泉街がありますよ。

高擶(たかだま)駅で途中下車

43993.jpg 43993-1.jpg 43993-2.jpg 43993-3.jpg 43993-4.jpg

絶対読めませんがこれでも確かJIS第二水準。ここから更に高校生増えてガチラッシュになって出てきましたがよく考えたら下り方面の通学列車はこれしかないんですよねダイヤ上。
棒線ホームからダイレクトの駅前通りには美容院がありますが他は家庭菜園たくさんある民家ばっかし。一方駅裏はわりかし密な宅地になってまして、ホームくぐる地下道がちゃんとあります。その左には駐輪場も。もちろんキスアンドライドの高校生もたくさん駅前に乗り入れてきてました。

漆山駅で途中下車

43990.jpg 43990-1.jpg 43990-2.jpg 43990-3.jpg 43990-4.jpg

無人駅の建て替えにしては広めの待合室。典型的な行き止まり駅前通りには店舗の姿はなく、早くから駅前商店街は消失と思われます。駅前コンビニも今は地元紙配達店。

2013/06/17

運転士さんに200円支払って姫川駅で下車

43969.jpg 43969-1.jpg 43969-2.jpg 43969-3.jpg 43969-4.jpg 43969-5.jpg 43969-6.jpg 43969-7.jpg 43969-8.jpg

これで、函館本線は森駅の1つ先、桂川駅よか南側の各駅に乗下車できました。てか駒ケ岳のまわりを一周すらできずにうろうろしてたらもう夜だというね。笑
いつも列車の中から「画になるなぁ」と眺めてた函館本線姫川駅のストラクチャ。左側の朽ち果てた階段もまたお味。ヽ(=´▽`=)ノ しかしこの構内踏切、どう考えても遮断機の意味がありません。(;・∀・)
ここ、秘境駅みたいに言われますが、実は下り線のすぐ向こうは国道なんで騒音結構あるんです。だがしかし!そのすぐ先の国道に出るまで1.5kmも迂回しないとたどり着けないっていう!(#・∀・) 駅前通りは2つありますが、8枚目は農場に行くだけのハズレ。9枚目が正当な駅前通りで、鬱蒼とした林の中を500m歩くと養蜂場に出られ、その中の農道を縫うように500m歩くと舗装路に出られ、そこから500mで駅のすぐ裏の国道まで出られます…

東山駅から各停長万部行きに乗車

43965.jpg 43965-1.jpg

当駅本日の最終列車。てかここ、時刻表の掲示が一切なかったよ…待合室ない駅はたくさんありますが時刻表ないのは普通鉄道ではレアなのでは。
さすがこの時間帯は車内高校生たくさんで座れず、どのみちすぐ降りるんでデッキで立ちとなりました。

運転士さんに620円支払って赤井川駅で下車

43957.jpg 43957-1.jpg 43957-2.jpg 43957-3.jpg 43957-4.jpg 43957-5.jpg

運賃額が表示されず、運転士さんが手元の三角表取り出してチェック、渡島沼尻駅から森駅経由での620円の支払いが認証されました。
2面3線から中線廃止で2面2線になってますが、もちろん、切り欠きホームに構内踏切は健在です。1線スルーなので通常は使いませんが、これ特急と交換待ちなんで手前に停まった次第。
駅舎はここらあたりの他の駅と同じ建て替え。駅前通りはここからしばらくは未舗装です。民家は数戸あるみたいです。

運転士さんに200円支払って渡島沼尻駅で下車

43951.jpg 43951-1.jpg 43951-2.jpg 43951-3.jpg 43951-4.jpg 43951-5.jpg 43951-6.jpg

なんとじもてぃ1人乗ってきた!\(◎o◎)/! とびっくりするレベルの準秘境駅となります。
広い構内でも1両分しかない配置のホームへの出入りは枕木敷いただけの構内踏切。木造駅舎は駅舎というより信号場テイスト、ホーム側の出入口は掛員専用で旅客は90度横のホームから遠い狭い待合室しか使えません。まぁ、要はここ信号場ついでの仮乗降場だったわけで、要は信号扱いが主、旅客扱いは従だったってこった!(^ム^)
それでもかつてはL字型駅舎で多少は旅客スペースも広かったんじゃないかと。駅前通りはお約束の未舗装ですが、すぐ先に建屋は見えてます。

渡島砂原駅から各停函館行きに乗車

43950.jpg 43950-1.jpg

今日は明らかに乗り物乗ってる時間より待機時間のほうが長い。これまた北海道らしさ。
ここで2人下車して私が乗車、都合旅客8人です。

運転士さんに160円支払って掛澗駅で下車

43940.jpg 43940-1.jpg 43940-2.jpg 43940-3.jpg 43940-4.jpg

大仰な跨線橋ですが中線があったがためのこの配置。駅裏の森ではエゾハルゼミが大合唱でうるさいレベルヽ(`▽´)/ 駅舎はコンパクトに建て替えられてます。駅前通りには数戸の家のみ、渡島海岸鉄道時代の駅はやはり海岸側にあり、そちらに駅前があったような感じです。

尾白内駅から函館行きに乗車

43939.jpg 43939-1.jpg

今日3駅めにして初駅標撮り。てか朝から動いててまだ3駅。笑
乗客は6名です。

運転士さんに350円支払って東森駅で下車

43931.jpg 43931-1.jpg 43931-2.jpg 43931-3.jpg 43931-4.jpg 43931-5.jpg 43931-6.jpg

明らかに元から交換不能なのに切り欠きホーム(@@;)、これはたぶん駅舎との間に貨物側線があったのかな。
その三角形の駅舎は中に入ってみたらゴミ箱あってもベンチがない(@_@;)
駅前には廃喫茶店?と現役工場がある他は宅地ですが、海側の道道沿いに商店街もあるみたいです。

鹿部駅から各停長万部行きに乗車

43934.jpg 43934-1.jpg

あっ、サッポロビール駅名標もまた北海道に来たなぁ実感その3だ!ヽ(=´▽`=)ノ
乗客4名だったところ鹿部駅で3名下車3名乗車のふたたび4名、JR北海道の経営環境の厳しさも、ある意味北海道に来たなぁ実感その4か…
なお今日ののりものはオール整理券現金精算となります。

2013/06/01

簗瀬駅から高原の県境越え7.2km歩いてきて到達した上夜久野駅から各停福知山行きに乗車

43836.jpg 43836-1.jpg 43836-2.jpg 43836-3.jpg 43836-4.jpg 43836-5.jpg

転げるような坂を降りてきて達しました。いうわけで低い位置の駅と山なりの駅前通りが分離してます1枚目。右の地場スーパーは現役です(^^)
上夜久野駅前バス停には立派な待合所があって、福知山市営バスが待機してます。しかるに! JR駅の方は駅舎撤去済で風さらしベンチがあるだけだよ!!(#・∀・)
跨線橋から見るとやはり貨物ホーム跡は本線から離れてます。なぜなのかは謎のままですが(?_?) 5枚目はこのトンネルの真上をまさに歩いたんだよっていう(^^ゞ
さて、これで5府県を通る偉大なるローカル線、山陰本線の全160駅のうち159駅に乗下車、残りはラストまでとってある丹波口駅のみとなりました。

簗瀬駅で途中下車して兵庫県内全駅乗下車達成\(^o^)/

43831.jpg 43831-1.jpg 43831-2.jpg 43831-3.jpg 43831-4.jpg 43831-5.jpg 43831-6.jpg

先の養父駅と同じく、島式ホームに跨線橋、さらに骨董駅舎まで一緒! 窓口も現役だし!!\(^o^)/
ただここは窓口スリットが窓に置き換わってるんで、珍しくはないかもですね。
駅前通りまでもが養父駅と似てますが、6枚目の左端、これたぶん元駅前旅館じゃないでしょうか。

養父(やぶ)駅で途中下車

43829.jpg 43829-1.jpg 43829-2.jpg 43829-3.jpg 43829-4.jpg 43829-5.jpg 43829-6.jpg 43829-7.jpg

ここもなかなか読めないぞ。
島式ホームから跨線橋経由で向かった駅舎はかなりの骨董。待合室はサッシ化されてますが駅務室は木枠のままの窓。
しかし圧巻は、なんといっても完全に昔どおりの出札口が、現役の簡易委託窓口として使われてるっていうことですよ!ヽ(^。^)ノ このレベルの現役窓口、JRだと全国レベルでも珍しいのではないでしょうか。
木製据付ベンチと、がっしり鋼製脚のベンチの待避もまた愉し。線路に並行したいかにも駅前駅前した駅前通りも久々の目撃となりました。現役店はないのは悲しいですけれど。

玄武洞駅で途中下車

43820.jpg 43820-1.jpg 43820-2.jpg 43820-3.jpg 43820-4.jpg 43820-5.jpg

交換待ち5分停車なんで瞬間途中下車も可能でしたがのんびり見送りました。
自動閉塞化された頃に建て替えられたような感じの簡素な駅舎は築堤上にあって、よって出入口は坂になってます。
で! ここ、対岸に玄武洞があるから玄武洞駅なんですが、なんと橋がないのよ…そんなわけでかつてはここからバスだったのでしょう。今や城崎温泉駅からみなさんバス乗るんでここはさびれまくりです…

柴山駅から3.1km歩いてきて到達した佐津駅から各停豊岡行きに乗車

43819.jpg 43819-1.jpg 43819-2.jpg 43819-3.jpg 43819-4.jpg 43819-5.jpg 43819-6.jpg 43819-7.jpg 43819-8.jpg 43819-9.jpg

海水浴場が近いからか駅前食堂までちゃんとあります駅前通り。
旧式骨董な出札口跡やこぢんまりと残る木製ラッチが頼もしい木造駅舎です。貨物ホーム跡にはなんか井戸掘られてね?(?_?)

柴山駅で途中下車

43817.jpg 43817-1.jpg 43817-2.jpg 43817-3.jpg 43817-4.jpg 43817-5.jpg 43817-6.jpg

2枚目は1番線ホームにデーンと建ってる石碑なんですが「六月二十六日」って日付だけの異様さ(^^ゞ 調べたらこれは開業月日で、年は1947年、実は戦後の開業だったのですね。
廃止された対向ホームの向こうには漁港(^^)/~☆ 松葉ガニはここで水揚げされてるですよ!!(^O^)
木製ラッチはともかく、出札口跡がなんか、昭和の観光小駅っぽくて好ましいです。
駅前はなんと旅館。それが成り立つくらいに松葉ガニさまさまだっていうことですよね(^_-)-☆

国鉄型一番線に入線した香住駅で6分間停車につき瞬間途中下車

43816.jpg 43816-1.jpg 43816-2.jpg 43816-3.jpg 43816-4.jpg 43816-5.jpg 43816-6.jpg 43816-7.jpg

郵便搬入出口跡の上にカニ、正直人間の出入口より目立ってます(笑)。駅前もカニムード一色(笑)。
高度成長期型で拠点駅らしさたっぷりの出札口・改札口ですが、待合室含めて節電中なのかやたらと薄暗くてかなしいです…
途中下車印は最初1人だけの駅員さんが発券作業に忙しく、手が空いたところを見計らって事後的にいただきました。

餘部駅で途中下車

43807.jpg 43807-1.jpg 43807-2.jpg 43807-3.jpg 43807-4.jpg 43807-5.jpg 43807-6.jpg 43807-7.jpg 43807-8.jpg

なにげに新駅化してます。新橋梁はまだ未乗なんですが、今日もこの後駅間徒歩移動なんでまた乗らない!(^^;;)
4枚目はトマソントイレに見えますがまだ工事中ということのようです。
旧線の線路上を堂々と歩けるようになってるのはよい趣向ですね! 駅出入口は相変わらずのガチ九十九折。そしてやっぱりド迫力の旧鉄橋ヽ(^。^)ノ

久谷(くたに)駅で下車

43805.jpg 43805-1.jpg 43805-2.jpg 43805-3.jpg 43805-4.jpg 43805-5.jpg 43805-6.jpg 43805-7.jpg 43805-8.jpg

交換廃止跡が生々しいですが、なんと本線側の駅舎は放棄され、副本線側のみが使われてます(゜∀゜)
周囲というか眼下には小集落。ただしそちらに近い3枚目の出入口は無人化後に出来たと思われます。本来の出入口は反対側の豊岡方に開いてまして、で駅舎放棄に伴いわざわざ現ホームからの通路が新設されました。このあたりお役所的対処か。
6枚目はは従来からの、国道とつながる正規の駅前通り。駅前は形成されてません。ていうかこちら側の副本線を残した方が踏切わたらずに済むんでたしかに合理的。ただ元駅舎側にも公民館があるので踏切自体は廃止できない模様です。
7・8枚目は実はなにげに余部鉄橋と並んで大工事となったらしい、桃観トンネル。額の揮毫は後藤新平だそうな。
しかし9枚目…副本線側に新設された出入口の柵なんですが…誰がどう見てもこりゃ本格的なトマソン。┐(´∀`)┌

2013/05/31

諸寄(もろよせ)駅で途中下車して今日の乗り鉄早くもおしまい

43798.jpg 43798-1.jpg 43798-2.jpg 43798-3.jpg 43798-4.jpg 43798-5.jpg 43798-6.jpg

2枚目のとおり、海との間に密な集落があります。3枚目の残骸はこれなんだろう。何か小屋があったわけですが、棒線駅だし…(?_?)
でもそれ以上に気になるのはこの奇妙な木造駅舎。これはホーム側に開くトイレの位置が元々の駅務室だったんでしょうか…それにしては屋根の形状が合わない気もします。かなりの謎。(・・?
駅前には幼稚園があるのみで、そこからガードくぐった先が諸寄集落となりまして、ではそちら通って今日のお宿へ。ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

東浜駅から県境峠越え6.4km歩いてきて到達した居組駅から各停浜坂行きに乗車

43797.jpg 43797-1.jpg 43797-2.jpg 43797-3.jpg 43797-4.jpg 43797-5.jpg 43797-6.jpg

山側の少し開けた空間にこさえた山陰本線居組駅前。もちろん駅前商店などはござんせん。どころか民家も見当たりません。(^^;)
内装外装ともに徹底修繕はされてますが、待合室に開く出札口跡、これかなり旧式ですよね! もちろんホーム側には雰囲気けっこう残ってます(^o^)
千鳥型2面3線から2線になって、ついに1面1線なのも栄枯盛衰。

東浜駅で途中下車

43781.jpg 43781-1.jpg 43781-2.jpg 43781-3.jpg 43781-4.jpg 43781-5.jpg 43781-6.jpg

これで、鳥取県内の鉄道駅全75駅にすべて乗下車できました\(^o^)/
交換可能で貨物ホームが残ってますが戦後開業かつ短期間で貨物扱い廃止だそうです。ただし3枚目、これ、貨物ホーム嵩上げした後でまた崩してるみたいで、もしや一時期はバラスト積込線として使われてたのかも。
高度成長期型の簡易駅舎にはもちろん出札口跡もあります。駅正面は日本海(^_^)/~ 駅前商店があったようななかったような、わかりにくい駅前ですが、でも海水浴場目の前なんだから、それ向けのお店とかはあったんじゃなかろうか。

福部駅で途中下車

43775.jpg 43775-1.jpg 43775-2.jpg 43775-3.jpg 43775-4.jpg 43775-5.jpg 43775-6.jpg

切り欠きのようで切り欠きでない構内踏切のある交換可能駅。駅舎が超ミニな、ホーム上待合室よかはるかに小さい、簡易駅舎になっちゃってまして、一方で大樹は昔ながらっていう、ローカル線のひとコマですよねぇ。駅前には大きめの農協があるのみです。

鷹狩駅から2.5km歩いてきて到達した国英(くにふさ)駅から各停鳥取行き(智頭急行車)に乗車

43771.jpg 43771-1.jpg 43771-2.jpg 43771-3.jpg 43771-4.jpg 43771-5.jpg 43771-6.jpg

なんとケーブル変えても充電不良(# ゜Д゜) もち予備バッテリ2つどちらでも同症状…これはUSBジャックのまたまたの不良か電池ヘタレかどちらかだな…(ToT)
でもってこちらもまた棒線停留所。ただし簡易駅舎はしっかりあります。そしてその中になぞの絵画(?o?)
2枚目は駅に到達する唯一の駅前通り、こんなに細い道ですけどこれでも国道から折れた県道停車場線のようです!!\(◎o◎)/! そして駅前ははじめから形成されてなさそうなのんびり光景。
これで、因美線の未乗下車駅は、今朝スルーした岡山県内の2駅のみとなりました。

鷹狩駅で途中下車

43768.jpg 43768-1.jpg 43768-2.jpg 43768-3.jpg 43768-4.jpg 43768-5.jpg 43768-6.jpg 43768-7.jpg

ブロック積み待合室のみの棒線停留所。このタイプの駅にありがちな石碑もホーム上にあります。そして待合室の中には部落別の清掃当番表がデーンと掲示でじもてぃにまもられてる駅だ!(^○^)
駅わきには国道が通りますがにしてはいたってのどか。ホームと同じ側に小集落があります。幼稚園児たちがお散歩に来てますよ。

因幡社(いなばやしろ)駅で途中下車

43764.jpg 43764-1.jpg 43764-2.jpg 43764-3.jpg 43764-4.jpg 43764-5.jpg 43764-6.jpg

交換廃止跡の線路の一部にだけバラスト盛りとはこれいかに。ほとんどなんの掲示もアピールもないんですが駅務室は床屋さんになってて簡易委託現役だったりします。駅前には国道と酒屋さんがあるのみ(駅舎から見て左側には元駅前商店かな?)。集落は少し先にあるようです。

