→超軽量簡易版はこちら

2021/04/11

東鳴子赤這温泉阿部旅館1・3号泉湯船内からおはようございます

63196.jpg 63196-1.jpg

昨晩は22時半くらいに寝落ちしたようで8時間弱の睡眠でまだまだ眠いんですが今日の活動開始です。43℃弱、粘土系鉱物臭+金気、笹濁り、白と黒の粉状湯華少しだけ、とスペック昨日から変わらず。

2021/04/10

東鳴子温泉焼肉八兆は法令に基づき21時閉店、健全に^^;門限前に戻りました東鳴子赤這温泉阿部旅館3号泉で焼肉臭を落とします

63195.jpg 63195-1.jpg

湯温やや上がって42℃強、意外と冷えてきた外気にはちょうど良いかも。

東鳴子温泉焼肉八兆で昨日からTwitter上で大話題の軟体動物鍋ヽ(´▽`)/ さらに残った出汁汁にごはん投入のリゾットプレイ(**)

63194.jpg 63194-1.jpg 63194-2.jpg 63194-3.jpg 63194-4.jpg

チューブバターでプラスαの旨味が足されて旨味が相互浸透である(*≧∀≦*)
そしてリゾットはまさに狂おしいまでの貝出汁、あ・ら・伊達な道の駅カレーバイキング亡き後、貝カレーの後継はこのリゾットにケッテー\(^ω^)/ できればチーズプリーズψ(`∇´)ψ

東鳴子温泉焼肉八兆で鶏ハラミ塩

63193.jpg 63193-1.jpg 63193-2.jpg

横隔膜に相当する胸腹壁、もともと鶏ガラに付いてた部位。マスターの想像では「安過ぎる労働力で…」そんな部位をありがたくいただきますm(_ _)m コリっくみって感じの面白食感ですよ(^○^)

東鳴子温泉焼肉八兆で牛タン

63192.jpg 63192-1.jpg 63192-2.jpg

八兆の牛タンはこの厚切りです(*^ω^*) ざくざくと噛めば都ほとばしる乳感もある肉汁と脂たっぷり(((o(*゚▽゚*)o)))

東鳴子温泉焼肉八兆で「いべりこいの」(笑)

63191.jpg 63191-1.jpg 63191-2.jpg

山寺あたり産だそうですよ。独特の旨味たっぷりで甘い甘い脂身(・∀・)サイコー!! 逆に赤身は味濃くしかし優しい味だゾ(^_−)−☆

東鳴子温泉焼肉八兆の本日の海鮮はなんと小ぶりなノドグロ(^○^)

63190.jpg 63190-1.jpg 63190-2.jpg 63190-3.jpg

ちと身がぐずるのもご愛嬌、脂きちんと乗ってますよ(^^)v もちろん頭も背骨も平らげましたぜ(よいこはぜったいにまねしてはいけません!)

鳴子温泉郷に来たら東鳴子温泉焼肉八兆!(テンプレ)

63189.jpg 63189-1.jpg 63189-2.jpg

時短営業なので早めに来てますよ。そしてチャミスル水割りでバリバリサラダハーフをいただきます♪

野花の動画エンコ始めまして、このあと15時半からはリモート会議参加、そのはざまに潜り込めました東鳴子赤這温泉阿部旅館3号泉!

63188.jpg 63188-1.jpg 63188-2.jpg 63188-3.jpg

42℃大適温、うっすら水色、白い綿状湯華少々。微々硫黄臭のほかにこれまで嗅いだことがない、鯖節のようななぞの香りがありますよ(OvO)

そして入りますよ東鳴子赤這温泉阿部旅館、1・3号泉

63187.jpg 63187-1.jpg 63187-2.jpg

ちと熱い43℃弱ですが相変わらずの粘土系鉱物臭+金気、笹濁り、白や黒の粉状湯華わずかに。なによりもこの体感可能な鮮度がうれしい!( ^ω^ ) 土休日は立ち寄り入浴お断り、貸切での利用推奨、と感染対策もバッチリなのです\(^-^)/

そしてなぜか^^;背後から訪れた今日のお宿、東鳴子赤這温泉阿部旅館

63186.jpg 63186-1.jpg 63186-2.jpg 63186-3.jpg

本日は2階の江合川を見下ろす2部屋で1人泊のこのゴーカである(^^)v

そして江合川沿いの某裏山にてキバナノアマナにヤマエンゴサク満開である(((o(*゚▽゚*)o)))

63185.jpg 63185-1.jpg 63185-2.jpg 63185-3.jpg

ここは以前はもう少し暗くてカタクリも少し咲いてましたが、めっきりキバナノアマナの黄色が目立つお花畑になりましたね(^○^)

東鳴子温泉食堂千両を出まして江合川をわたり、毎年恒例のカタクリ野良群生地

63184.jpg 63184-1.jpg 63184-2.jpg 63184-3.jpg

ピーク過ぎてますがめっちゃ接近して拝めました((o(^∇^)o))

東鳴子温泉食堂千両、今日もたいへん美味しくごちそうさまでした

63183.jpg

m(_ _)m

東鳴子温泉食堂千両のチャーハン!

63182.jpg 63182-1.jpg 63182-2.jpg

レタスが香るチャーハンというのもオンリーワン(^○^) 柔らかめのご飯ですがもちろんパラパラ、胡麻としっかり塩味の角切りチャーシューも(・∀・)アウ!! 丼入りの超甘いスープはトマトで酸味プラスの美味さです\(^ω^)/

東鳴子温泉食堂千両のマーボー豆腐!

63181.jpg 63181-1.jpg

これが甘辛くて、絹ごしにもよく絡む粘度で、妙にアテに(・∀・)イイ!!

東鳴子温泉に来たら食堂千両!(テンプレ)

63180.jpg 63180-1.jpg 63180-2.jpg 63180-3.jpg

レモンサワーの氷は積雪期を過ぎたからか「手で丸めた」(マスター談、笑)のではなくもっと大きなやつ(^○^)。レモンも濃いめのサワーとともにちょうど甘辛い小松菜もやし油揚おひたしそして鶏味染みてるきんぴらをいただいてます\(^ω^)/

鳴子御殿湯駅で下車して今日の乗り鉄おしまい

63179.jpg 63179-1.jpg 63179-2.jpg 63179-3.jpg

そして陸羽東線の築堤法面にたくさん咲いてますキクザキイチゲ♪

古川駅で普通鳴子温泉行きにお乗り換え

63178.jpg 63178-1.jpg 63178-2.jpg 63178-3.jpg

なんとついに! 古川駅にも乗車記念印がシヤチハタで設備されました!! しかもこれササニシキだろ…(^◇^;)
そして陸羽東線はあり得ないくらいのガラガラ、やはり影響もろ出てるんじゃないかな…(ノ_<)

上野駅から新幹線やまびこ53号のこまち車自由席にお乗り継ぎ

63177.jpg 63177-1.jpg 63177-2.jpg 63177-3.jpg

意外に乗ってる。

以前のログ