→超軽量簡易版はこちら

2018/06/04

錦糸町駅で下車して今回の旅ぶじ締まりました

55400.jpg

四ツ谷駅から座れてまして休まってましたよ。これから帰宅してお風呂入って定時出勤です。次回の旅はおそらく月末の青森レインボーパレードですが、その一週前つまり来週末、そこまでの賃労働が順調に進めば、2ヶ月ぶりの東鳴子温泉を考えます。

代々木駅で普通千葉行きにお乗り換え

55399.jpg

この時間でも立ち多数で座れないというね。

中国JRバススサノオ号は渋谷マークシティバス停に15分早着

55398.jpg 55398-1.jpg

夜行バスとしてはかなりよく寝られまして今日からのこの1年半で2度めの大きな賃労働の山場も乗り越えられそうです。そして定期券で山手線外回りに乗車、E235ですが乗った10号車は新造ではない改造車でした(^◇^;)

2018/06/03

中国JRバススサノオ号は蒜山高原SAで行程中ゆいいつの開放休憩15分間、まだ寝てなかったのでトイレとります

55397.jpg 55397-1.jpg

東名道のSAの24時間の混雑っぷりからすればこのガランガランはまさに地方格差ですよね…それでも地産生麺の蒜山そば出すスナックコーナーこの時間にも開いててさすがです!

松江駅バス停9番のりばから中国JRバススサノオ号新木場駅行きに乗りまして帰途

55396.jpg 55396-1.jpg

火曜日に予約した時点では混んでましたがかなりキャンセル出たようで空いてます。カーテン付いてますが電源がUSBではなくて100Vコンセントなのも共同運行の一畑バスとの差異。特にやることもなくとっとと寝ます。

今週末の〆オヴ〆は松江駅裏根っこのしじみピザ(笑)

55395.jpg 55395-1.jpg

シジミの佃煮と粉山椒を乗せて焼き上げられてます。で、これにタバスコかけると、山椒とタバスコのブリッジをシジミ佃煮が担うという奇跡のコラボ! なので機会あればみなさまもご体験ください!( ^_^)/~

松江駅裏根っこで松江市の米、どじょうすくいロック( ^ ^ )/□ とかめのて旨煮

55394.jpg 55394-1.jpg 55394-2.jpg

口に含むとうわっと来るこのまさに米焼酎なクセ! …と思いきやそれはファーストインパクトだけで、後味は異様にスッキリですなこれ!(*^◯^*)
カメノテは亀の手というかガメラの指、ですけど、これ立派な甲殻類でフジツボの近縁、可食部は剥いた2枚めの筋肉ですからね。山陰でも食べる文化あると聞いてましたが、高知や愛媛のより量少ない希ガス(^◇^;) お味は貝の弾力に蟹の風味ですよ(^^)v

松江駅裏根っこにて、隠岐の海藻焼酎、いそっこのロック( ^ ^ )/□、そしてスペッシャルなお造り\(^o^)/

55393.jpg 55393-1.jpg

昼に隠岐の味乃蔵でいただいたわだつみの精はこのいそっこを貯蔵熟成したもの、ということでタイムマシーン答え合わせなオーダーですが…なんだこの純然たる海藻感(笑) 米焼酎に昆布漬けとくとこんな味になりそうな珍品であります\(^o^)/
お造りは手前左からノドグロ、ヒラマサ、サザエ、サワラ、アジ焼霜。生山葵すりすりしていただきます。アジとノドグロはこれ逆じゃんかとか思いつつノドグロ…なんやこの刺身でも脂大爆発(((o(*゚▽゚*)o))) ヒラマサはあっさりめですがぐりんぐりんなコリッコリ! サワラは旨味と脂と魚くささのすべてが強くてびっくり、サザエは柔らかくて甘味多め! うーんこのアジ焼霜はこれだけ食べたらすごく美味しく感じるのだろうなぁ(^◇^;)

