→超軽量簡易版はこちら

2020/01/20

恵比寿駅で下車して今回の旅おしまい

59937.jpg

これから出勤した上でまんが喫茶でシャワー浴びてから仕事します(^◇^;)。次回の旅は今週末の北海道旅行です。

新幹線はやぶさ4号は終点東京駅に定時着

59936.jpg 59936-1.jpg

仕事も予定のところまで進められました。そしてまだ通勤ラッシュの山手線外回りは混んどるがな(アタリマエ)

新青森駅で始発新幹線はやぶさ4号東京行きにお乗り換え

59935.jpg 59935-1.jpg 59935-2.jpg

いきなり相席でちとびっくり、それだけ需要あるのが初電ってことですね。少し追眠してから仕事します。

撫牛子(ないじょうし)駅から普通青森行きに乗車して帰途開始

59934.jpg 59934-1.jpg 59934-2.jpg

おはようございます。昨晩は二次会としてバー(撮影自粛)に行ってラフロイグとアードベッグあおり、さらにAさん宅に泊めていただき、5時間半睡眠から車でお送りいただきました。Aさんにもホントお世話になりましたm(__)m
そしてここもまた券売機が証明書発行機になってます。

2020/01/19

弘前かだれ横丁Ozでたづ天ぷらに人生初体験のセリ鍋!

59933.jpg 59933-1.jpg 59933-2.jpg

たづ=白子はしっかり火通しでこれはこれでユニーク。そしてもうセリ鍋サイコー! 根っこも香味まみれでさらに土の味もプラスされててなんなのこのヘヴン(((o(*゚▽゚*)o)))

弘前かだれ横丁Ozで刺盛2000円ですがなんとイトウ! 海峡サーモン! そしてオール県産のメバルにホタテにマグロにミズダコ

59932.jpg

イトウは海峡サーモンと同じ大畑での養殖で、サケ科の脂の中に川魚風味の絶品! 海峡サーモンには養殖臭ゼロ! そしてミズダコは今晩も柔らかくて人生最高でした\(^o^)/

屋台村かだれ横丁のOzさんでうぇーい( ^ ^ )/□

59931.jpg 59931-1.jpg 59931-2.jpg

ひたすら豊盃特別純米酒をいただいてました! やや薄めの米の味にやや甘くやや酸味、そのバランスでくっきりした味となってて(・∀・)ンマイ!!

高岡に建てられた弘前藩歴史館

59930.jpg 59930-1.jpg 59930-2.jpg 59930-3.jpg

弘前駅から12km、なんだか豪華なとこですが、ご覧のとおり、三厩ふきんにはアイヌが住んでて、それを津軽氏が征伐したと。。。知らなかった重要なことを学べてたいへんに有意義でした。

弘前駅ビルドトールでの仕事と組合の事務作業、一区切りつきまして、Aさんの車に拾っていただきまして

59929.jpg

どっかにごー!

終点弘前駅で改札出て階段使わずに駅ビルアプリーズ2階のドトールで、なんだこれわという禁煙席ゆいいつのコンセント(笑)を拝借して

59928.jpg 59928-1.jpg 59928-2.jpg

これから仕事と作業します(涙)

Oさんの軽トラで送っていただいた陸奥鶴田駅から普通弘前行きに乗車

59927.jpg 59927-1.jpg 59927-2.jpg

Oさんありがとうございました!( ^_^)/~

通称津軽富士見湖・実名廻堰大溜池に架かる、全長300m・三連太鼓橋として世界一長い鶴の舞橋をわたりました

59925.jpg 59925-1.jpg 59925-2.jpg 59925-3.jpg 59925-4.jpg 59925-5.jpg

一部凍ってる湖面の文様が楽しく、また晴れてよく見える岩木山とのこの調和よ!

