→超軽量簡易版はこちら

2020/02/16

秋葉原駅で乗り換えてきた2分遅延の普通津田沼行きを錦糸町駅で降りて今月の鳴子温泉郷プチ湯治締まりました

60172.jpg

次回の旅は、今週末土曜、昼は断髪と職場の同僚(インフラエンジニアですが本業は俳優)の舞台を観に行くので、その夜からの1泊4日旅行、広島と島根の幽霊文字めぐりです。

上野駅でパンダ記念印もらって乗換改札出場、普通外回りにお乗り換え

60171.jpg 60171-1.jpg 60171-2.jpg 60171-3.jpg

みんな山手線ホームの階段逆走してたけど混んでないからいいよ(笑)
あ、新幹線車内で解いてたデイリーポータルZの「ここはどこでしょう 」、3問めでつかえてしまって80分もかかってしまったよ( ̄O ̄;)

古川駅から新幹線やまびこ50号東京行きの旧こまち車4列シート自由席に乗車

60170.jpg 60170-1.jpg 60170-2.jpg 60170-3.jpg

今回ドアステップ出てくるとこ取れた!\(^o^)/ そしてこれから昨日ぶんの動画の編集、の予定でしたがデイリーポータルZの「ここはどこでしょう ?」が始まってるんでそっちやります!( ̄O ̄;)

楽しめた2月のプチ湯治もこれで帰途開始( ; _ ; )/~~~、池月駅から普通小牛田行きに乗車

60169.jpg 60169-1.jpg

なぜかかなり空いてる。

あ・ら・伊達な道の駅バイキングでカレー!

60168.jpg 60168-1.jpg

コーンの香ばしさが圧倒的なアレルゲンフリーお子様カレー、きのこ出汁との調和を考えられたシチュー寄りのホワイトカレー、トマトと野菜の甘味たっぷりでカルダモンやローリエの合う野菜カレー、そしてくるおしいほどの貝出汁がシャープな貝カレー。

あ・ら・伊達な道の駅バイキングの惣菜第2弾

60167.jpg

リゾットリピ、特製ソース肉団子リピ、チャプチェ風春雨炒め、おからマヨサラダリピ、ペペロンチーノ。胡麻油で炒めた春雨はしかしあっさり!(^○^) ペペロンチーノはきちんとぺぺってましたヽ(´▽`)/

池月駅で降りてあ・ら・伊達な道の駅でカレーバイキング1150円!

60166.jpg 60166-1.jpg 60166-2.jpg

まずはカレーポテサラ、岩出山産おからマヨサラダ、中華あんかけ、キャベツおひたし、リゾット、特製ソース肉団子。リゾットがクリームとチーズのコクでめちゃめちゃ(・∀・)イイ!! おからはこのお店らしい酸味強め。カレーポテサラはちと塩多いかな? 肉団子のソースはケチャップが濃ゆくて甘味も強いですぜ(^^)v

東鳴子温泉旅館大沼出まして雨本降りの中の鳴子御殿湯駅から普通小牛田行きに乗車

60165.jpg 60165-1.jpg

次回の鳴子温泉郷は未定、3月には来られるかなぁ…

東鳴子温泉旅館大沼の露天足湯を20分で出たあとさらに廊下のベンチで30分待ってようやく入れましたよ家族風呂!

60164.jpg 60164-1.jpg

赤湯共同源泉より赤い独自源泉が43℃弱で張られてまして、アブラ臭は赤湯共同源泉より弱いんですが木屑の香りはこっちの方が強い! よねざわは大好きでございますが、大沼さん素泊まり単泊辞めちゃったんですよね…涙

鳴子温泉旅館すがわらから徒歩1.3km、東鳴子温泉旅館大沼に立ち寄り入浴!