隠岐汽船連絡バスの終点松江駅バス停で降りて反対側の駅裏すぐの根っこでモルツ樽生うぇーい( ^ ^ )/□

55392.jpg 55392-1.jpg 55392-2.jpg 55392-3.jpg

何故か箸置きが煮干です。で突き出しはほうれん草と鳥はむの酢味噌和え、さらに旬のサラダ。突き出しもはっとさせられる新風味ですが、サラダのたっぷりのしらすがなんか異様に美味いのは何故なんだ!!(OvO)

一畑バス隠岐汽船連絡バスは終点松江駅バス停に1分遅着

55391.jpg

おつかれさまでした。

隠岐汽船フェリーくにが号は七類港に2分早着、すかさず一畑バス隠岐汽船連絡バス直行松江行き最前左側に乗車

55390.jpg 55390-1.jpg 55390-2.jpg

昨日の往路に比して空いてますな。

隠岐汽船フェリーくにが号二等桟敷で隠岐の地酒、昨晩は吟醸生貯蔵酒をいただいた隠岐誉のお燗できる紙カップ普通酒をば自販機で買って、ポテチは有人売店で。

55389.jpg

全体に味が薄めで、旨味雑味どちらも驚くほどの余韻の無さは昨晩の高正宗普通酒と同じ! 隠岐民はこれが毎晩晩酌の好みなのでしょうね(^O^)

なんかよくわかりませんが隠岐汽船フェリーくにが号は隠岐の島町西郷港を10分遅れて出航

55388.jpg

なんか運動系のお見送りがすごい!! →動画

西郷港から隠岐汽船フェリーくにが号七類港行きに乗船

55387.jpg 55387-1.jpg 55387-2.jpg

軽く呑もうかなということでコンセント確保の上船内自販機で調達した発泡酒うぇーい( ^ ^ )/□

ぶらぶら歩きながら西郷港に戻ってきまして、あとは帰るだけ

55386.jpg 55386-1.jpg

20分ぼーっとしてたらいつの間にか入港してましたよくにが号。往路のおき号とは別の船です。まだしばらくは乗船できないようですよ。

玉若酢命神社の境内にある樹齢4桁のぶっと過ぎる八百杉!Σ(・□・;)

55385.jpg 55385-1.jpg 55385-2.jpg

近接して巨木を撮るような場合にスマホのパノラマ撮影は上部がボケると知りました!(^◇^;)

さらにその隣の玉若酢命神社(たまかわすみこと)に来ました

55384.jpg 55384-1.jpg 55384-2.jpg

3枚目の本殿、2枚目の隋神門、どちらも荘厳。成立や名前の由来などわからないことだらけの神社だそうで!

西郷港から徒歩2.5km、億岐家住宅に来てみました

55383.jpg

築217年! 宝物館拝観は略。

隠岐西郷港の味乃蔵で今年初入荷にしてラスト在庫! の隠岐産岩牡蠣1300円!!に隠岐そば780円!!!

55382.jpg 55382-1.jpg 55382-2.jpg 55382-3.jpg

大きさわかりにくいんですが大きめの大葉と同じくらいの可食部で大ヴォリューム(*^◯^*) もちろん濃厚なミルクとしてゆっくりくちどけしていくまさに岩牡蠣にしてやられちゃいましたぜ(((o(*゚▽゚*)o)))
隠岐そばはもろもろ崩れる十割蕎麦に過剰な鯖出汁つゆが隠岐スタイル、その鯖と海苔胡麻ほんのり柚子皮がケミストリーや!(OvO) 麺というより蕎麦掻的な蕎麦の味わいもまた良し。いやー美味しかった☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

隠岐自然館からすぐの味乃蔵でランチします

55381.jpg 55381-1.jpg 55381-2.jpg

いちおうオーシャンビューではありますね(^^)。そしてくちあけ客なのにいきなり完熟海藻焼酎わだつみの精ロックうぇーい( ^ ^ )/□ これがまた強烈に海藻! なんですが、その風味と焼酎熟成の方向が合致してる感じでこれは銘珍品である\(^o^)/

以前のログ