→超軽量簡易版はこちら

2018/02/18

秋葉原駅で乗り換えてきた普通津田沼行きを錦糸町駅で下車して今週末のプチ湯治完遂

54957.jpg

これから帰宅後ふたたび仕事します。次回の旅は再来週を予定していますが行き先は未確定です。

上野駅で新幹線やまびこ50号から普通外回りにお乗り換え

54956.jpg 54956-1.jpg 54956-2.jpg

例によって乗車記念印はパンダ。

古川駅で新幹線やまびこ50号東京行きにお乗り換え

54955.jpg 54955-1.jpg 54955-2.jpg

鳴子温泉郷と同じ大崎市なのにすっかり雪も極少の古川駅ですが、新幹線自動改札機の仕様が変わり、昨日特急券持ち帰りのために出場記録がないことによって入場もできなくなって結果有人改札での特急券にスタンパーの吉報(笑)。いつもどおり旧こまちの4列シートの後方で座れました。今日は帰宅後に仕事をするため(涙)、呑まずにおとなしく同行知人とプログラミング談義して過ごします。

鳴子御殿湯駅から普通小牛田行きに乗車して帰途開始

54954.jpg 54954-1.jpg

ぁっと言う間に楽しかった鳴子温泉郷の週末もおしまい(T . T)、それでも仕事もそこそこできましたし充実してました!
次回の鳴子温泉郷は、行ければ3月10日を考えてはいますが微妙、もしNGですと4月までご無沙汰になります…

東鳴子温泉食堂千両のとんかつ定食!

54953.jpg 54953-1.jpg 54953-2.jpg 54953-3.jpg

本日は54分でのサーヴでした。そして今日はカリカリめやや厚めの衣に甘い脂身ぶ厚い肉\(^o^)/ ポテトフライにマヨがかかってるのが変化です(^O^)。スープは甘い中華に戻りましたよ。ビアー呑みながら20分かけてじっくり味わいましたよ( ^_^)/~

東鳴子温泉に来たら食堂千両!(テンプレ)

54952.jpg 54952-1.jpg 54952-2.jpg

赤這温泉阿部旅館から1km歩いてぶじたどり着きましてさっそく瓶うぇーい( ^ ^ )/□ 冷奴つまみながらこれからのロングタームを待ちます(^_−)−☆

鳴子温泉旅館すがわらから1.8km歩いてきて東鳴子赤這温泉阿部旅館の3号泉に立ち寄り入浴

54951.jpg 54951-1.jpg 54951-2.jpg

このみごとなつららよ!(^O^)
そして淹れたての薄青色な3号泉は淹れたてゆえに成長したクリーム色のゴム状湯華や綿状湯華はなく、白い消しゴム状湯華、そしてなんと! わずかですが黒い粉状湯華も少し舞ってます!! これが本来の3号泉のスペックなのかも。湯温も42℃弱と冬ですよね。香りは粘土系鉱物臭がより香ばしくて次に微硫黄という複雑なもの。ホントここも名湯よね…

鳴子温泉旅館すがわらをチェックアウト、しつつもロビーのサービスコーヒー(宿泊者のみ)をいただきつつマターリ

54950.jpg

今回もまた良いお湯をありがとうございました湯守さん!

鳴子温泉旅館すがわら半露天貸切風呂小さい方からおはようございます

54949.jpg 54949-1.jpg 54949-2.jpg

昨晩は途中30分の覚醒を挟みつつ計7時間半寝られましてかなりスッキリ(^O^) そして雪も吹雪は収まってるようですよ。ただいまの湯船は43℃強で冷めてない! もちろんスーパースムーズな肌触りなので浸かればまったく熱くなく知らぬうちに茹で上がります!!(笑)

2018/02/17

名残り惜しくも東鳴子温泉焼肉八兆を撤収、鳴子温泉旅館すがわらに戻ってきましての半露天貸切風呂大きい方

54948.jpg 54948-1.jpg 54948-2.jpg

屋根あるのに洗い場まで積雪するこの吹雪っぷり&誰も来ないっぷり! そして100℃近い源泉をここまで投入すればそりゃそれでも湯面は激熱よ♪ かき混ぜても43℃、でもここの湯のスーパースムーズな肌触りでぜんぜん熱くない!\(^o^)/

