→超軽量簡易版はこちら

全アーカイブ

57779 件のログがあります。 21 - 40 / 57779

2019/07/15

八戸駅ナカ鮓市で生だこ、真あじ、いわし、ほや

58514.jpg 58514-1.jpg 58514-2.jpg 58514-3.jpg

蛸が良い薄さでくみくみくらいで噛み切れます(^○^) 旨味がいちばん強いのは鯵かな。そしてポン酢でいただくホヤは酢飯と会うかどうかがやや微妙か(^◇^;)

定時回復の終点八戸駅の有人改札で時間節約のため3分割乗車券は持ち帰らずに青い森鉄道ぶんの1340円を現金払いして出場

58513.jpg

して駅ナカ回転寿司に来ましたよ。

終点野辺地駅で2分遅延の普通八戸行きに同一ホームお乗り換え

58512.jpg

雨降ってる!

下北駅から普通野辺地行きに乗車

58511.jpg 58511-1.jpg 58511-2.jpg

下北駅前の駅前食堂に寄るも夜営業17時から…orz というわけで待合室でじっと待ち、3分割してあった乗車券にスタンパーもらって入場、大湊線に乗りました。敢えてロングシートをチョイスして、軽いチューハイを軽く呑みながら動画編集、、ではなく仕事をします(爆)。

下北交通バスは終点下北駅バス停に定時着

58510.jpg

むつバスターミナルから240円でした。

冬期運休の下北交通バス恐山線下北駅行きに乗車

58509.jpg 58509-1.jpg

結局むつバスターミナルでだらだらしてたらバス乗るのと到着変わらないじゃんとなり、さらにバスターミナル待合室で休息してました(^◇^;)。5番線は建屋の外側ですぞ。

むつバスターミナルから300m、こちら大畑線田名部(たなぶ)駅跡

58508.jpg 58508-1.jpg 58508-2.jpg 58508-3.jpg

JRバスの待合所がありますよ。これで私、下北駅からここまでの大畑線、過去の大MAGROCK時合わせて、おおむね、訪問できたと言えましょう。

下北交通バス尻労線は終点むつバスターミナルになんと11分早着、下北駅前まで乗り継げることになってしまいましたが行程どおりに見送りましてターミナルを見学します

58507.jpg 58507-1.jpg 58507-2.jpg 58507-3.jpg 58507-4.jpg 58507-5.jpg

古色蒼然とはまさにこれ、しかも窓口アリ! ですが、2階に上がる階段は閉められてますね…ていうかオモテに出てみれば完全に閉鎖されてまんがな2階以上…ヽ(;▽;)

青森県東通村岩屋田畑通称袰部にある袰部バス停から徒歩1.3kmの袰部口バス停より1分早着!( ̄O ̄;)の下北交通バスむつバスターミナル行きに乗車

58506.jpg 58506-1.jpg 58506-2.jpg 58506-3.jpg

これで失われた幽霊文字「袰」の2バス停をコンプいたしました(^○^)。ていうか動画撮り終えた直後にやってきて焦りまくりでんがな、、

袰部川に架かる荷倉場(にくらば)橋

58505.jpg 58505-1.jpg 58505-2.jpg 58505-3.jpg

青森県東通村大字岩屋字荷倉場にあります。銘板、つぶれてますが意図としては「母」でも「毋」でもない、国土行政区画総覧に記載された字体=「貫」の上部、のような気がする!(^○^)

袰部バス停から袰部口バス停までの移動中、中間のマテリアル寮前バス停。。

58504.jpg 58504-1.jpg

完全に更地、そして周囲にも人家なく、なんでここバス停残ってるんだろう、、、

青森県東通村大字岩屋字田畑の通称袰部にある袰部八幡宮に袰部集会所

58503.jpg 58503-1.jpg 58503-2.jpg 58503-3.jpg

なんと! この袰部八幡宮の「袰」、上部が母でも毋でもなく、「貫」の上部だ! 実はこれ、幽霊文字の実在を証明した笹原宏之論文で引用された国土行政区画総覧ではまさにこの字なんだとあります\(^o^)/

2分遅延の下北交通バス尻労(しつかり)線の袰部(ほろべ)バス停で下車

58502.jpg 58502-1.jpg 58502-2.jpg 58502-3.jpg 58502-4.jpg

武具の「ほろ」の表記「母衣」が合字化したこの「袰」は北東北の地域文字でJIS第二水準に収録されたものの当時の漢和辞典に出ていなかった幽霊文字です。東北電力電柱は「尻労」ですがNTTは「袰部」と「ホロ部」。

下北交通バス佐井線下北駅前行きはむつバスターミナルに1分遅着、ここじたいのレポは夕方まわしにしましてソッコーで尻労線始発尻労行きにお乗り換え

58501.jpg 58501-1.jpg 58501-2.jpg 58501-3.jpg 58501-4.jpg

これ「しつかり」って読めないよね…といいつつ! 経由した待合室の料金所に幽霊文字が2文字並んでて壮観としか言いようがない!!(OvO)

大畑駅前バス停から下北交通バス佐井線下北駅行きに乗車

58500.jpg 58500-1.jpg 58500-2.jpg

ぐるりと回って駅前広場に1分早着しましたがここで5分間休憩、よって3枚目に運転手さん写ってません。

大畑町松ノ木榀ノ木川原から1.6km、下北交通大畑営業所にとうちゃこ

58499.jpg 58499-1.jpg 58499-2.jpg 58499-3.jpg 58499-4.jpg

もちろんかつての大畑駅です。動態保存があるため車両基地が現役であるというありがたさ。

その松ノ木橋をわたった対岸は青森県むつ市大畑町大字松ノ木字榀ノ木川原です

58498.jpg 58498-1.jpg 58498-2.jpg

地図から明らかに、大畑川の蛇行が直線化された結果、榀ノ木(しなのき)が流れで分断され、片側は大字無しになったと考えられます。対岸の榀ノ木には農地はありましたがこちらはホントに鬱蒼とした川原だけ。 なお、ここの「榀」を誤写し横棒を増やした結果JIS第二水準に入った幽霊文字「橸」は静岡県旧井川村の字名「石橸」(訪問済み)に使われていたとわかっていますが、和製でない漢字「櫑」が「たる」なので、逆にこちらは縦棒が無くなった結果なのでは、とも考えられます。

ざん。下北交通バス佐井線湯坂下バス停から徒歩1.6km、こちら青森県むつ市大畑町榀ノ木(しなのき)

58497.jpg 58497-1.jpg 58497-2.jpg 58497-3.jpg

そのまんまシナノキを表す、JIS第三水準にしてむつの地域文字ですが、国土行政区画総覧に出てるのになぜJIS第二水準に未収録なのか!? 実は幽霊文字「橸」は、ここの「榀」を誤写した結果第二水準に収録されてしまったんですよ!! なお4枚めの大間川に架かる橋ですが、これが榀ノ木橋であることを期待してたんですが、大字名でえる松ノ木橋になってました。。シナノキなのかマツなのかはっきりしてほしいぞ!(笑)

定時回復の湯坂下バス停で下車

58495.jpg

660円。なお大畑駅が近づくにつれお年寄り乗客じょじょに増加してました(^○^)

下風呂バス停から2分遅延の下北交通バス下北駅行きに乗車

58494.jpg 58494-1.jpg

ここまで無人でしたがここから4人乗車ですよ。