2013/05/18

秩父鉄道の西武秩父駅で下車して秩父鉄道全駅乗下車達成して埼玉県内全駅乗下車達成\(^o^)/

43738.jpg 43738-1.jpg 43738-2.jpg 43738-3.jpg 43738-4.jpg 43738-5.jpg

一段高い構内は、軽井沢まで延伸計画があったためといわれてます。駅標にもお隣影森はちゃんと表示されてますね。
でもってもちろん秩父鉄道のみ利用してるんで一日券のみで降りられますが、自動改札は無理なんで普通に有人改札通りました。一方ここから乗る人はというと、なんと券売機の連絡線コーナーにあるっていう…西武秩父駅からの乗車券で西武秩父乗り換えって(笑)。
駅前は西武の駅に降りた時と何ら変わらず。

年一回しか旅客営業しない広瀬川原駅で下車\(^o^)/

43721.jpg 43721-1.jpg 43721-2.jpg 43721-3.jpg

ここは貨物駅であり独自の営業キロが設定されており、乗車券も発売されることから、乗下車対象の駅とみなすことに、先日ルールを改変しました。で降りに来たと!
4枚目の背後で集札があり、よって車両基地全体はラッチ外構内という体で。

運転士さん交代、1日上下計4本の時刻表、隣は横瀬駅の駅標、とまさに西武鉄道の駅だと定義できる御花畑駅で下車して西武鉄道全駅乗下車達成&大手私鉄全駅乗下車達成\(^o^)/

43717.jpg 43717-1.jpg 43717-2.jpg 43717-3.jpg 43717-4.jpg 43717-5.jpg 43717-6.jpg 43717-7.jpg 43717-8.jpg 43717-9.jpg

ホッとしました(^^ゞ
駅正面にはレトロ感あふれる食堂。西武秩父駅と反対側の、本来の駅前商店街は閑静です。

2013/05/06

箱崎駅で下車して今日の行程おしまい

43696.jpg 43696-1.jpg 43696-2.jpg 43696-3.jpg 43696-4.jpg 43696-5.jpg 43696-6.jpg

なんつーか…イマドキの巨大高架駅。高いコンコースへのホーム階段をわざとハの字型にしてみたりしちゃってね。
もちファミマあります。総じての感想は…特にありません。(金の雨は降りません)
あ、7枚目は一応昔からの西口を遠目に撮りました。商店街あるようです。
ではこれから東口の方歩いてって、今宵のまん喫に向かいます。

古賀駅で下車して次の3分遅延の快速荒木行きに乗車

43693.jpg 43693-1.jpg 43693-2.jpg 43693-3.jpg 43693-4.jpg 43693-5.jpg 43693-6.jpg

至って普通の橋上駅、やや大きめのコンコースですが、自由通路にファミマ。さっきの東郷駅ではミニコンビだったところ、格上ですかこっちが(^^;;)。
そして昔からの北口にのみ降りましたが、うおおおおお!!橋上駅舎化されたのに駅前が古典的駅前商店街だ!しかも現役店ある!!ヽ(=´▽`=)ノ もちろん、ただ昔からなだけでなくて、高さが高いマンションとかもありますよ。

東福間駅で下車

43691.jpg 43691-1.jpg 43691-2.jpg 43691-3.jpg 43691-4.jpg 43691-5.jpg 43691-6.jpg 43691-7.jpg 43691-8.jpg 43691-9.jpg

橋上駅なんですが、橋上駅舎が中央上になく、偏ってます。自由通路もこれまた、昔からの北口は直角に階段、新たな南口はまっすぐの非対称。
で北口に降りてみたところ…なんだこの壮絶カッチョええ橋上駅階段!たぶんこれ全国の橋上駅の階段で一番だよ!!ヽ(`▽´)/ 鉄骨とレールの組んず解れつだヽ(^。^)ノ
そんな北口は降りてみたら宅地でした。ちょうど西鉄バス来てました。
で時間あるんで南口も行ってみたんですが、こちらはまっすぐ出口出たらそのままミニロータリー! つまり崖上でコンコースとフラットだったんですね。
周囲の家も新しめで、小洒落た空間ですね(^_-)-☆

東郷駅で下車して次の各停鳥栖行きに乗車

43690.jpg 43690-1.jpg 43690-2.jpg 43690-3.jpg 43690-4.jpg 43690-5.jpg 43690-6.jpg

少し古めの橋上駅ではミニコンビが営業してます。
ホント瞬間的な乗下車なんで時間なく、昔からの北口に降りてみましたが、うーん飲み屋さんあるみたいだけどあんまし賑やかそうでなかった(^^;;)
ホーム戻ってから南口眺めたら、まさに普通にニュータウン玄関駅の様相でありました(^^)
そして乗った鳥栖行きは先ほど海老津駅で1本前に出てったやつ。赤間駅で追い抜き、その後特急にも追い抜かれてたため時間差6分できてました。

海老津駅で下車して2本後の快速荒木行きに乗車

43689.jpg 43689-1.jpg 43689-2.jpg 43689-3.jpg 43689-4.jpg 43689-5.jpg 43689-6.jpg 43689-7.jpg

2面3線、かつ築堤駅で、地下通路が開いたところにコンコース&地平。裏側には変電所もあります。
天井が高いコンコースに好感。ロータリーも大きくバスのりばには屋根ちゃんと。
で、敢えて2本落としてますが、まず1本めはそれ乗ると乗下車がせわしなくなりすぎるのでパス。で2本めはこの後赤間で乗った3本目に追い抜かれるんですよえね。さらに言えば東郷からはその2本目に乗ることになるという。

終点遠賀川駅で下車

43687.jpg 43687-1.jpg 43687-2.jpg 43687-3.jpg 43687-4.jpg 43687-5.jpg 43687-6.jpg 43687-7.jpg 43687-8.jpg 43687-9.jpg

久しぶりにきっちりとした跨線橋ですね!(^ム^)
なかなか堂々としたコンコースですが、実際、遠賀川停まりの列車に結構乗ってて、でみなさん駅降りていきましたからね。利用者多い。そしてそれにふさわしいとも言えましょう。
そしてなんとここに! 先ほど筑豊本線本城駅にあった、駅ナカ無料野菜販売所、元祖はここですね!(^O^) こちらはラッチ外ですけれども。
その他たい焼屋さんが入居してますが、出入口、これおもいっきりフル木造引戸です\(◎o◎)/! 天井にかかる意匠もなかなかだし。
そして外からも見てみて、よい意匠だなーと感心しつつ…なんかもっと幅広い階段があるよ!( ̄□ ̄;)!!
で結論として言えば、待合室の中に昔の駅舎の写真が出てて、これが明らかに現在と違うんですよ…(?_?) この駅の木造駅舎の歴史を知る人、ご教示お願いいたしますm(__)m
駅前はバスやタクシーが賑やかなロータリーです。

水巻駅で下車して次の各停遠賀川行き(次は終点)に乗車

43686.jpg 43686-1.jpg 43686-2.jpg 43686-3.jpg 43686-4.jpg 43686-5.jpg 43686-6.jpg 43686-7.jpg 43686-8.jpg

下りホームに面して、何やらアピール系のパーソナリティが発露されてるなにやらが賑やかです(^O^;)。そしてそちら側=南口は無人で簡易改札。駅前にも駐車場とタクシー会社があるくらいで地味めです。
一方の北口は普通の駅前だ(^^) 駅舎の色はダジャレ塗装なんでしょうか…(;´∀`) でも機能としてはごく普通の業務委託駅でみどりの窓口もあります。

枝光駅で下車

43681.jpg 43681-1.jpg 43681-2.jpg 43681-3.jpg 43681-4.jpg 43681-5.jpg

お!ここは高架化時の雰囲気が残ってて( ・∀・)イイ!!コンコースだ。
降りた時北側にゴルフ練習場が隣接してるのに目が行きましたがこれがなんとJR九州のものだと判明(笑)。
駅前の県道は交通量多く、そして駅前に商店少ないのは、やはり他に流れられるとこたくさんあるからでしょうね。

戸畑駅で下車して1本後の各停直方行きで折り返し

43680.jpg 43680-1.jpg 43680-2.jpg 43680-3.jpg 43680-4.jpg 43680-5.jpg 43680-6.jpg

鹿児島本線の特急停まる高架駅で何を感想書けばいいのかと居直り。(^O^;)
イオンやらウェルとばたやらあります。あとKIOSKで堅パン売ってたんで買えるとこで買っとかないとということで買いました。

藤ノ木駅で下車して筑豊本線全駅乗下車達成\(^o^)/

43676.jpg 43676-1.jpg 43676-2.jpg 43676-3.jpg 43676-4.jpg 43676-5.jpg

高度成長期型駅舎の小さいバージョンを直して使ってる業務委託駅。駅前は相変わらず国道ですが、高さが高いマンションは周囲に少ないかな本城駅よか。

本城駅で下車

43673.jpg 43673-1.jpg 43673-2.jpg 43673-3.jpg 43673-4.jpg 43673-5.jpg 43673-6.jpg

久々の大きな橋上駅。レアな都市部複線非電化線が生えますね!(^O^) 業務委託駅となってます。国道側はロードサイド型展開の街並みで、反対側は団地や宅地。全景7枚目の左の建屋は市営駐輪場、高さが高い!\(◎o◎)/!

下鴨生(しもかもお)駅で下車して後藤寺線全駅乗下車達成\(^o^)/

43664.jpg 43664-1.jpg 43664-2.jpg 43664-3.jpg 43664-4.jpg 43664-5.jpg 43664-6.jpg

後藤寺線唯一の交換可能駅で島式ホーム。そして広い元構内があるのにそちらは全部駐車場で、待合所はホーム上に狭いのがあるだけ。てかこれ夏場は死ぬぞ((((;゜Д゜))))
かつて漆生線が分岐してた痕跡も、駅間近にはありません。ただしなぞの側線があったり。
駅前通りには元商店ぽい建屋が2軒ほど。集落は道路の向こうの高台上にあるようです。

上三緒駅で下車して次の各停田川後藤寺行きで折り返し

43663.jpg 43663-1.jpg 43663-2.jpg 43663-3.jpg 43663-4.jpg 43663-5.jpg 43663-6.jpg

かつての低い対向ホームが残ります。筑前山野への貨物支線が分岐してましたが、この駅構内には痕跡は無さげです。
簡易駅舎はなぜか貨車駅風。
駅前は農地も多くのどかで、通りには長屋などありますが店舗はあったんだろうか…対するに駅裏には新しめの住宅も多いみたいです。

船尾駅で下車して次の各停新飯塚行きで折り返し

43662.jpg 43662-1.jpg 43662-2.jpg 43662-3.jpg 43662-4.jpg 43662-5.jpg 43662-6.jpg 43662-7.jpg 43662-8.jpg 43662-9.jpg

太郎ーーーーーーーーーーーーーーっ!(キャベツでも山本でもなくて麻生)
…というだけなわけではありませんが、今はそうよね…。かつては大量の石灰石を積み出してた一大駅ですが今は太郎んとこ一社の生産で、かつトラック輸送。後藤寺線はローカ旅客輸送のみです。
かつて駅舎は灰白い粉にまみれてたそうですが、今もホーム上簡易待合所のベンチはご覧の惨状。駅前は麻生ですが、下に宅地がひらけてます。がこれも社宅とか労組事務所とかで、要は城下町という。

筑前庄内駅で下車して次の各停田川後藤寺行きで折り返し

43661.jpg 43661-1.jpg 43661-2.jpg 43661-3.jpg 43661-4.jpg 43661-5.jpg 43661-6.jpg

のどかな築堤上の棒線停留所。ウィキペディアによるとかつては石炭積み出し設備があったってんですが、とても信じられませんよ…
駅前には駅前商店が2つあった模様で、うち左側の岡本商店が簡易委託を受託してたのは確実なのですが、ご覧のとおりの様子、かつ駅待合所にきっぷ販売箇所の案内が一切ないことから、受託廃止の可能性が高い気が…(/_;)
駅前には庄内タクシーの本社もあります。
なお、降りる直前に地図見て気づき調べたところ、計5km弱歩くとゴールが20分早まるようです。この炎天下でそれは釣り合わないんで(笑)やはり当初予定通りゆっくり行きます(^^ゞ

御井(みい)駅で下車して久大本線全駅乗下車達成\(^o^)/

43649.jpg 43649-1.jpg 43649-2.jpg 43649-3.jpg 43649-4.jpg 43649-5.jpg 43649-6.jpg

最近の建て替えな簡易駅舎の交換可能無人駅。高台にあるため出入口階段は長めです。で、わきにロータリーありますが、段差がきついためか斜面なんですけど(笑)。
駅前は筑後街道でミニストップやらガススタンドやらマンションやら。典型的な都市近郊だ。

西牟田駅で下車

43646.jpg 43646-1.jpg 43646-2.jpg 43646-3.jpg 43646-4.jpg 43646-5.jpg 43646-6.jpg 43646-7.jpg 43646-8.jpg

九州新幹線の高架下にある業務委託駅。営業時間内についに遭遇で旅名人きっぷ3冊目3回目のスタンパーもらえました。
駅舎内はかなり狭く、3枚目には出改札口&きっぷ用簡易改札機&SUGOCA簡易改札機。その右側に券売機と、4人座ったら空間まで満杯になってしまう待合室があります。
で! オモテ出てみたら!! これ、さっきの南瀬高駅含めて今回もさんざっぱら見てきた簡易駅舎に、駅務室用のプレハブを突っ込んだだけぢゃん!!\(◎o◎)/! さては高度成長期に完全無人化されて、その後再有人化されたなこやつ。
駅前は、わきの貨物スペース跡の広大さとは対照的なロータリーはありますが、駅前商店はなし。と思いきや、通りのすぐ先に直交する道沿いに、小駅にあるようなミニモール様の店舗群がありました。今も現役なのかは不明…。駅前通りは県道につきあたりますがその沿いにもあまり店舗はなさそうです。

1分遅着の南瀬高駅で下車して次のやはり1分遅延な各停小倉行きに乗車

43645.jpg 43645-1.jpg 43645-2.jpg 43645-3.jpg 43645-4.jpg 43645-5.jpg 43645-6.jpg 43645-7.jpg

駅裏はここでは広大な田んぼ。なのである意味こうなるのもわからんでもない(^_^;)九州おなじみの簡易駅舎。
駅前通りには…って爆走してくトラクター!!(今ツアー初の大爆笑) まぁそういう駅ですよ\(^o^)/ 元駅前商店は化粧品店になったみたいですが今も現役なのかな…
そしてもう1点、5枚目の駅前通りは駅に垂直ではなくななめに出てますが、6枚目、それと直交、つまりやはり線路と平行でなくややななめな道がもう1本あります。これって、まさに農村の集積駅に多い、という、全国9000駅回った経験則。
7枚目は、ホームから幅のある階段下りてるんで、元々の駅舎はここにあったと思われます。

渡瀬(わたぜ )駅で下車して次の各停博多行き(1分遅延)に乗車

43644.jpg 43644-1.jpg 43644-2.jpg 43644-3.jpg 43644-4.jpg 43644-5.jpg 43644-6.jpg

中線が撤去された下り島式ホームの向こうは農地。しかしもちろん、駅表側は住宅だらけ(^^)。コンパクト駅舎に建て替えられた業務委託駅ですがまだ営業時間外で窓口にはシャッター。駅前通りは明らかに駅前商店街だったと思われますが、全て、真新しい住宅に建て替えられてるというベッドタウンです。

2013/05/05

南荒尾駅で下車して次の各停銀水行きに乗車

43633.jpg 43633-1.jpg 43633-2.jpg 43633-3.jpg 43633-4.jpg 43633-5.jpg 43633-6.jpg

ここに来て、昨日までローカル区間でたくさん見てきた簡易駅舎を、鹿児島本線で見るとは思わなんだよ(^^ゞ
跨線橋からの構内を撮りましたが、この右側はすぐに有明海なんですが、夜でわかりません…m(__)m
駅前にはロータリーはありますが、店舗の痕跡もわからず、また駅前通りの右は畑のようです&駐輪場がないんでみんな畑の脇に停めてます(^^ゞ
さて、これで今日の駅めぐりは完遂、熊本県内の未乗下車駅は、昨年の豪雨での不通区間を含む、豊肥本線の6駅のみとなりました。これらは今年11月にまわる予定です。

大野下(おおのしも)駅で下車

43631.jpg 43631-1.jpg 43631-2.jpg 43631-3.jpg 43631-4.jpg 43631-5.jpg 43631-6.jpg 43631-7.jpg 43631-8.jpg

…ごめんなさい、私、乗ってきた列車の自動放送で聞くまで、おおのしただと思い込んでましたm(__)m
簡易委託化とほぼ同時に駅舎も改築されたようですが、ホーム側に出来たトイレの壁に3枚目の張り紙が。いやいってることはいいんですけど、JRでこの言い回しは珍しいかも。
待合室もあるんですが(なんで簡易駅舎とは言えないかな?)、これが簡易委託に含まれてるみたいで、日曜は終日ロックアウトで、風吹き抜けのベンチで待つしかありません。(なおJR九州の簡易委託駅には、日曜は休業だけど平日の祝日は開けてるよってとこもあります)
旧岱明町の玄関駅ですが駅前の商店は壊滅か…熊本方には郵便局と病院と薬局が現役のようです。
そして…4枚目、建て直した駅舎なのになぜか天井がわざわざ板張りなんですが、これは駅の展示見てわかりました。9枚目。銃撃の跳弾で女学生が亡くなってるそうです。こゆ記録は記憶として遺さねば。

田原坂駅で下車

43628.jpg 43628-1.jpg 43628-2.jpg 43628-3.jpg 43628-4.jpg 43628-5.jpg 43628-6.jpg 43628-7.jpg