名残り惜しくも東鳴子温泉焼肉八兆から撤収

54947.jpg

その撤収時の積雪状況。明らかに17時半に着いたときから7cmは積もったぞ。もちろんクロックスでコーフンしてかけめぐる犬レベルのよねざわです(^_^)v

東鳴子温泉焼肉八兆で冬季限定のもつ鍋いずみちゃんスペシャルを同行知人とシェアー、そして韓国冷麺を同行知人とハーフサイズそれぞれオーダー(冷麺は乾麺の単位があるためハーフサイズは偶数人前のみ受け付け)

54946.jpg 54946-1.jpg

国産もつの実力を1週間のうちに京都と鳴子で知るわけやね(^_−)−☆

東鳴子温泉焼肉八兆で今度はなんかわからん古川産和牛の塊が!((((;゚Д゚)))))))

54945.jpg 54945-1.jpg 54945-2.jpg

4mmスライスでささっと焼けば先のヒレをはるかに越えるこの甘い脂よ(≧∀≦)

東鳴子温泉焼肉八兆での謎(世間の見解です)メニュー3連発、鹿、鴨、海鞘。そして定番の鶏皮塩、砂肝。

54944.jpg 54944-1.jpg 54944-2.jpg 54944-3.jpg 54944-4.jpg

日本酒垂らした焼海鞘のグンバツさはいつもレポしてるとおりですが、この鴨肉ヤヴァス((((;゚Д゚))))))) 胸肉なんですが、脂ほぼゼロかつレバーレベルの濃厚な血液の鉄味&酸味がまさに野生種!! 鹿はあっさりですよ♪ いっぽうの定番品はさすが定番の安定、絶妙なサイズの鶏皮になぜ平らなんだ?!?!の神秘の切りな砂肝!!!

東鳴子温泉焼肉八兆本日のスペッシャルメニウ!

54943.jpg 54943-1.jpg 54943-2.jpg

は古川産和牛ヒレ! 1.5cmの、ヒレとしてはサシ多過ぎのお肉はまさにパラダイスである*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

鳴子温泉郷に来たら東鳴子温泉焼肉八兆!(テンプレ)

54942.jpg 54942-1.jpg 54942-2.jpg 54942-3.jpg

ご覧のとおりのぁっという間の積雪に同行知人がびびったため(^O^)、鳴子温泉旅館すがわらでの仕事を切り上げてクルマで早めに来てみましたよ。まずはちぎりレタスと胡麻ドレの相性バッチリのバリバリサラダでうぇーい( ^ ^ )/□

鳴子温泉すがわらのロビーでのお仕事中断してチェックイン、からの中浴場&露天風呂

54941.jpg 54941-1.jpg 54941-2.jpg 54941-3.jpg

中浴場はご覧のとおりちゃんとすがわらブルーですがあまりの気温差に浴室霞んでてうまく撮れず(T ^ T) 湯温は表面45℃ありましてさすがに浸かるまで少し厳しいところでしたが浸かってしまえば体感42℃のスーパースムーズ!(*^◯^*) 対するに露天風呂は雪が吹き込みまくってるためまったく青くないこの湯の不可思議。湯温も40℃で寒いくらいですよ。

今宵のお宿は鳴子温泉旅館すがわら

54940.jpg 54940-1.jpg

15時からチェックインですが吹雪のためもう来てしまいまして、女将さんに許可いただきましてロビーで仕事します!(涙)

終点鳴子温泉駅で下車

54939.jpg 54939-1.jpg

吹雪強まってます!本日陸羽東線はここから先新庄まで終日運休確定です。

あ・ら・伊達な道の駅から池月駅に戻ってきまして普通鳴子温泉行きに乗車

54938.jpg

バイキングしてる間になんか吹雪いてきた!! そしてさっきのはガラガラでしたがこちらは結構な乗客です。

以前のログ