→超軽量簡易版はこちら

2019/05/19

古川駅で新幹線やまびこ50号東京行きの4列シート自由席にお乗り換え

58097.jpg 58097-1.jpg 58097-2.jpg 58097-3.jpg

来週の玖伊屋向けのいつものサケも乗り換え中に仕込み。

鳴子御殿湯駅から普通小牛田行きに乗車して帰途開始

58096.jpg

次回の鳴子温泉郷は来月前半を考えておりまする ( ^_^)/~

少し早めに東鳴子温泉食堂千両を出まして、鳴子御殿湯駅前のなるみストアーで名物栗団子個包装160円を買い、鳴子御殿湯駅の木造駅舎でいただきます\(^o^)/

58095.jpg 58095-1.jpg 58095-2.jpg 58095-3.jpg

熱々の団子の中には甘い栗、そして御手洗餡は醤油強めでこのせめぎ合いが(・∀・)ンマイ!!

東鳴子温泉食堂千両でひさびさのカツカレー!

58094.jpg 58094-1.jpg

まるで本格麻婆豆腐みたいに挽肉でなくみじん切り肉で、玉葱焦がし小麦粉と手間暇かけられたカレーソースで揚がりたてのカツをいただくこの至福よ!!(((o(*゚▽゚*)o)))

東鳴子温泉食堂千両で鶏の唐揚香味ソース!

58093.jpg 58093-1.jpg 58093-2.jpg

厚めの皮がパリッパリに揚がってましてそこにシャープな甘酢ソースがかけられてましてスードラススムくん(^_^)v 大瓶4本目頼みましたらゲソも追加アテで出てきましたo(^▽^)o

鳴子温泉旅館すがわらをチェックアウト、1.6km歩いてきての東鳴子赤這温泉阿部旅館1・3号泉に入ります

58092.jpg 58092-1.jpg 58092-2.jpg

本日は43℃弱ささ濁りの通常運転、鮮度抜群の粘土系鉱物臭に金気でシャキーン!とする極上の湯です(*≧∀≦*) →動画

鳴子温泉旅館すがわらの本日のすがわらブルー!

58091.jpg 58091-1.jpg 58091-2.jpg

白濁気味ですが綺麗な空色! そして露天もほんのりブルー!!\(^o^)/ →中浴場ブルー →露天ブルー

鳴子温泉旅館すがわら1階貸切風呂からおはようございます

58090.jpg 58090-1.jpg

昨晩は東鳴子温泉焼肉八兆から帰還後貸切半露天風呂で八兆の事後報告書きつつ入浴、その後寝まして7時間半ぐっすり寝て起きてこちらです。なぜかすがわらスメルが弱くとろみも少ない謎の湯(^◇^;)ですが館内で湯のバリエがあるのはありがたいことです!

2019/05/18

東鳴子温泉焼肉八兆のスペッシャルメニュー、銀鮭に謎白身( ̄O ̄;)にタン先に鰯

58089.jpg 58089-1.jpg 58089-2.jpg

謎白身は調べたところ合法なのでツッコミも入れられず(笑)、お味は独特の風味あるもほどよい脂で良し。タン先は「たまに硬いのが入るのをどうメニュー化できるか?」というマスターの試行錯誤中!(^O^)

東鳴子温泉焼肉八兆での通常メニュー、上カルビに砂肝

58088.jpg 58088-1.jpg

明らかに上を超えてないか?という白い脂(笑)に対し、こう包丁入れれば平らな肉として食べられるんだ!(OvO)な砂肝の安定感よ。

東鳴子温泉焼肉八兆にボトルキープ木札登場、なぜに私のは名字が戸籍名の旧字体で下がひらがななの?(^O^)

58087.jpg 58087-1.jpg 58087-2.jpg 58087-3.jpg

そして某さん私物担いできた生ハムは熟成味強過ぎで大感動\(^o^)/それと知人リクの海鮮はマンボウとホヤという一般的には珍な、ここではふつうのラインナップ(笑)

東鳴子温泉に来たら焼肉八兆!(テンプレ)

58086.jpg 58086-1.jpg 58086-2.jpg 58086-3.jpg

いつもより30分早い18時半に来てしまいましたが店内には温泉ヲタのみなさま多数で大盛り上がり! 定番のちぎりレタスに胡麻油ドレがサイコーのバリバリサラダに切り身サイズが焼きあがり後ベストな塩ホルモンをつまみます。

鳴子温泉旅館すがわらの湯あがりには

58085.jpg

250円と良心価格の金麦うぇーい( ^ ^ )/■

鳴子温泉旅館すがわら貸切半露天入浴中!

58084.jpg 58084-1.jpg

いつもの墨摩り下ろし香ですが湯のとろみがなんかいつも以上に(・∀・)スゴイ!! そして湯もみしたら42℃強ですが体感41℃くらいのこの熱さを感じさせない抱かれ心地!(((o(*゚▽゚*)o))) →動画

今宵のお宿は鳴子温泉旅館すがわら

58083.jpg 58083-1.jpg

今日は初体験の3階のお部屋である(OvO)

終点鳴子温泉駅で下車して今日の移動おしまい

58082.jpg

なんか駅前の足湯が止まってたぞ!

古川駅で普通鳴子温泉行きにお乗り換え

58081.jpg 58081-1.jpg

7分差もあるのに新幹線の車掌さんが「お乗り換え時間がありません!」と2度も叫んでた(^◇^;)

2分遅着の終点郡山駅でここからは予定どおりの新幹線指定席、トイレで昨日から着っぱなしだった衣類をぜんぶ着替えて^^;新幹線やまびこ49号盛岡行きに乗車して知人と合流して

58080.jpg 58080-1.jpg 58080-2.jpg

うぇーい( ^ ^ )/□

久田野駅まで戻ってきて普通郡山行きに乗車

58079.jpg

これで今回の幽霊文字めぐりはおしまい、鳴子温泉郷へと向かいます。

ざざん。久田野駅から徒歩2.1km、福島県白河市本沼畔田。

58078.jpg 58078-1.jpg 58078-2.png 58078-3.jpg

ですがしかし、明治時代の地籍図トレースから、ここは字糯田とわかります(隣の小山前も畔田に吸収?)。そしてここは、72年の国土行政区画総覧では「粫田」と書き「うるちだ」になっていて、これを唯一の根拠にJIS第二水準に「粫」が登録され、幽霊文字とされました。しかし明治の地籍図でもここは「糯田」です。ところが読みは「うるちだ」だったと。「糯」はどう考えてもアミロースがないもち米などの「糯」なのであり、今の読みも「もちだ」です。もしかすると、江戸時代は「うるちだ」で、それを地籍図にする際に誤って「糯田」とし、それだと意味が逆だから「雨」を取って「粫」という漢字を作字してしまったとか!?!?(^◇^;)

以前のログ