田原坂といえば一昨年GWに母と来ましたよ。でそんときゃ、同じ名前でもこの駅だと全くアクセス悪いんで、木葉駅からタクシー乗ったんですね。つまりここにはなんもないという。
その田原坂に行く一応のアプローチ道は、3枚目、下りホーム出入口です。
でそちらは後付けらしく、駅名看板もミニミニながら行灯駅標も備えた簡易駅舎が、上りホームに設置されてます。そしてその中を覗いての6枚目! 私はこれにかなりの衝撃を受けました。SUGOCA簡易改札機がある!!( ̄□ ̄;)!!
おととい通った日豊本線の竜ヶ水駅には、簡易改札機が設置されてません。JR東なら考えられないアバウトな対応、だったらこっちにも簡易改札機はなかろう、と私は思ってたんですが、あるんですものね…。相変わらず券売機はないんですけれども。
そしてそんな駅舎のある側には、数戸の民家はありますが集落を成してません。

西里駅で下車して次の各停銀水行きに乗車

43627.jpg 43627-1.jpg 43627-2.jpg 43627-3.jpg 43627-4.jpg 43627-5.jpg 43627-6.jpg 43627-7.jpg 43627-8.jpg

信号場由来の駅。なぜか若干千鳥型になってますが、それ以上に、なぜかわざわざ上りホームの出入口が2つあります。片方は車椅子は通れなくてSUGOCA簡易改札機設置、もう片方はスロープのみで簡易改札機なし。なんでかよくわかりません(?_?)。また、上下ホームの跨線橋は、下り側はホームに降りて、上り側はホーム外に降りる構造です。更にこの跨線橋は隣接の県道をまたぐ歩道橋も兼ねてまして、そう考えるとむしろ下りホームに直接降りられるのがサービスということかしらん。
上りホーム側には大学ができてまして、最近は駅利用者数も増加中とのこと(^^)

西人吉駅で下車して肥薩線全駅乗下車達成\(^o^)/

43614.jpg 43614-1.jpg 43614-2.jpg 43614-3.jpg 43614-4.jpg 43614-5.jpg 43614-6.jpg

スロープのみホーム出入口の棒線停留所。住宅は多いものの田舎っぽい駅前にも見えるんですが、実はすぐ先は国道。こちらが一段低く、かつファミマ(駅からはファミマだと全くわかりませんが)がカベになってて(笑)車の音もさほど響かず、これも田舎っぽく見える一因なのかなと。ただ、つまりは住環境はよいわけですね(^^)
駅前通りはへろへろな細さですが、でも駅前には簡易局あるし、そもそもファミマ近いし(笑)、実はよい宅地かもです。
ではここから、炎天下を日焼けしつつ歩きますよε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

那良口駅から2.6km歩いてきて到達した一勝地駅から各停人吉行きに乗車

43613.jpg 43613-1.jpg 43613-2.jpg 43613-3.jpg 43613-4.jpg 43613-5.jpg 43613-6.jpg

で駅舎は後にして、まず球磨村の玄関駅ということで、役場は球磨川の対岸に、消防署と郵便局が駅に並んでます。もちろん正面は球磨川で、ボートがさすがGWと(^^)
駅舎は白石駅と同じく、たいへん高さのある木造駅舎(^O^)。ただし中はいろいろいじられてます。簡易委託現役なんですが窓口がこうなっちゃったのは仕方ないんですかね、というか簡易委託が維持されてるだけでも感謝なのか。
それでも、改札口の引戸や高い天井の意匠などは昔のままでほっとします(^^)
ホームは2面3線を中線廃止で2面2線に。上りホームまでの構内踏切がかなり端で大変そうですが今日の私は下りに乗るんでラク(^^ゞ

那良口駅で下車

43606.jpg 43606-1.jpg 43606-2.jpg 43606-3.jpg

なんと、駅前の廃たこ焼き屋とここのブロック製簡易駅舎(トイレは閉鎖)以外の建屋が周囲にない…集落は数百メートル先らしく、ほんとにこりゃド山奥無人地帯だ(゜д゜)! しかし対岸は国道なんで人工音もしてくるっていう…
簡易駅舎の手前に基礎跡があるんで、かつては駅舎があったのかも?

渡(わたり)駅で下車

43603.jpg 43603-1.jpg 43603-2.jpg 43603-3.jpg 43603-4.jpg 43603-5.jpg 43603-6.jpg

を!なかなかの木造駅舎だ!と思ったんですが…待合室がこれ、木造駅舎の待合室ぢゃないよ…
てなわけで、改装されまくってる渡駅木造駅舎。商工会に使われてます。それは有難いことですが、さすがにこれはいじり過ぎよねと無責任な外野としてはおもってしまう…
駅前通りは国道。そして、人吉方は空間がひらけてて、八代方は山ですよ…

瀬戸石駅で下車

43598.jpg 43598-1.jpg 43598-2.jpg 43598-3.jpg 43598-4.jpg 43598-5.jpg 43598-6.jpg

交換可能なばかりか機回し線まで含めて貨物側線が残ってます。が…レールの間の「出発は」って何?!?(?_?;)
ここは駅舎が災害で二度使用不能になった不運の駅。今は更地ですが、ホーム上に骨董な木造待合室が現存です。

海路駅で下車

43595.jpg 43595-1.jpg 43595-2.jpg 43595-3.jpg 43595-4.jpg 43595-5.jpg 43595-6.jpg

ド山奥なのになんで海路?と思いますが、でも2枚目の湖面みたいな雰囲気は、川ではないよね。ここから下流の瀬戸石ダムによるダム湖のようなものです。
駅唯一の建屋はホーム上待合所ですが、ベンチが浅過ぎ(・・;)
出入口スロープの舗装も剥げかけてるレベルですが、しかしこの全景。駅舎がなくても画になる駅だヽ(=´▽`=)ノ

葉木駅で下車

43592.jpg 43592-1.jpg 43592-2.jpg 43592-3.jpg 43592-4.jpg 43592-5.jpg 43592-6.jpg 43592-7.jpg 43592-8.jpg

漢字2文字読み2文字駅だ。
鎌瀬駅ほどではないにしろスペースのなさは大変で、駅舎ありますが他がない。崖線路ホーム道路球磨川の順で他は無い。
駅舎は簡易なものではなく出札口もある有人駅仕様。3枚目の手前は明らかに元トイレですね。そして全景5枚目を撮った位置のまま60度右に回して撮ったのが7枚目の球磨川ですが、ホント、水位減りましたね…初乗りした頃はなみなみと水面だったのに…
そんな荒瀬ダム廃止の最大の被害者が、駅前唯一の建屋となる荒瀬ダムボートハウスです。もちろんこちらも廃止。
そしてその先の線路わたったとこに葉木の集落があります。肥薩線川線では限られた平地を集落と鉄道で取り合うみたいになってて、なかなか同位置にはつくれなかったってことでしょうか…

鎌瀬駅で下車

43588.jpg 43588-1.jpg 43588-2.jpg 43588-3.jpg 43588-4.jpg 43588-5.jpg

これは本格的に崖へばりつき。細いホームがギリギリで出入口もその幅のスロープです。…すみませんラスト2段が階段でバリアフリーじゃなかったですm(__)m
5枚目を駅全景画像と称そうとしましたが無理があります(笑)。6枚目が駅前通りとなりますがこれは元お店でしょうか?

段駅で下車

43583.jpg 43583-1.jpg 43583-2.jpg 43583-3.jpg 43583-4.jpg 43583-5.jpg 43583-6.jpg

球磨川の段丘上にめいっぱいの敷地で敷かれてます。元島式ホームですが駅舎置くスペースがなくて、ホームの端の中洲に駅舎があった土台跡。あと、2枚目の左側の柱、これ、駅構内の範囲で建ってるんで、ポイントと腕木信号機を操作するワイヤーを架けてた柱な気がします。
そして駅前は、駅にとられてすっげー狭小。店舗とかムリってレベルです。
反対側の空き地は元貨物スペースでしょうか。

坂本駅で下車して次の各停八代行きで折り返し

43581.jpg 43581-1.jpg 43581-2.jpg 43581-3.jpg 43581-4.jpg 43581-5.jpg 43581-6.jpg 43581-7.jpg 43581-8.jpg

大きな木造駅舎はいいんですが、その塗りとか、2枚目の構内踏切からの見えとか、肥薩線も観光化されたなぁ、と思ってしまったり。
その駅舎内は端午の節句系展示。駅前にはロータリーやらタクシー営業所やら、必要なものはひととおりそろってます。そして駅前最大の建屋は旧坂本村役場。てか駅舎内に商工会が入居してたのにこちらに撤退してったんですよね。どーなる坂本駅の木造駅舎。
折り返し列車は観光仕様のクルマなんで、ひと駅ですがとりあえず展望席で。

2013/05/04

薩摩板敷駅から2駅ぶん4.7km歩いてきて到達した薩摩塩屋駅から各停鹿児島中央行きに乗車して指宿枕崎線全駅乗下車達成&鹿児島県内全駅乗下車達成\(^o^)/

43564.jpg 43564-1.jpg 43564-2.jpg 43564-3.jpg 43564-4.jpg 43564-5.jpg 43564-6.jpg 43564-7.jpg 43564-8.jpg

3時間睡眠の今日の歩きはアップダウン多くてかなりきつかったですが、しばしば目に入る開聞岳のカタチにパワーもらえました(^O^)
ていうかこれ、やっぱり駅に見えないよね1枚目だと…大きな樹の間を縫うと、ようやく2枚目。
それで…だれでもすぐ気づくレベルで、なんか側線ありますね…。そして側線のある枕崎方と反対側を見ると、敷地が扇状地のようにすぼまっていきます。これは、典型的な、交換設備や側線を配置するための土地取りです。
さらに、ホーム屋根が、あからさまに現在の幅の倍の幅を、シンメトリックにカバーするように建植されてます。
ただし、ホームの土留めなどのフンイキは、かつてあったものを壊したというものではありません。ので、これは計画段階で交換駅となっていたのを、建設の段階で縮小した、ということなのかもしれません。
そんな側線の先は、5枚目のごとく、既に壊れてて、トマソン化していますよ…
7枚目は駅正面となりますが、東シナ海まで見えてしまいます。いちおう近くに小集落はありますが、メイン集落はどうしても海や国道沿いなのです。
そして駅裏8枚目はまぁのどかな純然たる畑(^^)/~。
ここまで来ての結論。はっきり行って、指宿枕崎線の延伸部分は、何のために作ったのかがよくわからない。
モータリゼーションどうのこうの以前に、いろいろいい加減な気が、拭えんですねぇ。。。

さて、これで今日の駅めぐりはおしまい。そして明日のために、今から大分県まで移動します。
だがしかし! 移動するだけですが今から6時間半かかります! しかし3時間睡眠の後なのでずっと呑んでたら倒れます!!(笑)。
ので、とりあえずこの車中で旅ブログの追記に励み、呑むのは鹿児島中央駅から先、とする予定です。

薩摩板敷(さつまいたしき)駅で下車

43562.jpg 43562-1.jpg 43562-2.jpg 43562-4.jpg 43562-3.jpg 43562-5.jpg 43562-6.jpg

ほとんど畑と地続きだっていう。2枚目に写ってる方は多分私よか歳上の降り鉄同業者です。降り鉄って年齢層高いよね。
3枚目、うっすらですが中央やや左に開聞岳(^_^)/~☆。そして4枚目はホームベンチ目線での東シナ海。
駅周囲はまばらに民家で集落になってません。

水成川駅から1.7km歩いてきて到達した石垣(いしかき)駅から枕崎行きに乗車

43561.jpg 43561-1.jpg 43561-2.jpg 43561-3.jpg 43561-4.jpg 43561-5.jpg

国道は激しいアップダウンで疲れましたわ…と、なんとここにもトイレが!(^^ゞ
2枚目の道を上がってきたわけですが、逆に下がれば東シナ海。
3枚目は、なーんだか、駅舎ここに作る計画もあったんでわ?と勘ぐりたくなりますよね?(y/Y)
ここは比較的駅周囲の民家も、他の駅よりは多めです。

水成川(みずなりかわ)駅で下車

43560.jpg 43560-1.jpg 43560-2.jpg 43560-3.jpg 43560-4.jpg 43560-5.jpg 43560-6.jpg

…そもそも駅施設として駅舎も待合所もなくて、ホームベンチと屋根だけだ、という状態なのに、さらにそのベンチが全く使えなくなってるっていうことです!!こりゃいくらなんでもひどすぎ(大笑)
…と思いきや!! 7枚目のとおり、外観で見ると気づくよトイレ合った!!!(@@;)
それと、駅標の裏側つかって駅名アピールしてるのは(・∀・)イイ!! ここも集落は海側にあるんですが、駅の周りにも数戸の民家はあります。

松ケ浦駅から2.3km歩いてきて到達した頴娃大川(えいおおかわ)駅から各停鹿児島中央行きに乗車

43558.jpg 43558-1.jpg 43558-2.jpg 43558-3.jpg 43558-4.jpg 43558-5.jpg

途中の国道沿いにはヒナギキョウたくさん咲いてて、ここではそういうもんだと反省。他にもニワゼキショウやミヤコグサ死ぬほど見られてシアワセでした(*^^*)
でこの駅の外野的特徴は、2枚目でしょう! 時空歪んだみたいですが、ほぼ水平ですこれで(^^;;)。要は入口付近と踏切とホームミラーが全部それぞれ曲がってるのよね(^^;;)
3枚目はキロポストがボロボロで悲しい…でも、まじめな話をすれば、ここは利用者がかなり多いのです! 前の列車でも乗降共に多数あり、これもご覧のとおり私の他に5人乗車でした。
ただし駅の周囲には人家はあまりない。東シナ海、集落、国道、鉄道の順に並んでて、そら鉄道使わないよ普通、それでも使われてるよここでは、っていう。

松ケ浦駅で下車

43555.jpg 43555-1.jpg 43555-2.jpg 43555-3.jpg 43555-4.jpg 43555-5.jpg 43555-6.jpg

法面が芝生で綺麗だなとか思ってたら駅前まで芝生だよ!( ̄□ ̄;)!! 舗装未舗装いろいろあれど、駅前オール芝生は他にあるんでしょうか(^^;;)
当然そんなだから、外から見たら駅なんだかわからんてこれ…5枚目はまだわかるかもですが6枚目にいたってはもう駅に見えないっていう。まぁ駅ヲタなら、駐輪場で気づくっていうのは当然あるんですが。
それでこの6枚目の左側の、つまり駅前道路は県道になってまして(停車場線ではなくて単に他地域を結ぶ)、ちょい先で国道と直行してその先は東シナ海です(^^)/~☆

みやびの湯から1.7km、西頴娃駅からの延べで5.6km歩いてきて到達した御領駅から各停枕崎行きに乗車

43554.jpg 43554-1.jpg 43554-2.jpg 43554-3.jpg 43554-4.jpg 43554-5.jpg 43554-6.jpg

集落の高台に位置しています。見晴らしが(・∀・)イイ!! そして入口横にはわれらが開聞岳\(^o^)/
でもってここも駅舎なしのホームベンチ屋根のみパターンなんですが、って西頴娃と枕崎の間(両端含まない)は全駅そうですが、ここはなぜか琺瑯駅名標が電灯柱に付けられてますよ(@@)
しっかしいろいろ楽しめた4時間でした。全然飽きなかった。

終点西頴娃(にしえい)駅で下車

43545.jpg 43545-1.jpg 43545-2.jpg 43545-3.jpg 43545-4.jpg 43545-5.jpg 43545-6.jpg 43545-7.jpg 43545-8.jpg

ここは最初の延伸時の終点でした。そんなこともあってか区間運転がありまして、これもこの後指宿まで折り返してくのでした(^_^)/~
高度成長期にここまで延びたんだから当然のごとく国鉄高度成長期型駅舎。てか、山川駅より先で唯一の国鉄時代からの駅舎のある駅となります。
ただ、手小荷物窓口台が薄い木板で、ホントに簡易だなぁと…開業当初は絶対赤字になるからと割増運賃だったのと照応というか。現在は平日のみ営業の簡易委託駅となっています。
駅わきには戸建て団地。この区間では貨物営業が行われたことはなく、計画時のスペース取りと関連ありやなしや…(?_?)
7枚目は駅前。小さなロータリーがあります。右側は高校で、よってこの駅には両側から高校生の利用があります。
そしてさすがに唯一駅舎ありだけあってか、駅前の国道沿いには駅前商店街的なお店とロードサイ型店舗が混在します。コンビニやエーコープやドラッグストアも。

さて…これからですが、ご覧のとおり、次の列車は4時間後(笑)。

東開聞駅から2.3km歩いてきて到達した薩摩川尻駅から各停西頴娃行きに乗車

43544.jpg 43544-1.jpg 43544-2.jpg 43544-3.jpg 43544-4.jpg 43544-5.jpg 43544-6.jpg 43544-7.jpg

これまた列車内からは見えない開聞岳を少しながらも味わえます(*^^)v
国道とのアプローチ道の周囲はハウスだらけ。畑ばかりの東開聞とはちと違いますね。
そして駅裏の建屋を避けて踏切をわたれば、もちろん、開聞岳バッチリな7枚目。しかもこれ、ぬこと2ショットになってますよ!ヽ(=´▽`=)ノ
乗車した西頴娃行きには、やはりチャリで来た高校生2人が乗り込み。上下線ともに通学需要があるんですね。

東開聞駅で下車

43541.jpg 43541-1.jpg 43541-2.jpg 43541-3.jpg 43541-4.jpg 43541-5.jpg

国道は少し離れてるため、駅前は基本畑です。
というくらいしか書くことがないんですけど(^^;;)、だがしかし!!一般的な駅全景の5枚目ではこの駅の真の姿はわからない!!!
そんなわけで引きで撮ると6枚目。まさに開聞岳の山麓に在ります。だから車窓やホーム上からは拝めないのですよ!