60163.jpg 60163-1.jpg 60163-2.jpg

ホントひさびさです! 家族風呂は先客万来なのでかつては貸切露天風呂だった足湯でゲームして待ちましょう。赤湯共同源泉が張られてて雨入りまくりですが40℃弱キープ、木屑系アブラ臭バッチリでよいスコアー出せそう(笑)

鳴子温泉旅館すがわらを名残惜しくもチェックアウト

60162.jpg 60162-1.jpg

宿泊者限定サービスのホットコーヒーを囲炉裏のあるロビーでいただきます♪

鳴子温泉旅館すがわらの今朝のすがわらブルー

60161.jpg 60161-1.jpg 60161-2.jpg 60161-3.jpg

外気の湿度高く湯気で曇ってますがいつものブルーですぞ(*^◯^*) 湯温42℃とぬるめ、包み込まれるスーパースムーズ絶好調\(^o^)/ 露天はほほ青くなかった上に外気寒く入らずでした(^◇^;)

二度寝してからの鳴子温泉旅館すがわら1階貸切風呂右側

60160.jpg 60160-1.jpg

以前とはことなり、明らかに3階の貸切半露天と同じ湯であります…これは「極上のメタ珪酸弱食塩泉を貸切で味わえる湯船が増えた」と喜ぶべきなのか、泉質が減ったと悲しむべきなのか…たぶん前者、そして後日来るかもどんでん返し!(激謎)

鳴子温泉旅館すがわら美肌の湯露天風呂からおはようございます

60159.jpg 60159-1.jpg 60159-2.jpg 60159-3.jpg 60159-4.jpg

…なんすかこの色! そしてなぞの湯口の状態!!Σ(・□・;) いつものすがわらの墨擦り下ろし香に加えて明らかに別の芳香が混じってて、肌触りも包み込まれ感はそのままにぬるつるが少ない…
そして…とある謎の場所に迷い込んだところ!!! とてもお見せできませんが、41℃、モール臭、烏龍茶色と記録。(ひさびさに郡司勇さんのマネ)

2020/02/15

東鳴子温泉焼肉八兆の〆はチーズラーメンに乾燥イエロー3本入り

60158.jpg 60158-1.jpg

生のよりも辛さは少し強くなりかつ尖った感じは少し減ったかも? 満足のいく、休まずに食べられるギリギリの激辛でたいへんおいしゅうございました!( ^_^)/~

東鳴子温泉焼肉八兆の試食メニューは炙ったセブンアイのナン&ミニフライパンで熱した特製カレー

60157.jpg

牛すじと、肉捌き時に出る皮下などを数十分煮込んだものだそうで、これは牛のコクと出汁が(・∀・)スゴイ!! ナンが甘めなのでもう少しカレー側を甘くなく、スパイス強めて出汁足さずに伸ばすといいかな(^_−)−☆

と思いきや、ちゃんと鶏皮塩も出てきましたよ東鳴子温泉焼肉八兆(焼肉屋認定)

60156.jpg 60156-1.jpg

これ、ホント焼いたあとのサイズがジャストひとくちなの!\(^o^)/

東鳴子温泉セルフ海鮮炉端焼八兆の本日の海鮮はカワハギにホヤ

60155.jpg 60155-1.jpg

ていうか鶏皮を頼んだら「あ、ほやからね?」って「か」しか合ってねーだろがい!(笑) といいつつこの「ホヤに日本酒垂らして蒸し焼き」ってたぶんホヤ苦手気味な人でも食べられるんじゃないだろか!(^○^)

東鳴子温泉に来たら焼肉八兆!(テンプレ)

60154.jpg 60154-1.jpg 60154-2.jpg

今日は屋根ライト付いてて落ち着いた客入り、のど渇いてたので生うぇーい( ^ ^ )/□ そしてチャミスル水割りにバリバリサラダと定番の夜。

鳴子温泉旅館すがわら貸切半露天小さいほう

60153.jpg 60153-1.jpg

チェックイン後貸切半露天に向かったら満室、自室戻ったら2時間半も寝てもうた!( ̄O ̄;) あわてて再訪したら小さいほうが空いてましてイン。なんと40℃あるかないかの湯温設定ミスかも(^◇^;)、もちろんぬるっとした抱かれるような浸かりごこちに墨摺り下ろし香は不変(*^◯^*)

以前のログ