→超軽量簡易版はこちら

2024/07/13

もう今日はうまくいかないままに賃労働終業!(逆ギレ)

72546.jpg 72546-1.jpg 72546-2.jpg

東鳴子温泉いさぜん旅館から徒歩700mの薬王堂で午後ティー購入して振り向けばそこには、鳴子温泉郷に来たら東鳴子温泉焼肉八兆!(テンプレ) すでにほば満席ですがじんくんの優しさで生うぇーい( ^ ^ )/■

仕事なかなか終わらず、リフレッシュということで東鳴子温泉いさぜん旅館のいったん2階に上がらないとたどり着けない迷図の果ての貸切風呂!

72545.jpg 72545-1.jpg 72545-2.jpg

赤湯共同源泉ですが42℃大適温!\(^ω^)/ やっぱり今日の赤湯は木屑系アブラ臭にモールの香りが立ってる気がします(^ω^) そして重曹泉のとろすべ肌触り!!(*^◯^*)

東鳴子温泉いさぜん旅館で、お風呂から出たらバタンキュー…では今回は無く!

72544.jpg

明日の賃労働をゼロ分にするためにがんばるのである!!(^^)v

というわけで東鳴子温泉いさぜん旅館婦人風呂の露天に浸かりに出ました!

72543.jpg 72543-1.jpg 72543-2.jpg

表面は似たような温度ですが底はぬるめでかき混ぜると大適温の42℃!\(^ω^)/ 木屑系アブラ臭ですが今日はモール臭もあるかも? 肌触りもバツグンつるすべの良い(・∀・)ユ!!

東鳴子温泉いさぜん旅館、大人気の混浴炭酸泉は休日の昼間は常時人が居て撮影は難しく、婦人風呂に来たら無人なので

72542.jpg 72542-1.jpg

撮らせていただきます&身体と頭髪洗わせていただきますm(__)m そして半循環の赤湯共同源泉の内湯は44℃弱あり浸かりは断念…(^◇^;)

東鳴子温泉いさぜん旅館の今回のお部屋は川側の静かな六畳間

72541.jpg 72541-1.jpg 72541-2.jpg 72541-3.jpg

自炊部は履き物はじぶんで自室管理、というかつての湯治文化の名残りは東鳴子温泉ではもうここだけ!(^○^) コンセントが別形状で、かつてはこの変換コードを有償で貸し出してたんですよ!(^_?)?☆

鳴子御殿湯駅で下車して今日の乗り鉄おしまい、そして駅すぐの東鳴子温泉いさぜん旅館に連泊です!

72540.jpg 72540-1.jpg 72540-2.jpg

いさぜんぬこ(=^x^=)にお出迎えされつつの宿代10040円をPayPayでお支払い!

終点小牛田駅で始発普通新庄行きに同一ホームお乗り継ぎ

72539.jpg 72539-1.jpg 72539-2.jpg

2人ボックスもう満席なので、引き続き仕事したく!(^◇^;)ロングシートにしました(^^)v

仙台駅から始発普通小牛田行きに行列して乗車

72538.jpg 72538-1.jpg

もちろんボックスではなくドアー際の2人席まっしぐら!(^^)v

仙台駅杜で鶏から揚げそば530円!

72537.jpg 72537-1.jpg 72537-2.jpg 72537-3.jpg 72537-4.jpg

わずかに七味の粉末が写ってますがこれはもう卓上から七味が撤去されてサーヴカウンターのもめっちゃ出る量少なくてひと振りで断念した痕跡です! 鶏は見る影もなく薄っぺらくなってしまいました…( ; ; )が生姜効いた下味は変わらず!(^○^) 4分でつゆ残しのごちそうさま!( ^_^)/~

終点白石駅で始発普通仙台行きに同一ホーム6分差お乗り継ぎ

72535.jpg 72535-1.jpg 72535-2.jpg

ここから6両編成ですがこちらの到着前からちらほら旅客居て乗り継ぎ客あわせてそこそこ混んでましてこれは仙台付近は大混雑必至、と、はじめからドアー際2人席です。

終点福島駅で始発普通白石行きに同一ホーム4分差お乗り継ぎ

72534.jpg 72534-1.jpg 72534-2.jpg

4両編成で白石止まりなので混まないと判断しボックス占有である。そして新白河からここまででPR3本レビューしてじぶんのPRも1本出した!\(^ω^)/けど、明日朝から呑むためにまだまだ仕事します!!(^◇^;)

新白河駅に再入場して折り返し始発普通福島行きに乗車

72533.jpg 72533-1.jpg 72533-2.jpg

ボックス相席は避けてドアー際の2人席をみずからチョイス(^^)v

終点新白河駅

72532.jpg 72532-1.jpg

ここから先の列車はあと20分入線してこないということでいったん下車して駅トイレ行きます。

終点黒磯駅で、朝過ぎてダッシュまでには至らない黒磯ダッシュからの始発普通新白河行きにお乗り継ぎ

72531.jpg 72531-1.jpg 72531-2.jpg 72531-3.jpg 72531-4.jpg

ドアー位置の正解は前から3両めの前から2番めでした(^_?)?☆ そして新白河駅での乗り継ぎは最先頭が必須なんですがボックス占有の快適さを優先して4号車に。

自遊空間NEXT宇都宮オリオン通り店から徒歩1.3kmの宇都宮駅に昨晩から使用開始の北海道・東日本パスで入場、始発普通黒磯行きに乗車

72530.jpg 72530-1.jpg 72530-2.jpg

3両編成2つつなげた6両のE131系で黒磯まで乗るのがたぶん初体験で、黒磯駅のドアー位置がわからにゃい(^◇^;)

自遊空間NEXT宇都宮オリオン通り店の前からおはようございます

72529.jpg 72529-1.jpg 72529-2.jpg

昨晩は5時間睡眠になりましたがぶじ起きられましてお会計は2300円、郡山のサイバックより500円お高い値段で済みまして、今のところでは昨晩の失態から840円の出費増&1時間半の遅刻で済みそうです♪

2024/07/12

というわけで宇都宮駅から徒歩1.3kmの自遊空間NEXT宇都宮オリオン通り店に入店して鍵なしマットブース確保

72528.jpg 72528-1.jpg

思えば、いつもひやひやしながら郡山駅の2階の指定席券売機で湯けむり号の指定席券を発券するのを避けるべく、今日発券してしまったのは大チョンボでしたね。発券しなければえきねっとの無手数料変更で来月の湯けむり号に変更できてたわけで…払い戻しについてはもう少しあがきますが、次回以降はコレ=乗り継げず乗れない事態があり得ることを前提に、発券はギリギリにしたいと思います! ではおやすみなさい…(-_-)zzz

【悲報】終点宇都宮駅で下車し、掛員さんに旅客営業規則282条3号イに基づく、明日朝の快速湯けむり号の指定席券の無手数料払い戻しを求めましたが、

72527.jpg 72527-1.jpg 72527-2.jpg 72527-3.jpg

「首都圏の列車は接続を保証していないから、適用されない」との話でした。不使用証明も拒絶され、指定席券売機による払い戻し以外できないと。
当然に原券を手元に残して事後に掛け合うことも考えましたが、当日窓側の指定席を買いたいというニーズもあるかもしれず、座席を開放するという一点で、泣く泣く、指定席券売機で、340円の手数料で530円の指定席券を払い戻ししました!

以前のログ