入野駅で下車

43538.jpg 43538-1.jpg 43538-2.jpg 43538-3.jpg 43538-4.jpg 43538-5.jpg

未乗下車駅に初降りして、涙が出てくるっていうのは、過去の9000余駅でもほとんどありませんが、今、涙。だって開聞岳バックですよ!(/_;)
もちろん、駅舎なしでホームベンチに屋根のみ、という、指宿枕崎線閑散区間でのほとんどの駅と同じフォーマットの棒線停留所。ですが、駐輪場のある駅前道路とホームが離れすぎてます。これは計画時に、交換可能に改造できるようにしたのかもですね。
駅前の少し先の国道沿いにはそれなりの規模の集落があります。

2013/05/03

隈之城駅で下車

43525.jpg 43525-1.jpg 43525-2.jpg 43525-3.jpg 43525-4.jpg 43525-5.jpg 43525-6.jpg

これで、鹿児島本線の鹿児島方、マルス的には鹿児島2、の全駅に乗下車達成しました\(^o^)/
1線スルーで交換のない場合は上下線とも1番線に発着で、今回は跨線橋わたらずに済みました。木造駅舎のコンコースは、駅務室側はどうにも簡素化されてしまってますが、木製据付ベンチと天井は昔ながら。ただしこげ茶色に塗られてて、これは駅舎表面もそうですが、なんか城を模した意匠ってことで。
駅前はすぐ県道なんですが、なぜか駅近くのみ店舗がないっていう、謎の立地(?_?)。そして駅裏に向かって自由通路として跨線橋がもう1本架けられてますが、中高校があって、そのため朝夕には肥薩おれんじ鉄道からの直通列車がこの駅止まり・始発で設定されちょります。

木場茶屋(こばんちゃや)駅で下車して次の各停川内行きに乗車

43524.jpg 43524-1.jpg 43524-2.jpg 43524-3.jpg 43524-4.jpg 43524-5.jpg 43524-6.jpg 43524-7.jpg

これで「こばんちゃや」とはなかなか読めまいて!(@@;)
Z型の歩道橋式跨線橋で出入口とホームが結ばれてて、その先には今回もさんざっぱら見てきた簡易駅舎が設置。
その跨線橋の途中から見下ろした限りでは、簡易駅舎すぐ隣にサンクス、国道はさんでの向かいにたこ焼屋、その左奥にラーメン屋という構成で、ロードサイド型ではありますが全部食べ物系っていうね。まぁ茶屋だからそれでいいのか!(ちがいます)
おそらくは旧駅舎があっただろう、現簡易駅舎から階段降りたスペースは駐車場になってます。てか右隣のサンクス来店者用の区画が、出入口通路を挟んでるよ!笑

市来駅から2.9km歩いてきて到達した神村学園前駅より各停川内行きに乗車

43523.jpg 43523-1.jpg 43523-2.jpg 43523-3.jpg 43523-4.jpg 43523-5.jpg 43523-6.jpg 43523-7.jpg

学園前って駅名で、実際に学園の大寄付で2010年開業の新駅ですが、駅前の国道沿いにはとんかつ屋や巨大民宿など、あまり学園前ぽくないのが多いんですが(^O^;) かろうじてローソンは「ぽい」か。っていうかどこにでもあるか。(^^;;;)
築堤にホームつけて、でバリアフリー化のためにエレベータも持ってますが、駅舎はありません。階段上がり切った先がフラットにホームで、券売機やSUGOCA簡易改札はその内側にあります。

市来(いちき)駅で下車

43522.jpg 43522-1.jpg 43522-2.jpg 43522-3.jpg 43522-4.jpg 43522-5.jpg 43522-6.jpg 43522-7.jpg

1枚目のこのやたら低い長ベンチの待合所…ホームミラーの位置からわかるとおり、2両編成はこの手前に停まるんですよ…なんとなく準トマソン。
旧町の玄関駅としては屋根無しはやや寂しく。上りホームからはスロープで駅舎につながります。高度成長期型のコンクリ駅舎ですが、待合室の中央に指宿枕崎線二月田駅と同じ謎の台!(・・?
そしてエントランスは、何気に柱がひだひだ円柱。ステンドグラス風装飾と相まって、悪くないです(^_-)-☆
駅前ですが脇はどうやら公園(8枚目)。7枚目の駅正面、駅前商店はよいのですが、その向こうは、暗くて撮れませんでしたが、畑でした!(^^ゞ 市役所の玄関駅が農地だらけ…(^O^;)

湯之元駅で下車して次の各停川内行きに乗車

43521.jpg 43521-1.jpg 43521-2.jpg 43521-3.jpg 43521-4.jpg 43521-5.jpg 43521-6.jpg

これまた、国鉄高度成長期型なコンコース。特に改札口が立派過ぎる。もち、観光駅としての矜持です。今は簡易委託駅になってます。
そして正面から見ると、鉄骨組みの駅舎は意外と全体としてはコンパクトサイズです。
4枚目は駅わきの貨物扱いスペース跡。
5枚目の駅正面としては、右側のヤマザキショップはともかく、左側の年代物の建屋の看板、ボンタンアメ!湯之元せんべい!かるかん! と並びまくりですよ!!!( ・´ー・`) この正面に歩いて川渡ると国道沿いに湯之元温泉街がありますが、駅周辺はやはり鹿児島のベッドタウンのような感じ。マンションもちらほらあります。

伊集院駅で下車してすぐ次の各停川内行きで折り返し

43520.jpg 43520-1.jpg 43520-2.jpg 43520-3.jpg 43520-4.jpg 43520-5.jpg 43520-6.jpg 43520-7.jpg 43520-8.jpg 43520-9.jpg

伊集院駅名物、クルマが入る旧1番線!ヽ(`▽´)/ もう旧3番線に降り立った瞬間から釘付けであります(*^_^*)。跨線橋わたって降りてくと、そこにはハリボテの島津義弘、には目もくれずに旧1番線ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ 現在は駐車場ですが、もちろんここ、かつて鹿児島交通の鉄道線が乗り入れてたホームなのです。路線の反対側は枕崎駅、指宿枕崎線と接続してました。
国鉄高度成長期型の、特に幹線駅仕様と言ってよい駅舎のコンコース。もち今も有人駅です。正面から見て、6枚目の駅名看板の右下に丸く光ってる時計、その上に兜が乗ってます罠。一方で駅正面には島津義弘像、こちらはハリボテでなくちゃんとしてます(^^ゞ
そして駅わきにはサンクスと本屋さん。本屋さんがあるのはその地域の規模のバロメータ。日置市の玄関駅として立派なもんです。
9枚目はホームに戻ってきて、さっきは列車で塞がれてた駅裏を拝めて、通路のないこちら側にも団地できて居酒屋がある。鹿児島のベッドタウンだここも!(^^)

東市来駅で下車して次の各停鹿児島中央行きで折り返し

43519.jpg 43519-1.jpg 43519-2.jpg 43519-3.jpg 43519-4.jpg 43519-5.jpg 43519-6.jpg 43519-7.jpg 43519-8.jpg

木造を徹底改修したタイプ、出札口も小奇麗です。そして木製据付ベンチとデザイン合わせた広ベンチが待合室中央にやはり据付!
正面の丸っこいゲートみたいなやつはJR九州にやはり多い印象がありますね。
駅前通りより一段高い位置に構内があり、よって郵便荷物貨物用の車道が坂道になってますが、これが広くて緩いことから、そのまんま全面を駐車場にしてしまってるのはグッドアイディア(^o^)。
駅前道路沿いには麺系ファミレスとファミマ。夜景として見た限りですが、周囲に住宅は結構あるみたいですよ。

薩摩松元駅で下車して次の各停串木野行きに乗車

43518.jpg 43518-1.jpg 43518-2.jpg 43518-3.jpg 43518-4.jpg 43518-5.jpg 43518-6.jpg 43518-7.jpg 43518-8.jpg 43518-9.jpg

崖上にあり、見下ろす先には宅地が広がってます。
決して広くはないホームの真ん中に地下道に続く出入口があるタイプで、有人駅時代はホーム真ん中に出改札口があった塩梅。出札口跡に近づいてみたら、受け渡し台が木製だよ!\(◎o◎)/! 普通はつるつるの石材使わないかい?
有人駅時代でも既にラッチ外となるホーム階段を降りてくと、つきあたりとなり、右が上り階段で左が下り階段になります。上り階段を上った出入口が6枚目、寂し過ぎますが、なんと駅トイレはこの左の建屋と(@@;)。ここにしか作りようがなかったんてしょうね… 対するに左の下り階段を下ると、これぞ宅地側の出入口。即道路なんで、こりゃトイレは崖側につくるしかなかったのもわかります。ここは戦後まもなくの後付け請願駅故の苦心。
駅前には食堂があるようです。ただし商店などは少し先の県道の方にあるのかな?

広木駅で下車して次の各停川内行きに乗車

43517.jpg 43517-1.jpg 43517-2.jpg 43517-3.jpg 43517-4.jpg 43517-5.jpg 43517-6.jpg 43517-7.jpg 43517-8.jpg

2009年開業の新駅。周囲には本当に何もなく、駐車場は大きい。そしてキスアンドライド用のスペースも広くとってあります。でもってここの最大の特徴は、駐車場や駐輪場と別に、バイク用駐輪場があること!これって全国的にも珍しいことなのでは? すばらしいです(^○^)
そして上りホームから外側を見れば、高台の上にマンションが(^_^)/~☆ 星ケ峯ニュータウンで、ここのメイン利用者として想定されてます。駅利用者数も目標を超えて増加中らしくこれまためでたいことです\(^o^)/
川内行きは車掌さん乗務の4連、ここで降りたみなさんのお陰で空いた席に座ります。

宮ケ浜駅で下車

43512.jpg 43512-1.jpg 43512-2.jpg 43512-3.jpg 43512-4.jpg 43512-5.jpg 43512-6.jpg 43512-7.jpg 43512-8.jpg

これはさすがに、島式だったか、少なくとも西鹿児島方に貨物側線はあったでしょう!(・∀・)
ホーム向かいはビーチになってて鹿児島湾を独り占め(^^)v 当然駅正面から引いてみれば鹿児島湾をしたがえた簡易駅舎状態。
そして…駅正面に現役の小売店があるんですが、これが「いもあめ屋さん」なんですわ\(◎o◎)/! そんな商売もあるんだなって、昨日の山芋皮むき屋さんに次いで感心しましたわ(^ム^)
そのお隣は芋焼酎の造り酒屋。あれもしや両者に関係アリ? (?_?)
でもって駅前商店街はすぐ先の国道沿い。ていうかヘキサ! この駅前通りはいわゆる県道停車場線でしたヽ(=´▽`=)ノ 国道から駅までの超短い県道です。
駅前商店街には薬局などいくつか現役のお店あり。ローソンもありますね。

二月田(にがつでん)駅で下車

43510.jpg 43510-1.jpg 43510-2.jpg 43510-3.jpg 43510-4.jpg 43510-5.jpg 43510-6.jpg 43510-7.jpg 43510-8.jpg 43510-9.jpg

読み方が独特、とかの前に、これら画像から、この駅は元々は島式ホームだったのか否かがすっげー気になってしまいます…前後しますがラッチ外から指宿方に向かってみた9・10枚目なんか、どっちつかずともどっちともとれるとも…(?_?;)
駅舎としては、これ木造でなくてコンクリ製ですよ(・∀・)。ラッチはわざとらしいけど日南線木花駅とかと同じか。待合室中央には謎の台(・・;
駅前には相当に骨董な商店跡があります…左側のおっきな写真店は現役かしら?

喜入(きいれ)駅で下車して次の各停山川行きで折り返し

43509.jpg 43509-1.jpg 43509-2.jpg 43509-3.jpg 43509-4.jpg 43509-5.jpg 43509-6.jpg 43509-7.jpg 43509-8.jpg

2枚目、旧3番線の一部線路が残ってますがバラスト積み線であります(^o^)。3枚目は駅裏ですが広い空間、工場でもあったんでしょうか。自由通路歩道橋の導線で「通路」!とは力強いヽ(=´▽`=)ノ
駅舎内待合室には木製据付ベンチがありますが、よくある壁面だけでなく、中央にもこれというのは少数派(^○^)
しかし…これだけの木造駅舎ですが、なーんとなく、ミトーカっぽい雰囲気が出てしまってる気もしないではない…駅務室のフル木製窓枠とかすごいのに、目立ってないよなー。
駅前にも古めかしい建屋が。また、普通なら小売店が並んでそうな駅前にやたらと倉庫があるのもユニーク。あんまり、旧町の玄関駅らしからぬ感じでありました。

生見(ぬくみ)駅で下車

43506.jpg 43506-1.jpg 43506-2.jpg 43506-3.jpg 43506-4.jpg 43506-5.jpg 43506-6.jpg 43506-7.jpg 43506-8.jpg 43506-9.jpg

なんかなまめかしい読みだ…(^O^;)
やったら細い旅客ホームに対し、鹿児島中央方、いや西鹿児島方に等脚台形な貨物ホーム跡が残ります(^○^) 駅舎はなんだか違和感をおぼえなくもないカタチですが、待合室に入ってみた印象では、切り取り縮小されたわけでは無さそうな気がしました。
駅前は国道。ていうか7枚目は等脚台形貨物ホーム跡を撮るべく向いたんですが、右の看板が気になりまくりなんですが…(;´Д`)
国道に出てみても店舗などありませんが、生見の町並みはこの駅の両側に少し離れたとこで在るようです。

前之浜駅で下車

43503.jpg 43503-1.jpg 43503-2.jpg 43503-3.jpg 43503-4.jpg 43503-5.jpg 43503-6.jpg 43503-7.jpg 43503-8.jpg

ここ、日豊本線の車中で調べた時点では後で降りるところ、なんとなく混雑の中立ったままMBA開けて調べたところ、降りたほうが余裕が出ることに気づき、急遽降りた次第。と言うか実はこの乗り継ぎだと、さっきの3.8km歩く必要なかったとわかり、腰痛い中結構ハードだったんで本気で愕然としましたよ…orz
気を取り直して観察。指宿方の貨物ホーム跡が長いっすね。たまにあるデザインの簡易駅舎は観光駅っぽいです。なんて思いつつ中覗いたら出入口がないよ(?o?) って、なんのことはなくここの先のホームから出入りするんでした。つまりこれは簡易駅舎じゃなくってホーム上待合所だってこと、これ午前中の肥薩線日当山駅とまったく逆パターン。(^o^;)
駅前は国道で、一番駅に近い建屋の農協は閉店済。8枚目の右側の少し先に、地味ながらよろず屋さんが営業中です。

瀬々串駅から3.8km歩いてきて到達した中名(なかみょう)駅から各停山川行きに乗車

43502.jpg 43502-1.jpg 43502-2.jpg 43502-3.jpg 43502-4.jpg 43502-5.jpg 43502-6.jpg 43502-7.jpg

なんなんだこのアンバランスな狛犬と簡易駅舎は。って狛犬ぢゃねーよ!!(# ゜Д゜)>じぶん
駅前にはかなり骨董な簡易局跡があります。駅前ロータリーの先はなかなかよい山々の山で、背後の海とよいコントラスト。
でもって、さっき怒られた(笑)島式ホームへと向かったところ、これが見事に切り欠きなしの構内踏切、すなわちホーム端からの出入り!つまり私はこのホームのほぼ全周を歩いたことになりました┐(´∀`)┌

瀬々串駅で下車

43499.jpg 43499-1.jpg 43499-2.jpg 43499-3.jpg 43499-4.jpg 43499-5.jpg 43499-6.jpg

なんだかJR東日本みたいなスケルトンな簡易駅舎ですがここはJR九州。駅わきはかなり広いスペースで、貨物扱いも多かったことでしょう。
もちろん駅正面は鹿児島湾。海沿いの国道にはローソンがあります。

五位野駅で下車

43497.jpg 43497-1.jpg 43497-2.jpg 43497-3.jpg 43497-4.jpg 43497-5.jpg 43497-6.jpg 43497-7.jpg 43497-8.jpg 43497-9.jpg

地元の方々には大変申し訳ないんですが、なんかすっげー違和感というか嫌悪感を覚えてしまう文字列の気がしてしまうんです。…あ、それとは文字が入れ替わりでしたわ。サーセンm(__)m
でもって無人駅のところ掛員さん出張してきてて集札業務。どうやら近くに動物園があるらしい!(^^)
簡易駅舎ですがかつては有人駅だったような気もします。駅前には小さなロータリーがあって路線バス乗り入れ、で駅舎半分隠された(^o^;) 駅前通りには店舗があった痕跡もありません。
跨線橋で下りホームにわたってみれば、おー桜島を撮れた!(^○^) 国道に直接開く出入口が新設されてて、無人化で利便性が高まる唯一のパターンですね。

平川駅で下車

43494.jpg 43494-1.jpg 43494-2.jpg 43494-3.jpg 43494-4.jpg 43494-5.jpg 43494-6.jpg 43494-7.jpg 43494-8.jpg 43494-9.jpg

六角形のパイプ組ラッチ2連、高めの天井に大きな駅名看板という、ある意味観光駅みたいな構造。でも駅前通りは畦道由来っぽい細さ&曲がり。6枚目は小学校で、通学路にもなってます。
で、まず驚いたのは7枚目、駅と駅前通りはさんだ反対側に駐車場と、あと駅トイレなんですよ!\(◎o◎)/! ホームには広い部分もあるんで、わざわざ屋根もなく離れたとこにトイレ作る意味あったんでしょうか…(?_?;)
そして、そんなことを思いつつホームに戻って気づいたよ、なんだこの8枚目の階段!( ̄□ ̄;)!! ホームの広いとこに突然口開けてるっていう。わきにおなじみの竣工年月銘板があり、1979年5月だってんですけど、よく見るとこれは階段じゃなく、階段のすぐ脇から別物として造られた壁面のものなんです。それで階段上ったら10枚目ですよ…微妙な広さの空間で、右奥は野良菜園にされてます。果たしてここに何があったのか…(?o?)
なぞだらけの平川駅なのでした…((((;゜Д゜))))