梅沢温泉を出ましてOさんの軽トラで津軽富士見湖こと廻堰大溜池まで来ました

59924.jpg 59924-1.jpg 59924-2.jpg

ら、鶴田町ってんでタンチョウ飼ってるケージがありまして、寄ったらまさに水の中から魚捕らえて雪上に加えてって眼への集中攻撃の後砕いて呑み込む残虐物語を体感しました((((;゚Д゚))))))) ※後日動画公開予定

梅沢温泉(実は所在地が青森県鶴田町大字横萢、で幽霊文字地名!)の朝

59923.jpg 59923-1.jpg

おはようございます。昨晩は湯のあと寝落ち、その後5時前に起きてまたお湯入って洗髪してから二度寝してました。
そしてOさんがセブンイレブンで買ってきてくださった激辛麻婆豆腐ラーメンに津軽名物玉子とうふのあさごはん。世間ではこれは激辛でしょうけど、昨日のあさ利ネギ1に比べたらお子ちゃまです。あ、小が辛いの今朝まで続いてました(^◇^;)

2020/01/18

宿泊者専用となった梅沢温泉にイン!

59922.jpg 59922-1.jpg

モール臭メインですがさらに鳴子温泉旅館すがわらの墨摺り下ろし香もある!(OvO) 45℃弱の激熱ですがしっとり肌触りで入りやすいのもすがわらに似て、しかし黒い湯華もあってなんだこのユニークな名湯は!\(^o^)/

陸奥鶴田の2次会はやきとり大八

59926.jpg 59926-1.jpg 59926-2.jpg 59926-3.jpg 59926-4.jpg 59926-5.jpg 59926-6.jpg

芋ロックとともにガンダムネギ焼、納豆オムレツ、サービスの焼枝豆。ガンダム=鷄ハラミはそのジュースとネギの甘味風味がどかーん\(^o^)/、納豆オムレツは納豆のコクがきわめて強くで感心、枝豆はもちろんほっくり(^_−)−☆

陸奥鶴田ふく、追加オーダーした自家製豆腐に十三湖しじみ酒蒸し

59920.jpg 59920-1.jpg

ピンク柄のガラス器に固められた豆腐は程良い濃ゆさで納得! そしてしじみは汁部分はまさにしじみですが実の旨味がきちんと開いてる! さすがふくさん、次回もまた楽しませてください!( ^_^)/~

陸奥鶴田ふくのおまかせ、焼魚はサメ田楽、天ぷらは海老、たづ(白子)、リーキ!、茄子、薩摩芋、バターナッツ南瓜(人参ではない(^◇^;))

59919.jpg 59919-1.jpg

サメの風味に上品な味噌ダレが合いまくり! たづや海老が美味いのはアタリマエ^^;ですがリーキのネギ香味が噛んで口腔内爆発には感動しかないm(__)m もちろんバターナッツはくちどけの甘味です(^○^)

陸奥鶴田ふくのおまかせ。小鉢は大鰐温泉もやし、茄子山掛け、パイカ。お造りは鯨、鰤、大トロ、鮃、生蛸梅肉乗せ

59918.jpg 59918-1.jpg

シャキシャキに豆の旨味が乗った大鰐温泉サイコー\(^o^)/ 山掛けの山が乱切りなのも食感よく、パイカも柔らかくて塩分程良し(^○^) 鯨は脂多めでそこにだけ鯨っぽさほんのりの良いバランス、鰤は強烈かつ旨味の乗った脂、大トロはまさにくちどける上品な脂、そして生蛸が54年間でサイコーの柔らかさに旨味でした(*^o^*)

陸奥鶴田に来たら小料理ふく!(テンプレ)

59917.jpg 59917-1.jpg 59917-2.jpg 59917-3.jpg

駆けつけは生うぇーい( ^ ^ )/□、そして田酒純米吟醸山廃、さらに田酒純米山廃2杯。田酒は米の味が甘味のように感じられてそこに少しの酸味が被さってて、吟醸はそれが吟醸香でまとめられてる! のに対し純米はそのまんまのド直球!

以前のログ