→超軽量簡易版はこちら

2022/01/24

錦糸町駅で下車して今回の旅締まりました

65429.jpg

大人の休日倶楽部パスは明日まで有効なので仕事が終われば明日高円寺にでも行き使います。次回の旅は今週末、鳴子温泉郷です!(笑)

30秒早着の終点東京駅で始発快速千葉行きにお乗り換え

65428.jpg

ゆっくり歩いても6分ですねー。

古川駅から新幹線はやぶさ108号東京行きに乗車

65427.jpg 65427-1.jpg 65427-2.jpg 65427-3.jpg

先週日曜より空いてます。

名残惜しくも東鳴子赤這温泉阿部旅館を暖房費込み2泊8700円でチェックアウト、鳴子御殿湯駅から普通小牛田行きで帰途開始

65426.jpg 65426-1.jpg

空いてます。

今回の大人の休日倶楽部パスでの鳴子温泉郷プチ湯治の〆湯を東鳴子赤這温泉阿部旅館3号泉で

65425.jpg 65425-1.jpg 65425-2.jpg 65425-3.jpg

冷え込みの朝でやはり42℃大適温、粘土系鉱物臭+微々硫黄臭(くっきり)。昨晩綿状湯華がほとんど見られませんでしたがわずかに沈澱しています。

東鳴子赤這温泉阿部旅館1・3号泉湯船内からおはようございます

65424.jpg 65424-1.jpg

昨晩は7時間睡眠で胃の調子はよろしくないままですががんばって昼から仕事しましょう。やはり朝は冷え込みで湯温42℃。粘土系鉱物臭+金気で目を覚まします。

2022/01/23

東鳴子赤這温泉阿部旅館に戻り、3号泉で焼肉臭を落とします

65423.jpg 65423-1.jpg

42℃強、粘土系鉱物臭+微々硫黄臭、さっぱりとした浴感。そして午前中にはあった大きな綿状湯華が沈澱してない!(OvO) …実は15時に再清掃入ってたのでそれかも?

今宵の東鳴子温泉焼肉八兆、サーヴィスのアナゴタレ焼、正規メニューのチャンジャ、これだけで胃腸のすぐれなさで打ち止めになりました…

65421.jpg 65421-1.jpg 65421-2.jpg 65421-3.jpg

チャミスルのボトルは新しいの入れましたが…来週がんばります!(ぇっ、来週? 笑)

東鳴子温泉焼肉八兆で塩ホルモン

65420.jpg 65420-1.jpg 65420-2.jpg

初八兆時の最初のオーダーだった記念のメニュー、15回に1回くらいの頻度でマスターの切りが甘いときがありますが(爆)今日は小さめでひとくちサイズのベスト\(^ω^)/ …ただ、昼呑みで胃がやられたのか食欲かびっくりするくらい無く、肉はこれだけでした…

鳴子温泉郷に来たら東鳴子温泉焼肉八兆!(テンプレ)

65422.jpg 65422-1.jpg

今日はマスターお忙しのためしばらくチャミスル水割りちびりちびり舐めて待ちましょう。

東鳴子赤這温泉阿部旅館に戻って本日初の1・3号泉に浸かります

65419.jpg 65419-1.jpg

42℃、粘土系鉱物臭+金気、笹濁りの名湯でじっくりあったまりましょう…(o^^o)

東鳴子温泉食堂千両でレモンサワー3杯め!

65418.jpg 65418-1.jpg

そして「酸っぱい酢飯大好き」という思わぬ共通の話題でマスターと盛り上がった結果、富山のますの寿司&鯖寿司いただきました((o(^∇^)o))

東鳴子温泉食堂千両でマーボー豆腐!

65417.jpg 65417-1.jpg

いつもどおりの和山椒がっつりのいずみスペシャル、に加えて今日のはよりオイリーになってる!(((o(*゚▽゚*)o))) レモンサワーおかわり!!( ^ ^ )/□

東鳴子赤這温泉阿部旅館から徒歩900m、東鳴子温泉食堂千両に来ました

65416.jpg 65416-1.jpg 65416-2.jpg

先週に引き続き今日も12時開店だったそうで読み的中(^^)v、そしてレモンサワー出てくるまで17分かかる安定の千両時間(笑)。アテは松前漬&滲みまくりな鶏大根、麦ベースにポッカレモン&生レモンWレモンが今日もスッキリ♪

東鳴子赤這温泉阿部旅館、3号泉清掃中で1・3号泉の前で待ってたところ若女将さんいらして「寝湯で良ければどうぞ」くちあけ入浴だ!\(^ω^)/

65415.jpg 65415-1.jpg 65415-2.jpg

確かに寝湯(^○^)、42℃強、うっすら白濁で硫黄臭はっきり!(*≧∀≦*) そして大きな綿状湯華もう溜まってますよ((o(^∇^)o))

東鳴子赤這温泉阿部旅館3号泉湯船内からおはようございます

65412.jpg 65412-1.jpg 65412-2.jpg

昨晩は7時間半睡眠で目が覚めてしまいここのところの寝不足は解消されませんでしたがかなりぐっすり寝られてます(^○^)。ただいまの3号泉は42℃とふだんよりかなりぬるめ、それゆえか大きな綿状湯華たくさん!( ^ω^ ) 粘土系鉱物臭+微々硫黄臭。

2022/01/22

東鳴子赤這温泉阿部旅館3号泉で、東鳴子温泉焼肉八兆の焼肉臭を落とすいつものルーティーン

65413.jpg 65413-1.jpg

42℃強、粘土系鉱物臭+微々硫黄臭のいつものスーパーフレッシュ湯。このあと焼肉レポです。

東鳴子赤這温泉阿部旅館で、東鳴子温泉焼肉八兆の焼肉臭を落とすいつものルーティーン

65410.jpg 65410-1.jpg

42℃強、粘土系鉱物臭+微々硫黄臭のいつものスーパーフレッシュ湯。

東鳴子温泉焼肉八兆の今宵の肉〆は若鶏カルビ(=せせり)、さらにマスターの手作りアイス

65411.jpg 65411-1.jpg 65411-2.jpg 65411-3.jpg

技能生が捌かないとこの仕入れ価格は無理では、の現実と旨さの現実に右往左往。手作りアイスのマスターは焼肉八兆のではなく鳴子温泉玉子屋のマスターのこと、ビター&スイートが完璧ヽ(´▽`)/

以前のログ