慈眼寺(じげんじ)駅で下車して次の各停山川行き(1分遅延)で折り返し

43493.jpg 43493-1.jpg 43493-2.jpg 43493-3.jpg 43493-4.jpg 43493-5.jpg 43493-6.jpg 43493-7.jpg 43493-8.jpg

業務委託駅ですがあからさまにこりゃプレハブで仮設だ。跨線橋から谷川方を見れば、これは連立化工事だとわかります。
駅前広場は広い、ってかすっげーチャリの数(@@;) 工事の結果駅前は多少再開発されてしまったのかもしれませんね。7枚目は元の駅と。
山川行きにはやっぱり観光客も多くて大混雑。

坂之上駅で下車してすぐ次の各停鹿児島中央行きで折り返し

43492.jpg 43492-1.jpg 43492-2.jpg 43492-3.jpg 43492-4.jpg 43492-5.jpg

まだまだ鹿児島のベッドタウンですが、空間余裕はだいぶん出てきました。簡易な駅に見えますが業務委託駅でみどりの窓口もあります。駅前通りは、駅の反対側に主要道があるため、生活道レベル。と言いつつも開業は私とほぼ同じでそこそこ年寄りな指宿枕崎線坂之上駅、駅前にタクシー営業所はちゃんとありますよ。

郡元駅で下車してすぐ次の各停喜入行きで折り返し

43491.jpg 43491-1.jpg 43491-2.jpg 43491-3.jpg 43491-4.jpg 43491-5.jpg 43491-6.jpg 43491-7.jpg 43491-8.jpg

目の前高層マンション(@@;) 他もマンションだらけで駅前の形成もなし。まさに1986年の後付け開業で、敷地ギリギリなんで業務委託窓口も狭っ(^_^;) そしてアピールデカ看板ありますが、「新幹線2枚」がガムテで消されてます(^^ゞ
鹿児島市電に同名駅がありますが離れてまして、6枚目の駅前通りの先にあるのは純心学園前駅です。
折り返しは先の枕崎行きとちがい観光客が乗ってなくて、相席ですが転クロに座れました(^^)

宇宿(うすき)駅で下車してすぐ次の各停鹿児島中央行きで折り返し

43490.jpg 43490-1.jpg 43490-2.jpg 43490-3.jpg 43490-4.jpg 43490-5.jpg

難読ですがこれ臼杵駅と同じ読みですね。
駅前はまさに鹿児島のダウンタウン。業務委託駅で、駅員さんに「良い写真撮れましたか?」と声掛けられました(*^_^*)
5枚目の駅前通りはホーム先の踏切の道となりますが、これが賑やかなのは、指宿枕崎線ではなくてこの先の鹿児島市電の駅があるからです。そちらの駅には去年のGWに降りましたよ。
折り返しは転クロ車ですが混んでて座れませんので旧型車と同じこと。あいや冷房の効きがいいか。(^_^;)

日当山(ひなたやま)駅で下車

43486.jpg 43486-1.jpg 43486-2.jpg 43486-3.jpg 43486-4.jpg 43486-5.jpg 43486-6.jpg 43486-7.jpg

やったら長い!ホーム上待合所ですが、中はすっげーがらんどう(・_・;) 2箇所もデッカい看板が設置されてて明らかに正式駅名よか目立ってます。個人的には右下のペットボトル横置き植木鉢にその手があったか!と感心しましたよ(^O^)
そして出口はどこだと探してもない! って待合所の中に開いてたっていう(^O^;) ついこゆ待合所だと中には出口ないっていう先入観だよなぁ(^^ゞ
そしてそこよりも幅広い階段が別にありました。その下が旧駅舎だったってことで。なんか6枚目だと待合所が駅舎みたいに見えなくもないというね(^_^;)
駅前には店舗などない感じですが、昔敷かれた高原を下りてくる鉄道路線はだいたい下の街をぐるりと回ってくるわけで、まさにその端にある駅ってことで、周囲は普通に宅地になってますよ。
さて、ここから隼人駅まで歩くことにしました!

表木山(ひょうきやま)駅でインチキ特急との交換待ち8分停車、急遽行程を見直したところここで瞬間下車しとくと効率よくなるのに気づきそうする

43485.jpg 43485-1.jpg 43485-2.jpg 43485-3.jpg 43485-4.jpg 43485-5.jpg

簡易駅舎より立派な2本の樹が( ・∀・)イイ!!
ほとんど利用者のない、信号場由来の駅で、小集落のみの店舗なしです。

1分遅着の植村駅で下車してすぐ次の各停隼人行きで折り返し

43484.jpg 43484-1.jpg 43484-2.jpg 43484-3.jpg 43484-4.jpg 43484-5.jpg 43484-6.jpg

見晴らしが( ・∀・)イイ!!のみならず、このホーム上待合所がガタボロのフル木造だ\(^o^)/
もち駅舎はなく、木造待合所がメイン。左側のコンクリ建屋は、トイレではなく何らかの設備室です。
駅前は県道で店舗などなし。バス停はありますよ。

1分遅着の中福良(なかふくら)駅で下車してすぐ次の各停都城行きで折り返し

43483.jpg 43483-1.jpg 43483-2.jpg 43483-3.jpg 43483-4.jpg 43483-5.jpg 43483-6.jpg

のどかな棒線停留所でホーム上待合所のみにて駅舎なし。出入口も簡素過ぎで駅前通りは単なる生活道っていう(^O^)。というか、6枚目の道を進んで川渡った県道沿いに中福良の集落があるようで、駅前はメインでもなんでもないようです。あと、のどかとはいえ、鹿児島空港が近いんで、離着陸時は少し騒音です。

2013/05/02

運転士さんに270円支払って西小林駅で下車して吉都線全駅乗下車達成&宮崎県内全駅乗下車達成\(^o^)/

43468.jpg 43468-1.jpg 43468-2.jpg 43468-3.jpg 43468-4.jpg 43468-5.jpg 43468-6.jpg 43468-7.jpg

対向ホーム跡がすっとのびてて清々しく。よく考えると、吉都線て交換廃止になった駅、少なめですよね。
駅舎はまたこのタイプかよ!のタイプ。(^^ゞ
駅前は至ってのどか、現役なのは郵便局と農協ガススタンドと床屋さんのみの吉都線西小林駅。しかし。8枚目の四つ角の反対側に、スーパーがあるかのデカい立看板が!

運転士さんに540円支払ってえびの駅で下車

43463.jpg 43463-1.jpg 43463-2.jpg 43463-3.jpg 43463-4.jpg 43463-5.jpg 43463-6.jpg 43463-7.jpg 43463-8.jpg

都城方も吉松方もまさに高原! この眺めも国内駅有数と思いますが、それ以上に輝いてるのが、マイラスボス、この木造駅舎です!(*^_^*) 窓枠も改札もフル木造、出札口は2連でさらに手小荷物窓口は離れてて、高い高い天井の空間余裕。昔の人の身長に合わせた低い低いフル木製据付ベンチ。貫禄が違うんだよ貫禄が!( ・´ー・`)
これでたぶん、私は国内の著名な木造駅舎の駅にはすべて乗下車できたはずです\(^o^)/ 個人的な欲求ということでは、まだ肥前長野駅とか残ってますが(^^ゞ

日向前田駅からゆるいのぼり連続の(^O^;)5.0kmを歩いてきて到達した高原駅から各停隼人行きに乗車

43462.jpg 43462-1.jpg 43462-2.jpg 43462-3.jpg 43462-4.jpg 43462-5.jpg 43462-6.jpg 43462-7.jpg 43462-8.jpg 43462-9.jpg 43462-10.jpg

ここは「たかはる」と普通に読みます!(あ、普通ならこうげんか(^O^;)) 高原町の玄関駅で、途中役場の横を通りましたがここからは少し遠いかな。
駅前には地場スーパーがしっかり営業中。立派な駅舎はやはり大部分が観光案内所と売店で、駅部分は5枚目の狭さ。そこを抜けてホームに出たら、「神武天皇生誕の地」ってアンタ…┐(´∀`)┌ まぁ、私の出身地に寅さん記念館があるみたいなもんなのかな。:-p
8枚目、広い構内! なのもすばらしいですが、1本の貨物側線に2つの貨物ホームがあったようなつくりも目を引きます。
やってきた列車は20人くらい乗ってて盛況。整理券の券面がカッコエエんですが、これは実利用のため後ほど回収の運命(/_;)

運転士さんに220円支払って日向前田駅で下車

43457.jpg 43457-1.jpg 43457-2.jpg 43457-3.jpg 43457-4.jpg 43457-5.jpg 43457-6.jpg 43457-7.jpg 43457-8.jpg

結構鬱蒼としたロケーション。簡易駅舎が出入口とは垂直に位置してて、どちらかというと待合所状態です。で3枚目、これ待合所の向こう側なんですけど、これ一体なんなんざんしょ(?o?)
駅へのアプローチは坂道で、そこを降りて曲がると小学校。その下に割と大きな前田の集落があります。駅は集落の端の上、と。

広原(ひろわら)駅で下車

43454.jpg 43454-1.jpg 43454-2.jpg 43454-3.jpg

!九州の駅で「原」で終わるのに「はる」「ばる」って読まないなんて!!( ̄□ ̄;)!!
駅舎なし、JR九州によくある簡素な屋根付きベンチのみですが、ここはまっすぐな構内で、真横の道路もまっすぐで、両側の丘の中はみわたせる空間になってます。なのでやた、広いホーム出入口の3枚目の画像までで駅と駅前の紹介が終わってしまった!(笑)
ということなので、都城肩の方のホーム端の向かいくらいから、道路に出ての景色を4枚目に。高原でしょ?ヽ(=´▽`=)ノ

2013/05/01

日向沓掛(ひゅうがくつかけ)駅で下車してすぐ次の各停田野行きで折り返し

43447.jpg 43447-1.jpg 43447-2.jpg 43447-3.jpg 43447-4.jpg 43447-5.jpg 43447-6.jpg 43447-7.jpg 43447-8.jpg

これで、日豊本線の未乗下車駅は、福岡県内に2駅・大分県内に3駅の計5駅となりました!(^^)
そして今日の駅めぐりはこれで打ち止め、田野行きには乗らずにさぁ遅れまくってる記事書きするかと意気込んでたんですが…
特急通過もあるのにホーム超狭く、そのせいかホーム上にベンチがありません。
そこで、普通の歩道橋よりさらに細い跨線橋をわたって駅本屋に進みましたが…なんなんだよこの駅!( ̄□ ̄;)!! 元々の狭い待合室を全部潰してトイレにしてるよ!(・・; つまりこの駅、ベンチ完全ゼロだよ!!(#・∀・)
正直、ここで、記事を是が非でも追いつけようとする心が、折れてしまいましたorz
なので観察。そもそも待合室をつぶしても出札口の小銭台は残ってるっていうのもナニですが、駅前通りもよくわからない。どうやららせん状に一段上に上る道になっていて、その先が駅前通りですが、周囲は明らかに宅地。その突き当りが国道となってまして、そこまでの間には店舗系はたぶんゼロ。そっから先にはコンビニとかもあるようですが。
スマホカメラの性能では街灯もない状況で写せなかったんですが、一応、7枚目は駅前通りの右側にある駐輪場、8枚目はつきあたりの国道の街灯です。

五十市(いそいち)駅で下車

43445.jpg 43445-1.jpg 43445-2.jpg 43445-3.jpg 43445-5.jpg 43445-6.jpg 43445-7.jpg 43445-4.jpg

下りホーム側は農地がひろがります。駅舎もさっきの北永野田駅や北俣駅と全く同じ簡易駅舎。
しかし!駅正面には普通に宅地が広がってるのでしたよ(^^ゞ
とはいえ、駅前通りの県道沿いのお店はほぼ全滅、ヤマザキショップまで閉店の日豊本線。どうももう一本の離れた県道がロードサイド化してるっぽいです。
駅前で現役なのは簡易局とガススタンドのみ。これだけ書くと田舎の駅みたいなんですけどね…
だがしかし、この駅の最大の着目はここへだ!! 8枚目、側線の線路がなぜかぶつ切れ! 路面電車レベル!! (・∀・)

4分遅着の北永野田駅で下車、交換相手の各停宮崎行きも4分遅れてきたため行程前倒しで乗車して折り返し

43444.jpg 43444-1.jpg 43444-2.jpg 43444-3.jpg 43444-4.jpg 43444-5.jpg 43444-6.jpg 43444-7.jpg 43444-8.jpg 43444-9.jpg

駅の構造がコンパクトだったから間に合ったともいえますね(^^;;)
まず下りホームの待合所の朽ち掛け感がハンパない…(@@) まぁここからの険しい霧島方への実需もなさそうですしね(^^;;)
下りホーム用跨線橋は簡易駅舎の前に降りていくかっこうで、上りホームとはつながってません。簡易駅舎は今日何度も見たタイプ。 かなりの山奥で、かつてなら駅前商店は必須だったとも言えましょう。しかし今は…
そしてかなり風化してる!( ̄□ ̄;)!!上りホームへの急階段を降りて、上り列車で折り返したのでした。

北俣駅から3.7km歩いてきて到達した財部(たからべ)駅から4分遅発となった各停鹿児島中央行きに乗車

43443.jpg 43443-1.jpg 43443-2.jpg 43443-3.jpg 43443-4.jpg 43443-5.jpg

ほぼ下り一方であまり疲れず、とはいえこれまでの積み上げ疲労があるからなぁ(^^ゞ
かなり強力な駅前ですが、旧財部町の玄関駅としての威風堂々なのでしょう。あと、東日本では鉄道駅には駅前旅館と相場が決まってるところ、九州、特に南ではそうでもない、でここにはありますよ!(^^)
貨物扱いスペースはめちゃめちゃ広い(*_*)
日豊本線財部駅の簡易駅舎は近年建てられたもので、売店が入居してますが水曜定休とか(^^ゞ

2分遅延の北俣駅で下車

43442.jpg 43442-1.jpg 43442-2.jpg 43442-3.jpg 43442-4.jpg 43442-5.jpg 43442-6.jpg

まだまだ山の中の駅。というか少しでも勾配抑えるために高台に駅あるとこばっか。だからここも見下ろす位置に、けさ日南線でもみてきた簡易な駅舎、それに機器室もあります。駅前通りにはなーんもありません。つきあたりも県道ですらなく。そのつきあたりを進むと県道で、そこに元商店1軒あって小集落があります。

大隅大河原駅で下車

43439.jpg 43439-1.jpg 43439-2.jpg 43439-3.jpg 43439-4.jpg 43439-5.jpg 43439-6.jpg 43439-7.jpg 43439-8.jpg

だいぶん山深くなってきました。宮崎方はすぐトンネルです。見下ろす位置の簡易駅舎、題して「悠久の駅舎」…かなり大きく出ましたね。(^O^;)
山の中としては駅敷地はかなり広く、直接貨物用道路にも上がっていけてた構造。駅前商店は閉店、少し先の農協は現役でしょうか。

加納駅で下車

43428.jpg 43428-1.jpg 43428-2.jpg 43428-3.jpg 43428-4.jpg 43428-5.jpg

以前通り過ぎた時にチラ見して知ってはいましたが、ホーム上にベンチがありません!! ただし、ホームから階段降りた、券売機あるとこの横にかろうじてありましたよベンチ(笑)。正面に出札窓口が見えてますが、ここ、開業当時は直営駅で、この窓口も立派に使われてたらしいですよ(@@)
マンションなど立ち並ぶ宮崎のベッドタウン内ですが、すなわち開業前は閑静な宅地にときたま列車が通過してたわけで、開業によって、少なくとも各駅停車のぶんは騒音が縮減したはずなんで良い駅です!(^^ゞ

油津駅で特急海幸山幸号との交換待ちで7分停車につき瞬間下車して日南線全駅乗下車達成ヽ(^o^)丿

43425.jpg 43425-1.jpg 43425-2.jpg 43425-3.jpg 43425-4.jpg 43425-5.jpg 43425-6.jpg 43425-7.jpg 43425-8.jpg

なんか日南線は巨大な駅舎多くありません?状態な駅舎。そこまでの通路も広い。これ、開業当時からの駅舎なのですが、やはり観光を意識したデザインのような気はします。
そしてここも集札実施の簡易委託駅。観光協会が入居した上で受託しているようです。
駅前ロータリーは大きめでビルもちらほら。脇には宮崎交通のバスセンターも面してます。
でも…なんですかこのオブジェ((((;゚Д゚)))) まるで伊藤潤二のギョ。じゃないすか!(´ヘ`;)

終点南郷駅で下車して折り返し始発の各停宮崎行きで折り返し

43422.jpg 43422-1.jpg 43422-2.jpg 43422-3.jpg 43422-4.jpg 43422-5.jpg 43422-6.jpg 43422-7.jpg 43422-8.jpg 43422-9.jpg

同じ日南線の北郷駅は「きたごう」なのにこちらは「なんごう」の怪。
交換不能ですが折り返し列車のために閉塞境界になってます。まさにこれもそう。なんで荷物置きっぱも考えましたが一応きちんと降りとくかと改札向かったらおねいさんがお出迎え。おーここも集札実施の簡易委託駅でしたか!(^O^)
そしてふと側線を見ると、4枚目、なんか見たことない標識が。(?o?)
駅舎は、内装も外装も、特急海幸山幸号に合わせてなのか、徹底的に小綺麗にされてます。駅前にはお隣大堂津駅と同じくロータリーと三叉路。旧町の玄関駅ですが、だからなのか賑わいは旧役場のほうがあるみたいですね。
折り返しの始発列車はガラガラ。さっきの上り列車にはあんなにたくさん乗り込んできたのに!(^^ゞ

大堂津駅で下車

43417.jpg 43417-1.jpg 43417-2.jpg 43417-3.jpg 43417-4.jpg 43417-5.jpg 43417-6.jpg 43417-7.jpg 43417-8.jpg 43417-9.jpg

手前の南郷から、そこまでの小学生たちと合わせて激混みになりました(@@)。やはり南郷以南は閑散区間なんだなぁ。
木造駅舎も残りますが、それ以上に、独立した貨物ホームが印象に残ります。あと下りホームから日向灘も見えますよ(^^)/~
駅前にはロータリー、そして正面に信金の有人支店があります。ちゃんと街だ。角っこで駅前商店も盛業中だし、市営団地とかスーパー形式の八百屋さんとかもありますよ。

駅直前でタヌキが前を横切って急ブレーキという珍理由により1分遅着の榎原(よわら)駅で下車

43414.jpg 43414-1.jpg 43414-2.jpg 43414-3.jpg 43414-4.jpg 43414-5.jpg 43414-6.jpg 43414-7.jpg

また難読なこと…(・。・;
全体にへろへろなローカル線ならではの配線も魅力的。宮崎方からは3番線かと思いきや行き止まりの謎の配線。開業時一時的に終着駅だったのと関係ありやなしや?
そしてこの駅舎!\(^o^)/ 出札口と手小荷物窓口の独特のフォルム、そしてエントランス左側の丸い柱。枠部分は木製も多く(その方が戸や窓などの取り付けがたやすいからでしょうか)、コンクリ製だって魅力ある駅舎はあるんだい!!(*^^)v
しかし…ホーム側に掲げられた国鉄フォントの行灯型駅標。これ、「ひゅうが」が「ひゆぅが」になってるエラー駅標じやないすか(笑)。

谷之口(たにのくち)駅で下車

43411.jpg 43411-1.jpg 43411-2.jpg 43411-3.jpg 43411-4.jpg 43411-5.jpg

かなり山深いロケーション。先ほど降りてたエリアからは峠越えてます。崖際ホームで、川側にすわ駅舎敷地かと思いましたがなんと単なる道路、その傍らに駐輪場が付いただけみたいです(^^ゞ
その道路はすぐ国道と接続、この国道のせいで静かではありません。駅前には店舗も集落もありませんが、少し西の方に小集落がある模様です。

日向北方駅からファミマ串間ふれあい坂店経由で3.3km歩いてきて到達した串間駅から各停油津行きに乗車

43409.jpg 43409-1.jpg 43409-2.jpg 43409-3.jpg 43409-4.jpg 43409-5.jpg 43409-6.jpg 43409-7.jpg 43409-8.jpg

というかはじめてで急いできた人に、これが駅舎だと認識するのは困難だと思います!
駅は串間市役所にも近く、さすがに現役店舗たくさんな駅前(てかローソン駅前にあるし!orz)。それでも街の規模はさほど大きくなく、喧騒とかなさそう。
駅舎は国鉄高度成長期型をベースに観光色も入れたコンクリ製。今や敷地の大半を店舗に取られてしまい、駅機能はほんの片隅にしかありません。それでもJR九州が業務委託撤退した後、駅舎を賃借でなく買収して、しかも簡易委託を受託して窓口継続させてる串間市は、トータルでは批判できないかもです(もち、この件に限った話で)
貨物側線は両端が本線接続で、今もレールが残されてます。一方の駅舎側はやったらホームが広く、もちろん、この間に線路があって交換可能だった名残りです。

日向北方駅で下車

43406.jpg 43406-1.jpg 43406-2.jpg 43406-3.jpg 43406-4.jpg 43406-5.jpg

のどかな集落の中の棒線停留所です。南九州でよく見かけるタイプの簡易駅舎で、行き止まりのくの字形の駅前通りには店舗はなくてその先はすぐ国道。そこに駅前商店街がありますが、かろうじて数店舗は現役のようです。信金の支店も写ってますが、これは今はATMだけみたい…でもこのあたり、各駅ごとにこの様相なんだから大したもんですよ!(^o^)

日向大束(ひゅうがおおつか)駅で下車

43403.jpg 43403-1.jpg 43403-2.jpg 43403-3.jpg 43403-4.jpg 43403-5.jpg 43403-6.jpg 43403-7.jpg

この駅名は先の福島今町や福島高松とは違い、旧国名+地名の国鉄スタンダード命名です(笑)。
上りホームの裏側はエーコープはじめ農協関連の施設たくさん。木造駅舎の質感はなかなか(・∀・)イイ!! そして出札口跡が旧式でなお(・∀・)イイ!!
改札口も出入口も吊り掛け?フル木造引戸です。ただしちと全体に痛みが来てるのは厳しいところ…でもなんか、駅務室は保線詰所みたいにして使われている痕跡もあるので、末永く保ってほしいなぁ。

福島高松駅から2.8km歩いてきて到達した福島今町駅から各停宮崎行きに乗車

43402.jpg 43402-1.jpg 43402-2.jpg 43402-3.jpg 43402-4.jpg 43402-5.jpg 43402-6.jpg 43402-7.jpg 43402-8.jpg

途中、人生初見のキキョウソウの花や今年初見のスイカズラの花やらを泣く泣くスルーして間に合わせました。(T_T)
駅前通りはイコール国道で、店舗が昔は並んでたとわかります。お隣福島高松よりは大きい集落です。
国鉄高度成長期型の駅舎内には、もちろん類型の出札口跡&手小荷物窓口跡。ホームには切り欠き&構内踏切です。貨物側線は変則的に駅舎と反対側にあったようで、今も乗越転轍器が現役で付いてます。
そして上り列車、ガラガラだった先の列車と違い、高校生たくさん乗ってて30分の差はデカい!(寝坊)
…あそうだ! 福島高松とか福島今町とか、これだと「福島国」って国があったみたいなネーミングですが、実際には集落名を足しただけみたいですよ(^^;;)

あっさりと宮崎県に戻ってきて福島高松駅で下車

43399.jpg 43399-1.jpg 43399-2.jpg 43399-3.jpg 43399-4.jpg 43399-5.jpg 43399-6.jpg 43399-7.jpg 43399-8.jpg 43399-9.jpg

周囲には農地が広がります。牧草栽培があるらしく、ていうか駅前にコイル置かれまくりで、藁腐臭が漂います。嫌いじゃないですが好きでもない(笑)。北海道でもしばしば感じますが、駅めぐり趣味、このにおいに耐えられないとできませんよ!!!
そして木造駅舎。なんか違和感ある?と駅舎ファンなら直感できると思います。よく見ると、旧駅務室側があまりにのっぺり。で調べてみるわけですか、やはりこれは改造で半分に縮小したようです。
それでも、1日平均乗車数1人の駅(なんせ駅前水没&藁コイルだもんなぁ…)が木造のままで残ってることには感謝しなければならないのでしょうね。
駅前は小集落ですが特に店舗などなし。それはすぐ先の国道に出ても同じです。

2013/04/30

飫肥(おび)駅で下車

43390.jpg 43390-1.jpg 43390-2.jpg 43390-3.jpg 43390-4.jpg 43390-5.jpg

難読ちゃー難読ですけど、飫肥杉_(杉)は有名ですね。もっとも私はそこ由来の飫肥杉_(焼酎)で覚えましたが。笑
真面目な話をすれば、日南駅の隣なのに、こちらは木造で交換可能で業務委託で駅前は静かって…よのなかどうなってるんだくらい、瞬間、思ってしまいましたよ(^^ゞ
駅前にはそこそこのロータリーがあって客待ちタクシーは居ます。駅前国道は日南駅と同じですがこちらは該当も普通で車量も少なめ、やや静かな感じ。

日南駅で下車してすぐ次の各停南宮崎行きで折り返し

43389.jpg 43389-1.jpg 43389-2.jpg 43389-3.jpg 43389-4.jpg 43389-5.jpg 43389-6.jpg 43389-7.jpg 43389-8.jpg 43389-9.jpg

これまたたいへんに高度成長期型の地域代表駅そのまんま! まぁ市役所あるし大工場あるし、アタリマエといえばアタリマエです。そして巨大な駅前駐車場、駅前は三叉路ですべて街灯煌々でたくさんのクルマ。
でも…JRとしては、交換廃止して完全無人化ですよ…ある意味、地方都市の、賑わいと鉄道がもはやなんの関係もないっていう、現実ですね…

北郷(きたごう)駅で下車して次の各停志布志行きで折り返し

43388.jpg 43388-1.jpg 43388-2.jpg 43388-3.jpg 43388-4.jpg 43388-5.jpg 43388-6.jpg 43388-7.jpg 43388-8.jpg

細いホームにかなり貧弱な側線群、しかし巨大なログハウス風駅舎!( ̄□ ̄;)!! でもこれハリボテに近しく、待合室とタクシー営業所と室内駐輪場の合造で、室内でなければできないものがないっていう…
でもそんなことより、ここは日南線の流動を考えるべき駅。もともと戦前は志布志方からここまでで終点で、こっから先は高度成長期の開業、当然それまでは直接の流動もなく、そもそも道路もなく。でその道路無しが決め手となって国鉄分割民営化時に早々と転換除外をキメ込めたっていう経緯がありました。
で現にこうして平日夕方に利用してみて。
そもそも降りるときにたくさん高校生下車。つまり日南からの帰宅です。
一方で、乗るときにもそれ以上の高校生大量下車ですよ!!(@@) こちらは日南線全通以降の新規流動です。
そういう意味では、日南線は、宮崎県の高校シーンに大きな影響を及ぼしたんだ、と思いました。
そして、その結果が、待合室に入った瞬間に煙いんだよ!!!(そんなオチかよ!!(^O^;))
駅前の商店はたたんだとこ多いですが、駅舎と反対側にはコンビニとかもあり、そもそも両側に宅地がひろがってて、そこそこの街ではありますね。

内之田駅で下車

43386.jpg 43386-1.jpg 43386-2.jpg 43386-3.jpg 43386-4.jpg 43386-5.jpg

えーとホーム向かいが田んぼ、ホーム側の県道の向こうが田んぼ。雨なんでカエルゲロゲロ合唱中です。(^O^)
駅前通りは県道ですが、通行量も少なく。一応駅わきの志布志方に、県道沿いで小集落はあります。
で!最初に書けよなんですが、高校生4人降りたです。1日平均乗車14人らしくその中の4人とな!(^^)

小内海駅で下車

43383.jpg 43383-1.jpg 43383-2.jpg 43383-3.jpg 43383-4.jpg 43383-5.jpg 43383-6.jpg

伊比井駅どころでなく崖へばりつきな棒線停留所。ある意味予土線新規区間の駅みたいな印象。てかそれは階段の急さ加減か(^^ゞ
とにかく目の前海、どころか宮崎方のホーム端からはミニミニ版だけど鬼の洗濯板が眼前だ!ヽ(=´▽`=)ノ
当然そんな環境なんで民家もまばら、駅前、言うても道路と海の間のスペースには、海産物屋さんが構えてますが、ほかは何もなし。地図によると少し宮崎方に集落がありますんで、そこがメインユーザかもしれません。

伊比井駅で下車して次の各停宮崎行きで折り返し

43382.jpg 43382-1.jpg 43382-2.jpg 43382-3.jpg 43382-4.jpg 43382-5.jpg 43382-6.jpg 43382-7.jpg 43382-8.jpg 43382-9.jpg

もはやここはしがらみなしに地形優先で作られた新駅といえましょう。交換設備現役だからか、高度成長期型のローカル仕様駅舎がそのまま残ります。基本コンクリですが、信号扱い出窓がフル木枠、そして横のトビラは木造でしかし引き戸でなくてドアっていう。ある意味「当時」を感じさせてくれますね。
そして注目は出札口台跡、これ実は子供の国駅と類似形状。同時期の作なんで道理です。
駅は崖上で、よくぞスペース確保しました、ですが、貨物スペースはあったのかなかったのか…駅前には元駅前商店が2店。

折生迫駅から1.4km歩いてきて到達した青島駅から各停南郷行きに乗車

43380.jpg 43380-1.jpg 43380-2.jpg 43380-3.jpg 43380-4.jpg 43380-5.jpg 43380-6.jpg 43380-7.jpg 43380-8.jpg 43380-9.jpg

いかにも観光仕様な雰囲気の駅前ロータリーがありますが、4枚目のたぶん業務用の階段とかがなにげに残ってるのもまた愉し。ただし駅舎は無人化されて久しく、寂しげであります…
構内はまさに国鉄ローカル線のゆるいカーヴ(^^) そして8枚目の北口広場はまさに宮崎交通線の青島駅跡なのです。確かにさっきの橋脚跡、あれ日南線と直交ですから、そうなるとカーヴ調整でこうなるのも合点。(地図でトレースお願いしまつ)

折生迫(おりゅうざこ)駅で下車

43378.jpg 43378-1.jpg 43378-2.jpg 43378-3.jpg 43378-4.jpg 43378-5.jpg

これも大概読めない駅名ですよね…
ただしこれもまた、内海駅と同じく、宮崎交通線にも同名駅があったわけです。そしてもちろん場所全然違うわけですが、内海と違うのは、内海は宮崎交通駅と地名が一致してますが、こちらはむしろこちらが折生迫だというのがあります(笑)。でも周囲は宮崎交通駅のほうが開けてたと思うぞ、というくらい何もないこちら。民家はそれなりにありますが、学校の裏で崖へばりつきだから暗く思えるのかも。
外側から駅名わかる掲示なし。そして出入口には意味のないラッチ風味。

内海(うちうみ)駅で下車

43375.jpg 43375-1.jpg 43375-2.jpg 43375-3.jpg 43375-4.jpg 43375-5.jpg 43375-6.jpg 43375-7.jpg 43375-8.jpg 43375-9.jpg

高度成長期の開業区間で、当初は交換駅でしたが程なく廃止、駅舎もありましたが程なく撤去して簡易駅舎に建て直しと…流れが早すぎる駅ですね…
一段高い位置に構内がありますが、なにせ階段が異様に細いという…坂道は太いですが、それは貨物のトラック用なんで…
駐輪場もなくて、南方駅の泥だらけよりさらに悲惨に、ガードレールに立てかけてるだけ状態。駅前には数戸の民家のみ。
そもそも、宮崎交通の蓄電池電車は、南宮崎から内海までの路線でした。そして戦前からある北郷より北に延伸して、当初は内海まで建設して内海からは宮崎交通という構想でしたが、線路が弱いからという理由で青島-内海間を別に作ることになった経緯があります。そして日南線の代わりに宮崎交通線を廃止するので、あくまでも日南線も内海を通るという仮象、それがこの駅です。
実際の内海集落は、10枚目の革の向こうなんですから!!┐(´∀`)┌

南方駅から3.4km歩いて来て到達した木花駅から各停油津行きに乗車

43374.jpg 43374-1.jpg 43374-2.jpg 43374-3.jpg 43374-4.jpg 43374-5.jpg 43374-6.jpg 43374-7.jpg

小洒落た駅舎は出札口やラッチもユニークなんですが、ここまた集落の裏だよ!(;・∀・) 集落自体はかなり大きく、というかこれは町ですかね、ただ駅前通りには店舗全くなく、さっき曲がる前の道に数店舗ありましたという感じ。
交換可能駅で、さらに上り線から無理矢理分岐の乗越転轍機あり。保線用でしょうか。

南方駅で下車

43372.jpg 43372-1.jpg 43372-2.jpg 43372-3.jpg 43372-4.jpg 43372-5.jpg 43372-6.jpg

ここもまた集落の裏だよ! 公道との連絡路未舗装だし。駐輪場もなくて自転車泥まみれだし(;・∀・)
ただここは、宮崎交通時代とは位置が少し違うともいいます。
長い未舗装道抜けてもまだすっげー細い道、曲がってようやく主要動に出られるレベルでした。

子供の国駅で下車してすぐ次の各停南宮崎行きで折り返し

43371.jpg 43371-1.jpg 43371-2.jpg 43371-3.jpg 43371-4.jpg 43371-5.jpg 43371-6.jpg 43371-7.jpg 43371-8.jpg 43371-9.jpg

ひぇーなんだこの大手民鉄のミニ観光駅ぽいフォーマット( ̄□ ̄;)!! たぶん、ぶっといホーム屋根柱と、エントランスのカーヴ描いた階段、その2点がそう思わせるのでしょう。
出札口跡もかろうじて読み取れます。そしてホーム側の引戸がフル木造なんですが、建物財産標がきっちり表示されてまして、消えかけですが「待合所」、それと国鉄日南線としての開業年「38」が読みとれます。なのでこの引戸は待合室なのかとも思えるんですが、そうすると出札口との位置関係がわからなくなるんですよね…(?_?;)
あと、トイレがフルブロック積みなのは、今やレアなんじゃないかしら。そうでもないか。なんとなく、駅全体と同じ色に塗られてるのが異色感を醸し出してるのかも。
駅前はもちろん青島こどものくに。あ、表記オールひらがななのね。
そしてこれで私は、日本3「こどものくに」駅を完全制覇です(笑)

運動公園駅から1.3km歩いてきて到達した曽山寺(そさんじ)駅から各停油津行きに乗車

43370.jpg 43370-1.jpg 43370-2.jpg 43370-3.jpg 43370-4.jpg 43370-5.jpg 43370-6.jpg 43370-7.jpg 43370-8.jpg

主要道わきにあるにもかかわらず出入口がわけわからん全国有数の駅。1枚目が出入口で2・3枚目がその両側、つまり県道上から駅の目印をみつけることが困難です。もち、ヲタなら1枚目のホームミラーに気づいて駅だとわかるところですが。(^_-)-☆
で一枚目の道はホーム端手前の、何らかの土台跡!!の先につながってます。この土台、相当気になりますね…まさか蓄電池電車時代の宮崎交通のものだったりして…((((;゜Д゜))))
ホームにはベンチと簡易屋根のみ。そもそも駅自体が主要道沿いの小集落の裏側にあるというのが特異といえば特異かも。

運動公園駅で下車

43369.jpg 43369-1.jpg 43369-2.jpg 43369-3.jpg 43369-4.jpg 43369-5.jpg 43369-6.jpg

出ました一般名詞駅。じもてぃには固有名詞かもですが、これ全国版時刻表に出てる駅ですからね(^^ゞ
そしてホーム上にはいまや絶滅危惧種の水飲み場が! これも運動公園という名前にあやかってかな?笑
駅前はもちろん運動公園! バイパスをまたぐ陸橋ももち整備。しかしホーム向かいは…たんぼだ!!!!ヽ(`▽´)/
イベント利用なんかを考えたんだか、役務室と臨時出札口がありますが、これ今後使われることはあるのか…

宮崎神宮駅で下車

43363.jpg 43363-1.jpg 43363-2.jpg 43363-3.jpg 43363-4.jpg 43363-5.jpg 43363-6.jpg 43363-7.jpg

やったら重厚そうな屋根が、駅規模からして不自然な広さで架けられてます。やはり参詣駅としてのアイコンでしょうか。ただ、2枚目でわかるとおり、駅裏には農業倉庫やらマンションやらがたくさん! つまりかつては農村の集積駅として、今は都市近郊の駅として、機能してるわけです。
そして…構内踏切から先は屋根が一切ない! 駅敷地がらんどうでアリバイ的に鳥居あるだけ!! なんつーか、アリバイとアイコンだけって、中身が全くないぢゃん!!!┐(´∀`)┌
でもさすがに駅正面にはホンモノの鳥居が。さらにその間の国道は交通量かなり多く、街並みも完全に地方都市の中核部の外縁くらいの都会です。
ではここから歩くざんすよ…雨も本降りですが、それ以上に風が強くて、折り畳み傘にはギリギリくらいか…

川南駅で下車してすぐ次の各停宮崎空港行きで折り返し

43362.jpg 43362-1.jpg 43362-2.jpg 43362-3.jpg 43362-4.jpg 43362-5.jpg 43362-6.jpg 43362-7.jpg 43362-8.jpg

2枚目、やはり立派な貨物ホームなんですが、これ行き止まりの貨物側線2本ぶんですよね。そして反対側には、これはやっぱり荷物ホームなんでしょうかね…(?_?)
跨線橋廃止して構内踏切新設の大英断は、交換無い場合に2番線に通すことで安全確保。さらに!ここも集札実施の簡易委託駅でした!!\(◎o◎)/!
もしや川南町唯一の鉄道駅ということでまもられてるんでしょうか。貨物ホームや荷物ホームの立派さもそれに関係あるかもしれません。ただし立地自体は、街の中心からかなり離れてるんで、駅周囲にはみごとにほとんど何にもありません。

蓮ケ池駅で下車してすぐ次の各停延岡行きで折り返し

43361.jpg 43361-1.jpg 43361-2.jpg 43361-3.jpg 43361-4.jpg 43361-5.jpg

ついに、GW前の天気予報的中で降雨…
こちら、ホーム向かいはずずーっと田園、ホーム側はそこそこ大きな規模の花ケ島団地の端っこ。まさに団地駅つくりましたってことですね(^^)
…とあまり書く内容もなく(^^ゞ ただ、このホーム階段踊り場、これは待合所とすら呼べず、踊り場にベンチ置いて簡易屋根つけましたってだけだ、と言ってもよい気が(^O^;)

財光寺駅で下車

43352.jpg 43352-1.jpg 43352-2.jpg 43352-3.jpg 43352-4.jpg 43352-5.jpg 43352-6.jpg

なんと簡易委託駅で集札実施!\(◎o◎)/! JR九州ではめずらしくないですかね?(^○^)
さらに! 超ミニ駅舎内に手小荷物窓口台跡があるんですけど!!!( ̄□ ̄;)!! 開業は分割民営化直後なんで、これは未成窓(とTwitterで無人快速さんが命名!)ってことですかいな(?o?)
そして駅周囲は農地で、細過ぎる駅前通りは畦道由来のようで、しかし駅前にはミニミニロータリー! 少し離れてマンション! と、いろいろシュールというかユニークな棒線停留所でした!!!\(^o^)/ (エクスクラメりまくりの悪い文章)

南日向駅で下車

43348.jpg 43348-1.jpg 43348-2.jpg 43348-3.jpg 43348-4.jpg 43348-5.jpg 43348-6.jpg

ここもまたビル管理室みたいな窓口にガラス張り自動ドアの合造駅舎。Twitterで門川駅を「本州ではよく見かけるが九州では珍しい」とツイートした直後にこれだよ!(^_^;;;)
ただしこちらは公民館ていう従属採算な施設との合造であるのと、あと窓口が完全に公民館の管理窓口であって簡易委託じゃなく完全無人駅だってことは違います。
駅舎全景は、公民館のしでこれは大き過ぎではとも思えますが、それ以上に気になるのは、正面階段がない! スロープは両側に開いてまして、まさに公民館も鉄道駅の方も、階段利用可能者を考えてないっていう、現代社会の断面やね。
駅前通りのお店は壊滅と思われます。

門川駅で下車して各停西都城行きで折り返し

43347.jpg 43347-1.jpg 43347-2.jpg 43347-3.jpg 43347-4.jpg 43347-5.jpg 43347-6.jpg 43347-7.jpg 43347-8.jpg 43347-9.jpg

!こりわまた絵に描いたような合造駅舎!(笑) ビル管理室みたいな簡易委託窓口と、ガラス張り自動ドアのホーム出入口。大仰な正面。同居は商工会と観光案内所のようです。

駅前通りには駅前食堂相当のラーメン屋があります。てか手前の月の友! これ子どもんときはよく各所で見かけた、布団のボランタリーチェーンですよね。布団を月賦(死語)で買うっていう、時代を感じる商売。最近見かけなかったんでなんだか懐かしい。
その駅前通りのすぐ先で駅前商店街が直交してますが、いくつかのお店が現役ですよ(^O^) 駅に戻って跨線橋から眺めてみたら、駅舎側も、その裏側でかつ国道沿いも、住宅びっしり\(◎o◎)/! なるほどこれだと駅前商店街にも商機はあるのかもと思いました。甘いかもですが。
そして国道の向こうには日向灘(^_^)/~
折り返しの西都城行きは発車直後に急ブレーキで転び掛けました。物挟みのようでしたが、車掌さん乗務でそんなんなるなよとも、車掌さん乗務だからそのまま走るとかしないとも。

東都農(ひがしつの)駅で下車して次の各停延岡行きに乗車

43345.jpg 43345-1.jpg 43345-2.jpg 43345-3.jpg 43345-4.jpg 43345-5.jpg 43345-6.jpg 43345-7.jpg

降りたのは2番線、各停との交換が右側通行ってことで1線スルーですが、上り列車が2番線で客扱いするのはこの列車だけのようです。よって跨線橋で移動しての乗車となってます。って降りるためにどのみち跨線橋わからんとアカンのですが。(^^ゞ
跨線橋からは国鉄リニア実験線跡がよーく見えます(^_^)/~ 現在は太陽光発電施設として余生を送ってて、3枚目の右端に写り込んでるのが送電設備らしく。
駅周囲にはみごとにほとんど何にもありません。というか、駅自体に建屋がほとんどありません。駅正面に駅名を示す掲示すら、一切ありません! 東都農の集落は5・7枚目の森の向こうの国道沿いにあるみたいで、乗った列車にもキスアンドライドでやってきた高校生3人乗車。
ただそれでも、6枚目の右側、これ床屋さんだ!(^^) ローカル駅前に最後まで残るのは酒屋さんと床屋さんの法則であります。

都農(つの)駅で下車して2本後の各停延岡行きで折り返し

43344.jpg 43344-1.jpg 43344-2.jpg 43344-3.jpg 43344-4.jpg 43344-5.jpg 43344-6.jpg 43344-7.jpg 43344-8.jpg 43344-9.jpg

76駅中34駅の乗下車で、率が5割切る唯一の県だったここ宮崎県内を、3日間でコンプ仕切るためのロードはここからの開始となりました。
既に立ちもたくさんなのにここから大量乗車でリアルラッシュに、こんな時間からなって出てった宮崎空港行き。ここは都農町の玄関駅であります(^^)。ただ、降りて最初に目が行ったのは何だこの長い貨物ホーム( ̄□ ̄;)!!でした。よく見ると、本線と両端でつながってること、駅舎まで続いてること、廃止された構内踏切の付け方、嵩上げされた形跡がないのに高い、ということから、荷物と貨物の共用だったんじゃないかなーと妄想。
そして、この駅の真価は、改札出てみて気づくわけです!(@_@) この高い天井! そして6枚目、これ正面は出札口2連の跡で、花瓶のある位置が手小荷物窓口跡。でもって改札口に出札口移動して手小荷物窓口つぶして花瓶棚にしたのも国鉄時代のうちだったような気が。
駅舎正面のこの威風堂々!(^○^) 木造でも木造らしからぬ意匠で正面の装飾柱はコンクリ、窓枠は木製で埋め込み。これは例えば、北海道の釧網本線清里町駅に似てますね。しかし建坪は意外と広くなくて、この駅の独自性が強く感じられます。
駅前にはロータリーがありますが、独立コンビニがあるほかは宅地。街の玄関駅とはいえ役場や中心地は少し離れてるようです。

2013/04/29

狩生(かりう)駅で下車

43331.jpg 43331-1.jpg 43331-2.jpg 43331-3.jpg 43331-4.jpg 43331-5.jpg 43331-6.jpg 43331-7.jpg 43331-8.jpg

あららこれは、上下ホーム共に待合所がブロック積みという、JR九州ではあまりなさげなタイプですね。
そして、駅舎に降りようとしたら…改札口にフル木造木戸だ。だ
だがしかし。
なんかぞんざいな感じもするなぁと観察すると、これ窓枠もフル木造なんですが、一部ガタが来たまま。さらに、明らかに内装が妙…
どうやらこれは、横に見えてる物産店の売り場にされてたんじゃないかと…
そしてその悪寒は、まさに正面に出てみて氷解しました。これ前に増築してて完全にぶち壊しじゃん。そしてここは今は閉店状態。これで現在使われておりませんて、勝手な駅ヲタのワガママとしては、ふざけんな状態ですがな…(`;ω;´)
ここがそうなんで、駅前通りすなわち国道沿いの数店舗も潰滅。元々、山側に小集落がある程度なので、商売は成り立たないのでしょう。そしてこれではロードサイド的にも地味だったかボロだったのか…(/_;)

4分遅着の海崎(かいざき)駅で下車して次の12分遅発な各停杵築行きで折り返し

43330.jpg 43330-1.jpg 43330-2.jpg 43330-3.jpg 43330-4.jpg 43330-5.jpg 43330-6.jpg 43330-7.jpg 43330-8.jpg 43330-9.jpg

対向ホームに待合所のみの簡素化の極みな駅、ただし1番線の奥の貨物側線はバラスト積み線として現役なのかなそれともそれも廃止なのかな?くらいしかぱっと見では思わなかったんですが、出入口のある下りホーム待合所に来てみてあらびっくりΣ(゜∀゜ノ)ノ これ、セミオープンスペースの待合所なのに、出札口あるぢゃん!!!ヽ(`▽´)/ ここ、使われたこと、あるんでしょうか…
駅前通りはそのまま県道(たぶん旧国道)ですが、なんと6・7枚目の古いお店が現役だ!!(^ム^) さらには、6枚目の背後と、あと海レジャーの需要とでか、民宿は複数軒ありますね。ただ、他の店舗は…
9枚目は、跨線橋からの太平洋セメント。

日代(ひしろ)駅で下車

43327.jpg 43327-1.jpg 43327-2.jpg 43327-3.jpg 43327-4.jpg 43327-5.jpg 43327-6.jpg 43327-7.jpg 43327-8.jpg 43327-9.jpg

崖というかトンネル出口の狭小な空間の駅なんですが、これがなんと国鉄高度成長期型だっていう(゜∀゜) 3枚目なんかこれ手小荷物郵便の搬入出口じゃないですか!!Σ(゜Д゜) 待合室はゴミできちゃないですが、出札口跡も手小荷物窓口台跡も立派。
だがしかし、というか当然ながら、その大きさは駅の外には全く伝わらないのであります。駅前への坂道も狭くて長い。
で坂降りてようやく公道に出ると、おおこれは! 8枚目、明らかに開業時の単線は煉瓦積み、その後の複線化は鉄建公団とわかりますね(^o^)丿
そしてガードくぐって海に向かう公道に直交する、たぶん国道の旧道、ここが駅前通りということだったかとおもいます。エーコープは現役ですが(今日は休業)、他は全滅ですね…

浅海井(あざむい)駅で下車

43324.jpg 43324-1.jpg 43324-2.jpg 43324-3.jpg 43324-4.jpg 43324-5.jpg 43324-6.jpg 43324-7.jpg 43324-8.jpg

これは難読!(*_*;
駅舎からの跨線橋を稲妻形に付けたため、ホームから駅舎までが物凄く遠くなってしまいました。それ通ってくと過剰な花壇。そしてその先には緑に塗られたなんとも味のあるパイプ組ラッチ(^○^)
駅舎に入るととにかく狭すぎる内部で旅客滞在スペースがほとんどなく、しかし出札口はピッカピカという。なんと一年前まで簡易委託あったそうで、しかも受託者は住人と!Σ(゜∀゜ノ)ノ
というわけで、先の花壇はこちらにお住まいの方のプライベートなものでしたという(*^_^*) そして簡易委託を辞められても住んでるだけではなく、御商売は駅務室で継続しておられます。その内容は、海産物店兼地元紙取次店兼タクシー取次所だそうてす!!(^o^)丿
つまり、ここは当面、改築なしってこってすよ!!\(^o^)/
駅前には町営団地、つまり今は市営団地かなやはり? さらに駅前通りには和菓子屋さんが現役(9枚目左側)。元駅前商店は駅前通りではなく町営団地の向かい。

終点幸崎(こうざき)駅で下車して次の各停佐伯行きに乗車

43323.jpg 43323-1.jpg 43323-2.jpg 43323-3.jpg 43323-4.jpg 43323-5.jpg 43323-6.jpg 43323-7.jpg 43323-8.jpg

日鉱佐賀関鉄道の印象や、区間運転の終端だってこともあり、も少し大きな規模の駅を妄想してましたが、建て替えでモロにJR九州業務委託駅パターンになってしまいました。ただし跨線橋は味わいあるまま残ってます(^_-)-☆
駅前には診療所くらいしかなくあとは住宅ですが、駅前通りつきあたりの道にはいくつかお店もあるようです。
と!客待ちタクシー、よく見たらドアに「ワーカーズコープ」って書いてあるよ!\(◎o◎)/! 急遽ぐぐったところ、九州に3社あるんですねワーカーズコープ式のタクシー事業者。
さらに大分バスの急行佐賀関行きもやってきました。まさに日鉱佐賀関線の代替バス。私が生まれる前からバスになってるんでもう50年!(^O^;)
再入場してホームに降りたら、さっき電車にふさがれてた、診療所のあしもとの謎のホームに気づきました。なんか中途半端でないかいこれ?(?_?)

坂ノ市駅から各停幸崎行き(次は終点)に乗車

43322.jpg 43322-1.jpg

ここでかなり降りましたが、乗客残り1人、私入れて2人だけ…

大在(おおざい)駅で下車

43318.jpg 43318-1.jpg 43318-2.jpg 43318-3.jpg 43318-4.jpg

予習では病院利用者でにぎわう駅と思ってましたが、なんのその、三連休でも混んでるよむっちゃ!\(◎o◎)/!
駅舎はやっぱりJR九州業務委託駅フォーマット。駅前ロータリーが低いところにありまして(というか駅が高い)、こちらは予習どおり客待ちタクシーたくさん\(^o^)/ 周囲には高いマンションがたくさん建っててまさに都市近郊宅地であります。

犬飼駅で下車して次の各停大分行きで折り返し

43315.jpg 43315-1.jpg 43315-2.jpg 43315-3.jpg 43315-4.jpg 43315-5.jpg 43315-6.jpg 43315-7.jpg 43315-8.jpg 43315-9.jpg

まず最初に、駅舎全景画像に、個人的に非常に忌み嫌ってるなにやらが写り込んでますが、なにとぞ風景扱いでサーセン。m(__)m
で! 現役交換駅なのに、崖側に古いホーム跡があって、そこに困った系のオブジェがてんこ盛りなんですが…(困)
跨線橋からは、寄り添う大野川がバッチリ。駅舎内はまさにJR九州の業務委託駅のコンパクトさ。そしてサブカル無知なワタクシには名前しか聞いたことないデトロイト・メタル・シティ…(^o^;)
旧犬飼町の玄関駅ですが、中心からは離れてることもあってか、ちゃんとあった駅前商店街はほぼ壊滅、どころか倒壊しかけてる建屋すらあります。ただし8枚目左側真ん中のお店は現役で鮎うるかありますって!あぁ一生のうち一度は食べてみたいよ鮎うるか…
さて、これで、豊肥本線の営業中の区間のうち、大分方の各駅に乗下車できました。あとは8月の再開予定を待ち、11月に降りにきますよ!(^_^)/~

滝尾駅で下車して次の各停豊後竹田行き(1分遅延)で折り返し

43313.jpg 43313-1.jpg 43313-2.jpg 43313-3.jpg 43313-4.jpg 43313-5.jpg 43313-6.jpg 43313-7.jpg

県庁所在地駅の一つ手前でこれってのはアレですが(長州レベルの指示語使い)、要は駅舎と屋根が、鉄道駅のイメージをつくりだしてるんだなぁというのが逆説的にわかります(^O^;) そんな野ざらしの券売機に時刻表に新聞スタンド型の出札口にラッチですが、なんとこれ、平日午前中は掛員さん派遣されてきて有人化してるんだとか!(゜o゜;
駅の背後は小山、駅正面には駅前は形成されてなく戸建てな住宅地がひろがってます。そしてホームすぐ脇には打ちっぱなしっぽいマンションが建ってるんですが、これ、JR九州の社宅のようですよ…てことはかつては国鉄官舎だたのかなん?

三重町駅で下車して次の各停大分行きで折り返し

43312.jpg 43312-1.jpg 43312-2.jpg 43312-3.jpg 43312-4.jpg 43312-5.jpg 43312-6.jpg 43312-7.jpg

なんと直営駅! 駅舎もかなり堂々としたもので、また塗り直しだけ駅舎にマッチさせてるけどオールドスクールな跨線橋もまた( ・∀・)イイ!!
よって待合室もちゃんとあるわけですが、しかしなんと床塗りたてで使えないとな(^O^;)
ここは旧三重町の玄関駅。もなにも合併後の豊後大野市の玄関駅! 駅前商店街も一応残ってまして、駅前食堂も営業してるよ!(^.^) 少し先にスーパーも見えたんで覗いて見ましたが特にユニークな揚げ物はありませんでした。ただしチキン南蛮が普通に惣菜として売ってるのはさすが大分県。
さて折り返しますかねとホームに戻ってきて向かいの気配にびっくり(笑) 意味がわかんないよ…

菅尾駅で下車

43309.jpg 43309-1.jpg 43309-2.jpg 43309-3.jpg 43309-4.jpg 43309-5.jpg 43309-6.jpg 43309-7.jpg

…下りホームから眺めただけでも、こんなスカスカなのになんでわざわざ小屋風にしたの?って尋ねたくなる簡易駅舎(^O^;) 中は椅子と券売機と事務机が殺風景に置かれてるだけ、まままままさか、ここで簡易委託のきっぷ売ってたの!?!?( ̄□ ̄;)!!
駅前通りは、かつては右側に電器店、たばこ屋、魚屋が、左側によろず屋があったようですが全滅…国道まで出ても郵便局とタクシー営業所しかないようです…

緒方駅で下車

43302.jpg 43302-1.jpg 43302-2.jpg 43302-3.jpg 43302-4.jpg 43302-5.jpg 43302-6.jpg

…上りホームの向こうの「しいたけ発祥の碑」って…意味も意匠の意図もわからねぇ…(クロ高前田のボヤキ風)
それはともかく、旧緒方町の玄関駅でみどりの窓口もある業務委託駅。なぜか待合室が半露天というか(笑)セミオープンスペースなんであります。さらに正面引いて見ると商工会議所との合造に見えますが、よく見ると別建屋なんですよね(^^ゞ いろいろ摩訶不思議な駅です。
駅前にはきちんと商店街がありますが、廃店舗多いっすねやはり…

朝地駅で下車して次の各停大分行きで折り返し

43300.jpg 43300-1.jpg 43300-2.jpg 43300-3.jpg 43300-4.jpg 43300-5.jpg 43300-6.jpg 43300-7.jpg 43300-8.jpg

交換廃止の対向ホーム跡が花壇化してて好ましい。
ただ、それ以上に目を引いてしまうのが、日本語よりハングルのほうが大きく書かれた看板。単に外国人観光客向けかと思ったら違って、これ、韓国の例をお手本にしたものなんですね!(^O^) 九州オルレ。北海道のフットパスみたいなもんかと思いましたが本質は全然違うか(^^ゞ。
駅舎は観光案内所との合造ですが、簡易委託はかなり以前に廃止。でも観光案内所の方は売店も兼ねて開いてますよ。
駅前商店はさすがに廃業ですが、駅前通りのつきあたりには農協デーン。旧朝地町の玄関駅です。そして川挟んで大きな農業倉庫もあったりして。
折り返し時に駅標探して、嵩上げされてない端っこにあったとな。ハングルアピールはそのままでいいけど、駅標もちゃんと目立たせて欲しいぞ。

6分遅着の中山香駅で下車してすぐ次の3分遅発となった始発各停幸崎行きに間に合った

43296.jpg 43296-1.jpg 43296-2.jpg 43296-3.jpg 43296-4.jpg 43296-5.jpg 43296-6.jpg 43296-7.jpg 43296-8.jpg

ここ、はじめて文字列で見たときは「人名かよ!」と思いました。まぁ中山香里ってプロレスラー居ましたんで同じ読みかと(^^。しかし実際は、山香の真ん中でした(^^ゞ。そういや手前の立石駅駅前のタクシー営業所の看板が「山香タクシー」だったよ!(・o・)
JR九州の業務委託駅にありがちな、コンパクトなコンコースの新築駅舎で、休日のこの時間でも駅員さん居ます。客待ちタクシーも居るし、そもそもここから区間運転あるし、駅前だけでも集落以上の規模あります。
そして元ですが駅前食堂2軒!うち1軒は駅前旅館併設! 線路と平行な駅前商店街にはかろうじて数店は現役で、中華料理店もありますんで、駅前食堂全滅でもこちらが代替と。
一方で駅脇には団地。もしやこれ、国鉄官舎由来とか?(?_?)

立石駅で下車も、遠隔放送で「柳ヶ浦行きは16分ほど遅れています」とのアナウンス、行程崩壊確定。涙

43293.jpg 43293-1.jpg 43293-2.jpg 43293-3.jpg 43293-4.jpg 43293-5.jpg 43293-6.jpg 43293-7.jpg 43293-8.jpg 43293-9.jpg

でも、ゴール近づくちょい前に異様に加速つけて駅めぐりしてきたんで、ここに来て余裕は不思議とあります。元々左サイドバーの行程リストのしんがりに公開済ですが、11月の九州旅行でまる1日予備日設けてあって、北九州なら十分リカバリできるかなと(^^ゞ
で気を取り直して観察。上下線が小倉方で分離してるため(てか大分方は単線ですが(^^;))、ホームがハの字形に末広がってるっていうね(^ム^)。そのホームも堂々たる2面4線だった過去。跨線橋は上下どちらのホームにも必要でしたが、今は2面2線になって、旧1番線つぶして通路ができて、上りホームは駅舎直結になってます。
んて! 構内もデカいんですが駅舎もデカい国鉄高度成長期型。出札口も手小荷物窓口もかなりデカい。ここそんな大きな街なのかよと思いますが、まずここは峠越えの補機の基地だったわけで、なるほど駅舎がデカいのは北海道の室蘭本線追分駅みたいなものでしょうか。昭和の大合併までは独立町の玄関駅だったので駅周囲も集落以上の規模がありますか、これまた平成の大合併までの追分町に似てるのかも。元駅前商店も大きめです。
んでも、駅脇にはなぜかステージ。さらに窓口跡や待合室を覆い尽くすじもてぃ子どもたちの絵。いろいろ謎も残ります。(?_?)

2013/04/28

南大分駅で下車

43283.jpg 43283-1.jpg 43283-2.jpg 43283-3.jpg 43283-4.jpg 43283-5.jpg

さすが、都市近郊の規模の待合室&窓口の配置ですね。合造駅舎はなんと朝日新聞とペア(笑)。周囲はおっきなマンションたくさん! 上り列車からはたくさんの人が降りてました。
さて、これで今日の駅めぐりはおしまい。昼過ぎに丼か麺類でがっつり食事の予定が完全消滅してて、朝から口にした固形物は糖アルコールガムだけなのよね…

賀来駅で下車して次の各停大分行きで折り返し

43282.jpg 43282-1.jpg 43282-2.jpg 43282-3.jpg 43282-4.jpg 43282-5.jpg 43282-6.jpg 43282-7.jpg

JR九州の駅はわりかし駅標たくさん植えてる印象なんですが、ここは屋根のあるホームエリアから見える駅標がなく、その代わりなのか出入口の券売機の側面にシールで駅名アピールしてます(笑)。
新聞スタンド型の窓口は臨時にしか使われてない無人駅。駅全景も病院の方が目立ってるよ(^o^;)。ただ、駅前にはバイパスやらマンションやら戸建てやらたくさんある、まさに都市近郊の駅。利用者も多いようです。
折り返しの下り列車は若者2人乗ってる。夜遊び行きか?(^_-)-☆

古国府(ふるごう。言われりゃナットク、でも読めない)駅で下車して次の各停向之原行きで折り返し

43281.jpg 43281-1.jpg 43281-2.jpg 43281-3.jpg 43281-4.jpg 43281-5.jpg

乗ってきた大分行き、暖房入ってました。昼間は冷房入ってたのに。笑
ここはもうあまりにティピカルな棒線停留所ですが、よーく3枚目見ると、改札口もなくてSUGOCAの簡易改札機は鉄骨柱に無理矢理付けてるレベルなのに、みどりの窓口があったりします(^o^;) そして広告看板では博多に遊びに来いとストロー現象まっしぐら。
ツツジがきれいな2枚目の右側は丘で、この向こうは大分駅です。対するに駅正面にはまさに地方都市近郊らしい、おっきなマンションと手前の畑!(・∀・)

向之原駅で下車して次の各停大分行き(1分遅延)で折り返し

43280.jpg 43280-1.jpg 43280-2.jpg 43280-3.jpg 43280-4.jpg 43280-5.jpg 43280-6.jpg 43280-7.jpg 43280-8.jpg

むかいのはる。今回の九州大旅行ではじめて、原と書いてはると読む駅で降りましたぞ(^^)v
2枚目、上りホームの野良出入口ですが、ここ業務委託駅なんですが、この「SUGOCAの客は駅本屋に回れ」って掲示、半ば野良出入口の公認みたいにも読めますね(^^ゞ
その反対側下りホームの駅本屋なんですが、上りホームから見たらすわ木造駅舎かと思いましたが、正面からだと木造駅舎どころか鉄道駅っぽくない雰囲気なんですが(;・∀・) 待合室は内部容積を無駄に高めてる天井ですね(^^ゞ
駅前には農協がデーンと鎮座。一応旧町役場の最寄りで町の玄関駅なんですが、商業施設とかもここからはちと離れてるようです。

豊後国分駅で下車して次の各停日田行きで折り返し

43279.jpg 43279-1.jpg 43279-2.jpg 43279-3.jpg 43279-4.jpg 43279-5.jpg 43279-6.jpg

ここからSUGOCAエリアに入ったため、全ドア開で運転士さんに旅名人きっぷ見せなくとも下車れるようになりました。そしてそんな都市近郊の無人駅としてJR九州にありがちな、細い対向ホームでそれぞれの線路脇が駅出入口っていうフォーマットです。
簡易改札機がピンクに光る(ホントは紫色、笑)簡易窓口には朝ラッシュには臨時派遣があることもある? 駅周囲には本気で何もなく(6枚目の駅出入口の左側に駐輪場、右側に飲料自販機1台あるだけ)、しかし高台の上には住まいの明かりかありますよ(^^)

小野屋駅で下車して次の各停大分行きで折り返し

43278.jpg 43278-1.jpg 43278-2.jpg 43278-3.jpg 43278-4.jpg 43278-5.jpg 43278-6.jpg

同じ久大本線なのに、昨日の同時刻よりやや暗いような気が。こっちのほうが東だからかしらん?
ここは業務委託駅で、駅員さん戸締まりして帰るとこでしたよ。おつかれさまでした(^_^)/~
駅舎はなんか微妙な気もします(^^ゞ。駅前通りはすぐに大分川上の崖っぷちにつきあたって右折してます。7枚目の右側手前はたぶん元駅前商店、で見えてませんがその奥には写真館があるようですよ。
折り返しは同じ編成で、2つ先の庄内駅(昨晩乗下車済)で折り返してきた奴ですが、乗客数人いてさすが大分近郊。

鬼瀬(おにがせ)駅で下車してすぐ次の各停庄内行きで折り返し

43277.jpg 43277-1.jpg 43277-2.jpg 43277-3.jpg 43277-4.jpg 43277-5.jpg 43277-6.jpg 43277-7.jpg

ホームから見える景色は2・3枚目でして、これだけだととんだ秘境駅にも見えかねません(^o^;) ただし実際にはすぐ下が国道で、騒音結構あるんでトータルな秘境感はあまりありません(^^ゞ 集落も、5枚目の左奥には写ってます。ただ、唯一の出入口が未舗装坂道だってのは、なんか忘れられてる感はありますかね(;・∀・) かつては明らかにちゃんと駅舎もあっただろうに…

南由布駅で下車

43274.jpg 43274-1.jpg 43274-2.jpg 43274-3.jpg 43274-4.jpg 43274-5.jpg 43274-6.jpg

この簡易駅舎、これは模倣でもインスパイアでもなく、単に雰囲気ですかね(^^ゞ
4枚目はもしかしたら駐輪場のところ、旧駅舎時代は臨時ラッチだった可能性がある気がします。
例によって駅前商店は廃業済、駅前すぐつきあたりの県道は国道から由布院行くためには必ず通る道なんで実際かなり交通量多いです。
そして7枚目の駐車場、これ昔、由布院市街が車で混雑するのを回避すべく、ここに停めてもらってここからトロッコ列車で由布院入りしてもらうってやつの名残りかな? かつてそのトロッコ列車の送り込み兼ねた夕方の下りに乗ったら、大雨で全編成中乗客私だけ、とんだ空気輸送かと思いきやトロッコ列車なんで空気すら運んでねーよってなったことがありましたね。笑

湯平(ゆのひら)駅で下車して次の各停由布院行き(3連車掌さん乗務)で折り返し

43273.jpg 43273-1.jpg 43273-2.jpg 43273-3.jpg 43273-4.jpg 43273-5.jpg 43273-6.jpg 43273-7.jpg

農協・郵便局・観光案内所・JR駅の合造駅舎も、JR以外全撤退(・・;、代わりに簡易郵便局が入りました。名湯、湯平温泉へはここから3.5kmありますが、駅前から出てた路線バスも撤退。ある意味、温泉と各地を結ぶための乗換駅がメイン機能で、それを喪失した現在はひっそりとしています…
なお、下りホームにはなにやら寅がどーのこーのっていう展示室が、待合室改装であるようですが、全く興味がないため完全にスルーしました。(私は生まれも育ちも葛飾柴又ですが、帝釈天で産湯は浸かってません)

北山田駅で下車して次の各停日田行き(みたび同じクルマ)で折り返し

43262.jpg 43262-1.jpg 43262-2.jpg 43262-3.jpg 43262-4.jpg 43262-5.jpg 43262-6.jpg 43262-7.jpg 43262-8.jpg

おお!対向ホーム跡が見事に、庭園かのごとく整備されとる!(^○^)
ここはたぶん河岸段丘の3段目に構内があります。そして2段目が駅舎と国道。なのでログハウス風建てて2階とは橋、1階とは階段でホームと連絡になってます。が結局企画倒れで2階は閉鎖之介。
1階はロードサイドというか、観光物産館として営業中。もしかしたら簡易委託受託してたことがあるんでしょうか。
でもって!河岸段丘の1段目が駅向かいに広がってまして、さらにその先には三日月の滝(^_^)/~ デジタルズームで画質悪いんですが8枚目、「日本のナイアガラ」は言いすぎだろ(^^ゞ。
とここまで書いて、駅舎2階はもしや三日月の滝の展望用なのか!?!? でも間近で見たほうがいいだろうし、もしかしたら2階は滝遠目に見つつの喫茶とかの構想だったんでしょうか?

杉河内駅で下車

43259.jpg 43259-1.jpg 43259-2.jpg 43259-3.jpg 43259-4.jpg 43259-5.jpg 43259-6.jpg 43259-7.jpg 43259-8.jpg

高度成長期に追加された駅。路盤は築堤上なのに長ーいホームは高架式で後付けの証。
駅舎はなんか壁面に幾何学模様が入った簡易なものが築堤脇にありますが、そこからの通路がスロープと階段とに分かれてる…高度成長期にはバリアフリーなんて概念なかったわけで、これはもしや下の空き地は駐車場として使うつもりだったのか、はたまた、まさかまさかの下に駅舎つくるつもりだったのか…(?_?)
近辺には、ホーム裏側というか国道側に観光ホテルが1軒あるのみで、他には建屋自体がほとんどありません。地図によるとここから北に入ったとこに杉河内の集落があるような。

豊後中川駅で下車

43257.jpg 43257-1.jpg 43257-2.jpg 43257-3.jpg 43257-4.jpg 43257-5.jpg

対向ホームが朽ち果ててますね…早い時期に交換廃止か。
しかし…このセンスのない、駅舎の宗教広告みたいなアピール、なんなんすかね…正面は普通なんですが。民鉄ならともかく、国鉄-JRでは珍しい気もします。てかも少しセンスあればさほどは気にならないんですが…
で、駅前は国道で、そのまま駅前商店街で、うちギフトショップに薬局に洋品店にヤマザキショップと現役なんですよ!\(◎o◎)/! まぁこれはロードサイド店舗としても機能できるからということなんでしょうけど。
にしても洋品店はすごいよなぁ、と思いつつヤマザキショップ入ってみたら店内つながってました(^^ゞ なおヤマザキショップではいつもなら食事かおちゃけ買うとこですが、後者は今朝書いたとおり、前者は実は今日は珍しく普通に食べる予定があるので、ガマソガマソなんですよ(^_-)-☆
なおウィキペディアによると、この簡易駅舎はもともとヤマザキショップの敷地(=たぶん貨物ホーム跡)にエーコープがあってそことの合造だったらしい…取り壊されたのねエーコープ…